2005年9月

1(木)   11(日) 集合日 21(水)  
2(金)   12(火)   22(木)  
3(土) 休憩小屋屋根工事 13(火)   23(金) 資材買出し
4(日) 資材買出し 14(水) 休憩小屋屋根工事 24(土) 竹小舞編み
5(月)   15(木)   25(日) 竹小舞編み
6(火) 台風通過  16(金)   26(月)  
7(水)   17(土) 休憩小屋屋根工事 27(火) 竹小舞編み
8(木)   18(日) ゴイサギ騒動 28(水) 鳥避け網張り
9(金)   19(月) 休憩小屋掃除 29(木)  
10(土) 休憩小屋屋根工事 20(火)   30(金)  

水田の記録
8月中旬から9月中旬まで、いろんな品種のお米が花を咲かせてくれます。

花としては地味ですが、とても爽やかな感じです。

左の稲穂など、「かんざし」みたいじゃありませんか?
こちらは開花の終わった黒米。
穂が黒米らしく色づいてきましたね。


神丹穂は出穂直後が一番美しいんですよ。

ほわわ〜


水田作業その1 倒伏対策

早い稲は少し倒れてきます。穂が地面に付きそうな様なら、結び合わせて立たせます。
長竿の黒米、神丹穂などが倒伏します。弓なりになりながら日が経つにつれ段々と穂が地面に近づいていく感じです。
慣行田(自然農ではない普通の田んぼ)のコシヒカリの様にバッタリと倒れるのと違って、なんとか持ち堪えようとする(?)根性が感じられますね。

ところで、結び方が悪いと立たせるどころか共倒れになってしまいます。まとめる株数が少なかったり、横方向だけまとめたりとか、或いは結び方が緩かったりとか。
来年は結び方の実習をもう少しちゃんとやらないといかんなあ‥。



水田作業その2 鳥避け網

9/11の集合日の水田作業は鳥よけ網の張りを行いました。
といっても、網を張るのは実習田だけです。実習田は、早生ばかりだし、1ヶ月に1回の作業なので、9月の集合日に網を掛けてしまいますが、本当はもう少し遅くてもいいのです。会の皆さんは網を張り慣れていないので、まず、実習田で練習して、各自、都合のよい日に自分の区画に張る、というふうにしています。
§1 網を張る時期
網を張る時期は固定的なものでなく、スズメの出方を待って加減します。 では、今年の適期は?
昨年より、1週間ほど早く、9月20日から30日の間と読んでます。
鳥よけ網は、張ったことによるデメリットもあるのでギリギリの時期まで張らずに済ませた方が良いでしょう。
と、いうのもイネが開花中のこの時期に田んぼに入るなんて、本当はやりたくない。張り方がまずくて開花中のイネに被さったりしたら収量ガタオチかも。
それに、9月中旬から台風シーズンに入りますので、台風を避ける意味でも網の掛かっている期間は短い方がいいです。網が吹き飛ばされてイネに絡んで薙ぎ倒されてはたまらないし、お隣さんのイネにまで被害がおよんでしまいます。
まあ、スズメはよけらるんですけど、とにかく、気を使いますね。


§2 必要なもの
網だけ用意すればいいってもんじゃないので、以下に私達が使っている物を書いておきます。田んぼに出かけるときはお忘れなく!

(1)鳥避け網
まずは、やっぱり網が必要ですよね。網目45mmのものが軽くていいのではないかと思います。ただ、ネットを頑丈に張る覚悟があれば、20mm角の方がスズメも、完全によけられますし再利用もしやすいかも知れません。以下に45mm目の鳥避け網のサイズと値段を示しておきます。
東京戸張(株)製:(網目45mm角)
型番 サイズ 対応面積 区画数 値段
A−50 9mx18m 50坪 \680
A−100 18mx18m 100坪 \1,239
A−150 18mx27m 150坪 \1,869

今年の春、お米の苗床を45mm目の網で覆って雀に突破されたのに、果たして45mm目で大丈夫なのでしょうか。
苗床のお米は地面に落ちているので簡単についばめるのですが、稲穂に稔っているお米の場合、スズメはホバリング(羽ばたいて空中を静止する)しながら食べるので、上に網があると邪魔になってうまく食べられないのではないだろうか、と考えています。(でも、食べにくいってだけで被害ゼロとは言えないと思いますが。)

