2006年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2006年11月の主なできごと
日付 できごと
11月5、10日
稲刈り
5日はイセヒカリ、10日は葵の風。
日付 できごと
11月12日
集合日
脱穀の実習。

2006年11月の気象

昨年に比べると冬になる足取りが遅い様でした。週末に雨の日が多く脱穀の日程のやりくりに苦労しました。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[トップへ]

2006年11月3日

きっかけ

映画を見てきました。

東京・高幡不動駅近くでの自主上映会。

自然農-川口由一の世界 1995年の記録

私が自然農にハマったのは、約十年前、この映画を見たのがキッカケです。

耕さず、草や虫とともにある田畑。そこで見事に育つ稲や野菜。そんな姿を映像で示してくれて、ああ、こんな田んぼや畑ならぜひやりたい!と思ったのが始まり。

この映画の凄さというのは、こういう農が実際にあるんだと確信させるところかな。

感動した、というよりは深い納得、そんな感じ。

あれから約十年

最初に見たときと受け取り方、感じ方が違って来たなあ。

もちろん、確信が揺らいだとかじゃなく。

農家になったわけではないけれど、小さな畑や田んぼで野菜やお米を作るようになって十年近く。
映画の光景と自分の田畑が重なって、いっそうリアルに。

例えば、籾ふりの時の田んぼの草深さ、

田植えの時、風に揺れる苗の姿、

汗のしたたる夏場の除草と稲の足元の涼やかさ、

秋の青空に黄金色の稲、その足元の緑色の草の絨毯

冬、籾摺りして炊いたお米のなんともこうばしい香り...

そんな光景が、まさか自分の生活の一部になるとは!

自分もカミサンも一族郎党都会生まれの都会育ち。四親等以内に農家なし。

十年前まで土いじりなんかしたこともないし、興味もなかったのに..。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年11月4日

ひと区切り

東京賢治の学校が主催する畑の学校。そこで行われる川口さんの指導が今回で最後、ということで参加して来ました。

十年前、自然農の映画を見てすぐにここの畑をお借りして始めたのが、私の自然農のスタート。田畑は東京青梅市の山間部にあります。ここでは、2年ほどお世話になりました。

川口さんの指導(講座と実習)も、十年前から年4回ほどのペースで開催されて来ましたが、いよいよ今回が最後。やはり、私にとっての自然農のスタートの場所の、一つの区切りということで、見届けたくなって参加することにしたのです。

参加された方は50名以上おられたでしょうか。(賢治の学校のクラスの子供達を入れるともっとたくさん)

川口さんが指導されていて、東京という場所の学びの場で、賢治の学校というNPO法人のスタッフが支えている、という、いろいろな条件があってのことでしょうが、丸ヶ崎の会でこんな大勢の人が来てしまったらパンクしてしまうなー、などと要らぬ心配をしてしまいました(笑)

午前中は稲刈り実習。

水田は山に囲まれた谷津田の様なところで、5,6年ほど前からスタートしたと記憶しています。(その頃はこちらに通ってなかったので曖昧ですが。)

田んぼは鳥避け網をかけてありませんでしたが、鳥にお米を喰われた様子はありません。(糸は張ってあったけど)


丸ヶ崎の田んぼとは随分違いますね。

山間部で周囲に森の多い環境ではスズメの天敵も多いし、それにスズメは人家に近い所に棲んでますので、こういう場所ではあまり害にならないのでしょうか。

むしろ、こういう所で怖いのはイノシシなどの獣害かな。草ボウボウの休耕田が隣接しているので、ちょっと危ないかも..。スズメの害はジワジワと広がるので対処のしようがありますが、イノシシの害はある日、突然に一気にやられるので困ります。

イノシシ害についての参考URL:http://www.nhk.or.jp/gokinjo/backnumber/060925.html

* NHKはトップページ以外の直リンク禁止なので、リンクはしてません。

水田はだいたい4,5畝の面積でしょうか。(賢治の学校の子供達の水田も含めれば7畝位?)

