2004年6月

お世話役(代表)の作業記録
1(火)   11(金) 麦刈り 21(月) 台風来る
2(水)   12(土) 集合日(田植え) 22(火) 田植え前草刈
3(木)   13(日) 集合日(田植え) 23(水) 田植え前草刈、麦刈り
4(金)   14(月)   24(木) 田植え
5(土) 苗床除草 15(火) 田植え前草刈 25(金) 水管理
6(日) 苗床除草、関東地方入梅 16(水)   26(土) 田植え
7(月) 畦草刈り 17(木) 水管理 27(日) 田植え
8(火) 畦草刈り 18(金) 水管理 28(月) 田植え
9(水)   19(土) 田植え 29(火) 水管理
10(木) 集合日、水田除草 20(日) 田植え 30(水) 田植え 

* 平日は仕事があるので、早朝または夕方のみの作業と考えてください。


水田の作業
 田植えは入梅の頃が開始の適期です。そしてだいたい、7月の中旬、梅雨明けくらいまでに植え終わればよいかと思います。つまり、この期間内にどれ位の田植えが可能かで、その人のお米の作付け可能面積が決まってしまうわけですね。
(1) 田植えの時期
 田植えは大体、入梅頃からがスタートです。2004年、関東地方は6月6日に梅雨入りしました。苗はおおよその目安としては15センチくらい(3.5葉)からが田植え適期です。今年は5月の気温が上がらず、苗の成長が今ひとつでしたが、梅雨入りの頃になるとグングン伸びて、早い品種は充分植えられる大きさになってくれました。
周囲の田んぼは5月中旬には田植えをしています。大体、1〜1.5ヶ月遅れですね。


除草前の田んぼ
(2) 田んぼの草を刈る
 田の草は一度刈り取ってから植えます。麦やレンゲなど夏には枯れる草が優勢な場合は、刈らずにそのまま植える方法もありますが、丸ヶ崎の田は越年草の水草が多く、刈らずに植えるとこれらの草に稲が圧倒されるリスクがあるので、刈ってから田植えをします。

 草を刈りながら田植えをすると、手間は倍になりますが、この時の除草を丁寧さで、後の除草の大変さが変わりますので、丁寧に刈り取ります。宿根草の水草の場合、地上部はそれほどではなくても、地中部の根っこで稲を圧倒しかねないので、鎌のさきっぽで根っこから刈る様にします。
 背の高い草が多い田んぼでは、大鎌で刈っている人もいました。ただ、この場合上に書いたような細かい対応がやりにくいため、田植え後の草への対応がやや遅れた様に思います。

 草を刈ってから田植えをするまでに間を置くと、草の勢いが復活してしまうので間を開けない様にしたほうが良いでしょう。(1週間開けたら刈りなおしですね。)

 なお、水田に限らず、畑でも共通のことですが、自然農での除草では、刈った 草はその場に敷いておきます。原則として、根っ子は抜きません。植物が死んで朽ちてゆくとき、地上部は地上で、地下部は地下で朽ちるのと同じ様にしてあげるわけです。

草は刈って敷く

大鎌での除草

(3) 田んぼに水を入れる
 水は田植え開始の日の朝、地面がヒタヒタになる位まで入れました。後は田植えが終わるまでヒタヒタ〜浅水の間で調整します。つまり、田植えをするときはヒタヒタ、しないときは浅水にします。ただ、全体で一箇所の水口しかありませんので、メンバーの作業日がバラバラだと毎日水が入らない状態になってしまいます。そこで、お世話係が調整して作業可能日を設定しました。

(4) 苗の間隔と移植用目印
 2004年の丸ヶ崎では苗を植える間隔は、条間40cmx株間20cmとしました。これは昨年と同じです。
 苗の間隔は田んぼの条件でまちまちです。痩せた土地や寒冷地、山間地などでは狭く、肥えた土地ほど広くとります。これは、稲の生育条件が十分でないと、他の草に負けてしまうため稲の数を多くして対抗するためと、そもそも収量が少ないので株数を多くして収量を確保するためです。
 逆に肥えた田では株間を大きくして分蘖する空間を確保します。稲と稲の間が混み過ぎると病気や害虫の元となりますので、注意する必要があります。自然農に転換して20年以上経つ奈良の川口さんの田んぼでは40cm x 40cm(1998年当時)でした。

