2006年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2006年4月の主なできごと
日付 できごと
4月8日
共同作業日
ゴミを処分場へ運びました。
4月9日
集合日
籾ふりなど。

2006年4月の気象

中旬までは寒暖の振幅が大きい日々でした。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[トップへ]

2006年4月2日


暖かくなったと思えば、また寒くなったり、温度変化の大きい日が続いていますが、とりあえず春は来ている用で、ミノムシ畑の周囲のユキヤナギが満開になりました。  今日は、ヒヨドリ田入り口の目印用の木杭の打ちつけ、竹垣作りと、小屋の土壁塗りの共同作業を行いました。

畑にもいろんな方がいらしてましたね!春野菜の種まきは4月中旬〜GWまでがピーク、これを逃すと、作付けの選択の幅が減ってしまいます。

それと、タイミングによって(例えば、突然の寒の戻り、乾燥続き、など)、うまく発芽しなかったり、生長できなかったりする場合があります。そういう場合でも、何度か種を播きなおせばなんとかなることもあります。(お隣のIさんは、昨年、オクラを3回播き直したって言ってました。)やり直しても間に合うよう、早め早めに作業を済ませたいとことですね。

今日、皆さんが帰られた後、居残りで小屋の片付けをしてたら、突然、激しい雨と強い風!手にしてたビニール傘が風にあおられてあっさりと裏返り、グシャグシャになってしまいました。(台風のニュース映像でよく見るシーンみたいな感じに。)小屋の中に避難して40分もするとパタッと止みましたが、今日、種を播かれた皆さんには丁度良い灌水(かんすい)になりましたね。(風は余計だけど…。)


[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年4月8日


自然農の会を始めてから3年が経過し、いろいろゴミが溜まってきました。木のテーブルも朽ち果ててしまったし、作物用の支柱も、折れたり曲がったりしたのも随分あります。こうしたものは家庭ゴミに出しにくいので、処分場(さいたま市営環境センター)に持って行くことにしました。

処分場にゴミを出しに行く、というのも貴重な経験ですよ。トラックは知人から借りて、お手伝いを買って出てくださった会員の方と処分場に行ったんですが、受付前は車の行列で、10分位待ったでしょうか。

受付は高速の料金所みたいになっていて、そこで住所と名前を申請します。と、同時に、そこが車ごと重さを計量する仕掛けになっていて、ゴミを積んだ状態での車体重量が計測されるわけです。で、奥に進んでゴミを捨てて、その帰りにもう一度、車体ごと重量を量って、先ほどとの差分が捨てたゴミの量ってことで、その重さに応じて課金されるわけですね。(ゴミの内容は関係ないみたい)

廃棄前の車体重量を量ったら奥にある廃棄場まで進み、そこで係員の指示に従い物を置いていくのです。(写真参照)むきだしのコンクリ壁と、高い所にある小さい窓がなんとも言えない雰囲気を出してました。(たくさん廃棄してあるビンや缶に残留した食べ物や飲み物の残りカスのせいか、少し異臭もしましたし‥)

で、一通り捨て終わって、先ほどのゲートに戻り、車体重量を量って支払いです。

さて、ここで問題です!トラックに満載した計290Kgの粗大ゴミの処分費は幾らでしょう?

万単位かな、と思ってたんですが‥600円でした。ろっぴゃくえん、ですよ。

うーむ、どうりで車がたくさん並んで順番待ちしてた訳だ。

しかし、廃棄場所には、直前まで持ち主とともに暮らしてたであろう生活品が、ゴミと化して山積みにされてて、捨てられたモノというのは、なんとなく負のオーラというか、見ていても心を楽しませてくれないものだなあと再確認した次第です。自分たちが直せずに捨ててしまった道具なんかも、「ごめんな、上手に使ってあげられなくて‥」って感じで、少しセンチになってしまいました(笑)

