2005年3月

 1(火)   11(金)   21(月)  
 2(水)   12(土) 特別共同作業  22(火)  
 3(木)   13(日) 集合日  23(水)  
4(金)   14(月)   24(木)  
5(土) 特別共同作業 15(火)   25(金)  
6(日) イモ植え  16(水)   26(土)   
7(月)   17(木)   27(日) 畑作業 
8(火)   18(金)   28(月)  
9(水)   19(土) 畑作業  29(火)   
10(木)   20(日) 畑作業  30(水)  
31(木)  

水田の記録
 昨年は、手前の堀のところは完全に乾いていたのに、今年は水が溜まっていて乾く気配がありません。
 先月に比べると、緑色が増えてきました。
 僅かずつですが、麦が伸びてきてます。
 
 田んぼの畦際に小さな白い花がたくさん咲きました。カミサンは、ペンペン草だと言い切っていたのですが、どう見ても違う気がしたので「雑草図鑑」で調べてみました。
 タネツケバナ(種浸け花)というらしいです。お米の籾ふり前に、籾を水に浸けて芽出しをさせる場合、この花の開花時期を目安に水に浸けるとか。
 丸ヶ崎自然農の会ではお米の芽出しをしてませんが、それにしても3月下旬の種浸けはちょっと早いかな?
 野草料理として若い芽を天ぷらで食べることもできるそうですが、試したことはありません。
 どちらかというと湿った土地が好きな様です。
 ←ペンペン草はこれでしょう。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2005年の記録一覧へ] [このページのトップへ] [トップへ]


畑の作業
 春の野菜シーズン到来!畑に何を播こうかなとタネ屋さんのカタログを見たり、野菜作りの本など見ていると、あれもそれもどれもこれもなにもかも(笑)と、植えてみたい野菜で頭がいっぱいになりませんか?
 そんなに広くない畑では到底、播ききれるものではありません。でも、ついつい余分に種を買ってしまったりして、あまりがち。(特に家庭菜園では)
 それに、固定種の場合は自家採取して種を増やしたりすると、売れるほどの量になります。
 こうした種たちを、シーズン始めにお互いに交換しあうことにしました。(3/13)
 これから、集合日の日に持ち寄れる人で、継続的に交換会をするつもりです。5月位になると、苗の交換もできますね。

 
 左は数年前、緑肥として播いたヘアリーベッチがそのまま居ついたもので、3月に入ると枝葉を茂らせてきます。

 ホトケノザとオオイヌフグリは仲が良いのか(?)、同じ時期に混ざり合って咲いてます。
 
 ソラマメは冬を越して、どんどん背丈を伸ばしてきました。  レタス生長中。ヒヨ鳥は見逃してくれた?

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2005年の記録一覧へ] [このページのトップへ] [トップへ]


その他の出来事

竹藪の中は前日の雪が残っている
 地主さんの家の裏に生えているシノ竹を刈り取るため、特別共同作業日を設けました。(3/5)
シノ竹は 田んぼと畑の竹垣、野菜の支柱、休憩小屋の竹小舞などに使います。
 集まったメンバーからの「どれ位切りますか?」との声に、「
250本」と即答するお世話係。
 
 
 厳しいノルマ達成のため竹藪に踏み込むメンバー達。
 
 小枝はその場で手でちぎって取り除きます。竹を刈る人、小枝を払う人と分業で、約1時間ほどで、もういいかな、という程度になり刈り取り作業終了。
 畑の法面(のりめん)がだいぶ崩れてきたので、きれいな斜面になる様、集合日に整備を行いました。
 法面(のりめん)の下に、土留めとなる様、杭と土留め板を置きます。
 
 土を均す前に、枯れ草を除き田んぼへ投入。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2005年の記録一覧へ] [このページのトップへ] [トップへ]