2005年2月

お世話役代表の作業記録

 1(火)   11(金)   21(月)  
 2(水)   12(土) 共同作業  22(火)  
 3(木)   13(日) 集合日  23(水)  
4(金)   14(月)   24(木)  
5(土)   15(火)   25(金)  
6(日) ヌカまき、藁ふり  16(水)   26(土) 有機農業入門講座2005参加 
7(月) 丸太運び 17(木)   27(日)  
8(火)   18(金)   28(月)  
9(水)   19(土)       
10(木)   20(日)      
   

水田の記録
 2月6日、遅れに遅れた稲架の撤去とヌカまきをしている最中に一羽のシラサギがバサバサと飛んできて、田んぼわきの掘りをしばらく歩き回ってました。餌を探しに来たんでしょうかね。
 カメラを向けても逃げる気配なし。

何を想う? (エサガナイ‥)

 本来、脱穀後には撤去すべき鳥避けネットですが年を越して、旧正月近くまで田んぼに居座ってしまいました。鳥を寄せ付けないことによるバランスの乱れ(虫を食べてくれない)が心配です。
 2月6日、なんとか撤去しました。しかし、鳥避けネットはきちんとたためず、今年の再利用は難しくなってしまいました。せっかくの自然農、資源を大切に使いたいものです。この辺はこれからの課題です。

 田んぼの地面をよく見ると、うっすらとカビの様な白いものが‥。(見えますか?)
 寒風も、むき出しの表土もなんのそのの土壌菌の元気さに、これから撒く米ヌカの量を少なくするべきかという思いが頭をよぎります。

 緑色の部分は、藁束が置いてあったところ。藁で保温されたせいか、そこだけ草が青々としてます。いや、だからどうだってわけじゃないんですが、なんとなく、へぇ、と思ったものですから‥。

 光を遮られた方が青々してるなんて…

米ヌカを撒く
 米ヌカは昨年と同じく1畝あたり10kgを撒きました。これだけ撒くのはおそらく今年が最後だと思います。丸ヶ崎の水田は不耕起に転換してから6年目となりますが、最初の数年は整地、ヌカまきなどが充分に行われていなかったので、今年が実質3年目としてヌカの量を決めました。

 川口さんや沖津さんからは慣行農から自然農へ転換直後は米ヌカ、アブラカスを投入した方が良いと聞きます。初年度1反 米ヌカで300s程度、以降毎年徐々に減らし、4〜5年でゼロとされたと記憶しております。(量は田んぼの条件で違いますから、あくまで目安です。)

 そういった点では、3年目の今年、昨年と同じ100kgというのは多いかも知れません。さて、どうなるやら…。
ヌカは12月〜1月の間に撒いた方が良いです。冬の間にゆっくりと分解されます。春以降だと、虫を呼び込むおそれがあります。

 米ヌカを撒くのに特にコツはないと思いますが、均等にまくことは心がけましょう。また、撒き終えた上に足跡をつけない様、バックしながら撒いて行けば、一面ヌカで真っ白になった田んぼを鑑賞できます(笑)。

 それから、当然ですが体中ヌカくさくなりますので、帰り道は要注意。バスや電車などで近くの人に「…?」という顔をされるかも(笑)。

稲藁を敷く
 脱穀を終えた稲藁を田んぼに戻してあげます。こうすることで、田んぼに育った稲はその場で朽ちて行き次の年、次の世代へと命をつないでゆきます。

 稲藁は不規則ふりまきます。苗床のときと同じく分解過程で溶けて膜にならない様にする配慮であると思いますが、きちんと並べてもどうせ風で飛ばされて不規則になるので、無駄なことはしないということもありますね。

 不規則に、それでいてまんべんなく振りまいていきます。

 稲藁を敷き終えて、ようやく一段落。本当は昨年のうちにやっておきたい作業です。

 ところで、昨年、稲藁をふりまく直前に麦を播いたところは、まず稲藁をふりまき、麦の発芽を待ってから米ヌカを撒きました。麦の発芽障害を避けるためです。そうすると、稲藁の上に米ヌカを撒くことになるので、土に直接届かないのだけれど…、手順として、どうなのだろうと考えてます。


苗床の準備
 去年は4月になってからお米の苗床を作りましたが、今年は一部の区画で冬の間に苗床の準備をするという試みをしてみました。

 苗床を作った場所は、田植えの際にその部分の土を持ち出すのでかなり痩せてしまいます。毎年、苗床の場所を変えればそのダメージを分散できますが、逆に何年かに1度は土の積み重なりがリセットされるというデメリットがあります。
 また、1区画の中で苗床に適した場所というのも、そんなにはありませんので、毎年、同じ場所に作った方がやり易いということもあります。

