2006年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2006年8月の主なできごと
日付 できごと
8月6日
集合日
屋内で自然農のビデオ上映。

2006年8月の気象

8月に入ってようやく夏らしい日が続きました。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[トップへ]

2006年8月1日

引越し

関東地方の梅雨明けが先月末に発表されました。

ああ、やっとだ。これで、ドカッと気温が上がり、ガンガンと日が照ってくれれば遅れていた作物の生育も回復するでしょうか。

さて、今日、田んぼの除草に入ろうとしたら、背後から「ヒヨヒヨヒヨ」という鳴き声。ふりむくと、田んぼの畦道をカルガモらしきシルエットが六、七羽、固まって移動しているのが見えました。

カルガモ..??..でも鳴き声はヒヨヒヨ???

あっ!カルガモ一家の引越しだ!!

驚かさないよう、そおっとカモ達の方へ回ってみると、親ガモを先頭に田んぼの畦を歩いてます。子ガモたちはだいぶ大きくなっていて、遠目には親と区別がつかない位です。(ただし、大きさは二まわり位小さい)

こちらの気配に気付いた親ガモが田んぼにポションと飛び込み、続いて子ガモ達もポションポション..。引越し後は、田んぼのあちこち泳ぎ回って、ウキクサをパクパクしたり、畦に上陸したり、畦に敷いてあった草の束を皆でつついたり。自然農の田んぼはそんなに楽しいですか?(笑)

一通り遊んだ後は畦の上でお昼寝してました。この畦にはほかのオトナのカモも休んでましたので、この時、畦はカモでギュウギュウでしたよ!(笑)

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年8月6日

DVDセット

2週間前まで気温が上がらないと嘆いていましたが、一気に連日最高気温35℃前後の日々ですね。いやはや..。

今日は八月の集合日。暑いし、田んぼの除草も一段落ということもあり、毎年八月は屋内での勉強会を実施しています。スライドを使って、自然農の基本のことや、半年間実践してみての振り返りなどを行うのが恒例なのですが、今年はそれらに加えてちょっと変わったビデオの上映を行いました。

ご近所のアマチュアカメラマンの方が、私たちの田んぼの活動を見て、ぜひビデオで記録を録りたいとのことで、7月から録り始められています。DVDに編集して、ラベルまで印刷してくれました。他人の視点から自分の田んぼや畑を見る、というのも面白いものですね。

タイトルが微妙に違っているのですが、まあ、それはご愛嬌ということで(笑)

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年8月13日

秋へ

夏らしい暑さが続き、ようやく野菜たちも安心して(?)、次々と実をつけはじめてくれてます。

今日はトマト、オクラ、ツルムラサキ、三尺ササゲなどを収穫。トマトは昨日の雨で裂果してしまったものもあるけど、自分で食べるので全然構いません。

ツルムラサキ、三尺ササゲはずいぶんと大きくなりました。これ位になると、雑草に負けることはありません。蒸れない様、ときどき足元の草を刈ってやるだけです。背の高い作物はこうなると楽ですね。


ツルムラサキは1週間で30cm位伸びました。
うっかりすると支柱を超えてしまいそうです。

ササゲマメです。次から次へと豆莢がニョロニョロ。

畑で除草をしていたら、丸々太ったコオロギが慌てて逃げて行きました。畑の主役はそろそろバッタからコオロギにバトンタッチといったところでしょうか。

田んぼの方では、先週末に、黒米の出穂が始まりました。これから、いろんな品種が次々に、稲穂を見せ始めるでしょう。

田畑の季節は、もう、確実に秋に向かってます。


夕方から、田畑の地主さんの敷地で、フリマ&コンサートのイベント、アースギャザリング『ジリミリ』が行われました。田んぼ作業が一段落、畑もそろそろ秋作への切り替えという、農作業の節目のこの時期にピッタリ。大いに楽しみました!

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年8月20日

浮き草

今、浮き草がびっしりと田んぼの水面を覆いつくしています。

7月の勉強会で「浮き草は害草なのか?」という質問がありまして、その時は「水温の上昇を妨げるので害草と言われている」というふうにお話しました。


地面の様に見えるのは浮き草に覆われた水面
赤色がちなのでアカウキクサの類?

しかし、その後、気付くことがありまして、必ずしもそうではないな、と思い始めています。

というのも、

などが考えられるからです。

また、繁茂してる浮き草がアカウキクサ(Azolla)系統だとすると、マメ科と同じく窒素固定能力があるため田んぼが肥えるといったメリットもあります。(カモの餌になる、というのも..いや、これはカルガモ飛来に悩む丸ヶ崎の田ではむしろデメリット??)

