2004年5月

お世話役(代表)の作業記録
1(土)   11(火) 畦除草 21(金)  
2(日) 苗床チェック 12(水) 畑囲い用シノ竹刈り 22(土) 溝掘り
3(月)   13(木)   23(日)  
4(火)   14(金)   24(月)  
5(水)   15(土) 畑の拡張作業 25(火)  
6(木)   16(日)   26(水)  
7(金) 畦草刈り 17(月)   27(木) 畑囲い用竹垣作り
8(土) 集合日 18(火)   28(金)  
9(日) 集合日 19(水)   29(土)  
10(月)   20(木) バックアップ用苗貰う 30(日) 唐箕受け取り 
31(月) 畑ヌカまき

* 平日は仕事があるので、早朝または夕方のみの作業と考えてください。


水田の作業
 この時期は先月作った苗床の手入れが主な作業です。
侵略者たち

うああ..
お米の苗床を作ったら、なるべくこまめに様子をチェックしてあげましょう。思わぬアクシデントに見舞われている可能性があります。丸ヶ崎の事例としては
  ・鳥に喰われる
  ・犬・猫に用をたされる
  ・ザリガニが巣穴を作る
といったことがあります。その他、経験上からは野鼠に喰われる、モグラに荒らされるといったこともありました。オケラに荒らされるということもある様です。
 2004年の丸ヶ崎では鳥の襲撃が厳しかった様に思います。左は作って1週間後の苗床の様子ですが、早速鳩さんが...(哀)。
2003年には動物の糞により一つ苗床の苗が全て朽ちてしまったことがありました。

襲撃の爪跡
 鳥たちの襲撃で苗床の表面がだいぶ荒されてます。敷き草をはねのけて籾を見つけては食べるので、敷き草がクレータ状になっているところが荒らされたところです。 小さい画像サイズで見にくいですが、どこが荒らされているかわかりますか?(マウスを左の画像に合わせてみてください。)

籾殻ポロポロと..
 苗床が荒らされたかどうか、ちょっと見わからない場合は、敷き草が飛ばされて土が露出しているところをよく見てみましょう。籾殻(左の画像で白く囲んであるもの)が落ちていれば、鳥に喰われたことがはっきり分かります。(発芽の過程で籾殻がパカッととれるということはありませんので。)

ここもやられてる

空爆を受けたのか?
 今年苗床は各自各区画で作りましたが、半数近くの苗床に鳥のツイバミによるクレータ跡が見られました。防鳥ネットを使ったのに何で?と困惑する我々に、隣の畑のおじさんが意外な目撃証言を!
「鳩が飛んできて、
なんかたくさん喰ってたよ」
 なんと、鳩は普通に苗床に着地して普通に歩き回って、普通に飛び去って行ったのです。調べてみると、ネットの張りが弱く地面に触れている苗床が幾つかあり、こうなると防鳥の効果は期待できません。足さえ絡まらなければ食べ放題です。多少地面から浮かせてネットを張ってあっても、鳩が構わず着地することで、テンションを失って地面に落ちてしまったものもある様です。
意外に善戦、キャンプファイア苗床
 そんな中、鳩の害がそれ程でていない苗床もありました。これらの苗床はどちらも着地するのに明らかに邪魔と認識できるものがあることが共通してます。(主に使用したネットはオレンジ色の一般的な鳥避けネットで、張ると景色に溶け込んでわかりにくい。)
 ただ、小枝を大量においた場合でも、2週間経過すると枝の隙間をねらってついばみ始めます。
 今のところ、一番確実な方法は

  • ネットは充分苗床表面より離す
  • 鳩程度ではびくともしないテンション
  • あからさまにそれと判るネット
 で対応することかなと思ってます。
あからさまに網

鉄壁防御  あまりに害のひどかった人は苗床をもう一つ作りました。丸ヶ崎では5月初旬まで籾ふりは間に合いますので、4月中旬に播いた種がなんらかのアクシデントにあっても、半月内であればリカバリがきくわけです。
 しかし、それにしてもトンネルマルチみたいな立派な苗床です。
カムフラージュ  近くの木の枝を取ってきて苗床の周りに刺している人も..。対空カムフラージュになるのでしょうか?そうでなくとも、鳥に警戒感を抱かせるのに充分な雰囲気です。
 道行く人も興味津々で眺めてました。