個人の区画割ではなく、普段はスタッフの方が面倒を見て、講座参加者が実習でポイントの作業を行うみたいです。(んー、すると、スタッフは田植え、稲刈りはあまり出来ないってことか..。役目とはいえ気の毒な..)

川口さんが刈り時の見極め、種籾の採り方、刈る時の束の大きさ、置き方などの説明を一通りされた後、参加者全員で稲刈りを行ったのですが、ものの10分もしないうちに田んぼの稲が全部刈り倒されてしまいました。すごい。

稲刈りというより、何か天災がやってきてあっという間に稲が倒されてしまった様な感じです。あるいはイノシシか。

さすがに稲架立ては全員で、とい訳にはいかないので川口さんが立てます。

杉の間伐材を使って立ての稲架です。

それにしても、川口さんの立てる稲架は美しいなあ..。


立てた稲架の強度をチェック。

いえ、そうじゃなくて、賢治の学校の子供達が稲架で逆上がりをして楽しんでいたところ、川口さんも逆上がりを披露。(動画じゃなくて残念!)


賢治の学校・主宰者の鳥山さんも。(川口さんの補助つき(笑))

ええと、丸ヶ崎の田んぼでは、皆さんの作った稲架で、お世話役が逆上がりするなんてことはしませんよ!

命が惜しいですからね(笑)



午後は畑に移動。

田んぼからは車で10分位、林道の途中で車を止め、杉林の中の登山道の様な坂道を徒歩で登ること数分、急に視界が開け、斜面に広がる畑が見えて来ます。


5年ぶりに来たのですが、随分と畑の様子が変わってました。

一面に野菜の葉っぱが広がって、見事な野菜畑。

葉ものの野菜をいろいろ混播した様ですが、立派に育ってます。

以前は、カラムシやらその他の雑草がずいぶんと多かったですが、随分と畑らしくなりましたね。


こんなふうに砂利が多くて、畑というより荒地?という感じだったんです。

川口さんの実習では、砂利の多い土地であっても積極的に畑から石を取り出すことはしてませんが、こんな場所でもそうなんですね。


今では、砂利と腐植が混ざり合って、すごく肥えてきた様子。

お世話役の鈴木さんも、最初の頃に比べるとすごく土が良くなったって言ってました。

この日の実習は、ソラマメ、エンドウマメ、麦(ライ麦)の播種でした。
地元以外では川口さんの最後の実習ということで目を凝らし拝見。


種を降ろす場所の確保のためにススキの株に鍬を入れる際の無駄の無い動きや、麦の播種後の除草の見事さ(鎌を動かすたびに、雑草が茂っていた地面が、綺麗に地面だけになる!まるで色を塗り替えているみたいだ!)に、改めて感嘆です。


あっという間に実習の時間が終わり、そして青梅での十年間の自然農の講座も幕を閉じることになりました。

淋しくもありますが、荒地の様だった場所が見事に豊かな畑に変わったように、十年間の講座を通じていろいろな人の人生も豊かになったのではないかと思います。

少なくとも、私にとってはこの自然農の講座と青梅の畑がスタートでありましたし、その経験は私にとって貴重なものでした。

そして、十年前、関東地方で自然農を学べる場所は唯一この場所だけでしたが、十年経った今、学びの場は(私が知っているだけで)十箇所近くあります。

どの場所も何がしかの指示があって出来たのではなく、自然と増えていったものです。川口さんの直接の指導はありませんが、その土地、その場所に応じての実践をされ、その場に根を降ろしていることと思います。

十年間の講座は終わりましたが、十年経ってみたら、種があちこちに飛んで、いっぱい芽が出てる。そんな感じでしょうか。

ですので、十年を一つの区切りとして、講座を終えられるのも、淋しくはありますが、自然の流れなのかもしれません。長い間指導いただいた川口さんや、それを支えて下さった賢治の学校のスタッフの皆さんには、感謝致します。



ところで、誤解があるといけませんので補足ですよ。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年11月5日

命をつなぐ

ウルチ米の「イセヒカリ」がいい感じに登熟。

今年、私が作付けしたお米の中ではもっとも早いのが「イセヒカリ」。

なので、私にとっては今日が今年の稲刈りのスタート


まずは、一株掴んで鎌を入れ...

