2006年2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
2006年2月の主なできごと
日付 できごと
2月12日
集合日
2006年最初の屋外での学び。風の強い日でした。
2月19日
竹取り
近くのお寺に稲架用の竹を貰いに行きました。

2006年2月の気象

前半は連日最低気温が氷点下の日が続き、田んぼにはカチンカチンの氷が。おかげで集合日の田んぼの溝掘りは大変でした。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[トップへ]

2006年2月11日


ほんと、今年は寒いですよね。近所の梅の花もまだ咲いてないし。南の海ではラニーニャ現象が確認されたとのこと。ラニーニャだと、日本では空梅雨、猛暑、渇水、寒冬だそうです(うへ)。


2年前、会員で測量のプロのwさんに手伝っていただき、かなりの精度で田畑の測量をしたのですが、その時に区画割りの目印に立てたポールがずれたり無くなったりしてきたので、改めて測量しなおしました。
種籾や施肥の量、収量を計算する上でも、田畑の面積はきちんと把握しておいたほうが良いと思います。
それに、学びの場の区画割りの基準点になりますので、正確にはからなくては。

  1. 測り方について
    • 巻尺は、地面の高さではなく、少し上の高さで使う。(地面に置くと地面の凸凹の影響を受けて長さが狂うため。)このとき、両端側の高さが同じになる様、お互いに高さを決めておく。(例えばポールに印をつけるとか)
    • 測る距離が長い場合、巻尺の真ん中が弛まない様、ささえる人がいると良い。
    • 巻尺は出来ればスチール製の方が誤差が少ない。ビニール、布は温度により変化する。

  2. 直角の出し方
  3. 田畑の区画作る際、直角に区切りたい場合ってありますよね。でも、田畑サイズの大きな直角定規なんかありませんので、大抵は目測になってしまいます。正確に直角を出したい場合、次のことを覚えておくと便利です。

    三角形の各辺の比が3:4:5とか、1:1:1.41ですと、直角三角形となります。(勿論、他の比でも直角三角形になるのもありますが、この比が覚えやすいですよね。)ですので、例えば、各辺が3m,4m,5mとなる三角形を描けば、3mと4mの辺の間が直角になるわけです。ポールと、巻尺、それに2,3人いれば直角を出すことができます。

  4. 面積の求め方
  5. 3角形の面積は3辺の長さ(a,b,c)が判れば以下の式で求めることが出来ます。(ヘロンの公式)

    面積 = √( S (S-a) (S-b) (S-c) )
    ここで S=(a+b+c)/2

    普通、面積といえば、底辺と高さを使いますが、直角をきちんと出さないと底辺に対する高さが出せませんが、ヘロンの公式を使えば、3点間の長さを測るだけで、面積が出せるので、変形の土地の面積計算には便利です。

    田畑の面積とヘロンの公式に関し、次のようなコラムもありましたので紹介しておきます。
    宮沢賢治とヘロンの公式

鍬置き用の棚の背に小屋の工事で余ったラス網を張りました。
鳩も喜ぶできばえ。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年2月12日


今日は今年初めての田畑に立っての勉強会です。幸い、いいお天気になりました。

2月には皆さんの田畑の区画割りの発表をします。

同じ田んぼや畑でも、雑草の勢いが激しいところやそうでないところ、肥えたところや瘠せたところ、水の周りの良いところや苦労させられるところ、ご近所の関係で畦の草管理が厳しいところとそうでないところ‥、いろいろな条件の違いと、会員の皆さんの状況(体力や、年齢、田畑に来られる頻度、取り組みたい面積‥)からお世話役が区画割りを決めています。

区画決めが難しいのが、1月から参加をされる方々。1月の集合日に初めてお会いして、ほんの少しお話しただけで、その方に相応しい区画を決めなくてはなりません。いつも、カミサンとケンケンガクガクもめるんですよ。(たいていカミサンの意見になりますけどね(笑))

冬は農閑期でやることが無い、と思われている方が多いのですがそんなことはありません。畑を開墾するのは冬が一番やりやすいのです。

休憩小屋の建築資材を置いてあった場所が空いたので、実習を兼ねて畑に整えてみました。

田んぼの溝掘り実習です。こんなに大勢で掘ればあっという間に掘れますが、個人区画の溝は一人で掘らねばなりません。

とはいうものの、今年の寒さはとても厳しく地面が日陰のところはガチンガチンに凍っていて(凍土!)、とてもスコップが入りません。ツルハシでも無理かも?
ていうか、何もツルハシを使ってまで今の時期に溝を掘らなければならないというわけでもないので、無理な人は来月にでも掘ってください。

共同作業で田んぼの柵を作り直しました。
でも、土が凍った所にはシノ竹を挿せずに苦労しました。

こちらでは溝に溜まった水が分厚い氷になってます。スケートができそうです。

ここにシノ竹を挿すなんて絶対無理。

柵作りは来月ですね。

しかし、今日は風が強かった!ただでさえ寒いのに一日中強風にさらされて、皆さん、体調を崩されたりしなかったでしょうか?

