2006年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2006年6月の主なできごと
日付 できごと
6月10日
下見板張り
土壁の下側に下見板を張りました。
6月11日
集合日
田植えのスタート

2006年6月の気象

5月からの日照不足は6月に入っても続き、例年に比べて気温も低かったように感じられました。ただ、月末の頃になるとグンと気温があがり、夏がすぐ近くまで来ていることを感じさせます。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[トップへ]

2006年6月3日


最近、丸ヶ崎の田畑に連続凶悪事件(笑)が発生しています。

事件その1 - ハト殺害事件)

畑のベンチの近くにハトの羽が散らばってました。どうやらハトが何者かに惨殺された様です。しかし、遺体は残されておらず、どこかに運び去られた様です。

事件その2 - スズメ暴行事件)

私の苗床に雀の羽が散らばってました。「うお!侵入された!?」と、思いきや、籾が喰われた形跡はなく、苗の一部が上から押された様に折れてます。どうやら、苗床近くに来てた雀が、上空から何者かに襲われ、格闘のあおりで苗が折れた様です。

事件その3 - フン撒き散らし事件)

休憩小屋のあずまやの下のベンチに鳥のフンが落ちてました。最近、畑に行くたび、毎回、フンで汚れているのを発見します。あずまやの屋根の下のところに何かの鳥が止まり、用を足している様です。

昨日、お隣の農家のおばあちゃんと話してたら、この間の暴風雨で家の裏の林にあったカラスの巣が吹き飛ばされた(壊れた?)らしく、営巣中のカラスが「荒(あら)くれて」いるとか。裏庭の方に行くと低空飛行で威嚇するそうです。まあ、営巣中で気が立っているのかも知れませんが、巣が吹き飛ばされて「荒(あら)くれた」と聞くと、なんとなく同情もできるかな。

しかし、カラスが荒(あら)くれた時期と、丸ヶ崎の連続凶悪犯罪事件(笑)の時期がほぼ一致するので、これはもしや...?

さて、先週播いた団子ですが、発芽を始めたものもポツポツあります。除草は6月下旬頃を予定してます。


赤い線で囲ったところに団子があります
む?団子の間にも似た様な草の芽が...
でも、これは団子からの発芽ではないので、アワではないぞ!

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年6月4日


今、畑は冬越しの野菜がそろそろ終わりの時期です。

エンドウはサヤをプクプに太らせてくれています。サヤごと食べるには太りすぎた実を、グリーンピースにしました。サヤを剥いて小さな緑の豆をポロンポロンとはずしていきます。一握りほどの莢を収穫したのですが、炊き込みご飯に出来るくらいの豆が採れました。

もう、花の時期は終わりましたが、豆の木にはサヤがまだいっぱい残ってます。あんなひどい転倒事故に遭ったのに偉いぞ。今年も作ってやるからな。

タマネギは結構、大きいのが採れてます。ただし、苗からではなく、小さな球根状のもの(ホームタマネギ)を買って植えたので、非常に楽でした。種から育てた方が断然安上がりなのですが、家庭菜園で確実に収穫を楽しむなら球根も悪くないですね。

一気に収穫するのでなく、少しずつ引き抜いて収穫していくつもりです。7月まで収穫を楽しめそうです。

ニンニクは蕾のついた状態で収穫しました。蕾を捨てるのがもったいなく、ネットで食べれるのか調べてみたところ、やはりいるんですねえ、食べた人が。安心していざ調理。油と塩で炒めて食べてみましたが、これが美味い!蕾の中の実がコロコロ、ホクホクして、ほろ苦く、蕾の外側の皮の部分はやわらかなピーマンみたいな感じ。そして、微妙にニンニクのにおいと味。

ニンニクの蕾は球を太らせるため、ついたらすぐとって捨ててしまうのが普通なので、こんなふうに味わうこともないのかな。まさに珍味ですねえ。 蕾食べたさに、またニンニクを栽培してしまうだろうな。

