2006年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2006年12月の主なできごと
日付 できごと
12月2日
稲刈り
緑糯。
12月3日
脱穀
たくさんの人数で脱穀しました。
12月10日
集合日
籾摺り。
12月17日
挨拶周り
地主さん、お世話になっている近所の方々へ一年の感謝の挨拶をしました。
12月23,24日
大掃除
休憩小屋や納屋の片付けと道具の手入れを行いました。

2006年12月の気象

昨年に比べるとだいぶ穏やかな冬となりました。26日には物凄い雨と雷。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[トップへ]

2006年12月2日

今年最後の稲刈り

いよいよ12月。

もう、師走だってのに田んぼには稲がどーん!と実ってます。

これは、緑糯(ミドリモチ)というモチ米。超晩生で、今頃になって枯れてきた感じ。
でも、晩生のせいか、このお米で搗いたモチがおいしいのです。
お正月のお餅用に毎年、作ってます。

しかし、正月のお持ちに間に合わせるには、もう刈らないと!

と、いうんで12月の稲刈り。
丸ヶ崎で今年最後の稲刈り。
たぶん、さいたま市で今年最後の稲刈り。
そして、もしや、埼玉県で今年最後の稲刈り?


一方、稲架には2週間以上干された稲が、今か今かと脱穀を待ってます。

今日は稲刈りと脱穀で大忙し。
畑の面倒が見れないなあ。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年12月3日

畑では

稲刈りに、脱穀にとお米作りの仕上げに走り回っているうちに、畑では冬野菜が大きくなってきました。

不耕起草生の畑に、ポット苗を植えてから約3ヶ月弱。施したのは籾殻70%の自家製米ヌカをパラパラと畑の上に播いただけ。

うむ、だいぶ地力がついてきたな。

カリフラワーの花蕾が10cm以上に。

やった!収穫だ!

でも、カリフラワーってブロッコリーと違ってわき芽から蕾を出すことが無くて、一回の収穫で終わりなので、なんだか収穫をためらいますねえ。


ブロッコリーにも花蕾が。

収穫にはもうちょっとかかるな。


ハクサイは結球してきましたよ。

移植当初はひ弱でひ弱で、アオムシにたかられ続けて、なくなってしまうんじゃないかと思いましたが、11月後半から虫を寄せ付けないたくましさに。


今日は、ブロッコリー、カブ、ニンジンを収穫。タアサイの間引きもやっておきたかったんですが、会の皆さんの脱穀のお手伝いやらしてる間に時間が..。

そういえば、サトイモも掘らないと。
茎が完全に枯れてしまうと、どこにあったかわからなくなってしまう!


今日は、脱穀日和。

会の皆さんがたくさん、脱穀にいらっしゃいました。集合日なみですね。
足踏み脱穀機も唐箕もフル稼働。

なぜか、田畑の脇に広々としたスペースがあって、こういう作業にぴったり。


足踏み脱穀機だけではなく、センバコキも活躍です。

これもネットオークションで購入。¥3,000なり(安!)

しかし、出品した人はオブジェとして使うことを想定してた様で、出品写真には、鉄の歯の上に花瓶を置いた姿が...。
でも、本来の目的で使ってあげますよ。

本当は、板のとこに足をつけて、立ててつかうのですが、置き方を工夫すればこのままで使えます。
今日はこれでソバの脱穀もしました。


[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年12月9日

雨が多い?

明日は、今年最後の集合日。

集合日だと、お世話役は自分の畑仕事ができないので、今日中にサトイモやショウガを掘り上げたり、タマネギの定植をしようと思って畑に来たんですが…

雨じゃあ、ねえ

なんだか、先月の集合日の前日も雨だった様な。今年の冬は雨が多い気がするけど、どうなんだろう。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年12月10日

12月集合日

今年最後の集合日。

もう、とっくに農閑期?