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年2月19日


今日は田んぼの近くお寺さんに稲木用の竹を切りに行きました。
ここのお寺の副住職さんが今年から会に参加されたのですが、私たちが稲木用の竹を探していると聞いて、それならウチの寺の庭にある竹をどうぞ、と申し出てくださったのです。

ここのお寺は創建600年以上の古いお寺だそうです。
昭和初期の大火で昔の建物は殆ど残っていないそうですが、再建された旧本堂だって立派なものです。(今の本堂は、この奥のさらに大きて立派な建物です。)

縁側に木製の舟、或いは橇の様なものが置いてあったのですが、むむ、これは昔の農具では?(苗舟?もしくは田舟?)
と、いうことはこの辺は昔は水の深い田んぼが多かったのかな。

竹林はなるべく竹間の距離が混まないように竹を刈った方が、竹林が無闇に広がらないし、根がしっかり張るので土砂災害に強いと言われます。(番傘をさして歩ける程度の竹の間隔と言われるが、番傘って言われても…)昔、竹は貴重な生活資材だったので、竹林の手入れも今よりずっときちんと行われていたのでしょうね。

昔、そうやって切り取って、余った竹は焚き火にくべて燃やしたそうで、竹のはぜる音が近所に盛大に響いたそうです。(これぞ爆竹)

刈り取りは冬の乾燥期、11月位が良いそうで、春が近づくと竹が動き始める(歩くんじゃなくて、生長し始める)ので、それより前、ということですね。まあ、今回はギリギリかな。

切り倒しただけだと、枝葉がいっぱいついているので切り落とさなくてはなりません。
竹を切るより枝葉を落とすほうが手間が要った様に思います。

ところで、竹は一年で一節伸びる、と思われてた人がいたみたいですが(笑)、竹は2ヶ月弱で、竹の子から今日切ったくらいの高さまで伸びます。孟宗竹なら一日35cm以上伸びるそうですよ!

たまたまお寺に来て、私たちの作業を見物してた植木屋さんに、竹の枝払いの方法を教えてもらったりして、「もうプロだね」とお墨付きを頂きましたので、次回からは竹取り職人として竹林の手入れに臨みたいと思います。(←いきなり鼻が高い(笑))

とりあえず、必要なぶんは確保できました!

皆さん、お疲れ様でした。

今日刈った竹は孟宗竹という種類の竹ですが、孟宗竹は江戸時代(十八世紀初め)に中国から伝来したそうです。むか〜しからお寺さんにあるものだと思ってましたが、割と新顔なんですねえ。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年2月25日


日高市で自然農の田んぼをやっているアルファ会の助っ人に行きました。

アルファ会はグループでお米作りを楽しんでいます。中心となっているK田さん、K山さん、そして地主のKさん、そして私とカミサンの5人で今年の田んぼの準備をやりました。

米ヌカを撒くK田さん。

K田さんは私と同じ農家さんから野菜の宅配をしてもらっています。私は丸ヶ崎で田んぼをやる前はその宅配農家さんから田畑をお借りしていたのですが、それがご縁でK田さんも自然農に出会われ、是非、自分でも自然農の田んぼをやりたい、と思っていたそうです。

昨年からこの日高で友人の知り合いの田んぼをお借りして自然農での米作りを仲間と共に実践されています。

溝を掘るK山さん。

K山さんは丸ヶ崎の会の会員でもあります。

ん?溝が曲がってますよ(笑)。

丸ヶ崎だったら「ホリナオシ〜!」の号令がかかるところですが、ここは丸ヶ崎じゃないので。

今年も花粉症のスイッチが入ってしまいました。
溝を掘ろうにもこ、呼吸が‥。

ここでは個人区画ではなく、グループで作業するので苗床も一箇所に大きな苗床を作るやり方にしています。
苗床の準備として、土を均し、ヌカを撒いて藁で養生する作業を行いました。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年2月26日


休憩小屋の窓からみた雨の畑の景色です。
今日は雨が降ってしまいました。

雨が降るとすることない?

いやいや、そんなことないですよ。だって、今年から畑に屋根つき、床つきの作業空間があるんですから!


雨の日にワザワザ小屋まで来ての作業とは?

お米の種モミの脱穀なんです。
家でやると、埃が飛ぶとかでカミサンがいい顔をしませんので、小屋でやることにしました。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2009-06-01 s.yamamoto