これから、夏野菜へと交替の時期ですね。


大麦(二条大麦)は刈りとりを待ってます


小麦(農林61号)は、「あともうチョット待って!」


3月に植えたジャガイモはそろそろ花が咲きそう
(無施肥、土寄せもしてません)


ツルムラサキ(5月末播種)
気温が上がらない日々ですが、頑張ってます


ネギの苗(3月上旬播種)
ヒョロッとしたのがネギです。移植までは苗床で育ててます。
この苗床の世話はお米の苗床より手がかかっている様に思います。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年6月6日


田んぼの畦に植えた花菖蒲が今年も咲き始めました。

この花が咲いて1,2週間後くらいを田植え時期の目安にしてます。


今年も田植えの季節が来ましたよ!


公園っぽく見える?

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年6月9日


6/9に関東甲信地方の梅雨入り宣言が出ましたね。

ええっ、まだ梅雨入りしてなかったの?って感じですが..。この低温と日照不足には困ったもんですね。5月の日照は平年の6割程度とか。

まずいよ。

気になって調べてみました。

近世日本最大の飢饉といわれる「天明の飢饉」、数年続く凶作の中でも最悪の天明三年(1783年)の気象は..

「関東では春以来雨勝ちの天気が続き、水無月(六月)の暑さもなく、冬物を着て過ごす状態であった。七月になって暑さが戻って五穀の実りも安心かと思われたが - 中略 - 浅間山が七月八日に大音響とともに大爆発し、その焼灰が関東一円に降り注いだ。」

(日本歴史叢書 近世の飢饉 菊池勇夫著 より)

冷害+噴火のダブルパンチですが、前半の気象は何だか似てますねえ。噴火は地球規模で影響が出ますしね。これでどこかで噴火があったら..


あれ?

この記事...

メラピ山の噴煙、上空5.5キロまで - インドネシア

マジすか?

お米だけじゃなくヒエも作っておこうかな...。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年6月10日


土壁を風雨から守るため、壁の外側に板を張りました。

下見板張りといい、板を少しずつオーバーラップさせて張っていきます。
断面図は左図の様な感じでしょうか。
古い木造家屋とかで、板壁の様になっているのは、大抵、こんなふうになっているのではないでしょうか?
普通は杉の野地板を使うのでしょうが、床板に使った板がたくさん余ったので、これを使うことにしました。この板は本ざね加工してあるので、オーバーラップさせなくても、隙間無く板を張れるかなと思ったからです。

← 本ざね加工の板の断面はこんな感じです。
(左は重ねる前。右は重ねた後。)
ただ、普通、下見板にこんな板は使わないでしょうね。本ざね加工してある板なんて、もったいなくて。
ですので、ちょっと、変則な施工になりましたが、まあ、板を余らせてももったいないですし、サネにあわせて板をはめていけばいいので、重ねる手間がなくていいかな、と。

板をはめる前
(シャッターチャンスを逃し最下段一枚だけはまってますけど)

板を丁寧にはめていきます。
(板が微妙にゆがんでいて、サネどうしがうまく噛まず苦労しました)

一番上の段まで入れ終わりました。
(壁の半分くらいの高さまで板を入れることとしました。)

板の色が茶色なのは、板に柿渋にベンガラを混ぜた塗装をしてあるからです。勿論、板を張った後に塗っても良いのですが、工程の都合で先に塗ってあります。撥水のために後日、油(桐油)を塗る予定です。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年6月11日


6月集合日のメインは田植えです。しかし、梅雨のこの時期、それ以外にもやることがたくさんあります。麦刈りは梅雨の合間の晴天を狙わなくちゃならないし、畑の草はどんどん伸びるので草刈りも手を抜けません。田んぼの整備(溝掘り、水路の掃除)は水を入れる前に済まさないと作業にならないし、さらに夏野菜の種まきのラストチャンス...。

というわけで今月の集合日は盛りだくさんのメニューだったんですが、生憎の雨!残念ながら作業は中止...な訳はなく、粛々と、いや、強引に作業をこなしました。

丸ヶ崎の会の集合日は「雨天決行」ですので!


