2006年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2006年5月の主なできごと
日付 できごと
5月3〜7日
土壁塗り
連休中、毎日ひたすら壁塗り。
5月14日
集合日
苗代の除草、夏野菜の種おろし。
5月21日
土壁塗り
外壁の仕上げ。

2006年5月の気象

ほぼ毎日の様に雨が降り、日照が少ない月でした。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[トップへ]

2006年5月1日


いや、今日は暑かったー。

午後から田畑へ出かけたんですが、陽射しが強くてすぐに休憩小屋に逃げ込みました。

やっぱり、土壁はいいですね。居心地がよくて、つい夕方近くになるまでグダグダしてしまいました。おかげで、今日の農作業は購入苗3本の移植で終わりです。

はっ!作業効率がよくなるはずの休憩小屋で、返って作業効率が下がっている様な..。

まあ、いいか(笑)

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年5月3日


昨日から、休憩小屋の土壁作り作業です。全くのシロウトながら、参考図書(土壁・左官の仕事と技術 - 佐藤嘉一郎、佐藤ひろゆき著 学芸出版社、など)を片手にやってます。

一見、もう壁は出来ているように見えますが、最終的な完成までは、まだまだいろんな工程があります。大雑把に言って、この休憩小屋の土壁作りは次のような工程で進めています。

(1) 小舞掻き、
(2) 荒壁塗り、
(3) 返し塗り、
(4) むら直し、
(5) 貫伏せ、
(6) チリ墨ウチ、
(7) ヒゲコウチ、
(8) チリ廻り塗り、
(9) 底埋め塗り、
(10) 中塗り ..

中塗りが終わると、壁としてほぼ完成です。後は必要に応じて漆喰などを上塗りしますが、中塗りのままでも充分です。このGW期間中に中塗りの直前までやる予定です。

(6)〜(8)の工程は、主に壁の周囲の部分の仕上げをきっちりとするためのものです。土壁は乾燥すると塗ったときよりも縮む為、壁と柱や梁、桁との間に隙間(チリ隙)ができてしまいます。これを防ぐため、ヒゲコと呼ばれる、小さな釘の頭に麻の紐(麻苧(あさお))をつけたものを、チリ墨に沿って柱に打ち、その後で麻紐を塗りこめる(チリ廻り塗り)ことで壁と柱に隙が出来ないようにします。

昨日、今日と、ヒゲコウチの工程をしました。小さなヒゲコを予めつけたチリ墨に沿って打ち付けていきます。当初は1日で終わるかな、と思ってたんですが、二日もかかってしまいました。

ヒゲコを打った部屋はこんな感じになりました。


ピロピロしたものがいっぱいで、なんだかくすぐったい様な...


拡大するとこんな感じで


床近くはすごく面倒!

ヒゲコを打つのはお茶室の丸柱などで用いられる工程で、「材料費はともかく、手間も著しく必要で高級工事でないと行われないのが現況である。(左官読本- 株式会社エクスナレッジ ISBN4-7678-0165-6 - P.30より)」だそうです。農作業小屋なのに、そこまでするか、って感じですが、まあ、シロウト作業なので技術がないぶん手間(工程)でカバーするってことで、やりました。

ところでこのヒゲコ、杉の丸柱にはサクサクと打てたんですが、米松(輸入材)の角柱には釘が入らず打つのに難儀しました。やっぱり、そんなものに打ちつける様には出来てないのかな.......って、こんなこと知ったところでどうなるもんでもありませんね(笑)

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年5月4日


昨日に引き続き土壁塗りです。昨日打ち付けたヒゲコの紐を塗りこめていきます。

塗りこめるにはチリ鏝という特殊な鏝を使います。ただし、この写真は鶴首(面戸鏝)を使ってます。(1本しか無いチリ鏝を人に貸してしまったので、仕方なくほぼ同じサイズの鶴首を使っている。)

チリ廻り塗りが終わると、壁に額縁が出来た様な感じになります。


我ながら、グッジョブ!(笑)