 なお、条間はあまり変化させません。この間隔を狭くしすぎると除草に入れなくなるし、広くすると稲以外の草の勢いが強くなってしまいます。その土地と自分の体格に合った間隔で良いのではないでしょうか。
 苗を植える際、株間、条間を揃えておかないと、この後で除草するときに大変苦労することになります。揃え方はどの様なやり方でも構いません。

 私は1区画ぶん予め40cm(条間)間隔で小枝などで目印をつけておき、4mちょっとの棒に20cm(株間)間隔の目印をつけて、1条植え終わる度に棒を次の目印に移動させてます。棒だと、紐と違って両端を移動させなくても良いので移動が少なく楽かなと思ってます。他の皆さんはお手製の目印縄や市販の作付け紐などそれぞれ用意された様です。
 条方向を田んぼの長い方向にすれば目印の移動が少なくて楽なのですが、1区画で多品種栽培をしているので、条が長いと品種の境界がつけにくい関係で1条を畝の短手方向にしています。
田んぼの肥え具合の判断は田植え直前の草(雑草)の勢いなどが参考になります。
 ただし、慣行農の田んぼを転換した場合は除草剤やそれまで投入した肥料の効果が残っているのでそれだけでは判断が難しいかも知れません。
目印の棒を立ててます
1条ごとに棒を持って後ずさり

ダイナミックに (5) 苗床から苗を取る
 苗床から苗を取るには鍬を入れて取るか、丁寧に移植ゴテなどで取るかはどちらでも良いと思いますが、鍬の扱いに慣れていない場合、苗を痛める恐れがあるので移植ゴテで取ったほうがいいかも知れません。この際、苗床から土を持ち出しすぎると苗床が低くなって後始末が大変になりますので注意します。鍬の場合でしたら、土の厚さは3cm位でしょうか。
 取った苗は、苗運び用の箱に入れて運びます。箱は育苗用のパレット、木箱、あるいは洗面器、なんでも良いです。

 もし、苗床の除草が不十分な場合は苗箱にセットするときに、稲とそうでない草を別けてから苗を運べば不要な重量を運ばなくて済むし、植えているときの選別の手間が無いので田植えがはかどります。それに、複数の人で田植えをする場合、苗をより分ける人と植える人の分業もできます。

 苗床の苗が余りそうな場合、余った苗は捨てずにバックアップとして取って おきます。植えた苗の多少は枯れてしまうことがありますので、枯れた株のと ころはバックアップの苗を移植してあげます。枯れた場所をそのままにする と、その場所は雑草の勢いが強くなってしまい、他の苗にも影響しますので、 補植は必須です。(除草の際も、そこにあるはずの苗が無いとリズムが狂いま すし。)
 バックアップの苗の保存の方法は特に決まってません。私は、苗床の状態よ り苗どうしを離した感じで、どこか適当なところへまとめて移植してます。溝 に置いておくと、注水したときに他の場所より水深が深くなってしまうので、 良くないかもしれません。
船頭さん?

苗箱に苗を入れて運ぶ (6) 苗を植える
 苗は1本植えが基本です。目印用の紐または棒に沿って苗を植える位置に穴を開けて、苗を刺し、ぐらつかない様周囲を押さえ、次の株の位置にまた同様に植える..を繰り返します。
 穴を開ける際は移植ごて等を使います。私の場合、地面を掘り返さず、切れ目を入れる感じで、出来た切れ目に苗を刺し、指で切れ目をふさぐ様にして苗を固定しています。(私は移植ごてより先がやや尖って頑丈な刃の山菜掘り用の道具を使ってます。)