ザクリ。

んー、手ごたえ充分。

6〜7月の天候不順で出来が危ぶまれましたが、終わってみればちゃんとお米が出来ている。


健康そうなお米を見て、まずは安心。
量の多い少ないがチョットはあるかも知れないけど、今年もこうやって見事に実ったお米を手にできるのが嬉しいなあ..

などと考えつつ、刈り進んでいると、お隣の田んぼで稲刈りしている仲間から、「種籾はどれ位とっておけばいいんでしたっけ?」と質問されました。

..おっと、いけない!

自分も種籾の確保を忘れてました(苦笑)

会の皆さんには、翌年の種籾は自分で確保しろと言ってるのにね。
種の確保は農民の基本だー、とかって。

(* 初めての人はお世話役が用意しますので、来年、丸ヶ崎の会で田んぼをやってみようと思っている人はご心配なく!)

よさげな稲株を探しては、その中から穂がしっかりした茎を選びそこだけ刈って種籾を集めていきます。

今年は、なるべく多くの株から、良い穂の茎を選ぶ、という集め方をしてみました。その方が遺伝状況の幅が広がるかと思ったんですが、半畝程度では関係ないですかね?

そうそう、それと虫の吸汁の跡がない茎、というのも目安にしてみました。

そんなこんなで、種籾を集めるのに予想以上に時間がかかってしまいました。なにしろ来年に命を繋ぐタネの選別ですから、なかなか決め難くって。


今日は、イセヒカリ半畝ぶんの稲刈り。それと、お隣の2畝弱ぶんの稲刈りの手伝いで作業終了。

まあ、ゆっくりやります(笑)

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年11月10日

お米の園芸

明日は雨という予報で急遽、休みを取って稲刈り。

この品種の稲は、先に刈ったイセヒカリと違って、茎が細く倒伏しやすいので、4株ごとに一つにしばって倒れない様にしてあります。

この、稲をしばる作業というのが結構、手間なんですよね。

でも、約1ヶ月、なんとか倒れないでくれました。

しかし、この手間のかけっぷりは米作りというより園芸ですね。あるいは盆栽。

でも、こうやってしばってあると、種籾を採取する際の株の良し悪しの判別も面倒だし、稲刈りする前には紐をほどかないと作業できないし、いろいろ大変です。

でも、倒れて穂発芽してしまったら収穫が望めませんので仕方ないか..。


畑では蕪の列にモグラの穴がボコッと。


ムカ


[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年11月11日

一休み

予報通り雨。

これじゃ、稲刈り、脱穀できないね。昨日、やっておいて大正解。

でも畑に来てしまいした。というのも、今年の5月から田んぼが忙しくなって農作業小屋作りが停滞中なので、涼しくなったこの時期にちょっとやろうかな、と。

しかし、不思議なもので、雨の日というのは労働意欲が湧きませんね。しかも、寒い。

と、いうことで、作業は止めにして、ちょと足を伸ばしてホームセンターに買い出し。なにしろ、大勢で作業するので、手箕やら竹カゴやらシートやら、必要なものがたくさんあったけど、小屋作業よりは全然ラクチン。

明日は集合日。体力を温存しとかないとまずいじゃないですか。そうですよね。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年11月12日

大道具

今日は11月の集合日。

メインテーマはお米の脱穀作業です。約一ヶ月、稲架に干した稲から、脱穀機を使って籾だけを取り出します。この際、藁クズなどゴミが混ざるので篩(ふるい)にかけたり、唐箕(とうみ)という道具で風を使ってゴミを飛ばします。

今日の作業はここまで。とれたお米を食べるには籾摺(もみすり)をしないといけないのですが、これは12月の作業にしておきます。

ところで、現代のお米作りでは、脱穀はハーベスターという動力機械で一気に脱穀と調整(ゴミ取り)の作業をやってしまいます。さらに大型の機械、コンバインなら稲刈り〜脱穀、調整まで一気に!(あれ、乾燥は?...ふふふ、私らのお米が美味しい理由がここにもあるのです..)

