2004年8月

 1(日)   11(水)   21(土) 休憩小屋用木材集め
 2(月) 水管理 12(木)   22(日) 休憩小屋用木材集め
 3(火)   13(金) 水管理 23(月)  
4(水)   14(土)   24(火)  
5(木)   15(日) リコリス定植、ニンジン種まき 25(水)  
6(金)   16(月) 用水の取水停止 26(木)  
7(土) 水管理 17(火)   27(金)  
8(日) 勉強会 18(水)   28(土)  
9(月) 畦草刈り 19(木)   29(日)  
10(火)   20(金)   30(月)  
31(火) 台風

水田の作業
 8月に入ると田んぼの除草は一段落。早いお米はそろそろと穂を出し、花を咲かせます。開花期 には田んぼに入れませんので注意。水田の作業のピークは過ぎました。





8月14日 黒米の開花
(1) 除草時期のリミット
 
栄養成長期から生殖成長に変わったら田んぼに入りません。稲が体作りを終えて、いよいよ子孫を作る態勢 になってきたわけですが、この時期に人が田んぼに入って稲の根っこを切る(体重で切れてしまう)と、成長期に切られるよりダメージが大きくなります。大人 の怪我は子供の怪我より治りが遅いというのと同じわけですね。
 もし、この時期に田んぼに入ると、稲の根が張り詰めているのでパリパリと根の切れる音がします。(8月8日に田んぼに入った人から報告あり。)特に開花 期に根を切ると稔りが悪くなるそうです。丸ヶ崎では8月8日に草刈終結宣言を出しました。
 でも、この時期までに除草がきっちりと出来ていれば、その後の雑草は気にする必要はありません。稲が他の草を圧倒するため、ここから他の草が爆発的に増 えたり伸びたりすることがないからです。
 逆に、畦には稲がいませんので、畦草は継続して刈る必要があります。刈った草を稲の足元に敷けば、そこで朽ちて田んぼを豊かにしてくれますし、落水後の 乾燥防止にもなります。


品種によって除草期限を変えるという対応はとりませんでした。そ ういうことも可能かもしれませんが、栽培する側の気分として(笑)、一律にしたほうが、「ああ、今年もヤマを越したなあ」という気分を味わえるので..。

田んぼマダラ模様?
 左手下側は除草が行き届かなかった区画で、右手上側は除草が適期に行 われた区画です。稲の濃さにだいぶ差が出てしまっています。この時点で稲がまばらだと、草が稲を追い抜いてしまい、稲が負けてしまうこともあります。実 際、右側と左側では最終的に3倍近い収穫量の差が出てしまいました。
 繰り返しますが、7月いっぱいまでにきっちりと除草できる範囲が、適切な作付け面積となります。それを越えると、苦労の割りに報われないことになるし、 田んぼやお米の力を充分に引き出した栽培ではなくなってしまいます。

8月の時点で除草が間に合わなかった場合のフォロー策として、開 花期終了後に条間の草を踏んで歩く、畦草を上から被せて日陰にしてしまう、など考えたのですが、試してません。でも、成長期は過ぎてしまっているので、そ こから稲が増えることはなく、これ以上の収量低下を防ぐ、といった程度の意味しかないですね。

(2) (周囲が)落水
 周囲の田はお盆すぎには落水します。こちらの田では9月初旬〜 中旬まで水が欲しいところですが、仕方ありません。慣行農の田んぼではコンバインなど機械を入れますので、早めに水を落として田んぼを乾かさないと、機械 が泥濘(ぬかるみ)で動けなくなってしまいます。
 水管理をされている農家の方によく連絡を取って、いつ水が止まるかを確認する必要があります。水が止まる前になるべく水を入れておいて、9月中頃までそ のまま維持します。絶対に水が抜けない様、水口(みなくち)の排水口はしっかりフタをしておきます。昨年、ザリガニ採りに来た人に水口を開けられて水が抜 けてしまったという苦い経験があるので、今年は水口の周囲を竹垣でがっちりと固めました。(落水するとザリガニが大変なことになるんですが、それは9月に ご紹介します。)。







(3) 稲しばり
 8月中旬過ぎになると稲穂が重くなって垂れてきます。ここに台風が来れば、稲が倒されることもあります。 また、根の張りが弱い稲ですと、穂が重くなってくれば、台風が来なくても倒れることもあります。稲が倒れてしまうことを倒伏(とうぶく)と呼びます。
 倒伏した稲をそのままにしておくと、穂発芽して食べられなくなります。そうなる前に稲を助け起こしてあげる必要があります。助け起こすには、稲の株をい くつかを一つにする様にしばって、互いに支えあう様にしてあげます。
 穂から20〜30cm位下のところをしばります。しばる時に、他の列の株を一緒にしてしまうと、稲刈りの時にややこしくなるので注意しましょう。葉っぱ も一緒にしばってしまうので、光合成や呼吸ができないのではと心配になりますが、倒れたまま朽ちるよりはましです。でも、そういう害も充分予想されるの で、倒れる前にと予防的にしばる必要はないでしょう。







 除草がひと段落ということで、今までとにかく刈っていた草たちをゆっ くり見てあげようという気分になります。

 これはイボクサ(ホシグサ、ベッチョグサ)だと思うのですが、タカサ ブロウ(ウナギゴロシ、シロキク)かも知れません。除草が今ひとつ追いついていないところの稲の条間によく生えていました。写真では見えにくいのですが、 白っぽい小さな花を咲かせています。
 あまり厄介な草という感じはしないのですが、図鑑には害草と書いてありました。