それに、苗床に播いたお米の量は茶碗一杯程度なので、少し食べられても大損害ですが、収穫期はお米の絶対量が多いので、ネットである程度ジャマをすれば全滅ってことはないと思います。多少の食害はやむを得ずということで、スズメ税と考えています。

(2)ポール
2m長の頑丈なやつ。シノダケを使う場合は、3本をキャタツみたいに組めば実用強度になります。本数は、例えば丸ヶ崎の会の1区画の場合、10本、頑丈にするなら15本程度必要でしょう。本数が多ければ支柱が多くなるのでそのぶん頑丈に張れますが、ポールをぶすぶすと田んぼにさしたり紐を結んだりと、稲の中を歩き回らなくてはならないので、一長一短です。

(3)麻ヒモ
かなりの量を必要としますので、農業用の麻のバインダ紐がお勧めです。結構、使いますので、家庭用の紐だと高くつきます。(1区画あたり70m近く使います。)
それから、ナイロン製の紐など土に還らないものは使わない様にしましょう。撤去の際、紐が切れ橋が落ちるといつまでも田んぼの中に残りますし、仮に長い紐が田んぼの泥の中に紛れてしまうと、後で足を取られて危ないです。(もちろん、麻紐であっても朽ち果てるまでは同じですが。)

(4)ガムテープ
紐をポールに結んだ後、テープで巻いて補強します。必須ではありませんが、やっておいた方が安心ですね。それに、網が破れた場合に、ガムテープで修繕しますので、網をかけている間は手元にあった方がいいと思います。

ところで、鳥は、食べやすいところから食べていくので、まず、ネットが無いところ、次に、ネットが破けたりして入りやすいところ、最後に、ネットを目をくぐれるところ、の順で食べられていくでしょう。仮にネットを張らない区画があったとすると、丸ヶ崎の雀たちの食糧を一手に引き受けることになります。つまり、その区画の収穫は、丸ヶ崎のスズメたちが10月から11月の二ヶ月間に食べたお米の残り、ということになります。ちなみに、3年前、最も晩生の緑米をネットなしで1/3区画ほど作られた方がいましたが、収穫期には、きれいに米粒が無くなって茎だけの姿に成り果ててました。


集合日以外、なかなか田んぼに来れない人たちが、勉強会の後、自分の田んぼの網張りを強行。
しかし、作業開始が夕方となったので、案の定、暗闇の中での作業になってしまいました。
もうズブ濡れ でも楽しそう?

終わった頃には辺りはすっかり夜。

遠くの団地の灯りで残業気分たっぷり。


ゴイサギ騒動

田畑の見学に来られた方に、会の説明や自然農の基本のことなどを話しながら、田んぼの脇を歩いていると、見学の方が「あれは、鴨じゃないですか?」

へ?ネットを張ったのに、まだ入ってきてる??と思ってると、「ほら、ネットの中、あそこに鳥が引っ掛ってますよ。」

指差す方向を見ると、確かに比較的大きな鳥の羽が稲穂の間から突き出ているのが見えます。羽の先端が網に絡まって、どうやら宙ぶらりんになっている様子。胴体は稲の列の中に隠れて見えませんが、ときおり羽がヒクヒク動いているので、まだ生きている?

慌ててネットの中に入り、稲株をかき分けながら近づくと…。そこにカモでもハトでもない、見慣れない鳥が。


真ん丸の目が印象的で、瞳は黒くて真ん丸、瞳の周囲はオレンジ色、嘴は細く尖っており、鋭い爪のついた細い脚…羽の色は灰色だけど、これはサギの仲間?(あとで、ゴイサギの若鳥と判明)暴れない様に、顔をタオルで覆い、そおっと抱いて体を固定してから網をハサミで切り、とりあえず田んぼから搬出。

