2004年2月

 1(日   11(水)   21(土)  
 2(月)   12(木)   22(日)  
 3(火)   13(金)   23(月)  
4(水)   14(土) 資材買出し 24(火)  
5(木)   15(日)   25(水)  
6(金)   16(月) 納屋そうじ 26(木)  
7(土) 集合日 17(火)   27(金)  
8(日) 集合日 18(水)    28(土) 納屋の棚取り付け
9(月)   19(木)   29(日)   
10(火)   20(金)      

水田の作業
 え?田んぼ作業は春からだろうって?
 
アマーイ!  
 冬の間の地道な作業があってこそ、田んぼは田んぼとしての力を発揮してくれて、稔りをもたらしてくれるのです。  とはいうものの、田んぼとして安定してくればそれほどの労力は必要としません。でも、これから田んぼを始めようとする人、新たに田んぼを借りる人は冬場 の作業を無視してはいけません。
 溝掘りと整地のため、休耕だった田んぼ(フ クロウ田)の表面に生えている草をいったん刈り払います。(そうしないと、掘り上げた土を草の上に散乱させることになる。)地面は耕しません。
 生えていた草は主に越年草のキシュウスズメノヒエ。地面にびっしりと根を張っていて、6畝ぶんを刈り払うのに大人10人で2日かかりました。(実は草刈は前の年の12月にやっ ておいたのです。)
 刈った草は溝掘り、整地、ヌカまき後に地面に敷くために、邪魔にならないところに積み上げておきます。
必要な資材:ノコ鎌

 トラクターや田植え機が進入するための斜面 がありましたが、不要となったので土をどかしました。(もう、この田んぼは不耕起以外できませんね。)
 人海戦術で、掘っては運び、掘っては運び..15人掛りで約半日..。地主さんからネコ車(荷物運搬用一輪車-工事現場などでよく見かけるヤツ)を2台 借りて土運びです。
必要な資材:スコップネ コ車
ネコ車って便利ですね。名前もいいし

 水はけが悪く、常に田んぼがジュクジュクし ているので、田んぼの両端に大きめの溝(というか掘)を作り、余分な水がそこに溜まる様にしてみました。(ヒヨドリ田でも昨年、同じ様な工事をしていま す。)
 ただ掘るだけだと、すぐ崩れて埋まってしまうので、木の板と杭で土留めをしました。ただし、この作業は寛容な地主さんからお借りしている田んぼだから出 来ることかも知れません。木の杭はホームセンターで購入、木の板は知り合いの大工さんから分けていただきました。
 掘を作れば、冬場の乾燥期には地面がある程度乾き、麦が栽培できるのではと期待しています。
必要な資材:杭、板、木槌

掘を作らないなら杭や板は要りませんが、木槌は農作業で時折必要になります。

 本当は、この後溝を掘りたかったのですが、 時間が押してきたのでヌカをまきました。ヌカは1畝あたり10kgを投入しました。
 地面の上にまんべんなく撒いていきます。

 刈り払った草を戻します。厚さがだいたい均 等になる様に敷きます。溝掘りが終わっていれば、これで完了、といったところです。
 整地、溝掘り、ヌカまきを15人で行いましたが、完成したのはフクロウ田の半分(3畝)でした。残りは来月に持ち越し です。

 こちらはシラサギ田です。前年作付けしたと ころも、畦の除草まで手が回らず、セイタカアワダチソウが茂っています。こちらも除草して、刈った草は田んぼにばらまきました。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


畑の作業


コオロギ畑は先年まで地主のおばあちゃんが きれいにして使っていた畑です。(見ての通り、草一本ありません。)今年から会で使えることになりました。
 まずは、整地と担当ごとの区画わけを行います。
必要な資材:ポール、巻尺、区画割用の紐

 畑の地面がやや斜めになっているので、平らになる様に少し段々畑ふう にしつつ地面を均します。 必要な資材:鍬、スコップ

畑の端ところから土が流出しない様、土留めを打ちます。 必要な資材:杭、板、木槌

ひと通り均し終わったら、施肥としてヌカをまきます。化成肥料が効い ているので、たくさんは撒きません。 必要な資材:米糠

 ヌカを撒き終えたら、その上に草を敷きます。ここはもともと草一本無 いところでしたから、近くの稲ワラ置き場から稲藁を頂戴しました。
 これで、種を蒔く準備ができました。
必要な資材:稲藁または雑草の束

 砂利道を隔てた向こうにあるのがユキヤナギの林です。地主さんの知り 合いの植木屋さんが植えていたのですが、最近亡くなったそうで全く手入れされていません。ここも畑にして良いと言われましたので、挑戦してみました。

 自然農への転換ということで、あえて根は抜かず地上部だけを刈り払う というやり方をとりました。根っ子から芽が出てきたら刈る、を繰り返し、木が朽ちるまで辛抱強く待つというわけですが..。
 ここでは、ナタが活躍です。ヤブを切り開いて進みましたが、今日は幅1m奥行き2.5mまで進んだところで時間切れです。先が長そうです。(ヤブの奥に うずくまる人影が怪しげですね。)
必要な資材:ナタ、ノコギリ

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


その他の出来事