大麦、小麦が刈り時になったので刈り取りを行いました。

ただ、晴天時に刈りとりをしないと乾燥がうまくできませんので、今日の刈りとりは例として、少しだけ。

刈った麦は小屋の屋根の下に吊るして干し、千歯こきで脱穀をするため、穂刈りではなく株刈りです。


雑草に対する配慮について自然農のスタンスとしてどう対応するかについて、考えてみました。自然農も栽培ですから放任ではなく、必要に応じて除草の作業を行います。

除草の際は、

というのが基本になりますが、なぜそうなのか判ったほうがいろいろな場合に応じやすいと思います。

とは言っても、一番の理由は「それが自然に草が枯れて死んだ姿に最も近いから」ということなんですけどね。草は枯れてその場に倒れ、茎や葉は地表で、根っ子は土中で朽ちていく、それを草刈りの場合でも同じようにしてあげるということです。

雑草の敷き草によるマルチ効果や、雑草がその場で朽ちることによる腐植の形成、土中への有機物残留、あるいは雑草の根で生成された根成間隙や根圏微生物層の保護など、リクツを言えばいろいろありますが、それは座学(8月)やHPで勉強してみたく思います。


さて、いよいよ田植えです。今日、今年初めて田んぼに水を入れました。

実習田の苗も4.5葉位になり、だいたい植え頃になってくれました。ただ、今年はどうにも気温があがりません。昨年の6月の集合日は皆半袖姿だったのに、今年は雨具を着てても冷えるくらいです。田んぼの雑草も少ないし...。集合日の今日は実習として少しだけ植えますが、本格的な田植えは次週からとなりそうです。

ともあれ、今年初めて自然農の田植えをする人は20名近く。

自然農ならではの、草や虫がいっぱいの自分の田んぼに、自分で籾から育てた苗を、一本一本植えていきます。

ほとんどしゃがみながらの作業ですので、田の草や虫、カエルやザリガニ、その他いろんな生き物がとても身近に感じられます。
ぜひ、楽しんでくださいね!


畑の裏の空き地に雑草がこんもりと茂ってきたので、共同作業として刈り払うことにしました。

セイタカアワダチソウが大人の背丈くらいになってました。日照不足でもこやつらは平気なようです。ノコ鎌の歯が欠けそうな茎の硬さで、もはや木といえる位の草を刈り進む作業は除草というより開拓ですね。


4面ある水田の地面の高さが微妙に違っているため、水位の調整に毎年苦労しています。そこで、今年は水路に水戸をつけることにしました。

だんだん雨が強くなってきて、ズブ濡れになりながら土嚢を作ったりしましたが、なんだか自然農の勉強会というより水害訓練の様な具合になってしまいました。


6月は自然農の田植えの季節です。いつもの年ですと、梅雨の蒸し暑さの中、大汗をかきながらの田植えですが、今年はどうなるのかなあ。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年6月17日

水田リゾート

今日から田植えを本格的にスタート、ということで田んぼに出かけてみると既に先客の方が田植えを始められていました。でも、田植え...?

んんん、素敵だ(笑)。丸ヶ崎の会で流行りそうな予感!

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年6月18日

草と虫

今日は雨、暑くもなく水もたっぷりで絶好の田植え日和でした。でも、作業は確かに楽だけど、稲は光も温度ももっと欲しいだろうなあ。

田植え前に田んぼに生えている草をいったん刈り払ってますが、例年、この草刈り作業の時期には雑草が多くて、草刈りだけで田植えと同じくらいの時間がかかったものです。が、今年は草の量が少ない!

