2004年4月

お世話役(代表)の作業記録
1(木)   11(日) 集合日 21(水)  
2(金)   12(月)   22(木) 溝掘り
3(土)   13(火)   23(金)  
4(日)   14(水)   24(土)  
5(月)   15(木)   25(日) トマト、茄子播種(苗床)
6(火)   16(金)   26(月)  
7(水)   17(土) 納屋の整理、苗床作り 27(火)  
8(木)   18(日) 苗床作り  28(水)
9(金)   19(月)   29(木) 苗床様子チェック
10(土) 集合日 20(火)   30(金)  

* 平日は仕事があるので、早朝または夕方のみの作業と考えてください。


水田の作業
 苗半作。この言葉通り、苗床の出来不出来はその後のお米作りの出来不出来に直結します。経験の少ない週末百姓としては、毎年ハラハラドキドキしながら苗床を作っているわけですが、そのせいで苗床作りに関してのページがかなり多くなってしまいました。
 2004年にやったことを基準に書いてありますが、まだまだ反省点はあります。下記の通りに苗床を作らなくてはいけないという訳ではありません。但し、大きな間違いは無いと思います。(なにより2004年もお米はとれたわけですから..)
 2005年は下記を基本としながら、今年の反省も取り入れていきます。一見、いっぱいやらなきゃいけないことがありそうですが、とても大雑把に言えば、

 @苗床の場所の草を刈って、
 A表土を少し削って耕して、
 B籾をふりまいて、
 C土を被せて、
 D草を被せて、
 Eちょっと小枝をのっけるか、網をかぶせて

終わりです(笑)。後のことは勉強会でやってみながら、思い出したり、忘れたり(笑)しましょう。(かといって、籾ふりの日に籾を忘れてこない様に..)
 さて、いよいよ今月はお米の種まきです。心ははや りますが、まずは畑の菜花や新緑を眺めて春を満喫しましょう。
 写真は、カマキリ畑から地主さんの家の方を見たところです。


(1) 作付け計画を立てる
 苗床を作る前の田んぼの様子です(上:ヒヨドリ田、下:カルガモ 田)。一面にスズメノテッポウが生えています。
 さて、籾ふり(お米の種まき)をする前に、今年のお米の作付け計画は立てましたか?
 2004年は初めて田んぼをやる人が大半だったので、種籾はお世話役が自家採取したものを用意しました。(ウルチ米のイセヒカリ、黒米(品種名不明: 97年に川口さんより頂いた長竿種をこちらで作り続けたもの)、赤米(紅の都)、香り米(シフク)の3種です。(一部の方は自分で種籾を用意されたようで す。)
 苗床を作る時に、どの品種をどれ位作るかによって種をまく面積の比率が変わってきますから、予め苗床マップを考えておきましょう。
種モミは自然農をされている人や学びの場で分けてもらえる場合が多いと思います。(量にもよりますが..)
 また、一燈園農事研究所などから購入することもできます。(ただし、プロ用の量になるので共同購入したり冷蔵保存する必要があるでしょう。) 品種ごとの詳しい解説もある一燈園農事研究所のページはこちらです。


(2) 必要量の籾を揃える
 籾の量は植える苗の数で変わりますので、その年に大体どれ位の間隔で植えるかの検討はこの時期につけておきます。
 40cm x 40cmで一反あたり4合〜5合、40cm x 25cmで一反あたり6合〜7合が目安です。今年の丸ヶ崎は40cm x 20cmとしましたので、6〜7合、1区画(0.8畝)あたりだいたい0.5合(90cc)程度となります。
 多品種栽培する場合は、さらに細かくなるわけですね。

 ところで、多少お米作りに詳しい方は芽出しをしなくてはいけないのではと思われる様ですが、丸ヶ崎の会では薦めていません。逆に、することのデメリットが多いかも知れません。管理が大変だし、万一週末が雨降りなどで籾ふりが一週間遅れてしまえば、芽が伸びてしまい苗を痛めてしまいます。週末百姓としては時間の制約を厳しくしない方法でやってます。
 それに、自然農の苗床は灌水をしませんので、もし籾ふり後に乾燥が続いてしまうと、籾としては周囲に水気があると思って芽を出してみたら乾燥続きということで、気候を読み誤って芽を出してしまった状況ですからちょっとかわいそうかなと思います。