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年5月5日


もう、GWも後半。しかし、予定の半分ほどしか作業が進まず、焦りまくり。

ついにヘッドランプを使っての左官仕事に(笑)

結局、夜の8時過ぎまで作業しました。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年5月6日


チリ廻り塗りが終わると、底埋め塗りです。

中塗りの前に壁を平らにするために行う工程です。


刷毛で水を塗り、壁面に充分水を含ませる


乾ききらないうちに底埋め用に調合した壁剤を塗る


底埋めの終わった壁


全体として平らになる様、貫伏せで盛り上がったところは塗り残す

しかし、連日の土壁作業でかなりくたびれてきました。毎日毎日、練って塗っての繰り返し..。しかも、スサ(藁を細かく切ったもの。昨年の藁を小屋の土壁材料として取っておいた。)が無くなってきて、スサ作りもやらにゃならん..と、半ベソ状態(笑)になったところにタイミングよく会のメンバー2名が助っ人に現れました!

おかげでスサ切り、土練りから解放されホッと一息。なんとか連休明けには中塗りまでいけそうなメドが立ちました。Tさん、Iさん、ありがとうございます!

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年5月7日


今日は一転して雨。

でも、部屋の中の作業だから壁塗り作業は続行。

しかし、土の練りがやりにくく、土がダマになったり、練り上げた土の水分が多くゆるめになったり...

でも、もしまた壁塗りをする機会があれば、「練り方は天気に応じて変えなきゃダメだねぇ」なんて偉そうなことが言える経験を積むことが出来ました。

連休最終日、内壁は底埋め塗りまで完了しました。汚れ避けに敷いたブルーシートに、鏝からボトボト落ちた泥が馬糞の様にいっぱい落ちていて、部屋の中で馬でも飼ったのか、って感じです。ブルーシートを片付け、床を拭き、荷物を片付け、とりあえず土壁塗りウィークはおしまい。

いよいよ次は中塗りです。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年5月11日


いきなり梅雨入りしてしまったのでしょうか。雨、曇り、雨..の繰り返しの一週間。おかげで畑はナメクジたちが大喜びで這い回ってます。エンドウの支柱にもよじ登ってましたね。そんなとこでなにやってんの?

そのエンドウ、陽射しが少なくて気の毒ですが、どんどん実をつけ始めてます。今日は、一握りほど収穫し、晩御飯に早速頂きました。


先日植えたキュウリの苗はとりあえず、無事みたいです。
えっ?どれが苗かって?(笑)

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年5月13日


寒い。寒いです。しかも、雨。

5月中旬だというのにフリースの作業着で畑に行きました。

雨なので、特に農作業をするつもりはありませんでしたが、明日は5月の集合日。

明日の予報も雨なので、雨が降っても勉強会ができる様、休憩小屋の荷物を片付けてきました。

2月に竹取りに行ってゲットした孟宗竹をあずまやの屋根に渡してみました。麦など、雨季に乾燥させる必要のあるものは、ここへ引っ掛けて干してみようか。

それにしても、苗床の苗が伸び悩んでます。品種によってはほとんど発芽が見られないものも...。追加で籾をまくべきか、思案中。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年5月14日


天気予報は自信満々で雨の予報。

でも、曇りはしたものの雨はふらず、午後には日差しも出てきました。それにしても、もう梅雨ですか、という天気続き。

今日は5月の集合日です。4月に田んぼに播いたお米の苗床の手入れや、夏野菜の種降ろし(種まき)や苗の定植などをやりました。

この時期、豆類(エダマメ、インゲン、ササゲ、ラッカセイ)、ウリ類(キュウリ、カボチャ、マクワ)とかが畑に直播でいけますよね。それにナスやトマト、トウモロコシ、サツマイモ、あと、オクラ、ツルムラサキ、クウシンサイ、モロヘイヤ....