水温や酸素供給に関しては実験をしたわけではないのではっきりしたことは言えません。ですが、うっかり害草と断定できるわけでもなさそうです。

というか、自然農は作物以外の草や虫、その他の生き物を否定しないところに立っての栽培方法ですので、害草か否か、敵か味方か、という考え方は基本からはずれてしまうのですね。大事なことを忘れていました。

だからといって思考停止になるのではなく、田畑に対する正確な認識は必要でしょう。例えば、ウキクサが大繁茂した年に稲の収穫が激減したとしても、ウキクサを害草とみなすのではなく、ウキクサが繁茂する条件とはどんな条件なのか、その条件に対し、どの様に田畑を整えていけばよいのか、といったことを考えていくわけです。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年8月22日

ロボット

先週の日曜に収穫した紫蘇の葉っぱを洗おうとしてたカミサンが発見した小さな虫。

体長5mm程の小さな虫ですが、透明な楕円のボディの真ん中に金ピカの六角形の模様、六角形の頂点から放射状に伸びるチョコレート色の線...。


肉眼だと、羽に金ピカの六角形の模様があるのですが...

なんという虫なのでしょうか。

実はお目にかかるのは2回目です。昨年、初めて見た時は興奮して「ロボットみたいな虫を見た!」とか言って畑の仲間にメールを出してしまいました(笑)。

でも、その時は写真を撮る前に逃げられてしまったので、今回は写真を撮りまくり。


激写した後は庭にリリースしてあげましたよ。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年8月25日

ヘチマキュウリ

週末にしか畑に顔を出せないと、採り遅れしまう野菜ってありますよね。キュウリとかオクラとか..。

地這えキュウリだと、実が草に隠れてしまうので、気付いたときにはヘチマ位になっていることがしょっちゅうです。種取り用に、と思っても、実が一個もあれば充分に種がとれますしね。

ということで、2個目、3個目のヘチマ大キュウリは泣く泣く捨てて..いやいや、そんな勿体無い!

以下、我が家でのヘチマ大キュウリの料理法をご紹介します。



畑にゴロンと転がってたヘチマ大キュウリ
(お茶漬け海苔の袋は大きさの比較用です(笑))

大きなきゅうりの皮を皮むきでむいて

たてに2つに割って、スプーンで種をこそげ取り、
1〜2cmぐらいに切ります。

なべに底から5mm〜1cmぐらい水を入れ、
きゅうりを入れてふたをして中〜強火で5〜10分。
こげないように注意しましょう。
最後に豚肉スライスを1cmぐらいに切って加え、(なくても良い)
肉に火が通ったら、火を止めて塩と醤油少量で味付けします。

好みで生姜をすりおろしたものや、青紫蘇のみじん切りを加えます。
(写真のものは肉を入れず、生姜と青紫蘇だけを加えてます。)

所要時間約15分のお手軽料理です。

コツは砂糖やみりん・酒などは、あまり入れないこと。(キュウリがあっさりしているので、すこし、くどくなります。)また、好みですが、片栗粉の水溶きを最後に、少量入れてもいいです。


この料理方法は、十年ほど前、山形県高畠町にファームステイした時、お世話になった農家のおばあさんから教わったものです。

冬瓜でも同じようにできますが、味も歯ごたえもヘチマ大キュウリの方がはっきりします。皮がまっ黄色になる前のキュウリなら、この料理法でいけます。

暑い日はこんなふうな、さっぱりしたウリの煮物がおいしいですよ。

(ヘチマ大キュウリなんて市場には出ないので、栽培した人だけのゼイタク品かな..)

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年8月27日

肥え過ぎ?

気付かないうちに栄養過多になっていた様で..

いえ、自分のことじゃなくて畑なんですが。

兆候はあったんですよね。

ダイズは枝葉が茂り過ぎて、葉の色も濃いし、ササゲマメの莢にカメムシがウロウロしてるし、芽にはアリマキもたかっているし

チッソ過多の様ではあるのですが、そんなに肥料をあげた記憶はないし..(3月に米ぬかを1畝あたり、2,3キロ、後は油粕を果菜類のところだけにパラパラ。)

どうしたもんかなあと思っているうちに、トマトの葉が縮み始めたので、いよいよ何かの病気かと思ってトマトの株元をよくみると..

ぬわわっ!

カッ、カメムシ!?

緑色のはずの茎が黒々と...。

むむう、こんなによってたかって汁を吸われたらトマトが枯れてしまうじゃないか!

自然農に害虫、益虫の区別なし、とは言われるけれど、収穫目前のトマトの枝にビッシリのカメムシはちょっとショック

とりあえず、鎌の先っちょでこそぎ落とそうとすると、彼らの方から飛び降りるように集団で枝からボトボトと落ちる。これは面白い。

虫の層をはがし、周辺の雑草を刈り払って、風通しをよくしてあげたけど、すぐ戻ってくるんだろうな..。

崩れた畑のバランスをどうやって取り戻すか思案中。

そのまま休耕にして雑草を生やすか、ソバなど求肥力の強い作物で浄化するか..。前者の方が確実だけど、秋の作付けができなくなるのは、狭い畑では痛いな。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]