(3) 苗床面積の計算
 自然農のお米の苗は畑苗代で育てます。稲が育つ田んぼに苗床を作り、田植えまでそこで苗を育てる わけです。発芽の時からその場所に育つのですから、土地にじっくりとなじんでくれると思います。
 苗床の大きさは1反の田に対し1.4m x 20m程が目安です。1畝であればその1/10の1.4m x 2m となります。
 その苗床を田んぼのどこに作るかを決めます。もし、冬の間のヌカまきの時期に苗床の場所を決められる様でしたら、そのあたりに心持ち多めにヌカを撒いて おいた方が良いかも知れません。(私はそこまでしたことがありませんが。)


(4) 苗床場所の決定
 苗床は毎年同じ場所に作らない方が良いでしょう。田植え時にその場の土をかなり持ち出すので、そこが痩せてしまうからです。
 また、1区画に苗床を1つ作る場合、苗床が区画の真ん中にあると田植えのときに苗床が邪魔になりますし、逆に1反位の大きな面積に苗床を1つ作る場合 は、苗床が隅の方にあると田植えの際、苗を拾いに行くのが面倒になります。田植え作業を想定して作業しやすい場所に作ってあげるのが良いと思います。

 それから、日当たりの悪い場所、水の溜まりやすい場所は避けたほうが良いでしょう。

(5) 苗床場所の除草
 場所を決めたら、四隅に目印の棒を立てます。そして、その周囲 50cmを含めて、その場に生えている草を刈ります。刈った草は苗床を作った後に被せますが、この時一緒に雑草の種を苗床に持ち込まない様、草を刈るとき は地面すれすれで刈らずに、少し上の方から刈り取り、作業の邪魔にならない場所に除けておきます。(地面すれすれに刈ると、土にこぼれている草の種も一緒 についてきてしまうからです。)
 一通り刈ったら、今度は地面に残った草を地面スレスレまで刈って除きます。また、カヤツリグサやセリなど宿根草が見える場合は、鎌の先端で軽く掘り出し て取り除きます。このとき、先ほど敷き草用として刈った草と混ざらない様注意します。
 左の写真は大勢で除草してますが、演習でやっているためで、普通は自分の区画分は自分で作ります。


写真募集中
(6) 表土を少し削る
 除草が終わったら、鍬で薄く地表を削ります。地表に落ちている雑草の種を除くためです。あまり深 く削ると苗床が窪んでしまうので、土の深さはせいぜい1,2cm程度です。取り除いた土は田植え後、苗床を元に戻すのに使うため、戻しやすいところに置きます。


写真募集中
(7) 軽く耕す
 表土を取ったら軽く耕します。空気の通りを良くする、冬期に苗床に撒いた米糠をまぶす(撒いていればの話ですが)、或いはこの後で苗床を平らにするために行う作業ですから深くは耕しません。(覆土用の土を作る意味もあります。)
 不耕起にして20年以上経過した川口さんの田んぼでは腐植の層が厚いので土は削るだけで、苗床を作るのに耕すことはやっていないそうです。
 丸ヶ崎のような粘土質の田では、この「軽く耕す」がなかなかうまくいきません。土が絡んで、団子状になってしまいます。で すので、耕すというより平らに均すことに焦点を置いて、先ほど表土を削ったのと同じ様な感じで表面を削ります。(削った土は苗床から出さず、苗床の凹凸を 修正するのにつかいます。)



(8) 平らに均す
 耕し終えたら、鍬で押さえるなどして平らにします。平たくすることで、湿りや地温などをなるべく 均 一にし、苗の生育条件を同じにしてあげるわけです。
 写真では平らにした苗床の表面が鏡みたいにピカピカです。何もここまでしなくても..と思われるかもしれませんが、湿った粘土質の土なので鍬で押さえて も うまく平たくならず、表面を平たくするのに鍬を鏝のように使って土を塗る様にのばしてした結果です。あまりやりすぎると、空気の通りが悪くなる様な気がし ますが、仕事が丁寧な人ほど左官の如くピカピカに塗り上げる傾向があるようです(笑)