小さな菜園だと、あっという間に満員ですね。

ダイズなど豆類はハトやカラスが好んで食べに来るので、見つからぬように草の中に播きます。蒔くところだけ、チョコット草を刈るだけ。

双葉までは栄養たっぷりの状態(むしろ食べごろ?)なので、本葉が出るまでは草の中で息を潜めつつ成長してもらいます。

ただし、周囲の草の丈が高くて、完全に陰になると徒長してしまうので、発芽を確認したら周囲の草の上の方だけ刈り、少し光があたる様にしてあげてます。

少々面倒だけど、鳥に食べられるよりはマシかな。


おっとっと、藪の中に鎌を落としちまった!
じゃなくて、草むらの中にササゲマメを播く実習なんです。

今年は既に梅雨がスタートしているかの様な雨続き。苗代には少しですが水も溜まってます。日照が少なく、気温も上がらずで、苗代の苗の生育がはかばかしくありません。

実習田の苗代も、黒米はまあままですが、陸稲農林21号の方は発芽が半分以下。籾が多少古かった(2年前.但し冷蔵庫で保存)せいもあるかも知れませんが...。

生育が悪いのは雑草も同様で、幸か不幸か今年は苗代の除草は比較的楽でしたね。

種籾は発芽後もまだ栄養を持っていて、その栄養を使い切るまでは鳥たちの餌食になってしまいます。

ですので、鳥対策にはまだ気を抜けません。除草後、網を開けっ放しにしない様、注意しなくては...。


発芽率が悪い品種のところは、敷き草を取り除き、上から籾を追加まき

田畑を借りると、田畑の中だけに意識がいってしまいますが、田畑の周囲にも気を配らなければ。

田畑周囲の手入れを怠っているということは、マンションで言えば、自分の部屋の中は散らかさないけど、外の廊下にゴミを置いてヘーキな人、という感じでしょうか。

ということで、集合日の共同作業として田んぼ前の公道に生えた草を除草しました。

しかし、オトナが大勢で道端にしゃがんで草取りをしていると、事情を知らぬ人からは何事かと思われたかも知れませんね。


田植えしてるんじゃないですよ

休憩小屋の土壁塗りも手の空いた人でやりました。GW中にやりのこしたところが小一時間で終了。大勢でやると早い、早い。


念のためですが、左右の人もシロウト

個人で田畑をお借りするならともかく、大勢だと農具置き場所も悩みの種。地主さんの納屋に長靴を置かせてもらってるのですが、十足以上となると、納屋の床が長靴だらけに...。地主さんにご迷惑をおかけしているので、こういったものは早く会の小屋に移動させたいなと思っているのですが、お世話役だけではなかなか手が回りません。

そこで、集合日に、会の皆さんで棚作りをしました。雨避けとして、棚の周りに小屋作りで余った杉皮を貼り付けてみました。孟宗竹を割って杉皮の抑えにしてみたら、なんだか高級そうなものが出来てしまいました。


長靴用の棚なんです

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年5月17日


今日、共用畑に綿を播きたいという方と綿の種まきをしました。 雨が少しぱらつく天気でしたが、無事播き終えることができ、一安心。順調に行けば一週間位で芽が出るものと思います。

ところで、先々週、同じ共用畑に播いたダイズが、この長雨と低温のせいか、発芽前に腐ってしまった様です。ぜんぜん発芽の様子が見られないので少し掘り出してみたところ、発芽の気配すら見せていないブヨブヨになった豆の残骸が...ガーン!

残念ながら播きなおしをしなければならない様です。播いた種が古く、発芽率が悪かったということも考えられますので、別の種を用意します。(でも、0%ってのは今まで無かったなあ)

お隣の農家さんも、ナスの苗の生育が悪いと言ってましたし、私たちのお米の苗床も生長のスピードはいつもより遅いし....。

本当に、滅茶苦茶な天気続きです。初夏の日差しはどこへ??喜んでるのはナメクジくらいかな?