 稲の足元が小さな森みたいになってます。たぶん、キクモだと思うので すが、写真からはよくわかりませんでした。(もう少し被写体に迫ってして写真をとれば良かった!)
 稲の足元が一面みどり色なのは地面の色ではなく、ウキクサが水面を覆っているからです。この色からでは想像つかないのですが、秋から冬にかけて赤くな り、田んぼ一面真っ赤に染まります。おそらくはアカウキクサかオオアカウキクサではないかと思います。




 ところで、8月のころ、雨上がりでもないのに、稲の葉の先端に雫がつ いて、一面キラキラと光る光景を見ることがあります。夕方くらいでしょうか、畑作業に汗だくになった後にこうした光景をみると、とても爽やかな、それでい て安心させられる様な気持ちになります。



 残念なことですが、なぜか、8月中旬を過ぎたあたりからゴミが田んぼ に落ち始めます。(除草に入る人が減るので、ゴミを捨てやすくなる?) 昨年は、リンゴやダイコンが丸のまま、とか未開封のオツマミセット(イカシート) とか、ちょっと理解に苦しむものが田んぼの中(しかもかなり真ん中の方に)に落ちてました。
 ゴミはゴミを呼ぶので、見つけ次第田んぼから拾い上げる必要があります。たとえ、自分の区画でなくても、すぐに田んぼから拾いましょう。







黒米の穂は黒米らしく

赤米の穂は赤く
 8月の下旬になると、早生の稲は穂が色づき始め、それぞれの品種の特 徴が出てきます。特に、赤米、緑米は出穂〜開花の時期がとても美しいので見逃さない様にしましょう。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


畑の作業




 この時期、オクラはじゃんじゃん採れます。ですが、採り時は短く、1 週間も置いておくと莢が固くなって食べられなくなってしまいます。こまめに畑に行ける様であれば、せっせと収穫しましょう。固くなってしまった莢は、種取 用以外はもったいないけど切り落としてしまいました。





 猛暑の中、ニガウリは元気です。






ちょっと変わったヒガンバナ
 畑を自然農に転換した場合、転換後しばらくはモグラ、野ネズミの害に 悩ま されることが多い様です。しょっちゅう土をひっくり返す普通の畑に比べると、不耕起の畑では彼ら(モグラ、ネズミ)の生活圏が安定する(巣が壊されない、 ミミズ等の餌場が変動しない、etc)ためなのでしょうか。
 昨年の畑は機銃掃射を受けたかの様にモグラの穴で畑がボコボコにされたり、野ネズミに齧られてダイズが全滅したりしました。(野ネズミが齧った現場を目 撃したわけではありませんが、あるときダイズが根元からバタバタと倒れて枯れ始めたので、その根元を見るとまるで鎌で切り取ったかの様なきれいな切断面で したので、そうではないかと。)

 川口さんの畑でも、切り替え当初はモグラの害がものすごくて、このまま続けていけるか悩まれたそうですが、今ではその害は無くなってしまったそうです。 川口さんが言われるには、年が経つににつれモグラの居場所が地面の深い方に移動していった為ではないかとのことですが..。(でもなあ、お米を天日干しし ててもスズメが遠慮して食べに来ない人だからなあ..)
 また、不耕起といっても荒地や原野みたいな状態だと地面に強力な雑草が根を張るのでモグラも近寄れない様です。一昨年前までの丸ヶ崎の畑は、セイタカア ワダチソウの森でしたが、最初はモグラ穴は少なかった様に思います。

 我慢していればその内に問題でなくなる、と、言われても..。やっぱり蒔いた種が喰われたり、育った苗が枯れたりするのは嫌なもんです。昨年(2003 年)の自然農実践者の会でもモグラ対策の話が出ました。そこで出たのがヒガンバナです。

 ヒガンバナ(彼岸花)(別名、曼珠沙華(マンジュシャゲ)、死人花(シビトバナ)、葉不見花不見(ハミズハナミズ)、幽霊花(ユーレイバナ)他多数 (1000以上!) )は昔からモグラ、野ネズミ除けとして、彼らに来て欲しくないところ、例えば畑以外だったら土葬のお墓の周辺(遺体を荒らされない為)に植えたそうです。

 と、いうわけで早速、盗掘して来ました、じゃなくて購入しました。ヒガンバナというと赤い花を連想しますが、園芸品種となると、白、薄紫、黄色、橙.. いろんな色、形がありますね。先日、購入先の城下農園さんからダンボールに入ったたくさんの球根たちが届きまし たが、鉛筆書きで丁寧に育て方を記した手紙が添えてあって嬉しくなりました。7月に植えた球根の方はそろそろと花を出し始めています。

 ところで、ヒガンバナがモグラ、野ネズミを撃退する理由は次のどれでしょう?

1.球根中にリコリン(英名がリコリスなだけに)という毒素があるため
2.地面の中で球根に頭をぶつけるのをモグラ、ネズミが嫌がるため
3.曼珠沙華、彼岸など名が示す通りこの草には霊力があるため

 えーっと、どれも正解ということで..。


[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


その他の出来事





田んぼの近くのコミセンで
 8月の集合日は、田んぼの除草がひと段落、しかもまだ暑い、というこ とで田んぼの近くのコミュニティセンターをお借りして、自然農に関するビデオの上映と、半年分の作業の振り返りを(冷房の中で(笑))行いました。


自然農らしくない格好ですか?







[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]