小屋の前に運んだ後、羽に食い込んだ網の糸をハサミで切りながらはずし、どうしたものかと思案してると、小屋作業に来てた大工さんが日本野鳥の会に連絡すると、動物病院を紹介してくれると教えてくれました。早速、携帯の104で日本野鳥の会の埼玉支部の連絡先を教えてもらい、そこから近くの動物病院を教えてもらいました。

野鳥の会が教えてくれた病院は、野鳥が治るまで預かってくれるし、治れば野生に帰してくれます。怪我で野生に帰れない場合も処分せずに病院でずっと養生してくれるとのこと。

サギ君、網に絡まって二日は経っていた様で(目撃証言あり)、羽は骨折して、お医者さんいわく野生には帰れないとのこと…。それにだいぶ衰弱してたので、かなり危ない状態です。経過は報告していただけるよう、病院にお願いしておきましたが…。 *ゴイサギは夜行性のサギだそうで、夕闇が深くなる頃、上空で一声「クヮッ」或いは「クェッ」という声が聞こえ、上空に幅広の翼の鳥がゆっくりと羽ばたいて飛んでたら、それがゴイサギだそうです。調べてみて、ああ、あれがそうか、私などは思い当たるものがあります。



ぐったりした鳥に気付けの水を与えて、
暴れない様、そおっと籠にいれてあげて、

受け入れ先の動物病院を探すこと半時間(遅いよ!)‥

車で緊急搬送!
赤い回転灯が欲しい〜


それにしても謎なのが、網の内側で絡まってたこと。ネットの裾の一部が空いていて、そこから入ってこれる状態だったので、餌を追いかけているうちに知らずにネットの中に入り込み、飛び立とうとしたか何かのはずみでネットに絡まり、そのまま脱出できなくなったのではないかと。
今後はこうした事故を防ぐため、ネットの裾はしっかりと止めておく様、会の皆さんに連絡しました。しかし、今回はたまたま内側から絡まってしまった訳ですが、外から絡まることもありますよね。まあ、こっちはどうしたものか‥
で、それなりに考えたこと、それに今回の経験ですが、
  1. 網を張る以上、出入りできない様にしっかりと張る
  2. 網があるよ、とアピールするディスプレイ(キラキラテープとか)をする
  3. 週に1回以上、網に何か引っかかってないかチェックする
  4. 万一、鳥などが引っかかってた場合、周囲の網ごと切って、即、動物病院へ
  5. 事情で取り出せない場合、MLへ速報し、誰かに処置を依頼する

中で死んで腐敗すると周囲のお米へどんな影響があるのかわかりません。生死に関わらず取り出す必要があります。

毎週チェックとなると大変かもしれませんが、大勢でやってる会なので、週末には誰か来ているし、平日に田畑へ来る人もいますから、割かし対応できるかも‥。

そんなこんなで、網を張るのも結構気を使いますね。大面積の田んぼの場合、手間と食害の損失を天秤に掛けて、網を張らないこともあるそうです。ですが、半畝程度の面積が集中的にやられたら何も残らないでしょうね。

先日、ようやく緑米の開花が始まりました。このお米が丸ヶ崎では最も晩生種です。全てのお米の開花が終わるまで田んぼの水を落とすのを待っていましたが、これで水を落とすことができます。さあ〜、水の中のザリガニが大変なことに!


[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2005年の記録一覧へ] [このページのトップへ] [トップへ]


畑の作業

秋播きは種まきが1週間違うと収穫時期がひと月違うと言われます。ですので、種降ろしが遅くなり過ぎない様にしてあげます。別の見方をすれば、少しずつ時期をずらして播けば長く収穫が楽しめるってわけですね。

 それから、今の時期は台風等の影響で畑が過湿になったり、時期はずれの高温になったりと天候が安定しません。順調に育っていた野菜が突然、虫に喰われたり病気になったりしてボロボロになることもあります。こまめに畑の様子をチェックして、駄目になりそうなら追加で種を播くなどの対応をしてあげましょう。


[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2005年の記録一覧へ] [このページのトップへ] [トップへ]


その他の出来事

集合日の共同作業はは休憩小屋の片付け。
まだ、大工さんが作業中ということもあって、地面にはいろんな木屑などが散らかってます。でも、屋根も出来てきたことだし、ここらで一度、きれいにしておこう、というわけです。

