2004年10月

 1(金)   11(月) 稲刈り(赤米) 21(木) 田んぼの確認
 2(土)  タマネギ、エシャロット定植 12(火)   22(金)  
 3(日)   13(水)   23(土)  
4(月)   14(木)   24(日)  
5(火)   15(金)   25(月)  
6(水) 休憩小屋工事スタート 16(土)   26(火)  
7(木) 間伐材ゲットツアー 17(日) 稲刈りヘルプ 27(水)  
8(金) 台風(22号) 18(月)   28(木)  
9(土) 集合日(中止) 19(火)   29(金)  
10(日) 集合日(稲刈り、稲架組み) 20(水) 台風(23号)  30(土)  
31(日)  

水田の作業
 いよいよ稲刈りの時期到来です。とはいえ、品種によって刈り時は違いますので、充分熟したかどうかを見極めたうえで稲刈りをします。今年の丸ヶ崎では、10月に刈り取り適期となったのは黒米(通称旧黒)、赤米(通称自然農・赤)、コシヒカリでした。ウルチ米の主力として作付けしたイセヒカリはちょっと早いようです。
 集合日の実習は黒米など比較的早い品種の割合が多かった人の区画で稲刈りの実習をしました。

(1) 刈り時を見定める


11月初旬のイセヒカリ(刈り時です)
 稲の登熟具合は稲穂の枯れ具合から判断しています。お米が熟して来ると、稲穂の穂軸が枯れ草色に枯れてきますが、穂の2/3位がこの色になってきたら刈り時ということです。
 もちろん、株によって若干の差がありますから全体を見てそういう株の割合が多ければ、ということになります。

 野菜や果物と違って、この時期は厳密ではなく2週間程度のプラス・マイナスがあっても収穫はできます。収量や食味にどれ位差がでるのかは判りません。プロではないので、そこまでは気にしないことにしています。

 ただ、刈り取りがあまり遅れると穂軸が弱くなって脱穀しにくくなります。


こちらは10月中旬のイセヒカリ(うーん、あと1,2週間かな)
 稲刈りをする日は晴天を選びます。できれば、晴天が続いた日の朝、朝露が消えた時間くらいから作業を開始できると良いかと思います。稲穂が水を含んだ状態だと、この後、稲架で干した場合の乾きが悪いからです。

 露くらいならそれほどの問題にならないかも知れませんが、稲刈り以降の作業はなるべく湿気を避ける様に配慮します。


 もし、鳥避けネットを張っている場合は、いったんネットをまくった方が後の作業が楽になります。特に、稲架を組む場合はそうしないと作業になりません。

 ただ、稲を架け終わったあと、再びネットをかけますので、撤去はしません。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


(2) 種籾を確保する

 翌年もお米作りを続ける場合、全部を稲刈りする前に来年の種籾を確保しておきます。品種ごとに状態の良い株を5〜6株選んで刈り、別に保管しておきます。株の良し悪しはかなり主観ですが、
  • 成り姿、立ち姿の美しいもの
  • 他の品種と境界を接していないもの(交雑を避ける)
  • 分蘖数が多く、実りの多いもの
 などなど。最初の「美しさ」なんて主観そのものですが、まあ自分で綺麗だと思うものを来年作れば良いわけですから。

(3) 稲を刈る

 稲刈りはノコ鎌を使い、株元から刈り取ります。このとき一緒に雑草も混ざってしまうかも知れませんが、気にする必要はありません。

 なお、刈り取った稲藁が長すぎるとその後の稲架け、脱穀などの作業がやりにくいため長竿の黒米や香り米、神丹穂(かんにほ)などは株元からやや高い目の位置で刈ります。

 刈り取って束にしていく際は、
  1. 片手で掴めるくらいまでの束を刈る
  2. 田んぼにそれを置き、つぎの一掴みぶんを刈る
  3. 3束一組で扇形になる様に先ほどの束と角度を変えて置く(左の写真の赤線)
  4. 3束まで置いたら次の扇形を作る位置に刈った稲束を置く
 を繰り返します。3束で一組とする理由は稲束架かけのところで詳しく説明しますが、この束を2:1で分ける作業があるからです。

