2005年7月

1(金) 田植え 11(月)   21(木)  
2(土) 田植え 12(火)   22(金)  
3(日) 中干し開始/田植え 13(水)   23(土) 水田除草
4(月)   14(木)   24(日) 休憩小屋屋根工事
5(火)   15(金)   25(月)  
6(水)    16(土) 休憩小屋資材買出し 26(火)   
7(木)   17(日) 休憩小屋屋根工事 27(水)  
8(金)   18(月) 田植え 28(木)  
9(土) 田植え/小屋資材買出し 19(火)   29(金)   
10(日) 集合日 20(水)   30(土)  
31(火) ご近所挨拶

水田の記録
中干しへの対応について

丸ヶ崎一帯は7月の第一日曜日から「中干し」に入ります。付近の水田より一ヵ月半遅い田植えの我々にとってはかなり厳しい条件です。田植え直後の水の管理が出来ないからです。
中干しは一ヶ月続くため、その間に水が切れない様、水を精一杯溜めて起きます。つまり、かなりの深水のまま苗の活着、生育をしてもらうことになってしまいます。

刈った草も田んぼの中で朽ちていき、かなりのメタン臭が発生しますので、稲にとってはよくないだろうなあと思うのですが、水を抜くことが出来ないのでそのままにせざるを得ません。
ただ、今年、刈った草をその場に敷くのではなく、一旦畦などに出して、かなり朽ちてからまた田んぼに戻す、ということをやってみました。手間のかかる作業で、どれだけの効果があるのか判りませんが..。

カルガモへの対応について

今年のカモは凶悪でした。必死に補植しても、やられる一方...。

ちなみに犯人がカモだってことは、人が見てる前で、田植えしたばかりの田にバッシャーンと着水する現場を何人も見てますし、そうでなくても、倒れた苗に鳥の羽が付着していて証拠丸出しです(笑)。

一番被害が出た区画は田んぼというより池みたいになってしまいました。

...苗が無い!

ただ、壊滅的な打撃を受けたのはこの区画だけで、隣接する区画は1/3(それでも大きいですが)程度の被害でした。

ということは、なぜこの区画の被害が大きいのかを考えてみれば、何か解決の糸口が見えてくるかも知れません。

この区画をやっている(気の毒な)方に田植えの様子などを尋ねたところ、次のようなことがわかりました。

(1)貰い苗を1本植えした
苗床を鳥にやられ、苗が不足したため、近所の農家から余り苗を頂きこれを1本植えで田植えをしたそうです。ところが、ハウス育苗のひ弱な苗を疎植にしたため、カモから見ると何も生えていない水面にしか見えず、着水場となってしまった様です。また、カモに踏まれたときの回復力も弱かったかも知れません。
(2)田植えが遅れた
田植えのスタートが周囲の区画より遅れ、カモの飛来が激しくなる頃にはまだ苗の活着がまだ充分ではなかった。これもまた、回復力が弱くする要因となってしまった。
(3)深水状態であった
(1),(2)に加え、この区画は水の入り方が深かったので、水溜り感がいっそう増し、カモが来やすかった様です。また、深水での田植え(7月初旬から始まる中干し対策のため、用水が止まる前に水を入るだけ入れています。したがって、遅れて田植えする人は深水での田植えとなる)となった為、苗のさし方が甘い、稲の呼吸が不十分など、活着自体も遅れたかも知れません。
以上の様な悪条件が重なり、全滅に近い状況になってしまった様です。カモたちは水面の見える所を狙ってやって来る様なので、苗が倒され始めると、苗が倒される→水面が見える→たくさんカモが来る→もっと苗が倒される→もっと広いプールになる...と悪循環にはまってしまいます。

対策としては、
(1)活着するまでなるべく浅水にする
水の出し入れが可能な6月末までに田植えを完了させ、浅水で活着させます。なお、浅水なので田植え直後の草の管理をしっかり行うことも必要です。
(2)丈夫な苗を使う
カモがなぎ倒しても回復できる、丈夫な苗を使う。(というか、苗床でしっかり苗を作れば良い)また、ゴツイ苗が植わっていれば、田んぼがスカスカに見えず、カモが来にくいということも考えられます。
(3)なるべく早めの田植え
田植え前に草を刈り払った後、田植えを終えるまで間があくと、水溜り状態が続くことになるのでカモを呼び寄せることになってしまいます。刈ったら即、植える様にした方が良いでしょう。

以上の反省を踏まえ、来年は、丈夫な稲を作り、早めに田植えして、その後なるべく浅水で管理する、ということで対応したいと思います。

鳥避け網を張る、という対応もあるかも知れませんが、この時期、鳥避け網を張るのは避けたいところです。暑い中で張るのは大変だし、カルガモ以外の虫や鳥などいろんな動物の往来を妨げてしまうのもこのましくないですから...。

6月の集合日に田植えした後、除草に入っていない実習田ですが、黒米は草に負けずに生育してくれました。

インディカの長竿種(背が高い品種)は初期の生長が早いぶん、雑草には強いのかも知れません。ただし、この黒米登熟してくると倒伏するという困った性質があるのですが...。

また、田植え後、深水だったことも、雑草を抑えられた要因かも知れません。ただし、稲の分蘖も悪くなるので、一長一短ですね。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2005年の記録一覧へ] [このページのトップへ] [トップへ]


畑の作業

休憩小屋作業のためお世話役の畑はほとんど手が入れられず。草の中の作物を探し出しつつの畑の説明になってしまいました..。

しかし、それにしても草ボウボウ...

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2005年の記録一覧へ] [このページのトップへ] [トップへ]


その他の出来事

今月も引き続き休憩小屋作りです。

屋根の垂木を張り終えたので、野地板を張り付けていきます。

壁や床はまだだけど、なんかいい感じになって来ました。

お茶室みたい!

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2005年の記録一覧へ] [このページのトップへ] [トップへ]