機械ならあっという間の作業ですが、ここはやっぱり人力で(笑)

細かな手順は本家のページを見ていただくとして、必要な道具は足踏み脱穀機、篩、唐箕、ゴザ(またはムシロ)、手箕(またはカゴ)。フルイやゴザはともかく、足踏み脱穀機や唐箕なんて今時、手に入らない?いやいや、今でも製造、販売されてますよ。スチール製だけど。古道具で手に入れるという方法もありますが、ちゃんと動くかどうか心配だし、壊してしまったらなおすのも大変です。その点、現在、製造、販売されていれば安心ですね。

これは、そのスチール製の足踏み脱穀機です。
購入して6年、故障知らず。

ただ、あまり持ち運びを考慮していないのか、運びにくいのと、金属製なので重い、という難点はありますが、安心して使えます。


こちらはヤフオクで購入した古いタイプの足踏み脱穀機です。

ドラム部分が木製なので、脱穀の際の衝撃がマイルドな感じ。

ブルーシートを幌代わりに使ってますが、布地にすればさらに素敵になるでしょうね。(機能的にはブルーシートの方がいいかもしれませんが。)


幌をつける前です。

ヤフオクで落札後、知り合いに頼んでレストア(笑)しました。

外装の板の張りなおし、再塗装(しかも柿渋で!)、そして、ペダル部分は完全に作り直しです。あまりに美しい仕上がり、ペダルなんてまるで機織り機みたいで、とても土足では踏めません。
靴下でおそるおそる踏んでます。


唐箕も今年は2台で。手前が昭和28年製の木製唐箕、奥は平成13年製のスチール製唐箕。

年齢差約半世紀。

木製の古い唐箕もちゃんと動いてます。むしろ、スチール製のものは、胴がやや小さいので選別力が少し劣る様にも思います。でも、最低2回は唐箕を通すので実用上、問題はありません。


ところで、この大道具たち、結構、高いんですよ。スチール製だと足踏みで4万弱、唐箕で3万弱かな。その他の道具類も含めると、脱穀に必要な道具代は7万位になってしまいます。(古い農具だとオークションで安く手に入るかもしれないけど、送料や整備代を考えると....。)

まあ、会の皆さんが揃える必要はないですが、大勢の人が作業するとなると、1台ではきつい。そこで、今年から足踏み、唐箕をそれぞれ2台ずつ揃えました。(と、言っても、足踏みは2台とも、唐箕も1台はお世話役が個人的に買ったものなのですが..)

特に脱穀の方が時間がかかるので、大勢で脱穀する場合、脱穀機は2台あった方がいいかも知れませんね。

ただ、それだけの道具を揃えると置き場所の確保も大変です。丸ヶ崎の会は田んぼの近くに地主さんの納屋があって足踏み脱穀機や唐箕などの農具を置かせてもらっています。考えてみると、すごく恵まれた環境ですね。田んぼを借りる場合、こうした農具置き場をどうするのかも大きなポイントになります。人手で運べない距離なら運搬手段(軽トラとか)も必要になりますから。

さて、こうやって、脱穀、調整したお米は袋詰めにして家に持って帰ることができます。ああ、これで、やっと、台風や大雨や強風や雀や鴨やニンゲンやなにやかやの心配から解放されますよ!籾ふりから約半年。今年もいろいろあったけど、収穫に辿り着きました。

嬉しくって、お米の袋を抱いて寝たいくらいじゃないですか。

喜びすぎですかね。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年11月13日

未知の食べ物

昨日の集合日に刈り取ったソバ。

気がついたら花が終わってたので、慌てて刈り取り。

なぜか、鳥に狙われた形跡なし。丸ヶ崎の鳥はソバを知らないのかな。

刈ったソバは休憩小屋の屋根の下に吊るして乾燥中。十日もすれば脱穀できるとか。さて、どれくらいとれるかな。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年11月18日