 そこで、苗床の場所を養生させるという意味で、苗床予定地に米ヌカをふり、藁を敷いておきます。
*この作業も適期は12月〜1月です。
(1) 苗床の場所を決める
 苗床に必要な面積は、1反につき幅1.4m x 長さ20mです。丸ヶ崎の田んぼは1区画1畝弱なので、1.4m x 2m見当となります。
 なぜ、1.4m 幅かというと、苗床の世話をするのに手が届く幅という意味です。ですから、自分の体格に合わせて調整されても良いですね。(長さはそれに応じて変えます。)

 苗床は、次のようなことを考慮されて場所を決めたら良いかと思います。(全てを満たす必要はないと思いますが。)
  • 日当たりと、水はけの良い場所
  • 田植え作業のやりやすい場所(1畝位の狭い面積の場合、真ん中に作ってしまうとすぐに苗床にぶつかってしまい、作業がし難くなります。逆に1反位の広さだと、何箇所かに分けて作らないと、苗運びが大変になります。)
  • 人や犬が田んぼに入りやすい所では、通りから遠い場所(イタズラ防止)
 場所を決めたら、四隅に目印の棒を立てます。
 
(2) 苗床の場所を除草する
 苗床の中にある草を取り除きます。
 2月のこの時期、草はほとんど生えていませんが、スズメノテッポウなどが小さな芽を伸ばしています。また、稲の切り株が残っている場合もあります。これらを取り除いて、苗床の外に出します。小さな草は根っ子ごと抜きます。
 
 
(3) 表土を少し削り、軽く耕す
 除草を終えたら、表面の土を薄く取り除く、というのを昨年の苗床作りで説明しました。しかし、丸ヶ崎の田んぼは、この時期でも土がねっとりと水を含んでいて、うまく削れません。仕方が無いので、このまま耕すことにしました。

 耕す、といっても、土がこなれないので、苗床を均等にするための準備として、土を軽く起こした、という感じです。
 
(4) 土中の根っ子などを除く
 土中に残っている宿根草の根っ子を取り除きます。
 
(5) 米ヌカをまく
 まくヌカの量は条件によって変わりますが、4月の籾ふりの時期までに分解を終えてくれる程度の量にしないと、ヌカが朽ちる過程で籾に悪影響がでてしまいます。

 今年は、全体に2mmほどヌカが被さる程度にしてみました。
 
 
(6) 藁を敷く
 ヌカの上に藁を敷きます。
 田んぼにヌカと稲藁をふりまくのと同じで、土、ヌカ、稲藁、といった順に積み重なります。ただ、苗床の場合、上に敷く稲藁はきちんと並べて敷きます。と、言うのもこの稲藁は春に籾をまくときいったんどかし、籾ふり後に、再度敷きなおすので、きちんと並べて置いた方が作業しやすいためです。

 ところで、昨年収穫量が少なかった区画は藁の量も充分ではなかった為、畦の草(セイタカアワダチソウ)を敷き藁の補充に使ってしまいました。しかし、この草は夏の草。春先に、稲ではなく、セイタカが一斉に芽吹く?田んぼ水が入れば、セイタカは死んで行くけど、それまでの幼苗期にセイタカと競うのは、ちょっと酷かも…。
 
(7) 稲藁の押さえを置く
 稲藁が風で飛ばされない様、上に木の枝や竹などを置きます。
 これで、ひとまず完成。あとは藁の布団の下で様々な菌や小動物が活動してヌカを分解してくれます。
 せっかく撒いたヌカが鳥の餌にならない様、ヌカが露出していないか、藁が薄くないかのチェックもしておきます。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2005年の記録一覧へ] [このページのトップへ] [トップへ]


畑の作業
 畑の南斜面にはオオイヌフグリやホトケノザが花を咲かせていました(2/20)。

 もう、春ですね。
 
 畑から一斉に鳥が飛び立ちました。

 麦は全部発芽してるし、もう食べれるものなんて無いのに変だな、と思って畑をみたら、コマツナがあちこち啄(つい)ばまれていて、葉っぱにたくさん穴があいてました。

 そうか、鳥の餌って菜っ葉もあったなあ…。
 
 さらに、白菜は結球どころか、ズタボロに‥。

 お隣の農家のおじさんが、「ヒヨ(ヒヨドリ?)が来てみーんな喰っちまうよ。葉っぱなんか芯しか残らないから。」と言ってたけど、まさにその状態。

 虫害は栄養過多ゆえの出来事だとして、鳥害はどう受け止めたらいいものやら‥。
 
 モグラは相変わらず活動中。冬の方が活発な気がするのは、夏は掘り跡が草に隠れるため?それとも、日光の暖かさに誘われて地表部近くにやって来るのか…?

