2004年11月

お世話役(代表)の作業記録

 1(月)   11(木)   21(日) 稲刈り(アオイノカゼ)
 2(火)   12(金)   22(月)  
 3(水)   13(土) 集合日・稲刈り(香り米) 23(火) 稲刈り(アオイノカゼ) 
4(木)   14(日) 集合日・脱穀、稲刈り、麦播き 24(水)  
5(金)   15(月)   25(木)  
6(土) 稲刈り(イセヒカリ) 16(火)   26(金)  
7(日) 稲刈り(神丹穂) 17(水) 27(土) 稲刈り(緑米)
8(月)   18(木)   28(日) 脱穀
9(火) 休憩小屋用サッシ受領 19(金)   29(月)  
10(水)   20(土)    30(火) 脱穀 

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


水田の作業
 今月は先月に刈った稲の脱穀や、晩生の稲の稲刈りです。完熟するまでじっくりと待った稲は一面黄金色に染まっています。


またまた稲架倒壊(2度目)
 稲架にかけたら、様子を1週間に1度は見に行く必要があります。

 風で倒れる場合もあれば、鳥に喰われたり、動物(や人)に悪さをされることもあります。 また、稲の束ね方がゆるいと、ほどけて落ちてしまうことがあるので、稲藁が落ちていないかチェックします。
 稲の乾燥は、稲架かけから2〜3週間位です。乾燥が不十分ですと、お米の保存に問題が出ますので、よく乾燥させることを心がけます。
 3週間経てば、よほどの雨天続きでない限り、大丈夫でしょう。
 乾燥の状態を確認するには、お米を一粒噛んでみて、歯の間でガリッと砕ける感じならOKです。

 脱穀以降の作業は足踏み脱穀機、唐箕などの大道具や手箕(またはザル)、ふるい、ゴザ(またはシート)、などの道具が必要です。全てを揃えるのは大変かと思いますが、ある程度以上の量のお米を作るのであれば、必須です。
 足踏み脱穀機、唐箕などは、今でも作られていてホームセンターなどで手に入れることができます。(ただし、金属製。値段も安くはない。) 手箕、ふるい農業資材売り場で普通に売られてます。

 丸ヶ崎の会では、お世話役代表が使用しているものを皆さんにお貸しして作業していただきました。また、これに加えて会独自の道具として少しずつ揃えているところです。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


(1) 脱穀 − 稲藁から籾をとる

 脱穀は、晴天が続いた日の昼前〜夕方前に行います。露のつきそうな時間(早朝、夕方)は避けます。


丸ヶ崎消防団の備品?いえいえ足踏み脱穀機です!
 丸ヶ崎の会では、脱穀は「足踏み脱穀機」を用いて行います。写真の脱穀機は5年前に新品で購入したもの。金属性の足踏み脱穀機は今でも製造されていて、買うことが出来ます。(約4万円) 昔ながらの「足踏み脱穀機」と、基本的には全く同じものです。

 昔ながらの「足踏み脱穀機」は、知り合いの農家から要らなくなったものを譲ってもらうのが良いかと思いますが、最近はネットオークションからでも手に入れることができます。丸ヶ崎の会でも2台確保しました。ただし、オークションに出品されているものは動作するものと限らない為、充分確認する必要があります。

 また、今年センバコキも入手しました。結局、使いませんでしたが、麦、ソバなどで来年は活用したいと思ってます。

 脱穀機を稲架けしてあるとことまで持って行けるなら田んぼで脱穀しても良いですね。しかし、 丸ヶ崎では田んぼがぬかっていること、共同で使うので脱穀機は一箇所で使った方が効率が良い、などの理由で、納屋の前に脱穀機と唐箕をセットし、各自で脱穀したい稲束を運んできます。

 脱穀する稲束を脱穀機のそばまで運ぶ時、稲束を直接地面に置かず、シートなどの上に置いておけば、稲穂に泥や石がつくことを防ぐことができます。


  脱穀機は平らな所に置くように注意します。凸凹したところで、ガタガタさせながら使うと、機械を傷めるので注意してください。
 平らな場所を確保したら、シートを敷きます。さらに、その上にゴザなどを敷き、その上に脱穀機を載せます。このとき、シートやゴザに泥靴(田んぼに入ってドロ ドロになった長靴)で乗ると、脱穀済みのお米に泥が混ざる場合があるので注意しましょう。
 脱穀機のお米が出る側に幌をつけます。そうしないと、脱穀したお米が周囲に飛び散ることになります。幌はブルーシートでもなんでも良いでしょう。
 お米の落ちるところに、手箕または大きなザルなどを置きます。主にこれで脱穀したお米を受け止めます。脱穀機の幌の裾をこの手箕の下に入れておけば、お米の飛び散りが少なくなります。