集合日とは別に、屋根工事作業もやりました。屋根板張りは大工さんでなくても進められるので、会の中で、屋根に上るのが平気な人を中心に作業を進めます。

それにしても、なんだかカッコいいですね(笑)
でも、これは私じゃなくて、今回、小屋作りに大活躍の仲間です。
工賃も出ないのに、大工さん並みの仕事をしてくれました。

屋根は杉の野地板の上にアスファルトルーフィング、さらにその上にガルバリウム鋼板を張っていきます。

ガルバリウム鋼板を張ることにしたのは、屋根工事の直前で、それまでは萱葺き?屋上緑化?とかいろいろ考えたのです。
でも、萱葺きはノウハウもないし、資材(萱)もない、それになにより屋根勾配が緩くて、萱にした場合に雨水のハケが良くなさそう、などの理由で没になりました。
屋上緑化の方も、調べてみるとメンテナンスが大変そう(毎日水遣り)だし、シロウトがやるには工法的に不安(ある日突然、屋根のコンクリが割れてドカッと落ちてくるとか?)だし、コンクリの量もハンパじゃないので、練って運ぶ人手もいるし‥で、これも断念。

結局、ガルバリウム鋼板を採用しました。
工事が比較的簡単で、入手しやすく、丈夫なのが良いですね。それと、水切り板とか、棟材(屋根のてっぺんに張る)とか、いろいろ成形済みのパーツが揃っているのもありがたい。

しかし、規格品なので、小屋のサイズに合わせて切る必要もでてきます。
ガルバはトタンと違って丈夫なぶん、金切りハサミではなかなか切れないため、ドイトで借りたグラインダで恐る恐る切断。
画像には写ってないですが、刃を入れると火花がバアッと飛び散って、結構、怖かったです。
 
金屑が飛び散るので、マスクとゴーグルで完全防備
でも、暑苦しい‥(笑)

なんだかんだで、とっぷり日が暮れるまで(或いは月明かりの下で!)の屋根作業。

夕焼けをバックに、カッコいいよ、カズさん!

残暑がきびしい9月なので、昼間よりは楽ですが、足元が危ない。とりあえず、大きな怪我は無く、屋根を張り終えることができて一安心です。

しかし、ガルバの波板に釘を打つのって、結構、難しいですね。板が硬いのと、波板で曲面なので、釘が滑りやすくて‥。何度も、釘ではなく指を打ち付けてしまいました(笑)。
作業を手伝ってくださった皆さんも、結構、指を打ってましたね。そうした皆さんの苦労を称え、この屋根は「血マメ屋根」とでも呼んでおきましょう‥。

 

さて、屋根が張り終わったところで、次は壁作り。

壁は土壁にします。

土壁といっても、いきなり土を積み上げて壁にするのではなく、まず、小舞といって、細い竹で編んだ網の様なものを壁面に作って、その上に藁と一緒に練った土を塗っていくわけなんですが‥
なにせ、左官のプロも経験者もいない状態で、「土壁」でネット検索したりアマゾンや紀伊国屋の書籍検索で土壁に関する本を探したり、本屋さんで本を見て回ったりしてかき集めた情報をたよりに、自己流で作り始めたので、果たしてどうなるのか‥。

まずは竹小舞掻きから始めます。
(‥と、ひとくちに言っても、これが大変なんですよ!)

まず、柱に小さな穴をあけて、竹をはめ込んでいきます。

一応、ちゃんと垂直になる様、錘で穴を開ける位置を確認したりしました。

入れ終わると、こんな感じ。

スカスカですって?

いえ、この上にさらに、細かく小舞を掻いていくんです。
でも、柱に固定されているのは、この「えつり竹(間渡し竹)」のところだけで、残りの小舞竹は柱などに直接はめこまれません。
えつり竹に縛られて固定されます。ですので、えつり竹にはなるべく丈夫な竹を選びました。

えつり竹が交差したところを棕櫚縄で結びました。

縄は水につけておくと、扱いやすいし、乾いたときに締まります。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2005年の記録一覧へ] [このページのトップへ] [トップへ]