 リコリス近辺には掘り跡が見られないので、やっぱり効果があるかも、と思いつつ、かといって全部リコリスを植えてリコリス畑にする訳にもいかないし。


雨降り後はモグラ穴の跡がクッキリ
 

ジャガイモの作付け
 ジャガイモの植えときは2月下旬〜3月上旬です。 「彼岸 ジャガイモ 土の中」とか言うそうです。植え遅れの無いように準備し ましょう。
(1) 品種について
ジャガイモに関しては交配の心配がないので、好きなものを作りましょう。味の好みで、ホクホクとした、粉っぽい感じが良ければダンシャク、煮込み料理やサラダなどちょっと固い目のイモが好みであればメークイン、といった感じですか。 その辺は、いろんなHPがあるので参考にして下さい。

 品種によっては、8月ごろ、もう一回植えつけて冬に収穫できる品種があります。(アンデス、デジマ、フゲンマルなど)夏に掘ったイモの小さめの奴をタネイモとして使えるわけです。2倍お得というわけですね。(そのせいか知りませんが、アンデスのタネイモ値段はダンシャクの2倍!お得度帳消しです。)
おすすめHP
ジャガイモ博物館
 

地元の直売所で食用に売られていた芋(半年経過)
*一番右は大きさの比較で並べた鶏卵。普通の芋に比べるとミニ・サイズです
  それから、ちょっと変わりダネのイモとして、奥秩父、山梨方面の特産イモで、「オオタキイモ(中津川イモ)」というのがあります。昔から奥秩父の山間 の傾斜地で細々と作られていたそうで、生産数は少なく一般市場には出回ってません。(かなり古い品種らしく系統が不明)地元の農産物直売所で買ったことがありますが。これが、実にウマイ!

 ジャガイモ=ホコホコのイモ、バターをつけて食べたい!という方には不向きですが、モチッとしてて、さわやかな感じで、ミソをつけて食べると最高です。 (サトイモに似てる?) 地元の人いわく、「このイモは小さければ小さいほど旨いんだ。ガレガレの痩せた畑で作んないと駄目、肥料なんかくれたら不味くなっちまう。」だそうで、無施肥栽培の自然農向きかも?
 
(2) タネイモについて
 
 タネイモはタマゴ位の大きさであればそのまま植えます。それより大きい場合は切り分けて植えても良いです。切る場合、イモの目(芽が出るところ)の場所が均等でないので、なるべく数が揃うように切り分けます。それから、植える直前に切るのではなく、切ってから2〜3日ほど置いて、断面が乾いてコルク質になってから植えてあげると、丈夫に育つそうです。

 自分でタネイモを採種した場合、小さいものでも使いたくなるのが人情ですが、ピンポンの玉以下の大きさのものとなると生りが悪いので、なるべくそれ以上のものを使います。
 
 ジャガイモの種イモについては、家庭菜園の本などではウィルス病が心配だから種苗屋さんから買ったものを使いましょうと書いてあります。なるほど、そうかも知れませんが、自然農でジャガイモを栽培されている方には、自分で種芋を取り続けている方もおられる様です。確かに、多肥かつ農薬で栽培された種芋を使うより、自然農で健康に育った種芋を使いたいですよね。

 ただし、普通にスーパーなどで買ってきたイモを種イモにするのは、こうした病気が心配なのと、萌芽抑止の為の処置がされている可能性があるため、避けた方が無難です。

 逆に、売られている種イモは食用イモより農薬使用量が多いらしいので、余ったからといって食べてしまうのも避けた方が無難でしょう。
 
(3) 植え付けについて
 

あらかじめ種芋を並べてみてから植えると、種芋の個数によって株間を調整するのが楽
 植え付けは、株間30cm、条間40〜50cmが目安です。肥沃な畑だと枝葉が茂るので株間、条間とも広めにして、風通しを確保します。

 特に、畝はたてていません(土はなるべく動かさないの原則)。ただし、水はけの良い場所を選びます。

 ジャガイモはナス科ですから、同じナス科のトマト、ピーマン、ナスなどと隣り合わせに栽培すると、同じ病虫害を受けやすくなるので、少し離すなどの配慮をされた方が良いそうです。また、昨年、同じナス科を作付けした場所は連作になるので避けましょう。
 
