2004年9月

 1(水)   11(土) 集合日(ネット張り) 21(火)  
 2(木)   12(日) 集合日(ネット張り) 22(水) 森林組合訪問
 3(金)   13(月)   23(木)  
4(土)   14(火)   24(金)  
5(日)   15(水)   25(土) 落水、稲架用竹搬入
6(月)   16(木)   26(日)  
7(火)  台風(18号) 17(金)   27(月)  
8(水)   18(土) (周辺の田んぼ稲刈り)  28(火) 休憩小屋用材木搬入
9(木)   19(日)   29(水)  台風(21号) 
10(金)   20(月) ネット張り 30(木)  

水田の作業
 周辺の水田は稲刈りを9月中に終えてしまいます。そうなると、収穫までの約2ヶ月、自然農の田んぼだけがポツンと残されることになり、鳥たちの集中攻撃を浴びることになります。9月〜12月の間、鳥避け用のネットを張ってお米を守ってあげます。
 品種によって開花期が異なります。左は神丹穂(かんにほ)-赤米・ウルチ-です。今年は、9月10日前後に出穂(しゅっすい)、9月20日前後に開花となりました。黒米(品種不明の長粒種)に比べ、ひと月遅れです。
 この時期、神丹穂の穂は鮮やかな朱色ですが登熟が進むにつれ深い紫色になっていきます。ただ、この時期はしっかりと自立しているのですが、だんだんと穂が垂れてきて、倒伏すれすれの状態になります。

 イセヒカリ(ウルチ米)です。こちらは開花も終え、穂が少し茶色く色づき始めています。少しだけヒエの姿も見えますが、除草もまずまずの状態です。


雀、電線に鈴なり。
 鳥たちは、まず、刈り取り後の落穂を食べに行きます。そして、落穂が尽きる頃になると刈り取り前の稲を食べに来ます。その間、約2週間弱。周囲の田んぼの刈り取りが9月中旬にほぼ終わりますので、9月下旬には何らかの対策をする必要があります。
 方法としては、
  • 市販の農業用防鳥ネットを張る
  • 雀避け用の糸を稲の上にめぐらす
 などの方法があります。案山子(かかし)や、何らかの物体(CDなど)を置いて威嚇する方法もあるのかも知れませんが、試したことはありません。

 なにも対策しなかった場合、収穫までにかなり食べられてしまうでしょう。一昨年(2002年)に緑米を作った人の場合、稲穂がホウキみたいになるまで喰われてしまいました。

 メーリングリストに流れた雀注意報(from お世話係)より

 ここ2週間ほど、週2回くらいの割合で、 注意してたんぼをチェックしてたんですが、、、 今年のすずめちゃんたちの喰いは、凶悪です。。
 すずめ注意報発令!!
 9月20日までに、アミを張ってください。 晩生を作っているところでも、23日まで。 9月いっぱいまでにアミを張ればいいというのは、訂正します。 Kさんのところは、特に、即日です。 もう、今日、黒々と、たかって、 ホバリングして、集団で喰ってました!!!
 通常、たんぼの端っこから、たかってくるものなんですね。 だから、Kさんところが一番早いとは思ってたんですが、 (そういえば、当人には、そう言うのを忘れてたな・・・) それでも、予想より、10日ぐらい早かったですね。
 Sちゃんとこは、最前列の黒が、そろそろ、 ホウキ(喰われて茎だけ残ること)の気配が出始めました。 9月の1日ぐらいから、YさんのとこやFさんのとこの 黒米にたかってるのは知ってたんですが、 集団でなくて数匹だったんで、なんとかまだいけるのではないか、、 と思ってたんですけど、 すずめちゃんたちが、集団行動に出たら、もう、そろそろ、限界です。
 まだ花の咲いてないたんぼを除いては、 来週いっぱいぐらいで張ったほうがいいです。 ただし、みなさんのところでは、まだ香り米が、花の最中です。 だから、花が咲いてるたんぼでは、もう数日待ってからのほうがいいです。 だいたい15日ぐらいから。 ここらは、じっと、がまんですね。 それでも、もし、喰いが激しくなってきたら、即日です。
 気になるひとは、毎日たんぼに行きましょう。 (農家なんて、みんな、そんなもんなんです。。。) 張らないと、そうですね、、 8割ぐらいが被害をこうむろのではないでしょうか。 被害が出るのに必要な期間は、、 そうね、気がついてから約2週間。 ・・で、8割というのは、、、総収量の約8割が喰われる、 と、いう意味ですね。約2週間で。ほほほほ