棄ててしまった色々なモノたちの供養を念じつつ、帰りに、近所のお寺さんから頂いた稲木(稲の天日干しのためのやぐらを組むための木)に使う竹を運んで田畑に戻りました。


[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年4月9日


4月の集合日のメインテーマはお米の苗床作り。

やはり、お米の種まきとなるといよいよ今年のシーズンの開幕という感じになりますね。

私自身としては、丸ヶ崎での苗床作りは4回目となります。昨シーズンから、苗床にする場所には米ヌカを振って、地力を整えるようにしています。今回の苗床準備は昨年の12月の集合日に行いましたので、4ヶ月が経過してヌカの分解が進み、かなり良い状態で苗床作りを行うことが出来ました。

集合日に実習田で作業の流れを説明し、各自の田んぼは各自のスケジュールで作業するようにしていますので、実習田の作業(田植え、稲刈り、脱穀)が一番最初になる様、お世話役の手持ちの品種の中でも早稲のものを実習用に選択しています。(品種名不明の黒米と、陸稲農林21号)

会の皆さんは、集合日の説明を聞いた後、各自の都合の良い日程で自分の苗床を作ります。今年はなかなか暖かくなりませんので、4月中旬以降が良いかな、と皆さんにはお伝えしました。

苗床の作り方自体は会の公式HPに詳しく紹介してありますのでそちらを見ていただくとして、今年、新たに気づいたことなど。

表土を少し削るのは、雑草の種以外に、昨年のこぼれ種が混ざらない様にする(=品種が混ざらない)という意味でも有効かも(昨年、播いた覚えのない神丹穂がたくさん出てきて収穫の際、混ざらない様苦労したので…)

これがいいか悪いかはわかりません。この時期の草は冬草ですから苗と競合しませんし。逆に、苗床の場所が低くなるので排水が悪くなりそうだし、田植え前に整地(他の場所と高さを合わせる)のも面倒な気がします。

さて、4月に作った苗床は、次回5月の集合日に除草をしてあげます。

2006年4月15日


今日は自分のぶんの苗床作り。今年は自分の作付け面積を半分に減らしたので苗床作りもサクッと終わるかな…と、余裕のあまり「集合日に出れなかった人の補講やりまーす!」と(MLで)声をかけたら、お二人ほど参加表明あり。また、自分の苗床を作りに来た人もいました。

それから、「自然農を勉強したい」という見学希望の方からもメールを頂き、やはりお米の種まきだけは見ていただきたいな、と思いまして、この日、田んぼにお招きしました。(見学は原則、集合日なんですね。)

田畑の緑は日ごとに濃く、草は大きくなってます。特に周囲の慣行農の田の田起こしが始るとその差がはっきりとします。耕運機で耕されて雑草が一掃されていく中、自然農の田んぼだけが緑の小島の様に青々としてくるんです。

今日、その小島めがけて、ツバメが飛んでくるのを見かけました。草の中にいる虫を求めているのでしょう、自然農の田畑の上を何度も何度も低空飛行しています。その田んぼには苗床を作っている人があちこちにいるのですが、ツバメたちはお構いなし。 そういう光景を見ていると、なんだか嬉しくなって来ます。

しかし、そんなことに見とれていたせいなのか、苗床作りは真っ暗になるまでかかってしまいました。しかも、見学に来た方にあれこれ手伝ってもらったりして(汗)…Fさん、すみませんでした!おかげで助かりましたー!

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年4月16日


今日は雨の予報だったのですが、遠くから苗床作りに来た若い夫婦がおられました。途中で雨が降ったら大変だな、と心配だったんですが、何とか降り出す前に作り終えた様です。

ほっとしたついで、というか、その勢いに押されてというか、自分も残った苗床を作り始めたら、どんどん空が暗くなってきて、吹く風も冷たくなってきて、その風になんとなく小さな雨滴が混ざって来た様な気がして...こっちの方がピンチになってしまいました。

苗床を作り終えたご夫婦は、田んぼの溝掘りもやられてましたが、作業着を泥だらけにしながら掘り進める奥さんの姿に、圧倒、いや、感動した次第です。


[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年4月23日


昨日、今日で、ほぼ8割方の方がお米の苗床作りを終えた様です。おととし、去年と雀たちに突破され続けた苗床。今年は皆さん、防鳥ネットの張り方に工夫を凝らし、突破は難しそうです。

念のため、見て回ったところ...むむむ!一つの苗床に突破の跡が!


こんなに堂々とした苗床なのに..


