2006年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2006年7月の主なできごと
日付 できごと
7月9日
集合日
田植えの終わった皆さんの田の鑑賞会。
7月14〜17日
水管理
水をいったん落とし、ポンプで再度注水。

2006年7月の気象

7月中旬までは暑い日が多く、今年は空梅雨?と思いきや、20日を過ぎた頃から梅雨に逆戻り。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[トップへ]

2006年7月1日

中干し

丸ヶ崎近辺の田んぼは7月の第一日曜日から「中干し(なかぼし)」が始ります。「中干し」とは、田んぼの水を抜いて田んぼを乾かすことで、時期や期間はそれぞれ地域によって異なりますが、ここでは7月いっぱい、「中干し」となります。

「中干し」になると、田んぼの用水が止まってしまうため、水口を開けても水が入ってきません。断水ですね。

「中干し」は、大ざっぱに言うと、湛水を続けた田んぼを空気にさらすことで、田んぼの中で発生したガスをとばす、水をきることで稲の生育を抑制し無効分蘖を減らす、などの効果があるそうです。

一般的に、中干しの開始は田植え後30日から40日後、分蘖数20本程度確保後だそうで、周囲の田は5月上旬から中旬なので、今の時期が適当ということなのでしょう。

でも、こちらは6月中旬から田植えを始めていて、遅い人はまだ田植えを始めてません。この時期に水が入らないのは厳し〜!しかたないので、中干し前に水を入れるだけ入れて、あとは絶対に水が抜けない様、排水口をがっちり閉めて一ヶ月間を乗り切る様にしています。

施設育苗した苗を機械植えする現代の稲作と、畑苗代の手植えでは1ヶ月くらい、作業時期が違う感じです。中干しは「土用干し」(梅干しの「土用干し」と違いますよ。)とも言われますが、土用の日(7月20日)の30〜40日前だと、6月上〜中旬の田植えとなるので、私らの方が暦どおりじゃないですか(笑)

もっとも、自然農では間断灌水による水管理を行うので、中干しはやらないんですけどね。

というわけで、今日は水を抜いた状態で田植えができる最終日。


田植え後、2週間を経過した苗の生育は順調のようです。苗によっては7,8本分蘖しているのもありました。

そういえば、今日、帰り際に蝉の鳴き声を聞きました。今年の丸ヶ崎の初鳴き?

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年7月2日

まだら被害

キラキラテープを張って1週間。さて、効果の程は?

テープを張ったところとそうでないところでは、被害の程度に差が出ました。やはり、テープを張って無いところは苗が無くなってしまう範囲が大きいです。カモたちの着水が大胆に行われるためでしょう。テープのあるなしで、被害がまだら模様です。

しかし、テープのあるところも被害ゼロという訳にはいきませんでした。ご近所の方の目撃談によると、田んぼの脇の歩道に着地して、トコトコと田んぼまで歩いていき、ポチャンと田んぼに入ってしまうのだとか。

うーむ、可愛いぞ、なんて言ってる場合じゃないか(笑)。また、これは私も見たのですが、テープとテープの間を狙って、いったん上空でホバリングしてからストーンと着水することもあります。V/STOL機か、お前ら!


苗の根元にクチバシを突っ込んで、お食事中。
けっこう念入りに土の中を探ってます。
こらー!苗が傷むじゃないか!


食事あとは田んぼの中でリラ〜クッス

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年7月2日

ライ麦失踪

麦の収穫は6月上旬から、遅いのは6月下旬。でも、この間は田植えで忙しい!畑に播いたライ麦も、そろそろ刈り時かなとは思ってたんですが...。

田植えが終わったのでおそるおそる畑に行ってみると..。

ライ麦がいない!?


