2005年4月

 1(金)   11(月)   21(木)  
 2(土)   12(火)    22(金)  
 3(日) 春野菜種まき  13(水)   23(土)  
4(月)   14(木)   24(日) 小屋作業 
5(火)   15(金)   25(月)  
6(水)    16(土) 苗床作り  26(火)   
7(木)   17(日) 苗床作り  27(水)  
8(金)   18(月)   28(木)  
9(土)   19(火)   29(金)   
10(日) 集合日 20(水)   30(土)  

水田の記録

 小麦が徐々に大きくなると同時に、いろいろな草も顔を出してきます。
 秋〜翌春に発芽して、夏までに開花し枯れていく草を「冬草」と呼びますが、4月のこの時期は冬草の生長が盛りの時期です。
 水田では冬草への対応はせず、生えるにまかせます。冬草を刈ってしまうと、せっかくの営みが無くなってしまいますし、時期によっては稲と競合する夏草のスタートを早めてしまうことにもなりかねません。


トキワハゼ?
 
 スズメノテッポウが花を咲かせてます。越年草で昨年末から芽を出してひっそりと冬を過ごしていた様です。
 この草は田植え直前(5月末頃)には枯れていきますのでお米には全然害になりません。それどころか、苗床の敷き草に大変便利です。
 ところが、雑草図鑑などには水田の強害草となっていて、ええっ?何で!?と思ったら、麦に対する害草なんだそうですね。なるほど。
 ところで、このスズメノテッポウ、私が以前、別の場所でやってた田んぼではあまりみかけませんでした。丸ヶ崎の田はそこに比べるとかなり湿ってますので、やはりこいつらは湿り地が好きなのかなあ。


 湿り地ですが、レンゲもポチポチと顔を見せてます。
 
溝掘り
溝は真っ直ぐに掘る、掘らねばならぬのが丸ヶ崎の掟(笑)
 …という訳で、目印の紐を溝の両側に張って溝を掘ってます。

 丸ヶ崎の田では溝は一年で埋まってしまうので、毎年、掘り直しです。溝掘りの訓練には丁度いいか…。


 水田での溝には大雑把に言って次の目的があります。

(1) 冬には排水
(2) 夏には田んぼの水位を下げた時、或いは水が不足したときにも溝に水が残ることで田んぼの湿りを保つ
(3) 畝(溝と溝の間)のところの通気をよくする

溝は4〜5mおきに掘り、深さはスコップで掘り上げられる程度です。溝の間隔は水田の条件(乾湿)で異なりますし、さらには掘らない場合もあります。

畝をどう切るかは、それぞれの田んぼで条件(乾湿、高低、日照、地形)が違ってくると思います。
 
 初めて田んぼに取り組まれる方は、自分でどれ位の面積ぶんの溝掘りできるかを、作付け面積の目安にしてみてはどうでしょう。
 例えば、水田5反やるぞおおっ!って言っても、5反ぶんの溝掘りが出来ない人は、たぶん、5反の田植え、除草の体力はないのでは?
 溝掘り出来る範囲を作付けした方が無難ということですね。
 
お米の品種について
 稲の品種は無数にありますが、自然農でお米作りを始めるにあたってどんな品種を選べば良いのでしょう?

 品種ごとの特性、土地・田んぼの条件、それと自分の欲しい品種などから考えてみてください。品種ごとの特性とは、例えば早生・晩生、草型(穂重/穂数)、などありますが、最も大きい要素は早稲(わせ)・晩稲(おくて)の違いと思います。畑苗代(無加温)、不耕起・手植えのお米作りの場合、どうしても田植えの開始時期が6月に入りますし、田植え期間も長くなるため、田植え後の生育期間が長めになる晩稲の方が、収量が良い様に思います。

 ですが、田んぼの気候によってはあまり登熟が遅いと間に合わない所もあるかと思いますので、その土地の気候に合った生育期間を持った品種を探してみて下さい。ただ、気候以外に水の関係も重要で、早めに落水(用水が止まってしまう)してしまう水田だと、開花時期に水が無いという、稲にとっては厳しい状況になってしまいます。

 丸ヶ崎の場合、気候的にも、水の面でも、一番晩生の緑糯でも充分間に合いますので、これはダメというものはありません。ですが、草に負けない、倒伏しない、などといった点や、古代米(色米)など特色から、毎年作り続けている品種がありますので、以下に紹介します。
 
イセヒカリ
2000年に一燈園より購入し、自家採種を続けている。伊勢神宮の神饌田(しんせんでん)で生じたコシヒカリの変異種と言われる。コシヒカリ系と言われるが、登熟はコシヒカリより遅い。倒伏しない。丸ヶ崎では2004年は11月中旬に刈り取り。

イセヒカリは公的育種機関から生じたものでないため、品種登録されていない。また、その出自には神秘的な逸話もある。

* 詳しくは斉藤吉久氏のHP「伊勢神宮のイセヒカリ」
(http://www004.upp.so-net.ne.jp/saitohsy/isehikari_tanjou.html)を参照ください。
 
