2004年3月

 1(月)   11(木)   21(日)  
 2(火)   12(金)   22(月)  
 3(水)   13(土) 集合日 23(火)  
4(木)   14(日) 集合日 24(水)  
5(金)   15(月)   25(木)  
6(土)   16(火)   26(金) 溝掘り 
7(日) 古い物置小屋解体 17(水)   27(土)  
8(月)   18(木)   28(日)  
9(火)   19(金)   29(月)  
10(水)   20(土) 日高市の田んぼ見学 30(火)  
31(水)  

水田の作業
 この時期はもっぱら田んぼの整備につとめます。
 2月の続きです。フクロウ田の堀をもう一つ作ります。まだ、この時期の田は乾いていているので堀を掘っても水が溜まることはありませんでした。でも、冬の乾燥の時期が終わり、雨降りの日が多くなると、2週間後には堀が池の様になっていました。
 そうなると、溝掘りは到底不可能です。(ただ泥を掻き回すだけ)ですから、丸ヶ崎の田での溝掘りの適期は3月中旬位までということになります。
 畝を分ける溝を掘ります。約4m間隔に大体スコップの刃の幅および深さで掘りました。写真では大勢で1本の溝を掘っていますが、一人で掘った方が真っ直ぐ掘れるので良いと思います。
(事実、この写真の後、御領主様の「曲がってる!掘り直し!」のお声が..)
 溝堀などで掘り上げた土は田畑を平らに均すのに使います。左の写真は、以前に掘った溝の部分が凹んでおり、そこに土を置いた様子です。溝を掘り終えたら、あとはヌカを撒いて草を元に戻し、整備終了です。
 かなり早めですが、一区画ぶんだけお米の苗床を作ってみました。(苗床の作り方は4月に詳しく書きます。)
 この時期に作ったのは、早めに播いたらひょっとして田植えが早くできるかも、という期待もあったからです。

結果として、田植えの時期は変わりませんでした。幸い遅霜にはやられなかったし、4月に作った苗床よりは若干生長が良かったのですが、それ程の違いは出なかた様に思います
 ただ、この時期は突然に雪が降ることもあり、そうなると雪の中の籾ふりという事態に(笑)..

これは日高市の田んぼを見学しに行ったときの写真です。当日、籾ふりの予定だったのですが、どんどん雪が降ってきて..。
 溝堀はフクロウ田だけではありません。自分の区画ぶんの溝も掘らねば、ということで各自で掘ってます。(写真はシラサギ田)

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [このページのトップへ]


畑の作業