ガチガチ

大勢でいろんな品種のお米を作っているので、稲刈り、脱穀のタイミングは各自まちまちです。

今日は、稲刈りの人、脱穀の人、唐箕を使う人、といろいろでした。(写真手前の二人は稲刈り中、奥の人はこれから脱穀です。)

丸ヶ崎の会では、脱穀は稲刈り後、十日間(雨天の日があった場合はその日数をプラス)の天日干し後の脱穀を目安にしています。その間にお米は乾燥が進むとともに、追熟(というのかな。茎葉の養分が籾に移動してお米の美味しさが増す、と言われてます。)します。

天日干しの期間は土地や気候によって変わるのでしょうが、いずれにせよ、十分に乾燥させる、ということを主眼においています。過乾燥とか水分含有率とか気にしてません(笑)...天日に干して籾で貯蔵しますので、お米自体が生きてます。(翌年、田んぼに播いてもちゃんと芽が出ます。)生きているお米を食べる直前に籾摺りして炊くのだから、生命力じゅうぶんな訳で、細かいこと気にしなくても、ね。

そういえば、数年前、八十ウン歳の農家のおばあさんが私らのお米を見て、「ガチガチに乾いとるなあ」って笑ってたなあ..


メンバーの一人の稲がまたまた雀の餌食に!

稲を干した上に網を掛けて安心したのでしょうが、ちょっとした隙も雀は見逃してくれません。

稲束を網でラップしてある状態なので、束の外側の穂は食べ放題。食べ滓のモミガラが大量に落ちてます。
網は稲から少し離して張らないと効果がありません。



脱穀や唐箕撰など貯蔵直前の作業に湿気は厳禁。今までの乾燥が無駄になってしまいます。

明日は雨の確率80%。

明日、脱穀予定の人が何気に田んぼに来たので、直ちに緊急脱穀チームを編成(笑)
ガンガン脱穀をお手伝い。暗くなるまで残業して脱穀完了です。
それにしても、苗床作りや田植え、鳥避け網張りと、暗くなるまで作業することが多いな。残業体質はお世話役の影響かな?(苦笑)


[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年11月19日

冬支度

朝からどんよりした空。

とりあえず、田んぼに行ったものの、細かい雨が降り始めたので脱穀作業は中止。

そのまま帰るのももったいないので、畑の様子を見て回ることに。
(雨なので写真がありません..。)

相変わらず、キャベツ、ブロッコリーにアオムシがついているので、指でつまんで撤去しようとすると..

おや、やけに葉っぱにへばりついてるな。

よくみると、糸を吐き始めてました。サナギになる準備?

そうか、君たちも冬支度か。めっきり寒くなったもんな。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年11月21日

師走の稲刈り

ああ、今日は良い天気だったなあ。

前の日曜日がこんな天気だと良かったのだけど、雨。おかげで最後に残った稲の稲刈りができず。

さらに、今週末は「妙なる畑の会 全国実践者の集い in 福岡」に参加するため、稲刈りできず。

むむ、となると12月になってしまうなあ。脱穀は年末ギリギリか。

待てよ、「妙なる畑の会」は前泊を入れて24日からだから、23日の勤労感謝の日があるじゃないか!..と、思って天気予報を調べたら、「曇りのち雨 降水確率70%」

やっぱり師走の稲刈りか。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年11月25日

妙なる畑の会in福岡 第一日目

「妙なる畑の会 全国実践者の集い」は、川口さんの主催される見学会、合宿会、或いは赤目自然農塾で自然農を学んだ方々が、各自の実践を通して互いに学びあう場が必要だということになってスタートした会だそうです。

1年に1回、2泊3日程度のスケジュールで、昼は実践されている田畑を見学し、夜は勉強会という感じで行われます。私は1998年の徳島で行われた会から、毎回参加しています。その前年(97年)は福岡、と聞いていますので、今年までの開催地は以下の通りになりますね。

1997年 福岡(第6回)
1998年 徳島(第7回)
1999年 東北-福島/宮城/山形(第8回)
2000年 山梨(第9回)
2001年 愛媛(第10回)
2002年 福岡(第11回)
2003年 静岡(第12回)
2005年 徳島(第13回)、奈良/三重(第14回)
2006年 福岡(第15回)