黒米
1999年に川口さんから種籾を頂き、自家採種を続けている。品種名不明。長粒。長棹で、1m位になる。初期生育がよく、田植え後の生育も早い。草に負けない。但し、登熟期から倒伏し始める為、助け起こす手間が出る。刈り取りは2004年は10月上旬〜下旬。

何故か、丸ヶ崎の鳥たちがよく好んで食べる。 
 
神丹穂(赤米)
2000年に一燈園より購入し、自家採種を続けている。ウルチ米。偏穂重型。長棹(約1m)。出穂〜開花期がとても美しい。特に、出穂期は鮮やかな朱色となる。登熟するにつれ倒伏する。田植え期の活着が遅く、一瞬、苗が消えそうになることもあるが、草に負けないよう手を貸せば復活する。禾(のぎ)が長いので、脱穀や唐箕選、籾摺りが面倒。

茎が細くひ弱そうに見えるが、生命力は強く、作付けの翌年、こぼれ種から苗が育つことが結構、ある。
 
緑糯(緑米)
2000年に一燈園より購入し、自家採種を続けている。モチ米。晩稲。2004年は11月下旬に刈り取り。特徴ある濃い紫の稲穂で、特に開花期(9月末〜10月初旬)は稲穂の濃紫とおしべの白の組み合わせが美しい。田植え後の生長はゆっくりだが、最終的にはイセヒカリと同じくらいとなる。

お世話役はモチつき用のお米に緑米を使っています。完熟すれば色は白米とほとんど変わらず、搗いたお餅は普通に白くなります。
 
 丸ヶ崎の会では、新たに参加する人の種籾はお世話役が提供しています。その場合は毎年作り続けている基本の品種から提供しますので、種が古くなることはありません。
 しかし、お世話役が持っている、何十種類も種籾の中には何年か作られずに眠ったままの品種も出てきます。そうなると発芽力が落ちてきますので、何年かに一度、リフレッシュの為に栽培します。
 ただ、古すぎると全く発芽しないおそれもあるので、籾ふり前に発芽試験器で試験しました。発芽試験器は、野口のタネの「メネミル」です。

*もちろん、普通の野菜の種の発芽試験や、スプラウト栽培の器としても使えます。
 
 試験開始後1週間、明らかに差が出ました。計5品種テストして、上2段の品種は芽が出てきません。種籾が古い可能性があるので、避けた方が無難な様ですね。
さらに1週間放置してたら、すごいことに(笑)
籾つきなので、発芽玄米として食べるわけにもいかんなあ
苗床作り

 
 苗床を作る手順は、昨年の記録で紹介した内容とそう変わりありません。と、いうか、詳しく書きすぎて今年は書くことが無くなってしまった…いやいや、そんなことはないですけど(笑)。

 お米の苗床は4月中旬〜5月上旬の間に作っています。今のところ、作るのが早すぎて失敗した、という経験はありません。昨年、試しに3月に作った苗床も、特に悪かったという印象もなく、無事、田植えが出来ました。(ただし、田植えの時期には4月に播いた籾に生長が追いつかれている。)

 遅霜に関して言えば、昨年(2004年)は4月25日に最低気温4℃の予報が出ました。(最低気温が3℃以下の場合、遅霜の可能性があるとのこと。)丸ヶ崎では霜は降りなかった様ですが、一応4月下旬まではその可能性があります。ですが、自然農の苗代では、その時期、お米の芽はまだ敷き草の中にいるので直接霜にあたることがありませんので安心です。
 
2月の苗床準備で撒いた米ヌカがまだ分解されず、カビて残ってました。う〜ん、もう少し早く準備すべきだったか…。
 
(1)苗床の場所の整地 (2)籾播き

 苗床準備の為に振りまいたヌカが完全に朽ちていないため、表面に残ったヌカの固まりを軽く削ぐ感じで除いた後、表土を平らに均してみました。

 丸ヶ崎では、だいたい1区画(約1畝)に1つずつ苗床を作る様になっています。一人1区画が標準なのと、複数区画ぶんの苗床を一箇所で作ると、苗床の影響を受ける区画とそうでない区画のばらつきか出るので良くないかなと思っているからです。

 表土を均した後、選別した籾をパラパラと落としてます。
 一つの苗床に一つの品種だと、腰高位置から種をふりまけるので楽ですね。選別作業も一回ですし。

 
(3)籾の間隔調整 (4)覆土
 播いた籾の間隔を調整してます。大体3cm間隔と言われていますが、いつもついつい多めに播いてしまうので、それより狭い感じになってしまいます。
 覆土用の土の確保には毎年苦労しています。というのも、田んぼの土は粘土質でいつも湿っているので、土をふりかけようとしてもニチャニチャと指にくっつき団子になるだけ…(苦笑)
 昨年は園芸用の土を買って使いましたが、小さなアルミホイルの塊みたいなのが入ってたりして、嫌な感じでしたので、今年は畑の溝を直した時に出た土を使いました。
 気のせいか、園芸用の土に比べると苗床が清々しい感じがしました。ヘンなものも混ざってないし(笑)、余計分な栄養もないし、いいですね。
 一応、表土に近いところは避けましたが、どれ位雑草が出るか…

