2006年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2006年10月の主なできごと
日付 できごと
10月8日
集合日
稲刈りとザリガニ狩り。

2006年10月の気象

10月6日から7日にかけて、北海道、東北地方に豪雨が発生し、大きな被害をもたらしました。さいたま市ではそれ程の被害は出ませんでしたが、それでもかなりの雨が降りました。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[トップへ]

2006年10月4日

そんなに?

昨日、今日と、田んぼに行った仲間たちから、それぞれメールで連絡がありました。

きのう:

通りかかった人から「網掛かって無いとこの田んぼのスズメ、すごいね〜」と言われました。

きょう:

ネットを張ってない所から無数のすずめが飛び立っていきました...稲が倒れているのも雀の重さでは?? などと思ってしまいました。


そんなに凄いスズメが!?

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年10月5日

かくれんぼ

ベランダで白菜の苗を育苗中です。

9月の中頃に播き、毎朝欠かさず水やりをして、本葉を大きくし始める位まで育ちました。
今朝も、あとちょっとで畑に植えられるかな、と思いつつ水をあげていたのですが..

「あれ?葉っぱが無い」

いくつかある鉢の中の一つが、葉っぱの芯だけ残した無残な姿に。昨日までなんともなかったのに..。一体、何が?と、鉢を手にとって、間近でよく見てみたんですが、苗にアオムシらしき姿は無し。

ヨトウムシかなあ..でも、奴らは地中に潜む筈だし、こんな小さな鉢の土じゃあ、逃げ場所なんかないよな..などと思案しながら、眺めていた鉢を育苗箱にもどそうとして、箱の中に動物のフンの様なものが落ちているのに気がつきました。

子どもの小指くらいの大きさでしょうか。鳥のフンにしてはでかいな、と思いつつよくみると、おお、これぞヨトウムシ!土の中じゃなくて、植木鉢の陰に隠れているとは!

こんなコンクリだらけのマンションのベランダでも、一生懸命、苗を齧ってかくれんぼしてるんだね!と一瞬だけ誉めた後、ポイと階下の藪へ(笑)

*この間、冷静に行動していたつもりだったんですが、やはり動顛してたのかヨトウムシ君の写真を撮り忘れてしまいました。せっかくなので、いい情報のあるページをリンクしておきますね。(特に最後の方に注目です。面白い捕まえ方が書いてありますよ。)

..しかし、今考えると、あのヨトウムシ君、結構大きい体つきだったんですが、今まで一体何を食べていたのだろう??

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年10月8日

大漁

10月の集合日のメインは稲刈り。半年の苦労の成果の刈り取りです。といっても、早生、晩生いろいろな品種を植えているので、一気に田んぼ全部を刈り払うのではなく、熟し具合を見つつ品種ごとに時期をずらして稲刈りをします。

8日の集合日には実習田の黒米が適期となりましたので、刈り取りを行いました。

しかし、2,3日前に関東〜東海を襲った豪雨のお陰で、田んぼは、落水後にもかかわらずかなりぬかるんでいて、刈った稲束を地面に置くことができない位。

仕方ないので、刈り取る傍から、田んぼの外に出して並べていきました。

ん?まてよ。同じような状況が以前にもあった様な..。

まあ、とにかく、田んぼのすぐそばに作業しやすい場所があって助かりました。


稲架掛け1稲刈り後の空いたスペースには、稲を乾燥させる、稲架(はさ)と呼ばれる物干し台?みたいなものを組みます。

お米を天日干しする場合、稲架をどうするのかが悩みの種になります。一般に、竹やハンノキ、或いは杉などの間伐材を使う様ですが、学びの会を始める前に個人的に田んぼをやっていた時は、これらの材料を揃えるのが大変だったので、「ほすべー」という金属製の稲架を購入しました。今でも、自分のぶんの稲架掛けはこれを使っています。