  足踏み脱穀機は名前の通り、足踏みペダルを踏むと、中にある脱穀用の回転ドラムが回り。このドラムに稲穂を接触させると、衝撃でお米が茎から取れる仕組みなわけです。

 なお、この回転ドラムは前後どちらにも回るが、手前から奥にむけて回転させるのが正解。逆だと、逆噴射、じゃなくて藁がすぐ引っかかってしまいます。

 ドラムが回り始めたら稲束を一つずつ脱穀機にかけます。稲束はほどきません。万一、稲束がドラムに引っかかって持っていかれそうになったら、稲束をパッと離します。無理に力を込めると、自分も巻き込まれるか、あるいは脱穀機が痛んでしまいます。
 手はドラムに近づけすぎない様にしましょう。袖はアームカバーなどでまとめておいた方が良いです。

 操作は、ペダルを踏んで脱穀する人と、稲束を渡す補助の人の二人でやるとやりやすいでしょう。

 脱穀しても穂軸に残るお米は未登塾(熟していない、食べられないお米)なので、無理に全部とろうとする必要はありません。
 脱穀する稲の量が多い場合は、ときどき出口側の量を見て、手箕が一杯になっているようならそのお米を別の場所に取り除いてあげます。手箕からこぼれるお米の量が多いと後で拾い集める手間が出て効率が悪くなります。

 一通り脱穀し終えたら、脱穀機の下の、ゴザに落ちているお米も回収します。(脱穀機をどけて、ゴザごと回収すれば良いわけです。)

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


(2) もみどおし − ふるいをかける

 脱穀機をかけたままだと、かなりの藁くずがまざっています。このままだと、後の作業がやり難い(唐箕にかける時、すぐ詰まってしまう)ので、一度ふるいにかけます。

 荒めの目のふるいか、竹で作ったガラオロシを使います。

 脱穀の時、穂ごと取れてしまっているものがある場合は、手でしごいてとってあげます。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


(3) 唐箕選(とうみせん) − ゴミをとばす

 ふるいを通した状態でも、細かい藁くずが大量に残っているので、風をあててこの屑をとばしてあげます。方法としては、唐箕(とうみ)のほかに手箕(てみ)もありますが、唐箕(とうみ)の方が断然、楽ですね。

 金属製の唐箕であれば、4万円ほどで新品が手に入ります。昔ながらのものは、足踏みと同じく、知人か、オークションで手に入れることができるかも知れません。比較的、足踏みよりは出品されやすい様です。

 ふるい通しを終えたお米を、唐箕の上側の漏斗状の受け皿に入れます。(左図の黄色い矢印)入れる前に、受け皿の出口が閉まっていることを確認してください!そうしないと、全部、出口から出て行ってしまいます。折角のお米が全部、地面にこぼれてしまいますよ!

 籾の出口は2箇所あります。風車に近い方を一番口、遠い方を二番口と言います。この二つの出口に手箕(またはザル)をセットします。

 セットし終えたら、取っ手をまわして風を起こしながら、受け皿の出口の開けます。取っ手を回す向きは時計回りです。(左図の白い矢印。逆だと、回し難いのでは?)なお、唐箕選は1回だけではゴミを取り切ることができないので、最低、2回はかけます。


引っかかる場合は直接手で調整
 1回目は大きな藁屑などで、出口が詰まりやすいので、私の場合、1回目は全開でザーッと落として、大きなゴミだけ飛ばし、2回目から落とす量を慎重に修正しながらかけてます。

 あまり力んで風を起こすと、籾まで飛んでいってしまうので、排風口と出口の状況を見ながら風力を調整します。

 全開にしても落ちない場合は、受け皿に手を突っ込んで、手で調整します(調整レバーの意味がないけど)。また、ノギの長い品種も詰まりやすいですね。

 お米の中に藁屑が目立たなくなったら終了です。出来たお米を袋に詰めます。
 袋はお米用の紙袋を使います。(絶対にビニール袋はダメです!お米は生きて呼吸してますので、水分を通す紙袋でないとなかでムレてしまいます!)