エンドウがどんどん取れ始めました。


草むらの中に播いたサヤインゲンの芽が顔を覗かせてます。
本葉が出てきたので周囲の草は刈り取ります。


タマネギはまだ草にまかれてないので、
もう少しこのままにしておきます。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年5月20日


今日、丸ヶ崎に暴風雨が吹き荒れました。

畑で作業していると、空がどんどん暗くなり、いやーな感じがしてきたので近くの喫茶店に逃げ込んだのですが...。

しばらくして、赤茶色の土埃が混ざった強風が押し寄せてきたかと思うと、バタバタと大粒の雨粒が落ちはじめ、やがて空が真っ暗になる位の激しい雨と風に。川沿いの喫茶店の窓からは対岸の建物が見えなくなり、風はドォォンと叩き付け、建物の揺れすら感じる位でした。雨はこの風とともに横方向に、降ると言うより浴びせる様に吹き付けて来ます。

横殴りの強烈なシャワーの様な雨と風が小一時間続き、ようやく小降りになってきたので、おそるおそる畑に戻ってみると...。

休憩小屋の外側の土壁が雨でかなり溶け、部屋の中にも水が染みてしまいました。ああ..もう一回、塗りなおしか、とがっくり。まあ、土壁に強烈な放水を浴びせた様なものですから、こうなるのも仕方がないんですが。せめて、下見板を入れてからであればもう少し被害は少なかったかなあ。でも、下見板を入れても壁の上半分は保護できないので、やはり漆喰をいれなきゃ駄目か。


部屋の内側に雨漏りが...

畑の作物は、麦が少し倒れた位かな、とよく見て見ると、見慣れたサヤエンドウの姿がいない!慌てて近寄ってみると、哀れ、支柱転倒です。(ああ、これからたくさん採れ始めるというときに....orz)


倒壊!

起そうにも、支柱に使ったシノ竹がボッキリ折れていたりして、うまく助け起せず、かなり茎を痛めてしまいました。春先の強風は凌いだので安心してたのに、台風でもないのに(台風1号崩れの影響もあるのかも知れませんが)、こんな強風が吹くなんて..。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年5月21日


今日は土壁の仕上げ、「中塗り」です。

ですが、昨日の大雨で、外壁がボロボロになり、中塗りできるかどうか微妙な状況になってしまいました。

幸いなことに、壁の仕上げということで小屋を作った大工さんも手伝いに来て下さり、壁の状況を見た結果、多少の修復をするだけで中塗りをやれると判断しました。

中塗り壁の壁の材料は、土、藁スサ(中塗り用)、砂です。が、この比率がどうもはっきりしなくて、左官の本とか、知り合いの左官さんにチラッと聞いてだいたいこれ位と想定していたのと、大工さんの経験では随分違ってて、驚きました。最初は土(水で捏ねる前)の容積をバケツ1杯とすると、スサ 0.6杯、砂 0.5杯の容積比を想定していたのですが、大工さんは土 1に対し砂 3.5〜4杯位と、はるかに砂の量が多いのです。

実際、この比率で練って、塗ってみると、土というより砂を塗りつける感じになります。今までの塗り具合と全然違い、砂が主体なので粘性が乏しく、塗り付けようと鏝で運ぶそばからボトボトと落ちて、やりにくいこと。

それでも、大工さんが塗ったところはきれいに平らになって、綺麗な壁に仕上がりました。


色の濃いところが中塗りを終えたところ

中塗りが終われば、小屋工事はほぼ終了なので、今日で終わると良いなと思ってたんですが、そんなに甘くはなく、小屋の外壁と、内側の一部をやったところで時間切れになってしまいました。ううむ、田植えまでに果たして終わるのだろうか...。


今日も土練りの方のお手伝いをいただきました。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年5月25日


稲の苗床を作ってから約一ヶ月。

ほったらかしてた訳ではないけど、本格的な除草は今日が第一回目。

一応、毎週末には苗床の様子をチェックしてたんですが、稲の生育も遅いけど、草の姿もそれほどではないので、あえて今日まで草取りを見合わせてました。

今年は雑草の伸びが悪い..というと変な気もしますが、要するに雑草も伸び悩むほど気候が変だということでしょうか。

連日の雨で苗床にうっすらと水が溜まり、水苗代みたいになってました。果たして稲にとって良いのか悪いのかわかりませんが、苗の感触がいつもよりやわらかく、苗代の敷き藁を除けるときに稲の芽を痛めるかな、と、ふと思ったくらいです。来年は排水口でも作っておくかなあ。