毎年、100人以上の参加者がありますが、参加者は事前にA4 1枚ほどのレポートを出すのですが、開催のひと月ほど前には、そのレポートを綴った形の冊子が、会の案内とともに届けられます。

今年の参加者は150名近くでしょうか。
全国の、自然農を実践されている人たちの熱い思いが満載です。

それと同時に、この会などで知り合った友人同士、お互いの近況を知ることもできます。なにしろ、大勢集まりますので、言葉を交わす機会も短いですから。

それにしても、昔はレポートをコピーして、厚紙を表紙にして、ホッチキスでバツンバツンと止めただけの簡素な冊子でしたが、今回の冊子は、カラーの表紙で、しかもきれいに製本してあって、すごく立派な冊子でビックリです。



しかも、レポート集にプラス2冊の小冊子。

左の冊子は福岡自然農塾のスタッフ学びの集いでの川口さんの話をテープ起こししたものです。

自然農の方法、技術、というより、自然農の学びの場を営む上での心がけについて述べられたものです。私もささやかながら「さいたま丸ヶ崎自然農の会」という学びの場のお世話役をやってますので、とても深く受け止めることができました。

しかし、お世話役ではなく、学びの場に参加される方にも、読んで欲しい内容です。学びの場を営む、ということがどんなことなのかを知ると、新たな視点での学びも深まると思います。(丸ヶ崎の会のお世話役は、この冊子で示されたお世話役の在り方とぜんぜん違うじゃないか、とか言われるかも知れませんけど‥。)



そして、右の冊子は勉強会のための資料です。

「私を創る・暮らしを創る・未来を創る」
は、今回の勉強会のテーマです。

自然農で専業農家を営む松尾さん、農村部に移住し農的暮らしを営む鏡山夫妻、三舛さん、福岡自然農塾の運営にたずさわる木下さん、村山さん、といったパネラーの方々の発表資料をまとめたものです。

皆さんの農園の図解、栽培計画や、栽培の工夫、自給生活での一年の作業、農的暮らしを始めた経緯、学びの場における一年間の学びの記録と反省、などコンテンツぎっしり。


これだけの準備をした上に、さらに全国から150名、3日間の学びの会を運営していくなんて‥。考えただけでも気が遠くなります。

前置きが長くなりました。以下、当日の記録です。


会のスタートは松国の松尾さんの農園入り口です。

ここで受付を済ませます。

この日はやや曇り空ながら、初冬とは言えない暖かさ。


ここには松尾さんの田畑と、松国自然農塾の田畑があります。
正確には、松尾さんが学びの場の為に自分の農地を一部開放した、ということですが。

左から、松国自然農塾のスタッフの村山さん、自然農の師である川口さん、福岡の地で自然農で営農されている松尾さんです。

この福岡には平成4年から約15年の間、川口さんが定期的に通われて勉強会を続けられました。


開会の挨拶を聞く参加者の皆さん。田んぼを囲んでズラーリと。

とても肉声では声が届きません。マイクを使っての挨拶です。

でも、スピーカーはどこに?


なるほど、移動拡声器ですね。

背負子をおなか側にしょって、スピーカをセット。これでどこでもOK!

スタッフの皆さんのおもてなしに感謝です。


松尾さんの畑です。

不耕起10年目くらい?

松尾さんは、野菜が大き過ぎるとおっしゃってました。「皆さんに、物が小さく見えるメガネを掛けて欲しいな、と思ってる位です。」と。

そうなんですかー。

なかなか育たず苦労するのとは真逆の心配ですね。(さすが、プロの農家です。)それだけ土が、周囲の環境が豊かになってきているというですね。

米ヌカ、油カスが補いの主体だそうですが、葉物は油カスを主体にするなど工夫をされています。それでも、作物の育ち具合からすると、補いの量もかなり慎重にしないと過ぎてしまう(=病害虫の原因となる)状況の様です。


草との関係では、冬のこの時期であれば、雑草の伸びも無いのでこの程度でも大丈夫とのこと。

ただ、今年は暖冬気味なので、少し、雑草の伸びに対して注意が必要かも知れないということです。


野菜や草の中では、バッタがカマキリがクモがナメクジが、その他いろんな生き物がまだまだ活動中でした。

野菜の葉っぱの上にいたナメクジの大きいこと!