 年数が経ち、腐植の層の厚みが増せば指先で地面に穴を開けることもできる様になるとのことですが、丸ヶ崎の田でそうなるにはあと数年は必要かも知れません。
 植える際、苗の根の土は除いていません。ですが、自然農のお米作りで年数を重ねている人でも土を除く場合もあるので、土を取る取らないが大きな違いになることは無い様です。

 苗は苗床に植わっていた状態と同じ程度になる様な深さに植えます。あまり深く植えると分蘖の際の妨げになることも考えられますので注意しましょう。(分蘖とは根と茎の境あたりから茎が扇状に広がって増えて行くことを言います。このとき、広がるポイントが地中深くになってしまうと、分蘖しにくくなるということです。)
こちらは川口さんの田んぼ(移植こてを使わずに穴を開けられます)

(7) 苗床あとの始末
 苗床跡も他の場所と同様に田植えをします。この際、土を持ち出して地面が低くなっている場合、溝や畦の整備を兼ねてそこから土を持ってきます。つまり、埋まってしまった溝があったらそこを補修すると同時に、掘り上げた土を苗床に持っていったり、畦がデコボコしていれば平らにならして、余った土を 苗床に入れたりする訳です。(田植えでヘトヘトなのにそんなこと出来るか、となるかも知れませんが、その場合でも近くの溝から土を入れるなどしてなるべく平らにしてあげましょう。)

 土を補っても、苗床跡はズブズブの状態ですが、構わず田植えをし ます。(この部分だけは泥の中に苗を挿す、普通の、トラデッショナルな田植えができますね。)たぶん、自然農の田植えに慣れると、泥の中の田植えはとてもやりにくく感じるのではないでしょうか。

 なお、苗床跡は土を移動したりしているので極端に痩せています。でも、田植えが終わるまでは草やヌカをそこに投入しません。泥に上に草を置いた状態でそこを歩くと、草を泥の中に錬り込むことになりますが、そうなると稲の根のそばで草が朽ちることになり、根への悪影響が懸念されます。草やヌカの投入は苗が活着するまで待ってからが良いと思います。(逆に、投入するときは他より多少多めにした方がいいかも知れません。)

(7) 補植
  田植え後1週間までは田植えした苗の様子を見守ります。(植えた当初は弱 弱しくてもその後復活しますので。)その後、消えてしまった株があればそこのところを予備の苗で捕植してやります。捕植の期間の目安は、だいたい7月 中旬位までです。その後は、バックアップの苗は不要になりますので刈ってし まいます。残しておくと、その部分の稲株が密になって風通しが悪くなり、病気や虫の原因になります。捕植の仕方は田植えの時の苗の植え方と同じです。


刈り払った草の中に稲が..?
(8) 鴨・人対策
 植え終わった後、苗がどこにあるか、いやそもそもそこは田んぼなのか、と いうのが自然農の田んぼの風景です。場所によっては、ザリガニ取りに子供たちが田んぼに入って苗を踏んずけたりされてしまいます。また、草が刈られて見通しが良くなって餌(ザリガニなど)をとり易くなると鴨たちが飛んできます。静かに田んぼに入ってくれればいいのですが、胴体着陸同然に田んぼに着地(着水?)しますので、そこの苗は当然なぎ倒される訳です。

 昨年は、人除けにキュウリネットを張りました。ですが一部の方には不評で したので今年は竹垣にしています(一部未完成)。

 でも、田植え途中の田んぼではどこまで植えたかわかりにくく、自分で踏んでしまう場合もありますの で、田植えしたところまでは縄を張っておくのが良いと思います。  鴨対策は今のところ、良い案がありません。見えにくい糸を張って、鴨が引っかかってしまうのも可哀想ですし、上空からはっきりと着地できないこと がわかるよう万国旗みたいなものを張ろうかと考えたこともあります。実際には、そんなことしませんが、もしやったら、あの田植え風景に万国旗..いよい よ変な集団と思われること間違いなしですね(笑)。
関係者以外立ち入り禁止

あのー、関係者以外立ち入り禁止なんですけど..

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [このページのトップへ]


畑の作業