いやいや、やることはたくさんあるんです。

昨日の雨から一転、雲ひとつない青空になりました。
今日、脱穀を予定していた人はよかったですね。

丸ヶ崎自然の農の会がスタートしてから3年目になるのですが、今まで使ってい足踏み脱穀機は2台ともお世話役の私品でした。しかし、会のメンバーが増えたこともあり、もう1台、今度は会のお金で用意することにしました。

することにしました、と言っても、実は昨年のうちにオークションで落札して、レストア中だったんですが、先日、そのレストアが完了し、集合日の前日に届きました。


集合日に、皆でワクワクして梱包をとくと…

おおっ!まぶしいばかりの青!

修理してくださった方のお話だと、現物のペンキの色を再現したとのことですが、マリンブルーのボディは農具というより漁具みたいな(笑)
トロール漁船のウィンチとか?(よく知らないけど)。

誰かがカルフォルニアのイメージ、とか言ってましたが、そうとも言えるかも?昔の色の再現、ということは昔の人もずいぶんポップな色使いだったんですね。

早速、使ってみましたが、問題なく動きます。塗装がピカピカなこともあって、新品みたいです。

水田の中に掘った溝には、まだ水が溜まっています。

そこにアカウキクサが繁茂して、レンガ色の小道になってました。
アカウキクサは冬になると赤さが増して、ちょっと紅葉っぽくなるのです。

でも、一見、地面の様に見えるので、うっかりこの上を歩こうとすると...ドボッと溝にはまるという罠が!

それにしても、このアカウキクサ、植物レッドデータブックに載っている絶滅危惧種とか。(外来でなければ、ですが。)

この田んぼでは、「は?絶滅?」って位の繁茂ぶりなのですが、多肥、農薬に弱い為に激減したとのこと。

そういえば、周りの田んぼでは見ないなあ。私らの自然農の田んぼを最後の安住の地としてるのか。

お互い、ひっそりやろうぜ。

…ひっそりなんだから、そんなに繁茂するなよー


さて、脱穀、唐箕の実習は先月に行ったので、早速、籾摺り(お米の籾殻を取り玄米の状態にする)と行きたいところですが…

その前に!

一年間、使わせてもらった田んぼを奇麗にしなくっちゃ!

きちんと整えて田んぼの神様に気持ちよく新年を迎えてもらいましょう。

いや、神様とまで言わなくても、現実問題として、張りっぱなしと網や紐に鳥が絡まったり(守るべき米も無いのに、可哀想に鳥が無駄死ですよね。)、網が風に煽られて道にはみ出して往来の邪魔になったり(こうなると、近隣への迷惑。来年、田んぼは貸せないと言われても止む無しです。)、いろんなものが田んぼに散乱していると、なぜかゴミまで捨てられるし…、いろいろと良くないことがあるんです。

田んぼというフィールドで一年間、遊ばせてもらったわけですが、
子供じゃないんだから、遊んだ後はちゃんと片付ける!

いかん、つい、小言が多くなってしまった(苦笑)

と、言う訳で、今年から鳥避け網、稲架の撤去や、ポール、紐など片付けを作業実習に加えました。

鳥避け網は来年の再使用を想定して、丁寧にたたんでいきます。

なにしろ、今年は25mm目の高い網(一般の安い網は45mm目)を使ったので、再利用しないと勿体ない。穴や裂け目があるので、全部の再利用は難しいかも知れないけれど、小さく切れば来年の苗床の鳥避け網に使えますしね。

それにしても、こんなに大勢で網をたたんでいる風景って、農村というより漁村?(また、同じことを…)


稲の乾燥期間中、皆さんの立てた稲架の倒壊は一つもありませんでした。

ただ、稲架を立てなかった人は、立ててある稲架の空きのところにあちこち置いたため、持ち主不明の余ったお米が出てしまいました。束にして、10束ぶんくらいかな。

まあ、最終的に持ち主不明なら年貢米として戴きますので(笑)無駄にはなりませんが、せっかく育てたお米が迷子になってしまうというのは、お世話役としては残念です。

稲架を立てる人、稲架を使う人、使わない人(フェンスに掛ける人)の整理をもう少ししっかりしないといけないなあ、と反省です。


さて、いよいよ籾摺ですよ。この工程を経て、ようやく炊いて食べれる状態に!