 植える時には、草をかき分け、地面にイモを植えるところだけ穴を掘り(穴の深さは、植えるイモの大きさの2倍ほど)、イモを置いて埋め戻します。置く向きは、とくにありません。(タネイモを切って植える場合、切断面を下にして置くのが一般的。逆よりは発芽が早い。)

 なお、ジャガイモは湿気を嫌うので、雨の日の植え付けは避けます。(2月の雨天に畑作業をしようとする人はいないと思いますが…)←と、いいつつ植え付けに行った日には雨がパラついてしまいました(笑)
 
 植え終わった後に枯れ草を被せ、さらに稲藁を敷き、保温をはかると同時に、芽が出た後、霜から守ってあげます。

 芽が出てくるのは3月中旬くらいでしょうか。この後、芽かきなど世話をします。土寄せは、原則、やってません。(土を動かすことになるので)

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2005年の記録一覧へ] [このページのトップへ] [トップへ]


その他の出来事
シラサギ田の畦整備 (2/13)
 古くなった街路樹の添え木をたくさん手に入れることができたので、これを土留めに使ってシラサギ田の畦整備の共同作業を行うことにしました。

 冬場は農作業というよりは土木作業が多くなります。丸ヶ崎自然農の会ならぬ建設会社・丸ヶ崎組という感じですね。(○に崎の字のハッピでも揃えますか。)
 畦の角度が急すぎるので全体に緩やかになる様に削ります。
 大きいススキ株は男3人がかりで撤去。
 
 畦が直線になる様、紐を張って出っ張ったところは削り、凹んだ所に移動します。  直線にしたところで、材木を並べ、杭を打って止めます。
 
 貰った木材は長さ、太さが揃っていて、しかも真っ直ぐで重さも軽くて、とても作業しやすかったです。  木材は、たぶん、ハンノキだと思います。稲架や工事現場の足場に使われなくなったと思ったら、街路樹の添え木としても使われていたのか…。

 少しとっておいて稲架に使おうかな。
 
 毎年土木作業をやっているので、確実にスキルアップしている手応えがあります(笑)。

 土木作業といっても、土遊びの延長、大人の泥んこ遊びみたいなので楽しい、楽しい。メンバーの一人が、「ずっとこんなことして暮らせたらいいなあ。」って言ってましたが、同感です。

 それに、こうして手を入れると田んぼがすっきりした感じになり、農作業をやっても疲労感が違ってくるんです。(去年と同じくシラサギ田で作業される人は比べてみてください。)
 

完成後と完成前(マウスを写真の上にどうぞ)

遠景です。何か、公園みたいになりましたね。

ユキヤナギ畑の開墾(2/12, 13)
 昨年、途中で挫折したユキヤナギ畑(ミノムシ畑)の開墾に再度チャレンジです。

 数年間、生えるにまかされたユキヤナギが枝を茂らせて、人が中に入るのも困難なほど。
 とにかく、人海戦術で枝を刈って行きます。
 
 ユキヤナギは株から枝を茂らすタイプの木なので、一株切るのにノコを何度も使わなくてはならず、難作業に。

 自然農の畑への開墾の場合、除草と同じ様に、地上部だけを刈り、根っ子は抜かずに地下で朽ちさせます。(というか、木がこれだけ大きくなると人力での抜根はほぼ不可能。ユンボじゃなくちゃ。)

 今回はとにかく人が入れるように大雑把に枝を刈り、後で丁寧に枝を切ることにしました。木はまだ生命力があるので、どんどん枝を出して来ると思いますが、負けずに枝を刈り続ければ根負けして枯れて行く、それを待つわけです。(人間が根負けするかもしれませんが…)
 
 しかし、朝から苗床作り、畦の補修の土木作業、そしてこの開墾作業と酷使された会員は…  次々と…
 
 倒れて…  全員、ダイ・イン?
 
 実は、刈った小枝を敷き詰めてその上に寝転がってみると、小枝がいいクッションになってすごく気持ち良いベッドになるということで、皆で寝転がってみたということなんですが…

 それにしても、お疲れ様です。
 
 集合日の作業で、予定していた部分の刈り払いは終わりましたが、ご覧のとおり強い根っ子が残ってます。

 木の根っ子が張り巡らされていて、畝立てしたりするのが難しいため、今年はタカキビを播いてみようと思います。タカキビの根は強いので、こういうところでも育ってくれるのではと期待しています。

 冬場はライ麦でいってみようか。
 
 刈り払った枝を少しだけ持ち帰って花瓶に挿しておいたら、2週間位してどんどん花が咲き始めました。 ‥少し罪悪感、軽減(笑)

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2005年の記録一覧へ] [このページのトップへ] [トップへ]