上の写真の下半分は草刈り前の田んぼなのですが、茶色く枯れた冬草(スズメノテッポウ)のなかからところどころアレチノギク(?)が姿を見せている位です。昨年はキシュウスズメノヒエなどが腰の近くまで背を伸ばして田んぼを覆ってたんですが....。

やはり、今年の日照不足が原因なのでしょうか。気象庁によると、関東地方の日照は平年の80%未満だそうですが、感覚的にはもっと少ない気もします。

虫も激減です。草刈りで鎌を一振りするごとに小さなバッタやクモがワラワラと逃げ出すのが恒例なのですが、今年はその姿があまり見られません。草が少ないので、虫も少なくなってしまったんだなあと、生き物のつながりを実感。お日様があってこそ、いろんな生き物が(自分も含めて)生きられるんですね。

田植えの詳細はこちらのページをご覧下さい

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年6月20日

困り者

田植えで田んぼに水を入れると、必ずやってくるお客さん。カワイイんだけど、田んぼに降りるとき植えたばかりの苗を痛めてしまう、困り者。


「今年もニンゲンたちが変なこと始めたよ。」

「でも、エサがとりやすくなるから助かるよね。」


おーい!そこは田植えしたばかりなんですけど。あ、そこ稲、稲!

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年6月25日

マイペース

土曜、日曜と田植えに来られた会員さんがたくさんでした。お天気も時折雨がバラつく程度で、心配したほどは崩れずにすみ、気温も6月下旬とは思えないほど過ごしやすく、田植えがはかどりました。気温が低いのは困ったもんですが、遠くから田植えに通われた人には良かったですね。昼間でも作業できたし。

丸ヶ崎の会では、一人(或いは一世帯)で一畝の区画の中で各自、籾ふり(お米の種まき)、苗床の面倒、田植え、除草、稲刈り、脱穀、籾摺り、と、最初から最後まで自分で作業を取り組む様にしています。ですので、田植えも区画ごとにそれぞれのペースでやることになります。

田植えにかかる時間ですが、丸ヶ崎の会の場合、田植え前の除草を含め、早い人で一日に一畝(約100平米)、ゆっくりの人で二日ちょっとで半畝位でしょうか。と、いう事は、一反だと十日かかる計算になりますが、田植えにそんなに時間を割くのは勤め人には無理だなあ...。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年6月27日

お風呂の椅子

今日は、梅雨明け?と思われるほどの強い日差し。昼間はとても外にいられません。でも、そんな中、田植えが遅れた人が、ジリジリと日に照らされながら田植えをしてました。

自然農の田植えは田んぼに片膝をついてしゃがむ様な姿勢をとることが多いのですが、慣れないと長時間の作業は辛いです。しかし、今年はリゾート気分で田植えを楽しむ方が続々と出現しまして(笑)、田んぼに椅子を持ち込んで田植えをされてました。



私も真似してみましたが、楽ですね。
お風呂の椅子サイズが丁度ぴったりかな。
苗取り箱に洗面器を使えば、もっと雰囲気がでますね!

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年6月29日

キラキラ

カルガモよけに田んぼにキラキラテープを張ってみました。といっても、隙間なく張るのは費用がかさむし、手間も大変なので、2mおき位に1本ずつ張るだけにしました。

テグスや糸だとカモから見えないので、田んぼに着水しようとしてからまって傷ついたりしてしまう心配があります。実際、一昨年に一羽、田んぼでノビてた事がありました。私は直接見ていないのですが、発見した人の話によると、気絶してただけらしく、助けようと触ったら「ハッ!」と気付いてお尻フリフリ歩いて逃げてったそうです。

キラキラテープなら、夜(カモたちが田んぼに飛来するのは夕方から夜にかけてが多い)に田んぼにやってきても、キラキラと光るテープが田んぼの上に幾筋も揺れてるのを見て、着地を避けてくれるのではないかと期待してます。


最初に田植えを終えた人の田んぼが2週間たちました。ご覧の通り草が茂り始めてます。田植えが終わったと思ったら、すぐ、除草ですね。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]