大人の親指より丸々と太っていて、指でつまみあげると、グニッ!グニッ!と力強く体を捩じって逃げようとします。動きが筋肉質。

筋肉質のナメクジ。


学びの場の休憩小屋(建設中)

まだ、屋根がないのでブルーシートで代用しています。木立のすぐ脇なので夏場は涼しそうですね。

目の前に水場があって、いいなあ。


ほぼ、予定時刻(午後4時半頃)に畑の見学が終わり、バスや車に分乗して今日の宿泊場所に向かいます。

見学場所から宿泊地まで、車で約1時間。夕食とお風呂の後、宿泊場所の研修室で夜の学びです。


勉強会準備中のスタッフの方々。

今回はパソコンの画面をプロジェクターで大スクリーンに投影するという、なかなか近代的な仕掛け(笑)の登場です。


1日目の夜は、自然農で営農されている松尾靖子さんのお話と、それに関する質疑応答でした。

1979年、結婚して就農され、有機農業を10年ほど取り組まれた後、1989年に自然農に出会い、1995年から自然農での野菜を出荷され始めて、今では45件ほどのお客さんに出荷されています。

最近は、大手百貨店も「自然農」の野菜に注目し始めており、松尾さんにぜひ出荷して欲しいとの依頼もあるなど、新しい風が吹き始めているとのこと。

また、松尾さんは研修生も受け入れており、現在、3名の方が研修に来ています。松尾さんのご主人も田畑に出ておられますが、町のお役目などの関係でなかなか作業が出来ないとのことで、農作業は靖子さんがメインとなってやられてます。靖子さんのご両親も、手伝いに来られますが、高齢のためそれほどたくさんの仕事はできないそうです。(といっても、畑の見学のとき、タマネギの定植をされてましたが。)


[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年11月26日

妙なる畑の会in福岡 第二日目

翌朝、朝食を済ませ、8時に宿を出発。再びバス、車に分乗し、一貴山の鏡山さんのお宅に向かいました。

出発する頃にはどんよりとした曇り空だったのですが、移動途中から雨が降り始め、着いた頃には、傘が必要な位に。

一貴山の鏡山さんのお宅と農園は、標高100mほどの山間地にあります。10年ほど前から田畑を借りて自然農に取り組まれていますが、8年前、田畑のすぐ近くに住まいを構え、より深い農的暮らしをスタートされました。

左の写真で挨拶されているのが、鏡山悦子さんです。

ご主人の英二さんは会社務めなので、奥さんの悦子さんが農業従事者となってそれまで借りられていた田畑を正式に取得されたそうです。農地の一部を宅地に転用し、住まいを建てられました。


田畑の見学の前に、鏡山英二さんが作成中の人力籾摺り機の公開運転(?)がありました。

籾摺りだけは動力を必要としますが、この人力籾摺り機があれば、籾摺りまで人力でこなせるわけですね!(あ、お米を炊いたり、田んぼに通ったりするのに動力を使わないの?という話は置いておいて下さい。(笑))

それに、少量でも籾摺りできるのも嬉しいですね。籾貯蔵で食べる直前に籾摺りしてフレッシュなお米を食べるという、贅沢が可能です。


2000年から開発に(といっても、本業は会社勤めなので、仕事と農作業の合間に)着手し、今、試作5号機だそうです。

毎年、ほぼ1台ずつ試作してるというペースですね。ロール式、遠心(衝撃)式と、いろいろなタイプの試作機があります。没になった試作機でいいから、欲しいなあ!