 稲刈り後の稲架での乾燥まで、鳥からの食害を防ぐには鳥避けネットですっぽりと蔽ってしまうのが確実ということで、今年はほとんどの人が鳥避けネットを使いました。
 自分の担当区画を自分で張る人もいれば、お隣さんと共同で大きなネットを購入して張る人もいました。ただ、複数区画共同でネットを張る場合、稲刈り後のはさ架けまで継続して張り続けますので、稲刈り、脱穀のタイミングを合わせる必要があります。
 鳥避けネットは農業資材を扱っているホームセンターで手に入ります。家庭菜園用のものは丈夫ですが面積が小さく値段も高いので適当ではありません。
 また、網目の大きさによっても値段と丈夫さが違います。もっと餌場の少ない、付近が住宅街の様な田んぼだと、雀たちも必死で網の目の間をもぐり抜けてしまうそうですので、細かい網目の網が必要となります。丸ヶ崎の雀たちはそれに比べるとおっとりしているので、普通の網目でも大丈夫です。

丸ヶ崎近辺のホームセンター
 ガーネット・岩槻店
 DOIT・東大宮店
 セキチュー・上尾店
 カインズホーム・蓮田店
 ジョイフルホンダ・幸手店
 コメリ・伊奈店、岩槻店
また、以下の製造元は直接販売してくれます。
 拒蜩煖尠ヤ
 丸ヶ崎の会の場合、ネットの大きさは、1区画 9mx18mの大きさのネットが手ごろです。3区画連続の場合は 18mx18m。小さめのネットを使うのは、作業手順がやっかい(ネットを広げるために田んぼの端から端に行き来する回数が倍になる)なのでお勧めできません。
 ネット以外の資材として、2mポールは1畝で10本、3畝で20本程度。他、紐(50m以上)と、固定用ガムテープ少々が必要です。それから、網の裾がめくれない様に止める短めの棒が20〜30本要ります。(これはその辺に落ちている枯れ木の枝でも可)


「縦?横?」
 農家向けの鳥避けネットは、うっかり袋を開けてしまうと、こんがらがってしまい、途方に暮れます。私も最初はひどい目にあいました。まあ、一度ひどい目にあった方が、学習効果が高いかもしれませんが…私はいまだにこんがらがってます。気をつけましょう。
 作業時間は、3時間はかかるものとして予定しましょう。夕方ギリギリに作業を開始すると悲惨です。途中で止めるわけにもいかず、暗くて手元が見えない中で、糸の細い網が絡まらない様に作業をするのですから.
 今年、初めてネット張りに挑戦された方は、3区画で9人、しました1区画でも7人がかりで作業。(専業の方から見ると噴飯ものでしょうね。)作業時間は2時間くらいでしょうか。
ネット張り初挑戦の女性二人組みが1時間で仕上げたという記録もあります。(しかもお世話係のサポートなし) さらに判らないことは直接製造元に電話して聞いたとか!


網に捕まってしまう人も(嘘)
 家庭菜園ではこんなに大きなネットを張ることなどないと思うので、殆どの人が初めての作業だったと思います。ですので、ネットの縦・横を間違えたり、うまくネットが伸びなかったり、紐がからまったり、支柱が折れたり…と、いろいろ混乱された様ですが、最終的には田んぼに大きな蚊帳が出現しました。(あ〜、やれやれ)

 とりあえず、ことしの経験を踏まえて、以下に鳥避けネット張りの手順をまとめました。(自然農なのにネットなんて、自然に即していないですかねえ。)

逃げ出す人も(嘘)


1区画だと↑な感じですかね..
まず、ネットを張る区画の周囲に長さ2mのポールを立てます。ポールは農業資材の支柱が適当です。
 次にポールの間を紐(バインダ用が安くて丈夫)でつなぎます。紐を結ぶ高さがネットの高さを決めますので、以下の点を考慮して結びます。
  • 開花前の稲がある場合、ネットが穂に触れないか
  • ネットの大きさと田んぼの大きさから、ネットの裾(紐位置から下にさがるぶぶん)の長さがある程度確保できるか


まず短辺方向に伸ばす
(クリックするとポールのところが拡大されます。)
 鳥避けネットは袋から出していきなり広げたりせず、両端の青い部分の紐を通すところにポールをくぐらせて固定してから、ネットを少し広げてみます。(オレンジ色のネットの場合、青い部分を伸ばすと長辺側になります。)ネットが捻じれた状態だと、広がる向きが両端で逆になってしまうので、この段階で捻じれがない様に調整します。
←そろりそろりと広げています。