(5)土を押さえる (6)敷き草
 鍬で地面を押さえてます。軽くトントンとしながら苗床全体を押さえてまわります。
 私の手持ちの平鍬(「みみず屋」から購入)ですとこんなふうに押さえることができますが、柄のところが鍬のお尻から突き出してるタイプだと、苗床に穴をあけて回ることになってしまいますので注意ですね。

 土押さえに板を用意される方もおられますが、1畝用の苗床であれば手のひらでパンパンしてもそれほど苦労ではありませんし、そのほうが籾に気合いが入っていいかも?(笑)
 保湿、保温のため、刈った草を苗床の上に敷き詰めてます。
 苗床の場所に生えていた草だけでは足りないので、苗床の周辺0.5m(苗床作りの時、そこを歩き回るのでついでに刈ってしまった方がいい為)や、近くの畦草も使ってます。
 被せる量は、使う草の種類やその場所の湿り具合とか、いろいろ条件があるので一概には言えませんが…刈ったばかりの青草(とくにスズメノテッポウ)は乾燥するとかなり縮みますので、たとえて言うならお好み焼きのキャベツ位という感じでしょうか(なんだそりゃ(笑))

(7)周囲に溝を掘る (8)草を押さえる
 田んぼにモグラや野ネズミがいる場合は、苗床の周囲に溝を掘りますが、丸ヶ崎の水田はとても湿っていてモグラが生息できる環境ではありません。

 ですので、溝は掘ってません。

必要がなければ、土は動かさない方がいいですもんね。
 敷き草が飛ばされない様、草の上に棒(シノ竹など)を置きます。あんまり重たい棒ですと、その下の籾に影響するかもしれないので、シノ竹位で充分です。

 4隅に立てた竿に紐を巡らしてます。これは、結界、じゃなくて鳥避けネットを張るときの梁となります。

(9)鳥避けネットを張る (10)出来上がり
 鳥避けネットを被せます。ネットは苗床から浮かせるようにしないと、効果が無いので注意しましょう。私は対角線上に紐を張り、真ん中が落ち込まないようにしてます。

 ネットは毎年繰り返し使える様な、糸がしっかりしていて網の目が細かいものを使ってます。

 苗床周囲のネットの裾も、鳥が入り込まないよう、棒や土塊で押さえておきます。
 1畝ぶんの苗床であれば、慣れればゆっくり作業して2時間位でしょうか。

 丸ヶ崎の場合、覆土用の土と敷き草の確保に、案外、時間を取られてます。

 播種後、2〜3週間位を目安に苗床の除草を行います。

 昨年の失敗に懲りて、会の皆さんも今年はかなりがっちりと取り避け網がセットしました。
 左の苗床は、中に網を支える支柱まであったりして、すごく手が込んでます。
 こちらは、敷き草押さえの棒で×印を二つ描き、侵入禁止を強くアピールしています。(…そうなのか?)

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2005年の記録一覧へ] [このページのトップへ] [トップへ]


畑の作業

ユキヤナギ満開!
 
 開墾したユキヤナギ畑も、刈り残したユキヤナギの生垣が真っ白に花を咲かせました。
畑の様子

 4月は春野菜の種まき本番ですね。田んぼの準備をやりつつの野菜の種まきなので、いつも遅れ気味になってしまいます。家で育苗しておくのもいいかな、と思います。

 特に、トマトやウリ類は夏場に欲しいので、なるべく早くスタートさせたいですし。それに、冬野菜からの切り替えも早くなりますしね。
 不耕起3年目の畑は、春先になるとあちこちからツクシがツンツンと顔を出してきます。まあ、それはそれで収穫となるのですが、スギナに交替すると結構やっかいです。
 特に、ネギやトマト、ナスなどの畑にグイグイ出てきて苗のジャマをします。スギナの地下茎は少し深いところにあるので、苗床を作る際、軽く耕す程度では効果がない様です。
 今のところ、丹念に地上部を取り除くほか手はありません。(深く耕せばいい?うーん、せっかく不耕起にしてるので、それはしたくないな…)
 冬の間の強風でバッタリと倒れそうだったソラマメが、春になったらグイグイ復活しました。
 
 もう、刈り取って食べなくちゃ。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2005年の記録一覧へ] [このページのトップへ] [トップへ]


その他の出来事
 休憩小屋は知り合いの大工さんが破格の手間賃で作業してくれています。でも、本業の合間で、という感じなので、11月〜3月まで作業が休止していました。
 3月末から作業再開です。
 若い大工さんですが、伝統工法の修行を積んでいて、休憩小屋も丸太を手で刻みながら組み上げていきます。さらに、今回、刻みの方法もいろいろ教えてくれて、会員の皆さんも少しずつ手伝いながらの刻み作業となりました。
   
 昨年、山から運んできた丸太が、どんどん建材になっていきます。
 
 一見ログハウスのような形ですが、実は小屋の上半分の仮組み。かなり大きな小屋になりそうです。

 …ええと、畑用の土地は残してくれるんですよね、大工さん?(笑)

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2005年の記録一覧へ] [このページのトップへ] [トップへ]