2005年5月

お世話役の作業記録

 1(日) 小屋作業  11(水)   21(土) 苗床除草 
 2(月)   12(木)    22(日)  
 3(火)   13(金)   23(月)  
4(水)   14(土) 苗床除草  24(火)  
5(木) 苗床除草  15(日) 共同作業(竹垣作り)  25(水)  
6(金)    16(月)   26(木)   
7(土)   17(火)   27(金)  
8(日) 集合日 18(水)   28(土)  
9(月)   19(木)   29(日) ご近所の農家に余り苗貰う  
10(火)   20(金)   30(月)  
31(火)  

水田の記録

 昨年の失敗に懲りて、徹底的に頑丈にネットを張ったはずなのに、一週間後にお世話係が、苗床の様子を見に行くと、ネットの中でワラワラ動く黒い影がたくさん!
 ネズミ!?と、目を凝らすと、一斉にネットから飛び出すと、あっというまに空に飛び去っていきました。

 また、雀かよ…。
 
しかし、ネットの裾は土塊でめくれない様にしてあるし、ネットは蚊帳状に張ってあるので上から襲われることも無い筈だし、いったいどうやって??
 その後も雀に関する目撃証言が何件か寄せられ、話を総合した結果、次のことがわかりました。
  • 網の目が粗い防鳥網は全て突破されている。
  • 真上からではなく、脇のところから出入りしている。(脇からだとチョンチョンと近づいて、網の目をスルッとくぐり抜けれられるから?)
  • 目の細かい網でも、張り方が悪く隙間が出来ているとだめ

緊急対策会議中
結局、皆さんの作った苗床のうち、4割が程度の差はあれ食害を受けていることが明らかになりました。中にはお世話役から「大破」の判定を受けた苗床も…。

しかし、値段の高い、目の細かい網に張り替えるのも悔しい気がしたので、実習用の苗床には追加の防御策を施すことにしました。 
 

雀が侵入する脇のところは、ポリ(家庭用ゴミ袋を切ったもの)で囲います。
継ぎ目や、上辺のところはバンソーコーなどで丁寧に止めます。
上からも近づけないように、糸を巡らします。
 
裾はめくれないよう、土塊でしっかりと止めておきます。
 

強化された苗床は、その後スズメに荒らされることがありませんでした
 この苗床の中にある種籾の量はせいぜいご飯茶碗一杯程度。その僅かなお米を狙って網を必死にかいくぐる雀たち…。ニンゲンの気合い負けって感じです。

 今年から参加したインド出身の方が言うには、インドでも苗床 は作るけど、鳥は苗床のお米を食べたりはしないそうです。なぜなら、人間が鳥 たちに餌をあげるから。毎朝、各家にある餌台(現地では「鳥の家」と言うそう です。)に餌を置いて、鳥たちを餌付けしているんだそうです。「日本では、皆 、なぜ鳥に餌をあげないんだろう。だから、鳥は畑に来るんじゃないかな。」っ て言ってました。
 なるほど!これは苗床を鉄壁にするよりいい解決かもしれません。 すぐ餌台を設置して、網を撤去する勇気はないけど(笑)、田畑でとれたもの を人だけで占有せず、少し、鳥たちに分けてあげることで安心して苗床作りがで きるなら、とても楽しく、嬉しいことですね。
 実行するには、丸ヶ崎に住まないと難しいかも知れませんが(世田谷や練馬の鳥を餌付けしても、丸ヶ崎の雀たちが勘弁してくれるとは思えないし…)、いい ヒントになりました。
 
 
 しかし、あまりに厳重すぎて苗床の除草が面倒なことに…(笑)
 
 苗床の除草は籾ふり後2〜3週間後に1回、その後田植えまでに1〜2週間ごとに1回やってます。田植えまでに2,3回やると、雑草がまざらなくなるので、田植えのときの苗取りが楽です。

 鳥避け網はその度に開けたりするのですが、たまに面倒なので隙間から網に体を突っ込んで除草することもあります。遠目には運動会の網くぐり競争、あるいは罠にかかったヒト、ですか。
 
 東南アジアの旅行から帰ってきたメンバーが、旅先で見たと言う鳥避け法にチャレンジ!  このノボリバタのはためきと、空き缶が風に吹かれてカラカラ鳴る音で鳥を驚かそうと言う作戦ですが…

 …いや、絶対、人のほうが驚くって!
 
 芸術的(前衛的?)な苗床の出現に、周囲でもまねをする人が出てきました。

 何かの美術館ですか、ここは?
 
 スズメノテッポウは5月中旬には枯れていきます。まるで除草剤を撒いたみたいですが、自然に枯れてこうなります。

 田んぼによってはスズメノテッポウが盛りを過ぎると、カラスノエンドウやレンゲに交替していきますが、丸ヶ崎の場合、キシュウスズメノヒエとかカヤツリグサとか、稲の強敵が姿を表してきます。
 
 田んぼの中や畦に黄色い花を良く見かけます。
雑草図鑑で調べると、タガラシというんだそうですね。田辛子?田枯らし?

 田んぼを枯らすってのは穏やかじゃないなと思って調べてみたら、毒草で辛いので「田辛子」、または条件の悪い水田によく生えるので「田枯らし」の2説あるとか。

 さらに、この草は「収量の少ない水田を指標する植物」ってありました。がーん!
 