籾摺機はさすがに人力ではありません。3年前にオークションで落札した新古品の籾摺精米機を使っています。

この籾摺機は、循環式というだけあって、籾摺りの過程でお米が何度も籾摺の機構を通過するので、籾殻だけをはずした完全な玄米を得ることが出来ないのですが、この製品はフィルターを交換すれば雑穀の籾摺もできるので購入したんです。しかし、毎年、雑穀作りに失敗して籾摺できるほど採れず、籾摺機の出番はお米の収穫の、このシーズンのみとなってます。

さあ、約1年ぶりの運転です。ザザザーッと、ホッパ(機械の上についてる大きなラッパ上の受け口)に籾を目一杯入れて、スイッチ、オン!


ヴィィ…… シーン…

止まってしまいました(笑)

うーん、どうやら籾摺機君が動き方を忘れてしまった様です。しかし、動きを思い出してもらわないと、今年のお米が食べれません。ここまで来て、それはないよ!

仕方なく、いったん、投入した籾を全部出して、モーターを回しながら少しずつ籾を投入すると、籾が送られはじめていきます。よし、だんだん思い出してきたみたいだ。いいぞ、いいぞ。

そういえば、去年も、しょっぱなの籾摺で詰まらせたなあ。たしか、ホッパに目一杯いれてから動かすと、穂軸や藁クズで詰まるんだよな。(思い出せよ、自分!)

などとジタバタしつつ、皆さんのお米を籾摺していきます。しかし、皆さん、品種ごとに別々に籾摺の希望なので一人あたりの時間がずいぶん、かかってしまいます。量の多少はあるにせよ、1回、30分前後はかかるので、3品種もあれば1時間半ですよ!

うーむ、果たして今年中に皆さんのお米が籾摺できるのでしょうか??

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年12月14日

平日出勤

案の定、先日の集合日に自分の作業が全く出来なかったので、仕事の合間を見てお休みを戴き、田んぼへ平日出勤です。

自分のぶんの脱穀が丸残りなので、結構、アセってました。量も、他の皆さんの倍はありますし、うーん、一日でできるかなあ。しかも、今週は晴れ、曇り、雨、と一日のうちにグルグルと天気が変わる日が続き、せっかく取った休みも無駄になるのではと、ハラハラ。

まあ、どんよりしつつも、なんとか天気は保ってくれました。自分のぶんの脱穀は完了。

忙しくて、年末まで脱穀できなさそうな人もさそって一緒に脱穀。

最後には、どなたかのお忘れ物の稲の脱穀までやって戴きました。

なんだか、手伝いに呼び出したみたいになってしまいましたね(笑)


[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年12月16日

たたむ

年末までに田んぼの片付けをしてください!

と、しつこく集合日でお願いしたせいか、自分の田んぼを片付けに来られた方が何人かいらっしゃいました。

回収した防鳥網を砂利の広場に広げ、丁寧にたたんでます。

砂利の海岸で魚網をたたんでるみたいです。

なるほど、この方法なら少人数でもできますね。


しかし、この網はかなりでかい。

地曳網?

向こうの端でたたんでる人の姿が米粒大に。


今日も、脱穀をしに来る人がいました。

脱穀機や唐箕、その他の道具の搬出、搬入を手伝ったり(一人で運ぶのは危ないので)、使い方を間違えないように(うっかりするとお米を地面の上にぶちまけるし)と、お世話役は、結構、見た目より気を配ってるんですよ(笑)


ともあれ、今日で全員の脱穀が完了です。

ふぅぅ〜、やれやれ。

脱穀だけじゃなくて、籾摺りもしなくては!

いや、別にお世話役が全部操作するわけじゃないけど、操作に不慣れだと詰まらせちゃうからね(笑)


脱穀に、籾摺りにと動き回っているうちに、日が暮れてきましたよ。

やっぱり、今日も自分の作業が出来なかったなあ。

自分の田んぼには、撤去を待っている稲架が‥。


ハクサイを収穫して嬉しそう!