除草前の苗床
この中から稲以外の草を引き抜きます


除草後の苗床
散髪したみたいにサッパリ


畑の中のインゲンも、本葉が出揃ったので、周囲の草を除草しました。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年5月27日


アワ、ヒエ、キビなど雑穀類を脱ぷ(皮をむく)などするのには、ある程度量がないとやりにくくて大変です。そこで、会の共同畑に作付けし、作業参加者で収穫を分配することにしました。

雑穀は、雑草と区別がつけにくいので種まきにちょっと工夫をしています。といっても、大したことはなくて、粘土に種を含ませて、団子状にして播くだけなんです。除草の際、団子から芽が出てれば、雑穀だと、判る訳ですね。

粘土、団子、というと、ああ、あれね、と思われる方も多いかと思いますが..。 まあ、野菜なんかは播けばわかるのでそういうことをする必要もないかと思いますが、雑穀は、芽の識別をするには、案外、便利です。識別に加えて、鳥に食べられない、というメリットもありますし。ただ、作るのに手間が要りますので、趣味でやる以外ではどうなんでしょうね。

さて、今日は、その、雑穀の団子を作りました。


内職中

オトナ4人で小屋の中で粘土をこねながら、いろいろ話をしてたんですが、中に野鳥の会の会員さんがいて、その方からスズメ語を教わりました。

「ちゅん、ちゃっ。」

というのは、機嫌がいいとき、だそうです。

他にも、5〜6種類くらい、スズメ語がわかるのだそうですが、私は、聞いたそばから、忘れてしまいましたが、「ちゅん、ちゃっ。」だけはしっかりと覚えました。

というのも...

今、畑の麦が色付きはじめて、もうすぐ収穫、といった感じなのですが、最近、畑に来ると麦の中から

「ちゅん、ちゃっ。」「ちゅん、ちゃっ。」

の大合唱。畑の縁のとこの麦の穂などは穂軸だけ残して食べつくされてるし、その下には麦の殻が散乱してるし。


実が残ってないよ!


宴の後

むー。お米の苗床だけじゃあきたらず、今度は麦かい!

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年5月28日


今日も雑穀の団子作りです。

昨日の、おじさん3人衆による和菓子屋厨房的雰囲気からメンバーが一転し、親子で楽しむ団子作り教室、みたいになりました。まあ、何にせよ、一人で黙々と団子を作るよりおしゃべりしながらの方が楽しいですよね。


団子以外にサイコロとかテトラとか
自由に、奔放に

今日は、アワの団子(食用じゃなくて、播種用の、ですよ)を作ったのですが、団子一つに種子10粒位と数えてたのですが、だんだんメンドウになってきて、粘土団子を丸めてからアワの種子を回りにまぶしてゴマ団子ふうにしたりと、つい、遊んでしまいました。

出来た団子を畑に持って行き、さっそく種まきです。草はいったん全て刈り、播くスジだけ草をどけて、そこに団子を半埋めにしていきます。(全部埋めると、あとで団子からの発芽なのかそうでないのか識別できないので。)


子どもさんも自分で作った団子を楽しそうに播いてました。


並んだ団子たち

今日は雑穀の種まき以外にも、いろんな方がそれぞれの畑で作業されてました。自分で育苗された野菜の苗を持ってきて、皆さんに分けて下さった方もおられました。種まきが遅れた方には嬉しい助っ人です。


ただで貰っちゃっていいんですか?

また、5月から勉強会に参加された方のために畑を割り付けたのですが、ここはユキヤナギの林だったところ。まだ、生きた木の根っ子の塊がドン、ドン、ドンと何箇所もあってやりにくい場所で申し訳ないな、と思ってたんですが...。黙々と、女性お一人で草刈り、溝掘り、と畑に仕上げられてました。なかなか美しく仕上がったので、もっとたくさん開墾していただこうかなあ(笑)


溝のところには木の根っ子がガッチリとあるので、見た目ほど掘るのは簡単じゃないんです。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]