悦子さんの愛車だった自転車が駆動部分となってます。


雨の中、鏡山さんの田畑の見学です。

約2反5畝の広さです。もともと棚田だったところを、畑と水田、それと果樹園というふうに分けて使っています。

写真ではよく見えませんが、周囲にはイノシシ避けの柵がめぐらせてあります。


一番上の畑から下をみると、いい眺めです。

この眺めがとても好きで、生活の場所を定めたと言っておられました。


鏡山さんの田畑から少し下りた場所に、一貴山学びの場の畑があります。

9人で4反、学びながら自給もできる広さですね。左の写真は、学びの田畑の一部で、棚田を畑地にして使っている場所です。

畝を高めにしてあります。また、上の田から水が落ちて(漏れて)来るため、その対策として周囲に溝を掘って、落ちてきた水がその溝を伝って下に排水される様にしてありました。


道祖神さんの祠?

いやいや、農具置き場、兼、休憩場所ですね。

自然農の学びの場は遠くから来る人もいるので、こういった道具置き場や休憩場所は欲しいですよね。さいたま丸ヶ崎自然農の会でも休憩小屋を作っている最中なので、よその学びの場の休憩小屋にはついつい目が行ってしまいます。


田畑の見学を終え、再び鏡山邸の前に戻ってきました。

雨もすっかり止んでます。(ちょうど、田畑の見学の時間帯が一番、降っちゃいましたね。)

畑から戻ってきた人は、鏡山さんの家の見学(見物??)です。


ちょっとお部屋拝見。

ズカズカ、ガラリ(笑)

えーっと、実は私、個人的に2度ほどこのお宅に泊めさせていただいた事があります。6,7年ほど前の頃でしょうか。新築の時ですね。

すごく気持ちの良い住まいで、ついつい寝過ごしてしまった様な(笑)
今でも、その当時と全然変わっていないように見えます。


軒下にはタマネギが保存してあります。

鏡山さんは年間を通してのタマネギの自給を大切にしているそうで、なるほど見事にズラリと並んでますね。


鏡山さんの田畑の見学を終え、また宿泊場所に戻ります。これから閉会までの1日はずうっと、言葉を通しての学びとなります。


宿に戻って、昼食を頂いた後は、「農的暮らしを営む」というテーマで、三舛さん、鏡山夫妻の発表と質疑応答でした。

三舛さんは10年近くのサラリーマン生活の後、10年ほど前に自然農に出会われ、松尾さんの農園での研修を経て「みみず屋」さんとして、農的暮らしを営む道具の紹介と販売のお店を経営されていると同時に、竹細工を学び始め竹細工職人としても活動されています。丸ヶ崎自然農の会では、新しく自然農を学びに参加される方に「みみず屋」さんの鎌や鍬などを紹介しています。せっかくならいい道具で作業したいものですよね。

休憩をはさんで、「学びの場を営む」というテーマで福岡自然農塾のスタッフである村山さん、木下さんの発表でした。

実は福岡自然農塾とは福岡県各地の学びの場の総称で、5箇所の学びの場があります。こうした自然農学びの場の中心のスタッフが集まって、2ヶ月に一度の見学会が行われています。この見学会の実習責任者をスタッフの皆さんで回り持ちで行うという試みをされています。

うーん、さすが層の厚い福岡ならではですね。


[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年11月27日

妙なる畑の会in福岡 第三日目

最終日、朝に種子交換会が開かれます。

参加者が自家採取した野菜やお米の種を持ち寄り、無償で交換あるいは提供します。かなり人気のコーナーで、うっかり出遅れると人気の種子はあっという間に無くなってしまいます。


三日間の学びの締めくくりは川口さんの講演で。

いつものことですが、お話を聞くと、自然農のこと、さらには生き方について、道を外していないか、深く考えさせられます。


川口さんの講演が終わると、いよいよ閉会です。

福岡自然農塾のスタッフの皆さん、学びの場の準備、運営、ご苦労様でした。

参加者の皆さん、拍手で感謝です。


スタッフ挨拶来年は東北でお会いしましょう!


この後、全国の自然農学びの場でスタッフをされている方々が、さらに学びを深めるための勉強会がありました。私達も参加しました。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]