しかし、全員ぶんの「ほすべー」を用意するのは高くつくし、金属パイプはイヤ、という人も中にはいるかも知れないので、今年は近くのお寺の竹林から竹を取らせてもらいました。

竹はツテがあれば入手できますが、杉やハンノキの稲木を揃えるにはどうしたもんでしょうか。調べた限りでは、足場丸太と呼ばれる、建築現場の足場に使われるスギやヒノキの間伐材を利用した細い丸太が、使えるかも知れません。材木屋さんで購入できるようなので、いつか試してみたいと思ってます。



ところで、田んぼに張った防鳥網は稲刈り&稲架掛けの時だけ、まくしあげます。そうしないと、網が邪魔で作業になりませんので。 集合日にも実習田の防鳥網を上げたのですが、田んぼの泥に没した、網のスソのところを引き上げてみると...


ぐああ〜!大漁だー

網のあちこちでザリガニがからまってました。しかも、どういうわけかグルグルと何重にもからまって玉みたいになってる奴も...。

足やハサミに絡まった網を慎重に外し、1匹あたり5分以上かけての救出作業。稲刈りするんだが、ザリガニ漁してんだか..。 外したザリガニは田んぼに戻してあげました。

 ..が

別の人がリリースした場所の上を歩いてしまい、足元で「パキパキパキ」という音が..


あー

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年10月9日

生き残る

ブロッコリーとハクサイの苗を定植して約3週間。コオロギとかオンブバッタとかアオムシとか..いろんな虫達にワシワシと葉っぱを食べられ続け、穴だらけになりつつもなんとか生き残り、大きくなってくれました。

苗が消えてなくなる心配が少なくなり、一安心。

でも、相変わらずバッタ達は食事に来ていて、こちらが畑の様子を見に行くと、いっせいにピチペチパチと飛び跳ねて逃げていきます。

むむむ...。まあ、仕方ないか。要するに、作物の生長が奴らの食欲を上回ってくれれば、何とか苗は生き延びてくれるよね。たぶん。

ここのところ朝晩が寒い位になってきて、虫たちの勢いが衰えて食欲も少なくなってきた様だし。

ところで、足音を聞いて逃げ出したバッタたち。どれくらい経てば作物に戻ってくるのでしょうか。朝、畑に行って奴らを追い散らし、その後別の場所で作業して2,3時間してから様子を見に行っても、ほとんどいません。夕方、帰る前に見に行っても、朝に逃げていった数よりは全然少ない。

んー、ということは、毎朝、バッタを追い散らせば、彼らの食事をかなり邪魔できるってことかな。いや、それ以前に奴らのほうがニンゲンに慣れてしまって、脅しが効かなくなるか。ニンゲンはバッタを捕って喰うわけじゃないから...

やはり、天敵にもうちょっと活躍いただきたいなあと思うわけですが、今年は畑の中のカマキリが少ない。

そういえば、カマキリって、もう少し草の丈の高い草むらの方がよく見かける様に思います。苗の定植前に雑草を刈り払ったので、カマキリには住みにくくなってしまったのか。カマキリ様のために、少し背丈のある雑草を残すべきだったかなあ。

ちょっと離れた、背の低い草むらの中にはトカゲ(カナヘビ?)が日向ぼっこしてました。

ハクサイ達の場所から離れていたのが残念。あと、5mほど遠征しませんかね?


[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年10月14日

まるぼうず

先週から稲刈りを始めていますが、いろんな品種を育てているので刈り取ったのは早稲の黒米だけ。ほかの品種の稲刈りはまだ、これから。

お米たちは鳥たちに喰われぬ様に張った鳥よけ網の中、最後の成熟期間を過ごしています。

ところで、やっぱり網をはるのは嫌だということで、網を張らずそのままにしておられる会員さんの田んぼがいくつかあります。先週くらいから、その田んぼへのスズメの襲来が物凄い、と田んぼの仲間から連絡がありましたので、気になって見に行きました。


稲穂がない??

