2004年12月

お世話役(代表)の作業記録

 1(水) 脱穀ヘルプ 11(土) 集合日・籾摺り、脱穀  21(火)  
 2(木)   12(日) 集合日・籾摺り、脱穀 22(水)  
 3(金) 脱穀 13(月)   23(木)  
4(土) 麦播き 14(火)   24(金)  
5(日)   15(水)   25(土)  
6(月)   16(木)   26(日)  
7(火)   17(金)   27(月)  
8(水)   18(土)   28(火)  
9(木)   19(日) 籾摺り、地主さん挨拶 29(水)  
10(金)   20(月) 籾摺り、地主さん挨拶 30(木) 納屋大掃除 
31(金)  

水田の作業
 丸ヶ崎の会では、その年の田んぼのあり方を見つめていただくために、それぞれの区画での収量を確認してます(きびしー)。
 2004年の収量は籾で以下の様になりました。(赤い部分はお世話役代表の担当区画)
2004年度 丸ヶ崎自然農の会 収穫量
  区画あたり収量(s) 区画平均(s) 合計(s) 寸評(?)
シラサギ 10 13.3 103.1  シラサギ田は整備が進んでいないこと、水口から遠いこと、などから他の田に比べ収量が低い様です。
 それでも、手の掛け方や品種の選択により1区画20kgのポテンシャルはある様です。
 冬の間の整備をしっかりやれば、1区画あたり2〜3kgくらい増えてくれるかも知れません。
10
14
21
16
14
10.6
7.5
カルガモ 27.6 24.3 97.2  品種による収量の違いが出た様で、古代米を作付けしたところは-5kg程度の減収となりました。
21.6
21.2
26.8
ヒヨドリ 27 18.51 94.4  品種の違いだけでなく、田植えや除草が適期にできたか否かで、かなり収穫に差が出た様です。
18.2
18.2
10.33
10.33
10.33
フクロウ 20 19.1 111.4  年初に整備をしたので、収量はまずまずです。6区画を一人で面倒をみたので、充分に手が入らなかったところもあるかも知れません。
20.5
20.5
16.8
16.8
16.8
丸ヶ崎の会全体 17.83 406.1  籾で合計6.8 俵、反当り2.8俵となりました。
 この後、籾摺りを行います。籾摺りをすると、大雑把に言って3/4程度の重さになります。(籾摺り方式、品種にも左右されます。我が家の籾摺り機で品種ごとに量ってみたところ、だいたいこれ位の値でしたので、目安として用いてます。)

 世の中一般では玄米の重量を収量と見る様なので、以下の様になります。
玄米換算総収(s) 反あたり収量(s)
304.8 126.9
 数字を示したのは、2004年の丸ヶ崎の田んぼの様子では、これ位の収量ですよ、ということを、実際に取り組まれた方々に知っていただきたかったためです。実際に取り組まれてない人がこの数字を見ると、「自然農の収量は、こうなのか」というふうに思われるかも知れませんが、その様な見方は意味がありません。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


籾摺り


循環式籾摺り・精米機
 脱穀したお米には、まだ籾殻がついていて、そのままでは食べれません。籾摺りという過程を経て、ようやく玄米になります。籾摺りに関しては足踏み脱穀機、唐箕に相当する様な人力の機械は、今のところ市販されていませんし、古道具市場にも見かけません。
 お米作りの過程で、ようやく電気で動く機械の登場です。

 昨年までは、各自で知り合いの農家にある籾摺り機を使わせてもらったり、自分で買ったりしていましたが、丸ヶ崎の会が発足したこともあって、会専用の籾摺り機を購入しました。

 ただ、一般に手に入るのは精米・籾摺り兼用の精米機なので、籾摺り時にヌカ部分が多少削れてしまいます。色米はヌカ層に色がついているので、削れたところが白くなってしまい、マダラの黒米になってしまうのが残念ではあります。


混ぜるな!危険、いや、大変!
 購入した籾摺り機は循環式と呼ばれるタイプのものです。ホッパー(装置上の漏斗状の部分)に、精米ローラへの入口と出口があって、お米がここからローラ部へ何度も出入りするうちに、どんどん籾が剥がれていくという仕掛けです。

 ですので、お米を必要以上に籾摺り機にかけ続けると、せっかく籾摺りされたお米が何度もローラにかけられて砕けてしまいます。

 同じ品種であれば籾が剥がれる度合いが均一なので問題ないのですが、黒米、赤米は白米より籾が早く取れるので、混ぜない様にする必要があります。(白米を最初にかけておき、後から色米を入れても良い。)


手で強制循環中(餅つきじゃありません)
 お米を機内で循環させるため、お米の量が少ないとうまく循環しなくなります。そういう場合は、手で強引に循環させました。(くれぐれも気をつけて!)