いや、良く見ると青々と茂った草の中に麦の穂がチラチラ..。人の背丈ほど伸びたセイタカアワダチソウがびっしりと生い茂り、その茎にクズのツルがグチャグチャにからみついているのですが、そのセイタカに縛り付けられるように、クズのツルでグルグル巻きにされてライ麦がいましたよ。..。

まるで、拷問を受けてる虜囚の様な状態で、ぐったりと穂首をたれてました。ほとんどの麦がそんな状態で、麦刈りしようにもツタがからんでうまく刈れません。無理に引っ張ると穂が取れて落ちてしまうし、穂刈りしようにもセイタカが邪魔でものすごく手間。しかも、どうやら鳥に喰われたのか、実が空っぽになった穂もかなり見られます。

少しずつ、ツタを払い、セイタカを刈り、穂刈りで収穫を進めましたが、暑くてだんだん気が滅入ってきて、半分ほど刈ってギブアップ。

来年は、田植え前に収穫できる麦を作ろう。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年7月8日

リラックス

田んぼには15羽くらいのカルガモがやってきます。人が田んぼで作業していようがお構いなしでお気に入りの場所から動こうとしません。 人が田んぼで除草をしているすぐ後ろで、ゆっくり羽つくろいしてリラックス。


カメラを向けるとカメラ目線。


でも、すぐ羽つくろい。


んふ

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年7月9日

水田観賞

今日は7月の集合日。日差しはそれ程でもなかったのですが、蒸し暑かったですねー。ちょっと動くだけで汗がタラタラ..。日差しがガンガンで暑い場合は日陰へ逃げれば少しは涼しくなりますが、蒸し暑いと日なた、日陰、関係なく暑くて、逃げ場がなくて、ツライですね。

勉強会では、まずほぼ田植えが終わった皆さんの田んぼを参加者の皆さんと見て回りました。かなりの深水になっているので、田んぼへは入らず、竹棹を指示棒代わりにして説明。

今日までに、ほとんどの人が田植えを終えました。カモの害も根気良く補植を続けた人はなんとか欠株を出さずに済みそうです。


釣りしてるんじゃないんですよ。

畑の方は、先月に引き続き雑草への対応や、施肥、トマトの誘引、芽かきなどについてやってみました。誘引や芽かきは自然農だからといって変わったことはしません。

ところで、施肥については量、時期、方法などについて、もっと勉強が必要だなあと思ってます。肥やしをやらなければ作物は育たないという視点に立ってしまうと、基本から離れてしまいますが、土地や作物の必要に応じられる技術として大切ですので。


畑の脇に積んである稲木が蟻の住家になりそうな気配だったので、共同作業で積み直しました。こういう時は大勢いると助かります。蒸し暑い中、山積みになった稲木を一人で移動するなんて、想像するだけでゲッソリですよ〜。


共同作業はなるべく短めにして、午後の残り時間は各自の畑や田んぼの手入れにしました。今の時期、草の手入れが一番大変ですからね。




今日はなんだか賑やかだなあ。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年7月14日

干してみる

ここ2,3日、梅雨明け?と思わされるくらい暑いですね。この暑さに田んぼの稲も煮え煮えです。前日の集合日に実習としてフクロウ田の除草をした時に思ったのですが、田んぼがかなりドブ臭かったです。また、稲の補植をされた方からも、根の張りが弱くグニャグニャした苗が結構あったとも聞きました。これは危険な兆候です。

水稲の生育には水が欠かせませんが、田んぼに水をどれ位入れるかで稲の生育環境が変わります。水を入れる量を調整することを水管理といいます。

水かさが違うと、稲の根への空気(酸素)の供給量や、雑草を抑える力、稲の分蘖の促進、田んぼの水温、保温力などに違いが出るので、稲や田んぼの状態、気候に合わせて調整していきます。

 例えば、深水は稲の保温や雑草の抑制に効果がありますが、逆に分蘖を促進しないので、田植え直後は深水にして、活着後は分蘖を促す浅水に、とするわけです。その他、台風など強風時には深水にして風から守ると同時に、風にあたることで失われる水分を補う、といったキメ細かい配慮もあります。こりゃ稲も喜ぶわな。

ところで、自然農の場合の水管理は慣行農と違うのでしょうか?川口さんの場合、全ての期間、水管理は間断灌水のみで、浅水や深水状態で長期間水を張りっぱなしにすることはないそうです。

これは、自然農の田んぼは草(つまり有機物)の量が多いのと関係があるかも知れません。常に灌水した状態で有機物が分解する(刈り払った草が腐る)と田んぼの土が酸欠状態になりますので、間断灌水でときおり地面を空気にさらすことにより、酸素の補給と嫌気分解で生じたガスの放出をはかるわけです。

丸ヶ崎の会の水田の場合でも、本当は間断灌水を行いたいのですが、周囲の慣行田が中干しに入ってしまう関係で、7月いっぱいは田に水を引くことができません。水はないよりあった方がいい、ということで中干し前に目一杯水を張ってます。