網の片付け、お疲れ様でした。


[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年12月17日

挨拶

丸ヶ崎自然農の会では、夏と冬の2回、近隣のお世話になっている方へ挨拶に伺っています。

義務でもなんでもなく、こちらから勝手に挨拶に行っているだけなんですが、なかなかこういったことでもないとお話できる機会も少ないので、毎年、欠かさずにやってます。

そんなとき、その土地の昔の様子が聞けたり、農作業のコツを教えてもらったり、あるいはいらなくなった古道具をもらったり、近隣の人の様子が話題に出たりと、結構、役得みたいなものもあるんです。

役得を、お世話役だけで独り占めしては悪いと、昨年から会の皆さんにも一緒に行きませんか、と声をかけています。今回は、5人のパーティでご近所巡りをしました。やっぱり、というか今回もホウレンソウをどっさり貰ったりして、役得ですよ。

そういえば、地主さんの家のおばあさんが入院しているって、訪問先で初めて聞きました。一番、お世話になっている人の家のことなのに、知らなかった‥。

ご近所を巡り、少し遠回りして田んぼに戻ってくるころには、だいぶ日暮れてしまいました。

もう、農作業は無理だな。

今日も、稲架は片付けられなかったなあ‥。





と、思って田んぼに戻ったら、
暗がりの中、必死に唐箕をかけている人が。

(向かいの人は、囃し立てているんじゃなくて、
ライトで手元を照らしてあげているんですよ。)


[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年12月23日

大掃除

年末も迫って来ました。

大晦日の前の週末は、この土日が今年最後。

脱穀や田んぼの片付けもほぼ終わり、もう、今年の作業は終わり?

いえいえ、年末といえば、大きな仕事があるじゃないですか。

そう、年賀状書き!

いや、そうじゃなくて、大掃除ですよ!

丸ヶ崎自然農の会では、地主さんの納屋と、会の皆さんが休憩できる休憩小屋の、2つの建物を使わせてもらっています。

1年間、いろんな人が出入りして物を置いたり、共同の農具が増えたり壊れたりと、どうしてもゴチャゴチャしてくるもんです。特に、納屋は地主さんの物置でもあるので、せめて年末だけでもきちんと片付けないと申し訳ない。

とはいうものの、作業が多いので、二日に分けて行うことにしました。
今日は納屋の片付けです。

納屋の中の荷物をいったん外に出します。

写真で見ると大したことない様に見えますが、唐箕3台、足踏み脱穀機3台、センバコキ1台、籾摺機、揚水ポンプ、稲藁数十束、その他モロモロの道具と、かなりの量です。

一部の、偏った人(笑)から見ると、かなりの資産かも?


荷物が一斉に無くなってむきだしとなった土間では、ゲジさんが居場所を求めてワラワラ。

* ネットで調べたらゲジはゴキブリの天敵なんだそうですね。そうか、そういえばあまり納屋でゴキブリをみないなあ…。


納屋の中に置いてあったバケツに、鳥避け網と藁で編んだ巣らしきものが。

小鳥の巣?

しかし、この後、納屋の隅にある荷物をバッとどけたら、その下から黒い小さな動物がタタタタタと壁伝いに走って逃げて、棚の隙間に隠れて「キウッ」と一声。


ネズミ!

そうか、ネズミの巣なら考えられるな。なにしろ唐箕、脱穀機の中にはこぼれた米粒があるし、脱穀し損ねの米粒のついた稲藁もたっぷり置いてあるので、ここはいい環境かも。

と、思ってよくみると、納屋のあちこちにネズミの糞が落ちてるし、土の床にはネズミが掘ったかもしれない穴があちこちに空いてます。

丸ヶ崎自然農の会の中でペストが流行っても困る(笑)ので、地面にの穴は鍬で均して、上から叩いて土固めて、板壁に空いてた穴は別の板で塞ぎました。

まあ、完全に防げるものでもないでしょうけどね。


貰ったスチール製の棚を使って、足踏み脱穀機を2段重ねで収容することが出来たので、農具の占有床面積がグッと減り、納屋の中が、だいぶすっきりしました。

今日は7人の方にお手伝い戴き、だいぶ作業が進みました。明日は小屋の掃除ですね。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年12月24日

