2005年6月

 1(水)   11(土) 麦刈り  21(火)  
 2(木)   12(日) 集合日  22(水)  
 3(金)   13(月)   23(木)  
4(土)   14(火)   24(金)  
5(日) 苗床除草  15(水)   25(土) 小屋作業、田植え 
6(月)    16(木)   26(日) 小屋作業(上棟式)
7(火) 麦刈り  17(金)   27(月) 田植え 
8(水) 麦刈り 18(土) 小屋作業  28(火) 田植え(早朝) 
9(木)   19(日) 小屋作業、田植え  29(水)   
10(金)   20(月)   30(木)  

水田の記録
麦刈りは6月上旬となりました。穂が枯れてくれば刈り取り時期ですが、田植え前の、晴れた日という条件で麦刈りを行いますので、結構厳しいです。週末しか作業できないとすれば、6月中旬までの、約2回の週末のいずれもが雨だと、もうアウトなわけですので…。

丸ヶ崎の水田では小麦以外栽培したことはありません。大麦は小麦に比べ湿気に弱いと言われていて、丸ヶ崎の様な湿田は適さないだろうということ、またライ麦は丸ヶ崎の気候では、熟する前に田植えの時期が来てしまうため、米の裏作にならないからです。
 

写真ではわかりにくいかもしれませんが、麦の下から夏草がグイグイと伸びてきて麦を追い越しそうです。
というか、麦の生長が悪くて、草丈50cm程度しかありません。麦を刈ると、他の草もたくさん混じってしまいます。


刈った麦わらを、穂首のところを持って振ると、一緒に刈った雑草が飛ばされるので、とりあえずこの方法で刈りました。(それにしても、小ぶりな麦だなあ…)

田植えは、田んぼの畦に植えた花しょうぶが咲く頃となります。6月上旬〜中旬という頃でしょうか。
    
苗床の鳥避けネットは、6月初めにははずしてあげてます。ネットで蔽っていると、日光をさえぎってしまいますし、風通しもよくありません。

ネットをはずして、風にそよぐ苗を見ると、気持ちよさげな感じです。
 

5月末から田んぼにカルガモが飛来します。餌をあさりに来るだけではなくて、隙あらば営巣してしまいます。昨年は2箇所に卵を産みました。でも、人間が怖いのか、結局、卵を放棄してしまいました…。

昨年、2回も営巣に失敗してるから、今年は懲りたかな、と思ってたのですが、麦刈りの為に田んぼに入って草をかきわけかきわけしてたら…

やられた…

コロンと、卵が一つ。でも、巣作りをした気配はないので、やっぱこれも放棄か…。
   
先ほどの卵の親なのか、人がすぐそばで草を刈っていてもウロウロしてるだけで逃げようとしません。

しかし、卵があったのはヒヨドリ田で、ここはフクロウ田。

「そこはあんたが卵を産んだ場所と全然違うよ?」 
 
ねえ、マルティーヌ、僕らの卵、ないねぇ?

そうね、ピエール、どこ行ったのかしらねぇ?
あっちの方かねぇ。

いってみましょかねぇ。


「…いや、そこの田んぼじゃないって…」
 
 
 麦を作ったところもそうでないところも、6月には夏草(主にキシュウスズメノヒエやカヤツリ草)がどんどんと背を伸ばしてくるので、そこにそのまま苗を植えても負けてしまうため、田植え前に草を刈ります。

 スズメノテッポウよりも長く田んぼにとどまる冬草(カラスノエンドウ、レンゲ、麦)が優勢になってくれれば、この草刈ももっと楽になるのでは、と思ってます。一度でいいから草を刈らずに、冬草を倒して苗を植えるという田植えを経験したいなあ…。
 
 草刈は田植えとほぼ同じくらいの時間がかかります。これを軽く見てるとツライことに…。

 草刈をしていると、居場所が無くなった虫たちがワラワラと逃げ出します。特に目立つのがクモですね。よく見るといろんなクモがいます。黒っぽいの、赤っぽいの、黄色っぽいの…すみません、色でしか違いが言えません(笑)