わかります?
 青色の紐を通すところに紐を通し(紐は付属の紐を使います。)紐を反対側の頂点のポールにつなぎます。


 ネットを最初に張った紐に沿って展開して行きます。この時、テンションが均等になる様に調整しながら進みます。ネットの両端に二人、さらにもし真ん中にも支えの紐をつないだ場合はそこに一人、という具合で共同作業で進めて行けば、スムースに進みます。
 反対側に達したら、裾をしたに下ろします。降ろした裾がめくれない様、棒で止めます。(木の枝や枯れたセイタカアワダチソウの茎などでも可) 両側の青い辺の側の裾も下ろしていきます。
 ネットの大きさの加減で完全に下につくまで裾を下げることができないかも知れませんが、裾が風でめくれ上がらない配慮は必要です。

 ネットを張り終えた田んぼです。これで一安心です。脱穀が終わるまで、しばらくネットが田んぼにかぶさります。

 ネット張りが遅れた田んぼでは早速、稲穂がホウキ状になっていました。
 この田んぼは、すぐ隣に低木の藪があり、そこを根城としている雀が、ちょっと飛んできてはちょっとついばんでサッと帰る、を繰り返してました。
 住宅街の真ん中のコンビニ状態でしょうか?


排水口を覗き込むと…
 ザリガニ、好きですか?
 まあ嫌いというほどでもない、という方も、それが狭ーいところで無数に蠢いてたらどうでしょうか?丸ヶ崎の会の田んぼにはザリガニが猛烈に(?)たくさんいます。普段は水面下でそんなに見えないのですが、落水して水位がさがると大変なことに…。
 少ない水を求めて田んぼの溝のところにザリガニが集まり、溝が真っ赤になります(おえー)溝以外にも排水溝とかにも殺到して、佃煮状態です。
 これを収穫して食べてみる人はいませんかねえ。

ぐつぐつぐつぐつ…

 田んぼに作った堀のところも乾いてしまいました。
 写真には取れなかったのですが、この近辺にイタチが出没するそうです。お隣の農家の人や会のメンバーからイタチの目撃情報が寄せられました。掘のとことでイタチの尻尾が動いているのが見えたとか。
 で、足跡がしっかり残っていたので撮影(→)
(鑑定はしてませんのでちがうかも。)

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


畑の作業
 畑では集合日の実習として、草むらの中にコマツナやダイコンを播きました。野菜作りとしては、一番スタートしやすいし、もっとも自然農らしい(というか従来の常識と違うというか)やり方ではないかと思います。
 詳しくは他に自然農を紹介されているサイトを見ていただいた方が良いかと思いますが(実は、一連の所作をとった写真が無い)、要は、
  1. 草を刈らずにいきなりコマツナの種をまく
  2. 播き終えたら、その場の草を刈ってそこに敷く
 だけです。細かく言えば注意点はありますが、基本的には以上です。
細かな注意点としては、
  • 被せる草の量を多くしすぎないこと
  • その場の湿り具合に注意
  • コオロギなどの虫がたくさんいる場所では草を被せない
 などあります。来年、畑の説明をもう少しできたらと思ってます。

 お彼岸の時期ということでヒガンバナが盛りです。左は園芸種の花。

こちらはオーソドックスなヒガンバナが列をなして咲いてます
(一列に植えたのだから当然ですが…)

 花ばっかりで作物は?という感じですが、右のダイダイ色の花がマリーゴールドで、その左隣に生えている背の低いのがソバです。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]


その他の出来事

中心のお方が将軍様
 9月の集合日には、各自の区画の生育状況をみながらそれまでの気づいた点や反省点などを担当した人に説明して頂きました…はずなのですが、どうみても「将軍様」の視察にしか見えません(笑)
稲の栽培について御指導される将軍様


間伐材をもらいに山まで
 今年の猛暑に、やはり作業の合間に休憩できる場所が必須であると痛感したお世話役代表は、休憩小屋建設計画の加速をするべく建設資材集めに奔走。材木市場や製材所、はては森林組合にまで話をもちかけ(小屋なのに!)、いろいろな方々のご助力を頂きました。
 皆さん、全く商売にならない話にも親切に応じてくださり、感謝の連続でした。10月には会の有志で山奥まで木材を取りに行きましたが、それは翌月に報告します。

材木市場からハネ材を

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2004年の記録一覧へ] [このページのトップへ]