 稲藁の置く方法を一条ごとに反転させれば、穂と穂が向き合う側と、株と株とが向き合う側ができます。こうすると、株と株が向き合った側(左の写真の白線)を歩けば稲穂を踏むことがありません。


ビショビショの田で稲刈り
 ところが、10月の集合日は前日の台風の影響で、田んぼはドロドロでした。溝には水が溜まっています。台風一過の晴天をはさんでいるので、稲の乾燥具合は問題ないのですが、刈った稲を地面に置くとビショビショになりそうです。

 すでに排水口を開けて2週間くらい経っているのですが、ここの田は排水がしにくく、いったん雨が降るとしばらくはこの状態です。黒米の方は登熟具合は申し分ない上、かなり穂が垂れてきて倒伏すれすれだし、稲刈りするしかありません。(なにより集合日だし)


仕方ないので道路に並べる
 刈り取った稲は、田んぼに置かずに、田んぼ脇の道路に並べることにしました。少々面倒くさいのですが、集合作業の利点を生かし、刈る人→運ぶ人→並べる人とリレーして稲刈りを行いました。

 一人で作業となると、かなり辛いかもしれませんね。


シートを敷くべきだったか?
 刈り取った稲を扱う場合、砂利など細かい石が稲束にくっつかない様にする必要があります。というのは、この後の脱穀、唐箕選、籾摺りという工程で石を取り除くプロセスがないのです。プロの農家であれば専用の石抜き機により石を取ることができるのですが、こちらはそうもいきません。

 石が混ざったままのご飯を食べたことがある人は少ないかもしれませんが、下手をすると歯が欠けます。

 ですので、田んぼ以外のところに稲を置く場合、シートを敷いてその上に置くなどの配慮が必要だったかもしれません。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


(3) 稲藁を束ねる

 3つ重ねた藁束を一つに結びます。結ぶには、稲藁(3,4本)を使いますが、なければバインダー紐でも構いません。

 結束用の藁は乾いたままでも構いません。濡らした方が繊維に柔軟性が出て切れにくくなる様ですが、水につけておくのが面倒なのと、稲藁が余ったときにもったいないのでやってません。

 稲束の結び方ですが、やりかたは簡単なのですが、言葉で説明するのが難しいです…。

 実際にやってみた方がはやいと思いますので、自然農の勉強会などでやってみてください。(もしかしたら、地域や人によって違うかもしれませんが。)

 結び方がしっかりしていないと、稲架にかけるとき、あるいは干しているときに束がほどけて落ちてしまいます。幸い、今年の丸ヶ崎の会で稲束が落っこちた人はいなかったようです。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


(4) 稲架を組む


鋸の使い方を大工さんから指導を受ける
 稲架用の木はメンバーの方から伐採済の大量の木(ケヤキ?)と竹を貰いました。竹は主に横木として、木の方は脚用として使いました。
 ただ、脚用の木の長さが不揃いだったので、集合日に2.5m位の長さに揃えて切りました。

 横に渡す木の長さは3m程度、脚の木の長さは2.5m程度が目安です。
 稲架の長さは、品種や稲の出来具合で当然変わります。今年は1区画(0.8畝)で3.5mの人もいれば8mでギリギリの人もいました。田んぼの状況をみて作る大きさを判断しましょう。


稲架を組む位置について  稲架を組む場所は田んぼの中にしています。稲束を運ぶ手間がないし、鳥避けネットを張っている場合はそのまま使えるからです。
 方向を選べるなら、南北に長く作ります。これで左右両側に均等に日が当たるわけです。幸い丸ヶ崎の田んぼは全ての区画が南北に長いので、稲架を南北に組むことが出来ます。