 また、籾摺り途中で、籾殻がたくさん混ざって循環している場合はいったん、機械を止めて唐箕をかけたりもしました。静電気により、うまく籾殻が落ちない場合がある様です。


1回通し式籾摺り・精米機
 循環式に対し、1回通し式というタイプがあります。その名の通り、ローラ部を1回通すだけで、籾摺り、精米を済ませるというものです。

 少量を籾摺りするのであれば、こちらの方が良い様です。ただ、一回で済ますぶん、モータが循環式に比べ強く、ローラーの回転数が高いのでお米に加わる衝撃が強い(=温度が上がる)様に思えます。

 また、中古市場には滅多に出てこない様で、安く手に入れるのは難しいかも知れません。

 ところで、室内で使うなら、1回通し式かなと思います。埃の量が(比較的)少ないのと、大きさが(比較的)小さいので。

 籾摺り機にかけても、百パーセント籾がとれるわけではなく、多少、籾つき米が残ってしまいます。たまに籾つきのお米があるのはかえってご愛嬌かも知れませんが、一膳のご飯の中に十粒もあると、ちょっとどうかな、とも思います。

 こうした場合は、一度、家庭用精米機を通すことで籾を取ることができるそうです。試してみましたが、籾つき米が数パーセント程度であれば、大丈夫でした。(ただし、メーカー保証が得られるかは判りませんし、私も責任は取れません。試される人はご自身の責任においてやってみてください。)

 家庭用精米機であれば、ネットオークションで安く手に入れられる思います。ただし、攪拌式だと籾は取れるものの、籾殻がお米の中に混ざってしまうそうなので、ロール式を選択してください。


八ヶ岳総合記念博物館所蔵の木摺臼
 電気を使わずに籾摺りをしたいという根強い(?)需要がある様ですが、かつては木摺臼(きずるす)や、土摺臼(どずるす)といった大きな臼で米をひいたそうです。しかし、さすがにそういったものはオークション市場にも出回っていない様です。

 それぞれの試みとして、スリバチに米を入れてソフトボールでグリグリする、とかブロックにお米を乗せて、上からレンガやブロックでする、とか、試して見る人もいる様です。でも、籾殻とお米の選別、未だっぷのお米(籾がとれなかったお米)と、籾が取れた米の選別などの作業が大変そうです。

 日々の生活に取り入れることのできる、良い道具が出来たらいいですね。

←こんなふうに使うそうです。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


保管

 籾摺り・精米機のカタログによると、白米の寿命は7日と書いてありました。白米にした時点でお米は丸裸となり、どんどん酸化が進んで、お米の命である胚芽が死んでしまうそうです。

 玄米であれば、ヌカ層がお米をおおっているので酸化が進まないということで、だから玄米で保存して、毎日必要なぶんだけ精米しておいしく食べよう(=精米機を買おう!)というわけですね。

 ならば、籾の状態は完全な生命体ですから、籾貯蔵して必要な分だけ籾摺り、精米する(=搗き立て)というのが最高の食べ方ということになりますね。
(1) 籾貯蔵
 籾貯蔵を行う場合、虫が入り込まないよう金属製の缶、または箱に入れ、屋内に保管しています。特に、冷蔵などはしていません。

 ここから必要なぶんだけを取り出し、籾摺りして食べます。籾の体積は玄米に対し約2倍程度(品種による)なので、1合であれば2合ぶんの籾を取り出すわけです。

 籾貯蔵の場合、脱穀前にきっちりと乾燥させておけば、2年経っても虫が湧くこともないし、食味も落ちません。日本人は古米というとランクが落ちる様に考えがちですが、知り合いのインド料理店の店主(インド人)に曰く「米は古ければ古いほど旨い」そうですし、自分で食べていてもそうだな、と思います。

マンションの廊下にずらり
 これはお世話役代表のお米の貯蔵棚です。
 赤米(2種)、黒米(3種)、香り米(2種)、緑米、白米(モチ、ウルチいろいろ)と、品種ごとそれぞれの箱に入ってます。

 寒いときはモチ系、色米系を多くしたり、暑いときはインディカ系を多くしたりと、季節体調に応じてブレンドして籾摺りしてます。


蓋をあけると籾

(2) 玄米貯蔵
 玄米貯蔵の場合でも、籾貯蔵と同様に缶に入れても米びつに入れても良いかと思いますが、食べる前に少し精米してあげて酸化した外側を削ってあげるとおいしく食べれます。

赤米が多いので赤っぽく見えてます。お肉のパックじゃないです。
 ただし、玄米といえど、収穫して次の夏が来る頃になると虫が湧いたりしてきますので、長期保存する場合はそれなりの保管方法をとっています。

 左は、「ネルパック」という、エージレス剤と一緒にお米を封入する保管用の袋です。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


種籾の保管


パックして冷蔵庫へ
 種籾は充分乾燥させた後、稲束を脱穀します。この際は、少量なので手で脱穀してしまいます。唐箕はかけません。と、いうのも、脱穀機や唐箕の中に米粒が残っていて、品種が混ざる心配があるからです。

 とった種籾は採取年と場所、品種を記録して袋に入れ、冷蔵庫に保存します。冷蔵庫にいれなくてはいけないわけではありません。ただ、もし翌年その種籾を使わない場合は、冷蔵庫で寝かせてあげた方が良いかと思います。(常温だと、翌年の夏にお米が発芽したくてウズウズしてしまう様な気がするので‥)

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


畑の作業

 しまった、写真がない!

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


その他の出来事
 一年間、田んぼや畑を使わせていただいたことへの感謝として地主さんにご挨拶に行きました。また、いろいろとお世話になっている近隣の方へもご挨拶を忘れずに!
 それから、一年の締めくくりとして納屋の大掃除です。
唐箕や足踏み脱穀機もしばらくお休み。しっかりメンテナンスしておきましょう。
一年経つと納屋にいろんなものがたまってます。
一年間、お疲れ様でした。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]