(9) 籾を選別する
 籾の準備をします。この作業自体は予め家でやっておいても良いかも知れません。(私はいつも田んぼでやってしまいますが)

 塩水選はせず、普通の水で選別しています。塩水選をしてはいけないという訳ではありませんが、しなくても丈夫な苗が出来ますので水選で充分と思っています。それに、いつも苗床を用意した後で選別するので、いちいち塩水を作るのが面倒ということもあります(笑)。
 水の入ったボウルかバケツに、籾を入れ、手でゆっくりと水をかき回し、2,30秒ほど静かに置けば軽い籾だけ水に浮きますので、それを捨てて沈んだ籾だけを種として使います。品種によっては浮きやすい籾がありますが(黒米など)、全部が浮いてしまうわけでもないので、気にしてません。
 水から残った籾をあげるには、ザルなどを用意した方が便利でしょう。籾を撒く前に水気を切っておいたほうが撒きやすいですので、水選は家でやってくるのも良いかもしれません。また、捨てる籾は苗床のそばに捨てないようにしましょう。鳥を苗床に呼び寄せてしまいます。


丸ヶ崎の会で種を撒いている写真が無かった(おぃおぃ..)ので川口先生の勉強会での川口先生の種播く姿です
  メンバーで種播き
  中の写真募集中!
(10) 籾を播く
 籾を播きます。 籾を軽く握り、手を少しのばして握ったこぶしを振りながらゆっくり歩いて撒いていきます。 (文章で書くとかえって判りづらいですね。)指の間から籾がパ ラパラと落ちてゆきます。落ちた籾がだいたい3センチ間隔くらいになるような 密度で播いてゆきます。(間隔は厳密ではありません。この辺はおおらかに。)
  苗床の中を歩き回ると、靴の底に籾がくっついてしまうので、苗床の周囲を歩きます。一回で全部を播ききらずに、全体を少し薄めに播いて、その後微調整しながら播 いていった方が均等にしやすくなると思います。
 ところで、多品種の苗を一つの苗床で作ろうとする場合は、こんなふうに撒いたら全部混ざってしまうので、それぞれの仕切りのところに、地味にしゃがんで種を落とします。仕切りのところは5cm位あけておけば籾が混ざってしまう心配も少ないですね。

 播き終えたら、籾位置を微調整します。混んだところの籾を、指でつまんですい ているところへ移してあげます。籾の間隔が混みすぎていると、苗の生長がよく ありませんので、なるべく丁寧に調整してあげます。



こちらは別の田んぼで16品種の苗床を作った時の写真です。紐で区切って品種ごとの札が置いてあったりして苗床というより発掘現場です(作業衣も?)


苗床に祈りを奉げるの図?
(11) 覆土する
播いた籾の上に土を被せるわけですが、ポイントとして、被せる土は雑草の種の(なるべく)ないものを使う
土は厚く被せないということがあります。
 苗床の土がうまくほぐれる(土を握ってパラパラと落と せる)状態であれば、軽く耕してある状態の土を使えます。(表土をとってある ので、種の混入が少ない為) ですが、丸ヶ崎の田は湿った粘土なので土がほぐれず(粘土をこねている感 じ)、苗床の土が使えません。どうするかと言うと、
  1. 冬の間に溝堀等で掘り 上げた土(表土は除く)を乾燥させておいて使う
  2. 園芸用の土を使う
の2つの方法をとってます。(そこらの畦の土を使った人もいるかも?)
 溝土は、その場の土を使うので最も望ましいのですが.. 粘土が乾くとどうなるか、皆さんご存知ですか?そう、ガチガチの石みたいにな るんです。とても手でほぐせるもんじゃありません。で、これを板の上で木槌や 金槌でガンガン叩いて砕いて砂上になったものを使います。予め準備しておけば 良いのですが、その場で用意するとなると時間がかかります。(冬場の土を残し ておくことも必要ですし) 園芸用の土はコストを無視すれば、もっとも楽です。
 しかし、素性の知れない土というのも不安です。今年使った土の中にアルミ箔の様な小さな塊を 見つけて、考えさせられました。それと、「黒土」を覆土に使ったのですが、必要以上に栄養を与えてしまった気がします。
 覆土は、両手で土を持って、手でほぐしなら籾にかけていきます。被せる量は籾 が隠れる位で充分です。あまり深くしすぎると空気の通りが悪くなるので良くあ りません。覆土により籾を安定(グラグラしない)させ、土の気配(湿り気、温 度変化、栄養状態、etc)を籾に与えて発芽を促すわけです。また、それとともに、 その土地の条件が籾にインプットされる様に思えます。 (最後は主観ですが。)