ですが、ここ2年ほど、7月中の田んぼの様子があまりよくありません。一部に生育の停滞や、枯れ葉が見られますし、田んぼに入ると土中からブクブクと泡が出たりもします。これは、「ワキ」と言われる現象で、田んぼの土が還元状態(好気性微生物の活動により酸素が奪われた状態)となり、メタンガス等が盛んに発生している状態(だからワキ(湧き?)というのかな?)で、ひどいときは稲の生育停滞や根腐れなどが起きてしまいます。

「ワキ」の対策は、一時的に水を落とすことです。今年は、イチかバチかで水を落としてみました。(昨日の夜です。)ただ、まだようやく分蘖期に入った時期で、水が必要ですから、落水して2日くらいしたら、ポンプで注水するつもりです。


田んぼが「ぷふぁ〜」と言ってる様な気が..

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年7月16日

ポンプ頑張る

ブィーン...。

田んぼの水を入れるのに、動力ポンプの力を借りました。数年前に買ったポンプですが、あまり使ってないので今年が初めての本格稼動。プロの使うポンプより小ぶりですが、動作音が小さく、軽くて取り扱いが容易。なかなかいい奴です(笑)。

けれど、2反半の水田の注水は彼には荷が重く、昨日、今日と二日間動かして、ようやくうっすらと田んぼの表面に水が見えてきた程度。1日動かして2cm程度水位が上がったかな?

連休はあと一日しかないけど、間に合うのだろうか?

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年7月17日

ポンプリゾート

三連休の最終日。朝から雨のパラつく微妙な天気。ドバッと雨が降ればポンプを使う必要はない様な気もしますが、それ程の雨量でもないのでポンプを動かしに田んぼへ。

エンジンに雨が当たるのは良くないだろうと、金属パイプを地面に打ち込み、パイプの穴に傘(柄が真っ直ぐなもの)を差し込んで、即席のパラソルを作りました。呼び水用のペットボトルを脇に置くと、なんだかリゾート気分。きっとポンプ君も喜んでくれたに違いない。





水位は田んぼ表面がヒタヒタになる位に回復しました。

通りすがりの地元のおばあちゃんに「稲の色が良くなったね〜」と言われました。

水を落とした甲斐がありましたよ!

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年7月22日

季節感

先週ポンプで注水した時は「雨降ってくれ〜」と思ってたんですが、、雨はもう、じゅうぶんです!

毎日どんよりした天気が続いてます。梅雨明けはいつのことやらで、全然気温があがらず、日照もさっぱり。

畑の雑草も気勢があがらず、隔週の除草でも問題ない位。楽チンなのはいいんですが、、そのぶん作物の生長も今ひとつ。さらに、一時ナリを潜めていたナメクジ達が復活してあちこちなめ回ってます。

田んぼの地主さんが「蝉が鳴かないね」と言ってましたし、お隣の農家さんのナスがこの1週間の低温で枯れはじめたとか。田んぼ脇の花菖蒲も再び咲き始めてます。そういえば今日、トンボの群れが畑の上を飛んでました。

なんだか季節感が滅茶苦茶ですねー。


それでもツルムラサキがニョロリと伸びてきましたよ。


水田では浮き草類がはびこってきました。これは低温多雨と関係あり??


昨年までは一面オオアカウキクサだったのですが、今年は様子が違います。
イチョウの葉みたいなのがイチョウウキゴケ、小さめの方は...?

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年7月23日

樹上のカボチャ

蓮池の様に一面に葉っぱが広がってますが...

地主さんの堆肥置き場で発芽したこぼれ種のカボチャがここまで大きくなったんですね。

自然農の畑で育ったのではないけれど、ちょっと日記に書いていおきます。

堆肥場の隣りに、とある公共施設の敷地が広がっていて、一面、砂利が敷き詰めてあります。どうやらカボチャ君は格好のフィールドを獲得したらしく、柵を乗り越え、殺到するように砂利の方へツタを伸ばしています。

葉っぱの下はカボチャがゴロゴロ!砂利の上はそんなに居心地がいいのですかね。

下ばかりに気を取られてましたが、ふと上を見ると樹上にカボチャのツルが!

ジャングルみたいだ。ここに実がついたらどうなるのかな?

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]