2005年10月

1(土) 防鳥網張り 11(火)   21(金)  
2(日) 集合日 12(水)    22(土) 壁土Uターン
3(月)   13(木)   23(日) 藁スサ作り
4(火)   14(金)   24(月)  
5(水)   15(土) 竹小舞編み 25(火)  
6(木)    16(日) 竹小舞編み 26(水)   
7(金)   17(月)   27(木) 壁土Uターン
8(土) 妙なる畑の会 18(火)   28(金) 壁土搬入
9(日) 妙なる畑の会 19(水)   29(土) 土壁塗り 
10(月) 妙なる畑の会 20(木)   30(日) 土壁塗り
31(月)  

水田の記録


稲穂がかなり色づいてきましたが、刈り取りはまだちょっと先。



実習用の田んぼは早稲のイネを作付けしてます。まず、実習田で稲刈り、稲架掛けなどの練習をしてから、自分の区画の田で実践できるようにするためです。
10月第1週の稲刈りは、ちょっと早いかなと思いつつも、稲刈りです。


稲架組みは一年に一回のことなので、流れる様に美しい作業とはいかず、いつもドタバタしながらやってます。
このときも、脚となる杭が地面にささらず苦労しました。


まあ、なんとか立ちました。 ケヤキ?か何かの木を使っているのですが、木が微妙に曲がっていて地面に刺すのに力が入れにくいなどの問題があるので、来年は竹などを使いたいところです。


刈って束ねた稲束を掛けていきます。
初めて稲架掛けする人は、掛ける際の稲束の分け方や向きに、いつも混乱してますね。
でも、何度もやってれば覚えますから!

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2005年の記録一覧へ] [このページのトップへ] [トップへ]


畑の作業


今年の夏は休憩小屋作業で畑作業がほとんど出来なくて、残念な結果になってしまいました。
秋の作付けからは心機一転。
これはカブですね。うん、うまく発芽してくれた。


タマネギは苗から作るのは大変なので、球根状の小さなタマネギを植えました。
こちらの方が確実なリターンがありますが、種がコスト高。


夏野菜のオクラですが、10月半ば過ぎても花を咲かせてます。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2005年の記録一覧へ] [このページのトップへ] [トップへ]


その他の出来事


休憩小屋作りですが、今月はいよいよ土壁塗り。
小舞をかき終わったことろから塗っていきます。壁塗りは乾燥させやすくするため、9月の台風/長雨の時期は避けつつ、冬場の凍結も避ける(水分が残った状態だと壁の中で凍結し、壁が弱くなる)ため、10〜11月が適期です。

(1)小舞をかく

総動員で小舞かきです。(10/15,16)
とにかく、かき終ってないと壁が塗れませんからね。

壁のこちらとむこうで紐を通しあいながら結んでゆくと能率がいいです。

ところでこの二人、一見、親方と弟子みたいですが、そうじゃなくて小舞かきは初めての会員さんです。(職場の先輩、後輩の関係ではありますが。)

まず、えつり竹に縦方向の竹を紐で結びます。
次に横方向の竹を結んでいきます。

かき終わった小舞。
竹は近くのシノ竹の竹藪から調達しました。
参考にした本では、ここまで徹底的に結ばなくても良い様にも書いてあるのですが、技術が無いのと、不安なのとの両方で徹底的に結んでます。

壁壁一面に小舞をかくと、まるで虫篭みたいですね。
このままでも涼しげでいいか、と思いますが、雨風がしのげないので、もったいないけど(?)、これに土を塗っていきます。

(2)藁スサを作る
土壁の土に混ぜる藁スサ(藁を細かく切ったもの)作りの様子です。
昨年収穫したお米の稲藁をとっておいたものを使いました。ノコ鎌でザクザクと2,3cmの長さに刻んでいきます。押し切りを使うと早いのかも知れませんが、道具代がもったいないので人海戦術です。 藁は株に近いところは太くて固いので短めに刻みます。
このスサは荒壁用の荒スサになります。仕上げ用(中塗り)用のスサは藁の アクをとる為、煮て作るそうですが、これは作るのが大変そうなので買うことにしました。

(3)土を運ぶ
壁土は近くの建材屋さんから購入しました。
購入した、といっても袋詰めにして売っているのではなく、立米単位で発注すると、ダンプで現場に届けてくれるのですが...
その日の朝に採取場に掘りに行くので、雨が降ると搬入中止になってしまいます。案の定、2度キャンセルになってしまいました。(ダンプを誘導したり、土の置き場にシートを敷いたりするために現場に待機しなきゃならんですが、中止になると準備がパアになってしまいます。)
ダンプが入れる場所は小屋から離れているので、ダンプが置いていった土を人力で小屋まで運びます。
ヨロヨロした感じ。 一輪車で30回以上は往復したでしょうか。
疲れた〜

(4)壁を塗る(荒壁編)
さすがに壁塗りは本をみただけでは不安なので、本職の左官さんをお招きしてレクチャーしていただきました。隣町(蓮田町)の左官さんです。お忙しいところ、ありがとうございました。 まず、土だけで練ります。水は一編に入れないで、様子を見ながら足してゆきます。
土がダマにならない様、足で踏んで全体を練ります。 丁寧に練ります。ここをしっかりしておかないと、ダマが残り、塗るときに大変です。
左官鍬でさらに練ります。 均一に練れたら、スサを入れます。
投入したスサがなじむまで練ります。
いよいよ壁に塗りつけていきます。まずは講師がお手本を見せてくださいました。軽やかにサササーッと塗られていきます。
壁の上側から塗りつけます。 左の写真から、あっという間にここまで塗り進みました。このまま全部の壁塗りをおまかせしてしまおうか、という考えが頭をよぎりました。たぶん、その方が絶対、早い。
裏側はこんな感じ。小舞の隙間からムニュッと土が出てます。 出っ張りが大きいようなら、鏝で削ぎ落とします。
皆でトライしてみましたが、やっぱり、見るのとするのでは全然違います。鏝からボトボト土がこぼれるわ、塗っても思い通り伸びないわ、均一に塗れないわ‥で四苦八苦です。 それでも、なんとか小さな壁ひとつ、塗り終わりました。
土もどんどん練らないと、あっという間に足らなくなってしまいます。土を練る人、運ぶ人、塗る人、手分けしての作業です。練る人が一番つらいかな? 案の定、トップリ暮れるまでかかってしまいました。懐中電灯で照らされながらの作業です。




[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2005年の記録一覧へ] [このページのトップへ] [トップへ]