食害のあと 敷き藁を丸くどかした跡は突破の証拠...

ここは苗床を蔽った網の下辺(地面に接するところ)が地面から浮いていた所があったので、そこから入ったのかな?(手のひらを網と地面の隙間に入れて、スッと入る様なら雀も入り込めるというところがチェックポイントです。)

早速、MLにて注意報発令!

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年4月27日


突破された苗床の主から、注意報発令の翌日に田んぼにかけつけて網を修正したとの連絡があり、ヤレヤレ一安心...と思いきや、

昨日田んぼに行ったメンバーから、「(同じ苗床で) 雀が自由に出入りしている」との目撃情報がありました。

防鳥網の目の粗い奴は丸ヶ崎の雀たちにとっては障壁にはなりません。彼らは、飛びながらでも網をくぐる技を会得してます。(昨年、その様子を見てしまいました!)ですので、苗床の上部を目の粗いネットで防護する場合、上から入れない様に糸を張り巡らせておく必要があります。

しかし、被害の出た苗床は、苗床上に巡らした鳥避け用の糸が雀には太すぎて、鳥避けどころか丁度良い止まり木(止まり電線?)になっているらしいです。いったん、そこに止まって、網を見定めてスッと飛び降り、ちょっとお米をついばんだら、サッと飛び立って、止まり木で休憩...むしろ「雀さん、ウェルカム」といったフレンドリーな雰囲気を出している様です。というか、写真をよく見ると糸ではなく紐を使ってますね。

そうだよね、 紐じゃなくて、糸を使わなくちゃ...

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年4月29日


先日の日記で、ご夫婦が溝を掘った田んぼにカルガモが二羽(夫婦?)でウロウロしてました。営巣場所を物色中の様ですよ。さあ、今年はどこに卵を落とされるのかな??奥さんの掘った溝に頭を突っ込んで何か(たぶんザリガニ?)食ってました。

それから、ヒヨドリ田の池のところでシラサギが餌を漁(あさ)ってました。人間の幼児位の大きさなので、近くで見ると一瞬、こちらの方が驚いてしまいますが、あちらの方はこちらにおかまいなく、池の中に片足立ちして、もう一方の足でポショポショと水をかき回しては首をヒョイと水面に突っ込み、またちょっと歩いてはポショポショ、ヒョイを繰り返してます。ドジョウかザリガニが驚いて動くところを捕まえようってわけですかね。

しばらく見てると、ついにクチバシにグネグネと動く太めのドジョウらしきものをゲット!思わず「あっ」と声を上げたら、バサバサと飛び立ち、フクロウ田方へ行ってしまいました。食事のジャマをしちまったな、と思ったら、すぐに田んぼ脇のガードレールの上に飛び上がり、歩道に沿ってガードレールの上をカツカツと歩き始め(うーん、だいぶ行動が大胆になってきたな..)、道の向こうから人が歩いてくるとバサッと飛び立ち、すぐ上の電線に止まったのですが..結構体がでかく足も長い鳥なので電線の上は止まり難い様で、両足をハの字にして踏ん張ってる姿がなんともユーモラスでしたよ。(写真がとれなくて残念!)

GWなのに夜などまだ寒いくらいですが、もう、野菜の種をどんどん播いていこうっていうんで、インゲン、エダマメ、オクラ、ツルムラサキ、などを播きました。もう、寒の戻りなんて来ないよね...。

インゲンなど豆類は種を降ろす場所だけ草を刈り、そこへ3,4粒点播。草の中でハトなどに見つかりませんよう...。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年4月30日


ようやくエンドウがグイグイと伸びてきて、実をつけ始めました。強風つづきの春と、長い寒さにちょっと困っていた様子でしたが、ここへ来てふっきれたのでしょうか。

今年は赤エンドウ(ゆうさや)にしてみたのですが、花がとても綺麗なので、もしかして観賞用?と心配してしまいました。

勿論、食べれますとも!

おととし播いたけど姿を見せなかったので、すっかり存在を忘れてたクリムゾンクローバー(Trifolium incarnatum)が今年は盛大に茂って花を咲かせました。緑肥なのに...花が綺麗で刈れず!ここの作付けはもうちょっと待つか...。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]