 お腹に卵をかかえたヤツとかが、水面を走って、私の進行方向の先、草を刈り前の草むらに逃げ込みます。でも、あと1分もすればそこも刈ってしまうのに…。

 草を刈り進めて一番最後の頃になると、残された最後の草むらにいろんな虫が逃げ込んで大騒ぎ。小さなバッタみたいなのがパニック状態で狭い草むらの中を跳ね回ってますが…でも、刈っちゃうんだな!(ザクザク)

 一時的に草が無くなってしまいますが、畦草の方に逃げ延びた奴らは、田植えが終わって稲が大きくなればまたすぐに田んぼに戻ってくることでしょう。
 
今年(2005年)から、見学者も学べるように、実習用の区画(1畝)を設けました(実際は余った区画ですが(笑))

実習田は集合日に田植えをし終えないと、お世話役があとで植えなきゃならんので厳しいなあと思ってましたが、案外、あっさりと終了。

人手の多さの威力を実感です。
 
 いろいろな人が各自の都合で田植えをするので、水の管理が大変です。というのも、田植えの際は水を抜くのですが、お借りしている田んぼは排水口を開けて水がひけるまで2、3時間、取水して浅水程度になるまで2、3時間かかるのです。
 なので、早朝に田植えするなら前日の夜から水を抜いた方がいいのですが、万一、翌日に田んぼに行けなくなると水が抜けっぱなしのまま田植え直後の苗が陽に照らされることになるので、こわくてできません。

 丸ヶ崎の会ではMLで連絡を取り合いながら、水の調節をしています。でも、朝来た人が水を抜いて作業が終わったら水を張って、同じ日に午後田んぼに来た人がまた水を抜いて…と、随分と水を無駄遣いした様に思います。

 都会育ちなもので、田んぼの用水を水道の蛇口やお風呂の栓みたいに気軽に考えてしまい勝ちですが、水も貴重な資源、来年はもう少しスケジュールを調整して水の無駄遣いを減らしたいなと思ってます。
お世話役として走り回って、かつ休憩小屋作業をやってると農作業に避ける時間がどうしても少なくなり勝ち...。
仕方なく、真っ暗な中、田植えです。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2005年の記録一覧へ] [このページのトップへ] [トップへ]


畑の作業
 畑のライ麦は順調です。
 6月、いろんな野菜が畑で育っているはずなのですが…

 …

 とある事情で、畑の写真、作物の記録がとれませんでした。


花はきれいだけど、作物は??(笑)

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2005年の記録一覧へ] [このページのトップへ] [トップへ]


その他の出来事
6月、田植えや畑の除草で大忙し!のまさにその時期に休憩小屋の建設作業がピークを迎えました。

一番恐れていた事態だ、あははは.......

なんとか夏までに、せめて屋根は欲しいということで、皆さん忙しい中、いろいろとお手伝いです。
 
慣れない手つきでコンクリを練ったり.... 材料を買い出しに行ったり.....
 
なんとか棟上(むねあげ)まで漕ぎ着けました! 棟木をよっこらせと、かつぎあげて...
 
幣串(へいぐし)タテタ━(^.^)━!!

っていうか、幣串って何?(笑)

 自前の家など建てた事がないので、この様なことには全く無知だったんですが、棟上をもって、家の基本的な構造が組みあがるという、一つの区切りになるそうです。
 大きくて重たい材を高いところで扱う危険な作業が終了したことのねぎらいと、いやあ、頑丈な家になりますね!という喜びの意味で、上棟式という儀式を行うそうです。
 で、その際、建物の一番高いところに幣串を立てるのです。
 幣串は棟上前日に大工さんから適当な棒を貰い、ネットで調べて、徹夜で模様をマジックで塗って、紙垂(しで)を折り(昨年、地鎮祭で作った経験があるので、これはサクサクと作成...どんどん変なことに詳しくなっていくなあ(笑))、当日の朝、会員でお坊さんの方に字を書いてもらいました。
 
塩、お神酒、お米など用意し、ブロックでこしらえた棚にお供えすると、グッと儀式っぽく! 上棟式と言えばモチまきですわ。
小屋のてっぺんに登って餅をまきました。
 
上棟式が終わり、垂木(屋根の骨組み部分)が入って、随分建物らしくなりました!

うーん、しかし、田植えの合間の休憩のための小屋には今年は間に合わなかったなあ…

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2005年の記録一覧へ] [このページのトップへ] [トップへ]