苗床にモッコリ泥団子  苗床にモッコリと泥の塊が出来てることがあります。「誰だ!大切な苗床に泥団子を投げ込んだヤツは!?」と怒っても的外れです。そおっと団子をとってみると、地面に丸い穴があいていて、ザリガニの巣穴になっています。泥団子は掘り上げた土というわけですね。
 ザリガニは直接、籾を食べるわけではありませんが発芽直後に苗床に巣穴を作られると、穴の近くの苗はダメージを受けるのか、苗がなくなってしまいます。
 とは言っても、全体から見ればたいした量ではないのですが、少しの苗を育てている場合は困りますね。なるべく苗床を避けて巣を作って欲しいです。

 ザリガニに対しては、今のところ対策してません。被害もそれほどではないし..

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [このページのトップへ]


稲の救助
 鳥やザリガニにやられて意気消沈している場合ではありません。まだ苗は残っているんですから!..って、いったいどれが稲だよ!?と、はじめて苗床を作った人は思うのではないでしょうか。
 特に苗床作りの時に大雑把に覆土や敷き草した人はそうなります。下の写真でどれが稲だかわかりますか?
 この苗床はかなり雑草が多そうです。
 早速、手を打たないと雑草に圧倒されて苗床から稲が消えてしまいます。

この苗床も雑草がこんもり  籾ふり後、田植えまでに苗床の除草を2〜3回位行います。除草は、鎌を使わず指で雑草をつまんで抜き取ります。この時、稲の根を痛めない様、そっと抜きます。抜いた雑草は苗床の外に出します。
 とはいうものの、どれが稲だか判らなければ除草のしようがありません。一応、見分け方として次のようなポイントがあります。
  • 葉っぱの先が尖っている
  • 葉の色が他と比べ淡い(黄緑)
  • ヒエに比べ茎や葉が硬い
  • 茎の形が扁平
  • ヒエは根元が赤味を帯びる(品種により米でも赤味を帯びるので注意)
  • 稲は葉っぱの根元に白いウブゲが生えている
 しかし、これは言葉ではなかなか伝わりにくく、実際にトライしてみるしかありません。どうしても判断つきにくい苗があったら、その苗を根っこごとそおっと抜いて根元を良く見てみてください。稲なら籾が根っこにくっついているはずです。

 苗床を除草するタイミングは籾ふり後、2〜3週間して敷き草から稲が姿を出してきたくらいの時期に最初の除草を行います。その年の気候により成長速度が変わりますので、期間より成長具合に焦点を置いてください。
 その後は苗床の様子で適宜行います。ただし、田植え直前にはしっかりと除草を済ませておかないと、田植えの際の手間が増えてしまいます。
稲があまりに小さい時期に敷き草を動かしたり、雑草を抜いたりすることの悪影響が懸念されるので、これ位の時期にしています

 除草の際は、いったん鳥避けネットをはずし、敷き草や小枝をどけます。除草が終わったらこれを戻すのですが、敷き草や小枝を戻すときは苗を痛めない様、大きい茎や葉を持つ敷き草は細かくして振りまきます。また、小枝類は苗床の周囲にアーチ状になるように刺して苗床を守ります。

 鳥避けネットをいつまで張っておくかについてですが、籾に栄養がある間は鳥による食害が心配です。具体的には、苗が籾の胚乳を使って生長する期間ということですが、2葉〜3.5葉(条件によって異なり、高温育苗で2葉、低温育苗であれば3.5葉だそうです。自然農の畑苗代であれば3葉以上でしょうか。)
 とはいうものの、田んぼに来る鳥を追い払うのも、あまり度が過ぎれば田んぼのバランスを崩してしまいます。それに気温が上がっていろいろな虫たちが活動を始めてくれば鳥たちもそちらの方へ行くでしょう。また、ネットによる遮光も心配ですので、苗の生長度合いをみつつなるべく早くはずしたいところです。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [このページのトップへ]


畑の作業