写真募集中
(12) 土を押さえる
 覆土が終わったら、保湿と籾の落ち着きのために軽く土を押さえて土を締めておきます。やりかたは平鍬で押さえても、手で押さえても、それ用に板を作っても、いいでしょう。
 丸ヶ崎では、鍬で押さえると土がくっついてきてしまうので、手でパンパンしてます。ただし、あまり強く締めすぎると空気の通りが悪くなるので、軽く押さえます。

(13) 草を被せる
 先ほど草を被せます。土だけではどうしても乾燥してしまいますが、草の層を被せることでかなりの保湿ができます。
 丸ヶ崎の田では今年、スズメノテッポウが春先にたくさん生えてきました。この草は、大きくも無く小さくも無く、茎がからまらず、敷き草にするには最適で助かりました。
 被せる量は土が露出しない程度ですが、青草は枯れてくるとかなり縮みますので、それを計算に入れて多少多めに被せます。
 その場に生えている草がレンゲやカラスノエンドウの様に蔦をはわす草であれば、振りまく前に鎌で少し小さく切ってから振りまきます。敷き草が絡み合っていたりすると、稲が芽を出す隙間が無くなってしまうからです。
 また、スズメノテッポウみたいな草でも、茎を揃えて並べてしまうと、枯れて分解してゆく過程でお互いがくっついて膜状になってしまうので、バラバラと不規則に振りまきます。
 もし、草の量が充分でなかった場合は稲藁を使います。


これは置き過ぎでは?
焚き火ができそう..(笑)
(14) 木の枝などを載せる
 草を被せた上に、木の枝などを置きます。草を飛ばない様にするためと、鳥よけネットを被せない場合はこれで鳥が籾を食べに来られない様にするためです。
 丸ヶ崎の場合、鳥の害はこれだけでは避けられないので、この後鳥よけのネットを張ります。

(15) 鳥よけネットを張る
 鳥よけネットは昨年使ったもので、破けて使えなくなったものを使いました。ネットの張り方に特に決まりはないですが、以下の点くらいは注意しましょう。
  • ネットは苗床から浮かせること。上から鳩が乗っても、地面につかない程度
  • 下からも侵入されない様、ネットの裾を余裕を持って地面につける。


Next monster is ..
(16) 周囲に溝を掘る
 丸ヶ崎の田では以上で苗床作りを終えましたが、モグラの害が予想される田んぼでは、さらにこの後、苗床の周囲に溝を掘ります。
 モグラは光を嫌うので溝に掘り当たると溝を嫌がってバックしていく(笑)らしいです。ただ、野ネズミには溝はあまり効果が無いようです。
 また、丸ヶ崎の場合、鳥以外にも苗床の障害となるモンスターがそろそろと活動を始めますが、それはまた5月の記録に..

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [このページのトップへ]


畑の作業
 収穫し損ねたダイコンの花が咲いてます。種を採ろうと待っているのですが、もう5月も中旬。待たされますね。
 畑に播いた麦(小麦と裸麦)が大きくなりました。あとひと月で収穫です。
 トマト、ナスの苗床を作ってます。作り方の基本は稲の苗床と同じです。でも、畑はモグラが出没するので周囲に溝を掘っておけば良かったかな、と反省。
 ソラマメです。花を咲かせてます。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [このページのトップへ]


その他の作業
 納屋の入り口にノレンをつけてみました。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [このページのトップへ]