2005年8月

1(月)   11(木)   21(日) 集合日
2(火) 水田補植/除草 12(金)   22(月)  
3(水) 中干し終了/水田除草 13(土) 畑除草 23(火)  
4(木) 水田除草 14(日)   24(水)  
5(金)   15(月)   25(木)  
6(土)   16(火)   26(金)  
7(日)   17(水)   27(土) 畑除草
8(月)   18(木)   28(日)  
9(火)   19(金)   29(月)  
10(水)   20(土)   30(火)  
31(水)  

水田の記録

8月に入ると早生から順に出穂が始まります。今年は農林21号(陸稲の早稲)が8月3日ごろ。黒米が8月10日ごろ、イセヒカリ8月20日ごろでした。

通常、苗の補植は遅くとも7月いっぱいまでに終わらせますが、今年はカモのおかげで大打撃を受けた区画の人は8月に入っても補植をしてました。
遅い捕植はその後の生育期間を確保できないため、収穫量は期待できません。稲が無いよりかはマシ、というところでしょうか。

ところで、捕植用の苗を田んぼの脇に置いたままにしておくと、混み合ってきてそこからイモチなどの病気がでるおそれがあります。補植が終わったら、モッタイナイけど刈ってしまわねばなりません。そのほうが、全体のイネが、健康に育ちますので。
根っこを残して、ぎりぎりのとこで苗の上だけを刈り取り、田んぼのイネの列の間に、刈った青草を、敷いておきます。
勿体ないような気もしますが、イモチはうつりますので。
もし少し場所があったら、予備の苗を、まるで田植えしたみたいに、2〜30cm間隔で、5〜10本単位で、苗の束を刈り残して、残りの苗を除草してもいいですね。要するに、混みあってなかったら、いいんです。
風通しがいいほうが、健康に育つので。

周囲の慣行田は9月中旬から10月上旬には稲刈りをするため、8月下旬に落水します。そのため、7月いっぱいの中干しの後、ようやく水が来た、と思ったら2週間でまた用水が止まってしまうのです。なので、中干しが終わったら、こちらの田んぼの水を落として、田んぼを少し空気にさらして、また水を入れるということを2回程度やります。
そして、用水が止まる前に目一杯、田んぼに水を入れ、あとはそのまま9月末まで水がもれないよう、厳重に取排水口のフタをします。

水田の除草は、8月10日ぐらいまで。その後は、9月末まで入りません。
ところが、除草が遅れ気味なのでどうしても除草したい、という方が、稲の根を痛めないために植木鋏を使って畝の両側から手を伸ばして除草してました。うーん、確かに根は痛めないと思うけど、すごい手間ですね(苦笑)
その様子を見ていたお隣の農家さんが「田んぼに植木屋さんが来てるよ!」と笑ってました。

左の写真は、真ん中で区画が分かれているため、除草の様子が違うところを撮ったものです。8月初旬の様子です。右側の方が除草がしっかりされているぶん、稲も大きいですね。左側も、草に負けてはいませんが、もう1回くらい除草に入るといいかな、という感じです。

鴨よけに、木の枝をたんぼにぶすぶす刺してあります。鴨が田んぼに降りるのを枝で邪魔しようという作戦ですね。しかし、ずっとこのままにしておくと、今度はニンゲンの作業の邪魔になってしまいます。
除草や稲刈りの時に目を刺したり、踏み抜いたりする怖れがありまので、鴨害が一段落する8月中旬には撤去する必要がありますね。

畑で作業してたら、背後で「バコン」という音、そしてお隣の農家さんの「あーあ!」という声。何事?と振り返ると、田んぼ脇の道の真ん中に鴨が一羽、ボーッと座り込んでました。

見ていた農家さん曰く、「鴨がさあ、電線にぶつかって落っこちてきたよ!」見上げると、なるほど田んぼの上の電線がビヨンビヨンと大きく震えてます。件の鴨はしばらくボーっとへたり込んでましたが、しばらくするとノソノソと動き出し、田んぼへボチャンと飛び込み、姿を消しました。

ううむ、電線にぶつかって落ちるなんて、鳥としてどうかと思うのですが、来年のシラサギ田に鴨避け用にキュウリネットを張ろうかと考えてた矢先ですので、ちょっと考えさせられました。そんなの張ったら、鴨が首吊りになりそうだし、田植えに来たら鴨の首吊りがぶら下がってるというもの嫌ですよね(え?鴨鍋が出来て嬉しい?)

草取りシーズンが終わると、田んぼに入る機会が減るので、田んぼや稲の状態がどんな具合なのかわかりにくくなりますが、遠くから見ても気がつくものもあります。

稲の葉が折れた様になって、そこがクルクルと巻いたようになっているものがあります。イナヅトムシの巣の様です。

左の写真をマウスオーバーしてみて下さい。中で「覗いちゃいやー」としてる虫さんが‥。

イナヅトムシ以外にもいろんな虫たちが田んぼの中を蠢いている様ですが、それこそが田んぼの生命力の現れです。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2005年の記録一覧へ] [このページのトップへ] [トップへ]


畑の作業



[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2005年の記録一覧へ] [このページのトップへ] [トップへ]


その他の出来事

8月は部屋の中での勉強会でした。自然農のこと、会のこと、いろいろ話し合いました。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2005年の記録一覧へ] [このページのトップへ] [トップへ]