2004年7月

お世話役(代表)の作業記録
1(木)   11(日) 集合日、水田除草、麦刈り 21(水)  
2(金)   12(月)   22(木)  
3(土) 田植え 13(火) 水管理 23(金)  
4(日) 田植え(終了)、中干し開始 14(水)   24(土) 水田除草
5(月)   15(木)   25(日) 小豆種蒔き、リコリス定植
6(火)   16(金)   26(月)  
7(水)   17(土) 水田除草 27(火)  
8(木)   18(日) 水田除草 28(水)  
9(金)   19(月) 地主さんへ挨拶まわり 29(木)  
10(土) 集合日、水田除草 20(火)   30(金)  
31(土)  

水田の作業
 7月は田植えの残りと、そして草取りと、お米作りの最も忙しい時期です。そして、この時期に適期適切な手を打つことができれば、あとは稲の方でどんどん育ってくれます。7月いっぱいは、週1回田んぼに顔を出す覚悟で取り組めば、余程のことが無い限りお米は豊かに稔ってくれます。





(1) 水管理
 田んぼの水は間断灌水が理想ですが、丸ヶ崎の田んぼでは周囲の状況からそれが難しく出来ていません。田植えの期間は作業中は水位を下げ、作業が終わった ら水位を上げています。あまり深水にすると苗が沈んだり、浮き苗になったりするので、5cm以上は入れません。

 ただ、フクロウ田、ヒヨドリ田、カルガモ田、シラサギ田でそれぞれ地面の位置が微妙に違い、どこかではヒタヒタ位でも別の田ではやや深めだったりと、調 整に苦労しています。


 田植え終了と前後して中干しに入ってしまった為、水の注排水の作業はありませんでしたが、水が抜けていないかをチェッ クするため、お世話役が週2〜3回ほど様子を見に田んぼまで行きました。(バスで往復だったので大変だった様です。)







揚水ポンプ: 4サイクルエンジンで音が静か
(2) 中干しと取水ポンプ
 丸ヶ崎では、7月第1 週から1ヶ月程度の「中干し(なかぼし)」に入ります。「中干し」とは、田んぼへの水を止めて一旦田んぼを干上がらせることですが、田植え直後で苗が水を欲しいときに 水が涸れると植えたばかりの稲は打撃を受けてしまいます。

 じゃあ、何でその時期に「中干し」なんかするかというと、周囲の田んぼは私たちより一ヶ月先行(田植えは5月上旬)してまして、成長も進んでいます。 「中干し」の目的はいろいろ複雑(根の張りを良くするとか..)の様ですが、田植え後、1〜2ヶ月程度で行いますので私たちの田植え時期とぶつかってしま う訳です。なお、自然農では「中干し」は行いませんが、周囲が中干しする関係で、水が止まってしまうのです。

 中干しの期間に水が必要になった場合、ポンプで汲み上げています。ただ、これも中干し期間中でも水路に若干の水が来る丸ヶ崎(クワイ田があり、これには 水を入れる必要があるため。)ではできる事ですが、以前に私たちが借りていた岡部町の田んぼは水路がカラカラに干からびるほど完全に水が止まってしまうの でそうはいきません。
 田んぼの場所によって、中干しの期間や取水量は異なります。また、中干しに限らず、落水(収穫前に水を止める)の時期も異なります。周辺の田んぼの水管 理がどうなっているかは、自然農のお米作りをする上でも大きな要素です。(自然農の場合、1〜2ヶ月ずれてしまう)どこか別の場所で田んぼをスタートされ る場合、この点も注意された方が良いかと思います。


<<中干しの主な目的 >>
(1) 稲の栄養成長(茎を伸ばし、分蘖(ぶんけつ−茎が分かれて増えること)していく段階)を止め、生殖成長(種を作る段階)を促す
 - 慣行農の田は密植(10本植え位?)のところに化学肥料を投入して太らせるので、ほっとくと稲が混んで来て病気や虫を呼びやすくなってしまいます。このた め、中干しによって生長を止める訳です。(1本植えで、かつ無施肥の自然農には無縁の話ですね。)

(2) 田んぼの表面を乾かすことで地面がひび割れ空気の通りが良くなる
- 稲の根付近に溜まった余分なガスが放出され、新しい空気が入ることで根の活力が増すそうです。根がしっかりすれば、その後の倒伏(とうぶく-稲穂がついた 状態で稲が倒れてしまう)も避けられるという訳です。(雑草と競争して丈夫な根を張っている自然農の稲では、あまり必要ないかも知れませんね。)

出てます、出てます





稲以外にもいろいろ生えてますね
(3) 草取り
 草取りは田植え後、1週間もすればもう待ったなしの状況になります。丸ヶ崎の場合、田植え後2週間の間に 1度も除草に入れなかった場合、収穫量は半分以下に落ちるでしょう。田植え時の除草が不十分であったり、除草から田植えまでに間があいてしまった場合はさ らに除草開始の猶予期間が短くなります。

 草や田んぼに応じて草取りの仕方が異なってきます。カヤツリグサなど宿根草の場合は、地面よりやや深いめのところから刈った方が勢いの衰えが大きいので すが、鎌を土に入れると抵抗が大きくなるので、ちょっと大変ですね。除草をしっかりしないと、1週間で10cmは伸びる様に思います。(正確に測ったこと はありませんが..)
 逆に、キシュウスズメノヒエなど匍匐(ほふく)して枝を伸ばすものは、一見厄介そうですが、意外と楽な方です。田んぼのシーズンの初めの頃こそ地面に根 を張って稲 と競合しますが、初期の除草をしっかりとやっておくと後半は水面上で浮き草の様になって地面に根をささなくなるので、軽く引っ張って、鎌で小さく切ってそ の場に敷くだけで、あまり力が要りません。