 水田での麦作は、冬の間の排水がうまくいかず生長がよくありません。

 スズメノテッポウに負けたとか、そんな感じではなく、ただ、背が伸びず穂が小さい、といった具合です。

 やっぱり、冬の間でも地面がじっとり濡れてて、溝の間に水がたまっている様な場所だと、条件が悪いのか…。実りの少なさを嘆くより、そんな環境でもよく育ってくれたと褒めてあげたいです。

 毎年、田んぼに掘った溝は稲刈り前後にはほぼ埋まってしまうので、稲刈り後に冬場の排水をするため、溝を掘りなおしたほうがいいのかな、と思ってます。でも、その時期は脱穀、調整、と結構忙しいんですよね。
 
黒米の苗は幼苗の内から葉先や根元が赤紫色で、大変にわかりやすいです。
こちらはイセヒカリ。
 
一部、直播にも挑戦してます。不耕起直播と言えば、アレですが、ここでは自己流のやり方です。

ダンゴは直径2cm、中に籾が4粒位入ってます。今、品種は栄光一号系の交雑種(F9 固定中)を用いてます。

バラ播きはせず、田植え時の株間、条間の間隔で、ダンゴを半埋めにします。埋める時期は苗床作りとほぼ同じです。埋める際は、わからなくならない様、目印の棒を立ててます。

その後、苗床の除草と同じタイミングでダンゴの周囲(半径10cm位)の除草をしてます。除草作業が大変で、全然ラクチンじゃないのですが、田植えを省略できるので、田植え時間が取れないときは助かります。

左の写真は、5月中旬のダンゴの様子。
 
 2月に整備した畦道は、早くもセイタカアワダチソウがもっさりと生えてきました。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2005年の記録一覧へ] [このページのトップへ] [トップへ]


畑の作業

 カラスノエンドウは田んぼではなく畑でせっせと陣地を拡大してました。やはり、排水の良い場所を好むようです。

 だいたい6月末くらいまで畑にいます。

 この草、中国では食用や薬用にされているそうです。そうか、食えるのか…。
 こっちはホンモノのエンドウ。5月が収穫の盛りです。

 春先にシノ竹で作った支柱が折れてしまい、一部グチャグチャに繁茂してしまいましたが、まあ、とりあえず実を付け続けてくれました。

 丸ヶ崎の畑では、春先の風がことのほかきつく、エンドウの支柱用に結んだ藁のほとんどが吹き飛ばされてしまいます。結び方が悪いのかも知れませんが、藁が強風にあおられてエンドウの芽をこすっているのを何度か見かけたので、よくないな、とは思ってました。

 来年は、支柱作りと、支柱立てのタイミングに工夫をしてみたいと思います。
 緑肥用のヘアリーベッチ。3年前に畑を整備したときに播いたものがそのまま居ついて毎年この時期に綺麗な花を咲かせてくれます。
 ただ、お気に入りの場所があるみたいで、決まったところ以外は姿を見せてくれません。

 花が綺麗なので、ついつい除草の手がにぶりがちになってしまい、気がつくと作物がベッチに覆われてしまいことも…(笑)

ニンジンの花とツーショット
 
 自然農を始めてから、畑の草々が増えてくるのが楽しくなりました。特に、種類が増えてくると嬉しくなります。
 もっとも、草たちは前からそこにいて、単に私がそれに気がつかなかっただけかも知れませんが…。

 左の花はキュウリグサというのだそうです。揉むとキュウリのにおいがすると図鑑に書いてありましたが、試してません。雑草に興味が無ければ、これも「ペンペン草」としか認識しないかも…。
 
 インゲンマメは比較的育てやすい野菜ではないかと思います。ツルナシ系は支柱もいらないし、手間が要りません。

 江戸川菜豆とモロッコインゲンの2種を作ってます。モロッコインゲンの方が、多少サヤが大きくなっても食べれる様な気がします。
 
2月に開墾したミノムシ畑はユキヤナギが一斉に復活中。こりゃいかん…。
ユキヤナギに負けてはならじと、屈強そうな作物をチョイス。主に、タカキビ、アワ、キビなど雑穀です。
雑穀の芽は雑草と区別しづらい、というか、我々シロウトには判別不可能なので、粘土内に種子を入れ団子状にし(アレです)、播きました。
このダンゴから出てる芽以外は雑草ということです。
 
ダンゴは半埋めです。間隔などは、作物それぞれの播き方に準じます。

ところで、今年、ダンゴは播種直前に作成し、ビニール袋に入れて畑に持って行ったのですが、余ったダンゴをそのまま袋に入れっぱなしで1日置いていたら、粘土の湿気で一斉に発芽がスタートし、ダンゴからニョロニョロと根っ子が出てきてしまいました。
 
播種後、2週間のタカキビ。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2005年の記録一覧へ] [このページのトップへ] [トップへ]


その他の出来事

 休憩小屋の完成予定は田植え前の5月下旬〜6月上旬の筈だったんですが…、今はもう5月。暗雲が立ち込めてきました(笑)
会のメンバーも、塗装など、できる事はいろいろお手伝い。
んー、しかし、せめて農閑期だったらもっと手伝えるんだけど…。


これからどんどん暑くなって農作業が辛くなるのに、小屋作業はどうなるんだろう…。
 
木材の耐久性を増すため、防護剤としてウッドロングエコを使いました。
当初は柿渋を使おうかとも考えていたのですが、コスト面とメンテナンス面(数年に一度は塗りなおしの必要があるかもしれないとのこと)で、断念しました。
塗布直後は無色で、時間が経つと銀白色になるとの説明に、木が銀ピカになるの!?と、不安だったのですが、実際は古びて黒ずんだ感じの色程度でした。新築にして築30年の雰囲気を出してくれてます。
 

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2005年の記録一覧へ] [このページのトップへ] [トップへ]