 また、作業中にこの米袋を直接地面に置いたりして湿気させてはいけません。乾燥具合が、今後のお米の持ち具合を左右します。

 稲架のお米をすべて脱穀し終えたら、稲架を片付けます。

 唐箕選が終わったら、お米たちは田んぼとお別れです。米袋に入って、一緒に家に帰ります。もし、種籾が家から出たものなら、半年ぶりの帰宅ということですね。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


麦播き


ワタシノセイデスカ?
田んぼに麦を播く場合、11月上旬〜下旬までに播きます(丸ヶ崎の場合)。
 丸ヶ崎の会の田んぼはかなり湿気ていて、麦に適していないのか、2003年の暮れに播いた麦はほとんど全滅状態でした。(種を鳩に喰われたという疑いもあり)

 麦を播くのに、二つの方法をとってみました。いずれの場合も、種の量は一反あたり8升が目安です。(一畝で8合)

 今年は小麦の一種、農林61号を播いてみました。

(方法その1) 稲刈り後の田んぼに麦をばら播く
 11月上旬までに稲刈りを終える品種の場合、麦の播きどきを考えるとこちらの方法が良いのではないかと思います。脱穀を終えて稲藁を田んぼに戻すのと同じタイミングで播けると良いですね。


麦をばら撒く(土俵に塩をまいてるんじゃありません)
 まず、草が生えていようがお構いなしに上から麦をばら撒きます。
 種を播くときは、疎密がばらつかない様、なるべく均等に播いてあげます。麦は稲と違って、移植しないので修正はききません。
 かと言って、あまり厳密に考えても作業が進まないので、そういう気持ちで、という程度にしておきましょう。

 一往復で手持ちの種をまききるのでなくて、最初にやや薄めに全体に播いて、2回目で調整しながら播いていけば良いかもしれません。


麦播き後、草を刈る(落としたコンタクトレンズを探してるんじゃありません)
 播いた後で、生えている草を丁寧に刈ります。

 このまま、収穫まで無除草でいきますので、ここで丁寧に刈ってあげます。実際、種まきより、こちらの方が時間がかかります。
 刈った草はその場に敷きます。草の間に落ちている麦の種は草刈り作業の中で、自然に地面に落ちてくれます。

 田んぼに戻す稲藁がある場合は、さらにこの上にふりまきます。
 

(方法その2 稲刈り前の田んぼに麦をばら播く)

稲の中にバラ播き中(時間の都合で真っ暗な中の作業になってしまいました)
 稲の合間に麦をバラ撒きます。その後、稲刈りには入りますが、麦に対しては何もしません。

 お米の脱穀後、稲藁を田んぼに戻して、あとは麦が大きくなるのを待つだけです。

 除草が無いぶん、こちらの方が楽そうですが、草を刈らないので、稲の下の草が強いと麦が負けてしまうかも知れません。楽なぶん、リスクが高そうです。

 また、麦播き〜稲刈りの期間によっては発芽したての麦を踏みにじることになるので(麦踏みとは言えませんね)、作業時期の見極めが難しい様に思いました。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


稲藁まき


麦を播く場合は、麦撒き後に、脱穀を終えた稲藁を田んぼに戻します。なお、来年の作業のために多少の稲藁は手元に残しておきます。1区画あたり位でしょうか。

 戻す稲藁は、バラバラと不規則に田んぼに振りまきます。なるべく年内までに戻してあげるようにします。冬の間にじっくりと分解されて、来年の田植えの頃にはすっかり見えなくなっていることと思います。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


畑の作業
 9月に播いたコマツナがずいぶん大きくなりました。食べごろです。

左手前ではオクラが枯れています。ニガウリもいなくなりました。夏野菜はすっかりと姿を消しています。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


その他の出来事
 農作業と関係ありませんが、休憩小屋用のサッシを納屋に搬入しました。

割れないようにテープ止め
 予想以上にサッシが大きく、難作業になってしまいました。女性3名で大きな唐箕や足踏み脱穀機を片付けて、サッシを収納。(男1名はオロオロウロウロするだけ)
イスラム圏の方ですか?

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]