2006年3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2006年3月の主なできごと
日付 できごと
3月12日
集合日
種の交換会などをやりました。
3月19〜21日
土壁塗り
貫伏せという工程を行いました。

2006年3月の気象

ようやく最低気温が氷点下を上回る様になってきました。でも、まだ春を実感できません。3月後半になってようやく土壁塗りを再開しました。塗った土が凍結するとひび割れが生じて壁が弱くなるので最低気温が氷点下の間は塗ることができなかったのです。

3月19日には強風が吹き荒れました。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[トップへ]

2006年3月5日



寒い日が続いています。でも、オオイヌフグリの小さな葉が畑に広がって来ました!
青い小さな花が小声で春を告げています。


まだ、冬眠から覚めるには早いんじゃないかな。


寒さをものともせず力強く育つタガラシ。


春の作付けの第一弾はジャガイモです。
植えつけの穴を掘っていたら、土の中で出番を待っているツクシを見つけました。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年3月11日



3月に入り、小屋作業も再開です。
土壁は塗った後、乾燥する前に寒さで凍結すると壁の中にクラックができてしまい、壁が弱くなってしまいます。

そろそろ氷点下になる日はこないんじゃないかということで、作業を再開しました。


それでも、寒さの影響が少なそうなところから塗っていきます。

屋根と壁の間の部分(面戸板)を塗り残しているので、まずはそこから。
地面から遠いので、比較的寒さの影響を受けないのではないかと思います。


この部分は狭くて通常の鏝では塗りにくいので、鶴首という特殊な鏝を使いました。この鏝は鏝屋さんに特注して作っていただいたものです。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年3月12日


3月の集合日は先月整地した畑にジャガイモを植え付けてみました。ジャガイモは植えればほぼ確実にとれる、失敗の少ない作物ではないかと思います。(収量はともかく!)

皆さん、熱心にメモしてくださってますが、それに価する内容をお伝えできているのでしょうか…。いつも、振り返ってみては冷や汗をかいています。

畑の境界の目印に使う杭を共同作業で作りました。たくさんの人がいるとこういう作業が一気に進んでありがたいです。


春の種まきシーズンが間近ということもあり、自家採取や昨年の余った種を持ち寄って種の交換会を行いました。
休憩小屋に持ち寄った種を並べての交換会です。

育て方の判らないタネは持ち寄った人に尋ねてみましょう。
栽培経験者から直に話しを聞けるのはいいですね。

お昼は休憩小屋で。

ああ、小屋があってよかったなあ。こういう風にリラックスできる場所が田畑のそばにあるなんて、嬉しいです。

お昼の休憩の後は、田んぼで溝堀実習。
実習用の区画で溝堀をしました。ここでスコップの使い方とかを慣れてもらって、各自の区画は各自で掘ってもらいます。

またまた共同作業で、余った丸太を移動しました。

がっつりとってきたので、随分余ったなあ…。

幸運なことに、お隣の農家さんの敷地が広々と空いていて、そこに車を止めさせていただいています。

しかし、あくまでも、ご厚意で使わせていただいているだけなので、会の皆さんがお隣になにか迷惑なことをしてしまうと、信頼関係が損なわれて使わせていただけなくなってしまう、そんなことも配慮しなくてはいけません。

常に感謝の気持ちで場所を使わせていただきましょう!

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年3月18日


今年、新しく区画分けした畑の境界の溝を掘りました。

この冬の強烈な寒さを乗り越えたタマネギたち。

暖かくなるにつれ葉を伸ばしてきました。

ニンニクも冬を越してほっとしている感じ。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年3月19日


今日、小屋作業をしに畑に行きましたが滅茶苦茶に強い風でほとんど作業にならず、早めに切り上げてしまいました。強風のため、宇都宮線が止まったくらいです。当たると痛いくらいの風には参りました。お隣のIさんも、こんな強い風は初めてだ!と言ってました。

休憩小屋の土壁も、風が吹きつけるたびに僅かにたわむのが見えて、崩れるのでは!?とヒヤヒヤ、屋根は大丈夫かっ!?とドキドキでした。部屋の中にいても、小屋がビミョウに揺れるのがわかりましたし…。あー、怖かった…。


地主さんのお庭のコブシの花。

晴れ渡った青い空とのコントラストがきれいでした。
でも、この後の強風でだいぶやられてしまいました‥。


シラサギが一羽、ヒヨドリ田、フクロウ田をしばらくのあいだウロウロと歩き回ってました。昨日はキジも来ましたし、だんだん、春めいてきて田畑もにぎやかになってきましたね。


このときはまだそんなに強い風じゃなかったんですけど、このあとだんだんと空全体がゴオゴオと音を立てて風が吹き始め、もう会話もままならないほどの強風に。
ホウホウの態で作業を中断して帰りました。

だって、怖かったんですよ。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年3月20日


今日は休憩小屋作業です。

土壁塗りの中でも、ちょっと面倒臭い「貫伏せ(ぬきふせ)」という工程です。壁の貫(ぬき)の部分は小舞(こまい)が通っていないため、そのままでは土を塗ることが出来ません。そこで、藁や麻布を貫に被せてその上に壁を塗って行きます。


水を吹き付けるためのスプレー(洗剤の空き瓶で可)、麻布、藁を用意します。


貫の上下の壁をスプレーで塗らします。


塗れて柔らかくなった壁に藁を貼付け、貫の上に藁の層を作ります。この時、藁の上下に壁材を塗り付けて藁が落ちない様にします。


途中ですが、こんな感じ。


最後に藁の層の上に壁材を塗ります。


こちらは麻布を使ったやりかた。
藁と同じ要領で、上下で布を止めます。


一枚で収まらない場合、何枚かに分けて…。


よいしょ、よいしょ


準備完了!


布の上に土を被せて行きます。


出来上がり!


てなことを、全部の貫の部分にやるわけですねー。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年3月21日


今日も今日とて、土壁塗り…


だいぶ手慣れてきました。

大きな布も一発でペタッ!


布が落ちないうちに素早く塗り込み!

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]