大掃除(二日目)

大掃除の二日目。

今日は、休憩小屋の片付けと、足踏み脱穀機や唐箕、籾摺機や揚水ポンプの整備です。8人の方が参加くださいました。会が年を重ねるにつれ、だんだんとこういった共同作業に参加くださる方が増えてきて、お世話役としては嬉しい限りです。

小屋のあずまや側にある個人の農具置き場においてあるものをいったん、外に出していきます。

この際、農具に名前の記入の無いものは没収!

会の共有(見学者用など)にしちゃいます。

でも、いきなりだとあんまりなので、告知期間内に申し出があれば没収しませんけどね。


それにしても、長靴の多いことよ。

あっ!誰だ!スニカーを置いていった人は?

ん?この長靴、イニシャルしか書いてないよ。「N.S」って、誰??
(本人しかわからないんじゃ、書いた意味が…)

とか、もう、 50人近くの人がいると、いろいろありますね(苦笑)


納屋の中では、農具の整備中。

中に落ちたゴミを除き、油を注して…。

単純な機械だけに、キチンと整備してあげれば長持ちするでしょう。

そういえば、揚水ポンプは夏に使ったままロクに整備してなかったので、中に泥水がたまってたとか。うーん、いかんなあ…。


休憩小屋の部屋の中の荷物もいったん、全部出します。

部屋の中にはあまり荷物を置かない予定なんですが、まだ工事中なのでいろいろな物が置いてあるので、ここもきれいにしとかなくちゃね。


天井の埃も払います。

よく考えると、自宅ではこんなことやったことありません。

自分の家より丁寧に掃除してますね。


荷物を片付けて真新しいゴザを敷くと…、

お茶室みたいだ!

来年こそは、小屋を完成させたいなあ。


え?もう、完成している様に見える?

いやいや、まだ土壁塗り(中塗り)が残ってるんですよ。

これは、また、来年のお楽しみですね。

片付けが終わったので、荷物を元に戻したら、部屋が半分くらい埋まってしまいました。

ガクッシ…

でも、自分の家より片付いてるな。

正月はここで過ごそうかな(笑)


二日間の共同作業で、納屋、小屋、農具の大掃除は無事、終わりました!

皆さん、お疲れ様でした。

これで、清らかに新年を迎えることができます。

…あっ!自分のところの稲架が田んぼに出しっ放しだ!

年末に、自分だけ作業ですね…。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年12月27日

旅の仲間

昨晩の雨はすごかったな。クリスマスも過ぎたというのに台風並みの雨、風、そして雷!いったい、どうなってるんだろう。

それが涙雨、というわけでも無いかも知れませんが、悲しいことが。

地主さんの家のおばあさんが、先日24日に亡くなられました。(ちょうど、私たちが小屋の掃除をしていた日か‥)

会がスタートしはじめの4年ほど前はまだまだお元気で、畑にもよく顔を出して、私たちにキュウリやネギの苗をくれたり、畑の草むしりをされたりしてたんですが、3年ほど前に足を痛めてから、体調も悪くされ、このところ姿をみないな、と思っていた矢先のことで、ご高齢だったとはいえ、やっぱり淋しいです。

ところで、実はお隣の家のおじいさんも、その2日前に亡くなられ、さらには丸ヶ崎一帯を檀家さんに持つお寺さんの住職さんも同じ日に亡くなられてます。

丸ヶ崎に古くから住まわれている方々が、なんだか申し合わせたように一緒に旅立たれたみたいです。きっと、住職さんを先頭に、村の仲間であの世への旅をしてるのでしょう。お坊さんの案内と旅の仲間がいれば、淋しくないですよ、きっと。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]