稲架の設計図(という程の物ではありませんが…)  丸ヶ崎の会で組む稲架は、長い竿を3脚で両端、2脚で中間を支えた構造です。

上から見た図
 上から見た図は左図の様になります。約3m程の竿を中間で接続し、その部分を2脚で支えます。さらに長さが必要な場合は接続するところを増やしていきます。(実は、後で述べる理由でこれ以上長い稲架を作ったことがありません。)

 竿となる木の強度に不安がある場合は、さらに2脚を追加してます。

 左図の様に2脚をジグザグ(「ハ」の字)を描く様にすると、平行にするのと比べ横風に対して強くなるというわけです。3脚のところの1脚は力を逃す様に、最後のジグザグの逆方向を支える様に立てます。(右の図を見てください)

 組み立てる前に、地面に稲木を並べてみてどの辺に支柱をたてるかを検討をつけておくと良いでしょう。

赤の部分がジグザグの向きと逆を向いているわけです。

 以下に今年の作業手順のスナップを紹介します。どこか間違えているかも知れませんが(笑)、なんとか組むことができました。集合日に作った関係で大勢でやってますが、女性一人で組み上げた人もいます。

一.3脚となる杭を打ち込む

脚は人が支えなくても倒れない程度に打ち込みます。
二.3脚の要(かなめ)の部分を結ぶ

結ぶ紐は藁縄を使います。かなりの荷重がかかるので、丈夫な縄でしっかりと結びます。

三.横木を渡し水平を確認する

3脚ふたつを完全に組み上げる前に確認した方がよいでしょう。
四.中間の支えとなる2脚を組む

なお、脚と横木は結びません。稲が風にあおられた時、横木が動くことでエネルギーを逃すわけです。

 以上で、完成です。今年の作業所要時間は1時間ちょっとくらいでしょうか。脚を打ち込むのに少し手間取りましたので予想以上に時間がかかってしまいました。脚の先端をもう少し尖らしておけばよかったかなと思います。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


(5) 稲をかける


稲束をかけてゆく
 組みあがった稲架に先ほどまとめた稲束をかけてゆきます。
 稲束を掛けるとき、半分ずつの二またにせず、2対1位の割合の二またにします。(稲刈りのとき、3把で1束とした理由です。)これを稲架に掛けます。また次の稲束も2対1にしますが、太い側、細い側の左右を逆にします。

 この様に左右のバランスを互い違いにすることで、稲架の上の稲藁のバランスがより良く保たれます。

 また、稲束の上側も2対1になりますので、稲束どうしがパズルのピースの様に互いにはまり、密着して架けることができます。

 刈った稲を架け終えたところで、稲架にかかった稲全体をぐるりとしばります。端の稲束が風などで移動してしまうと、稲束同士が密着しなくなって風にあおられやすくなるのを防ぐためです。

 品種の区切りでしばっておくのも、あとで脱穀するとき品種を分けるのに便利でよいかと思います。


 稲架の上に雨よけのシートはかけません。稲束どうしがかなりの密度で重なっているので、わらぶき屋根のように雨をしのいでくれるからです。逆に、シートを掛けてしまうと、いったん入り込んだ雨水が中でシートの中で蒸れてしまい、かえって逆効果になる様な気がします。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


(6) 鳥対策


とっぷりと日が暮れる
 稲架にかかった状態で2〜3週間おいておきますので、その間とりに食べられないよう、田んぼに張ってあった鳥避けネットを稲架の上にかけます。

 集合日では、この時点でとっぷりと日が暮れてました。もっと暗くなってたらネットを戻すのも出来なくなっていたかもしれません。

 ともあれ、これで完成です。ご苦労様でした。


お手製鳥避けネット登場
 ところで、お手製(!)の鳥避け網を作られた方がいました。いったい、編むのにどれ位かかったのでしょうか?