 ところで、この草を地面から剥ぎ取ったあと、茎をぐるぐる縛ってボール状にして田んぼに戻すという除草の方法を取られている人がいました。除草後の姿が あまりきれいじゃないので、どうなのかなあと思っていたのですが、12月の麦播きの時その田んぼを見て驚きました。ボール状になった草は死なずに枝を伸ば して茂っていて、そのまま越冬しそうな勢いでした。やはり、匍匐
(ほふく)して茂る様なタイプの草はカットしないと勢いが抑えられない様です。(逆に、刈って刻んで 敷いた田んぼの方はその姿がほとんど残っていません。)

 除草は、虫たちの棲家を残してあげるという配慮から、一列おきに除草し、一面刈り終わったら今度は残した側の列を一列おきに除草しています。ただ、除草 できる日が2週間に1度しかない様な場合は、そうも言ってられないので全部刈ります。丸ヶ崎の会ではいろんな人がそれぞれのタイミングで除草しているの で、田んぼ全体の草がいっぺんに無くなってしまうことがなく、そういう意味では一列おき除草にこだわる必要がないかも知れません。

 刈った草はその場に敷いておくのが基本です。その場で朽ちることで田んぼの生命活動も盛んになります。強力に繁茂する草も、稲の方が適当な間隔である程 度まで大きくなってしまえば、根絶やしにせずとも問題ありません。稲の方が彼らを圧倒してくれます。どうしても気になる人はせっせっと草を刈っては他所に 捨てていた様ですが、勿体無いなあ..

12月にはかったところ、4割弱でし た。その場合でも、2週間後にはなんとか除草に入っているのでこれで助かってます。もし、1度も除草しなかったら1割いくかどうか?

泥の塊に見えるのがしばかれた雑草たち

しばかれてもしっかり生きてました(12月撮影)

刈って敷かない...??





(4) 畦の除草
 「田んぼに行ったら、まず道の向こうの畦を刈って、それからこっちの畦を刈る、自分の田の草取りは一番最後にしろって、ジイサンにさんざん言われたよ」 と、ある農家の方から伺ったことがあります。なるほど、自分の田畑の草取りを最初にやってしまうとそれで疲れてしまって畦の草刈までなかなか手がまわらな いものです。そうなると草ボウボウの畦が出現するわけですが、これは決して良い事とは言えません。
  • 草がその場で朽ちるため、畦に締まりがなくなり畦が崩れる。
  • 風通しが悪くなり、病害虫の発生要因となる。
  • 見通しが悪くなるので、ゴミが捨てられる。
 そして、もしその畦の部分が他所の家と接していた場合は、除草剤をかけられることもあります。(丸ヶ崎で も残念ながら1回だけその事例があります。)
 除草剤をかけるなんて!と思われるかも知れませんが、ちょっと待ってください。こちらはせいぜい1週間に1回か2回、田んぼに顔を出すだけですが、近隣 の人はそこに住んでいて毎日草ボウボウと対面しなきゃならんのです。おまけにそこへゴミが捨てられるわ、虫が湧くわするわけです。たまったもんじゃありま せん。方法はともかく除草したくなりますよね。除草剤に対してそれ程抵抗感のない人なら、道を掃除する感覚で除草剤を撒くでしょう。(自分で草刈しないの に、他人が除草するときは手で刈れというもの変な話です。まして自分の責任範囲なのに)

 というわけで、畦は出来る限りきれいにしなければなりません。畦草を刈る際は、刈った草は畦に置かず、田んぼや畑に入れます。畦草を畦で朽ちさせると、 そこに微生物やそれを食べるミミズなどの虫が発生し、さらにそれを食べるモグラなどが集まってきて畦にボコボコ穴をあけてしまい、畦を崩す原因となってし まうからです。田んぼや畑に入れれば、そこで朽ちて良い肥料となってくれます。






(5) 鴨鴨鴨
 今年のカモ達はさらに数を増してやって来ました。去年は最高で16羽だったんですけど、今年はなんと29羽!去年、フクロウ田を休耕にしたらそこでヒナ (6羽くらい)が孵ったりしたのですが、彼らが帰ってきたとしても16+6=22羽だからなあ..はっ!彼(彼女?)らがそれぞれお相手を連れてきたら 16+6×2=28羽でいいせんカモ?
 まあ、それはさておき、メーリングリストに投稿されたカモ・レポートをどうぞ

6/23 A.Yさんの投稿より

暑いです。こんにちは。

今日、お昼頃みなさんの田んぼを見渡して帰ったら
Hちゃん田2羽(むしゃむしゃ食べてた)
Wさん田1羽(通ったら飛んでった)
Kさん田2羽(こっち見てた)
Sさん田あたりに6羽がおりました。(通ったら飛んでった)
計11羽!すごいカモ田です。

かも報告でした。

7/14 N.Tさんの投稿より

今日は田んぼへ行きました。
鴨まみれでした。
カルガモ&ヒヨドリのほうは25羽。
シラサギのほうは4羽でした。
すごいですねー
もう食うしかないのでしょうか・・・
誰か鴨とおはなしできる人いないんでしょうか・・・
「苗はよけてね!」
ではでは。




何を喰ってる?

カルガモ6羽発見!


夫婦?





お立ち台その1

集団でノシノシ


お立ち台その2




カモたちの苗へのボディ・プレス攻撃に耐えかね、糸を張り巡らして着陸を妨害してみる人も..。カモの羽を痛めないよ う、木綿製の切れやすい糸を使用(ナイロン製は禁止)





2004年7月28日撮影
 田植え後ひと月たらずで、ひ弱そうだった苗が立派に育ちました。






[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [このページのトップへ]


畑の作業