 これだけ手間ひまかけてつくれば愛着が湧いて、大切に何年も使いたくなりますね。
 

でも、ちょっと喰われてる
 しかし、残念なことに、網を張る位置が稲穂に近すぎた様で、網に近い稲穂はだいぶついばまれていました。

 網をかける場合は、鳥が稲に届かない様な位置にしないと、届くところはどんどん喰われてしまいます。穂のところからせめて10cmは離しておきたいところです。


点々と落ちているは喰われたモミガラ

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


(7) いろいろな稲架たち


これも「あり」です
間借り型
 近くにガードレールがある場合に、通行に邪魔にならない範囲であれば稲架を組まずにそこにかけてしまうということも出来ます。(結構、よく見る風景では?)

 丸ヶ崎の会の田んぼの脇に、うってつけの場所があるので、そこを使わせてもらう人もいます。

 ただ、この場所は良いのですが、犬や猫が通りそうな場所に干す場合は注意しましょう。せっかくのお米にマーキングされてはたまりませんので…。


折衷型(でも低すぎ)
折衷型
 両端に3脚をつくらず、片側に適当な台があればそれを利用しても良いですね。

 ただ、左の稲架は高さが足りませんね。穂先が地面につきそうです。地面から少なくとも30cmは離して欲しいです。


銀色に輝く稲架
ほすべー
 新たに稲木を手に入れようとしても、なかなか手ごろな木は手に入らないものです。かといって、ガードレールに干すのも排ガスを浴びるようで嫌だ、そんなお悩みの貴方にピッタリなものがこれ!

 その名も「ほすべー」

 折りたたみ可能な3脚、2脚と竿がセットになっていて、打ち込みや杭の結束といった力仕事は一切不要です!かよわい女性も楽々稲架(はさ)組み〜♪

 …というわけで、お世話役代表がお米作りを始めた時に、稲木が手に入らなくてこれを購入しました。以来、5年間、ずっとこれを使ってます。ですから、実は稲木を使って稲架を組んだのは5年ぶりだったりして…
ちなみに「ほすべえ」だとふとん乾燥機の名前になってしまいます。


稲というより狩ったイノシシを運んでいるみたい?
根性型
 人が支える稲架…じゃなくて、これは刈った稲を竿にかけて運んでいるだけです。

 でも、味があるので掲載。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


(8) 台風一過

 10月20日、台風23号が関東近辺を通って行きました。皆さんが立てた稲架は大丈夫かと、様子を見に行きましたが…
OK! これもOK!

ん〜、これも問題なし! ん?

あっ!

 な、なんてこった!


 この後、稲を拾い上げに行きましたが、そのときに壊れたところを見てみると、竿に使っている竹が真ん中でバッキリと折れていました。
 要するに、強度不足だった訳ですが、ここだけ壊れた理由も思い当たるフシがありました。

 ここの稲だけ、適期より2週間早く刈ってしまったのです。しかも、刈ってから3日くらいしか経っておらず、乾燥も進んでません。早い分、枯れ具合が充分でない上に台風の雨をたっぷり吸って、竹をへし折るぐらいの重さになったのかも知れません。
(いや、早刈りされた稲の呪いかもしれないが)

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


畑の作業
 先月の集合日に、草の上にバラ播いたコマツナの芽が出ています。周囲の草はこれから枯れてゆくものなので除草しません。

 ただ、芽が混んでいるところは間引いてあげます。
 こちらは1週間遅れてまいたコマツナです。まだ、双葉の状態です。

 秋播きは種まきの日が違うと、生育がずいぶんと違ってきます。なるべく早め早めに作業した方がよいでしょう。

 こちらはダイコン。同じく集合日に点播きしたものです。  こちらは白菜。苗を移植したものです。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


その他の出来事
 休憩小屋建設のために、秩父の山まで間伐材をとりに行きました。自然農の作業とはあまり関係ないかもしれませんが、会の活動としては大きなイベントだったので、別ページで紹介します。 [間伐材ゲットツアー]はこちら 

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]