そこに稲がいたはずなのに、明らかに周囲の田んぼとは違った雰囲気。
別の草、と見間違うばかりに変わり果てた姿の稲たち...


近くに寄ってよく見てみました。
穂軸だけが残され、実がついてません。
まるで箒みたいです。


この田んぼは、早稲の黒米が9割、中生のイセヒカリが5割の損害。イセの作付けの方が多かったのが救いですが、全部の6割くらいが鳥たちのお腹に入ってしまいました。

このままだと、おそらく今月末までには全滅でしょう..。

この田んぼの方には気の毒ですが、丸ヶ崎の会の田んぼで、網を張らずに無防備のままだとどうなるのかを示す貴重な実例となりました。(お世話役としては複雑な心境ですが..。)

ところで、憎らしい事にというか、面白い事にというか、スズメさんたちもお米の登塾時期をしっかり見ていて、食害は、黒米(早生)→イセヒカリ(中生)→緑米(晩生)というふうにひどくなっていきます。

黒米は今が刈り時ですが、スズメは網のかかってない黒米をほぼ平らげてしまいました。スズメが食い尽くす頃が、登塾完了って感じですかね。ニンゲンより判断は的確ですね。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年10月15日

じっくり稲刈り

この週末から各自の田んぼの稲刈りが始まりました。
登熟具合としては黒米が適期、赤米(紅の都)がそろそろかな、という感じです。あとの品種はまだ。

稲の手刈り、稲束の結束、稲架組み、稲架掛けと、初めてお米作りをされた方には慣れない作業がいっぱいなので、案外時間がかかります。

1畝(1反の1/10)で丸1日、なんてのはザラです。

機械ならあっという間なのでしょうが。

でも、苗床、田植え、草取りと、全て手作業でやってきての稲刈りですから、じっくりと楽しみたいですよね。

一番おいしいところを機械にやらせるなんて、
モッタイナイ!


勉強のため、稲架は各自で立てる様にしたいのですが、全員ぶんの稲木(稲架用の木材)がないのと、女性の場合は一人で作るのは大変なこともあるので、皆さんお互いに相談しながら、いくつかの区画共有の稲架を一つ作るとか、工夫されています。

と、いうことは、うまく相乗りすれば稲架を作らなくてもいいのでラッキィ?

いやいや、稲架組みは年に1回しかない作業。ということは、一生のうち、あと何回、稲架を組めるか判らないってことですよね(大袈裟か)

なので、お世話役の私は田んぼの皆さんの稲架組みの時はなるべく顔を出し、何気に手伝って、経験値を稼ぐようにしてます。

でも、今年は皆さん自分でサクサク作ってしまって、あまりお世話役の出る幕がありませんでした。ちょっと残念。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年10月21日

脱穀済み!?

先週、スズメ警報を会の皆さんに発令。

「網を掛けないと、今月末には収穫ゼロですよ!」

それから1週間。網を張り遅れた人の田んぼは月末を待たずにほとんど収穫ゼロに..。

地面に落ちているのは、籾殻ですね。

スズメさん達がせっせと脱穀、籾摺りをしてくれました。

出来たお米は、ぜーんぶ、スズメのお腹の中へ。

げふー

*念のためですが、鳥よけ網を掛けたところはちゃんとお米が実ってますよ!


今週はお世話役も稲架組みに参加できました。

経験値アップ!


[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年10月22日

強制撤去

この2週間で冬野菜がグッと生長

相変わらず、畑に足を踏み入れるとバッタどもは飛び散って逃げていきますが、逃げ出さない奴も。

ハクサイの葉脈に沿って、じっとしているアオムシたち。

鳥たちが気づいてアオムシを食べてくれれば有難いのですが、隣の田んぼのお米に夢中なのか、虫たちが減っている様子は無し。

おかげで、アオムシたちはぐんぐん成長中。

仕方ないので、指でつまんで強制撤去

うりゃうりゃ。

しかし、小さい奴が指の間で...   プチュ

...不器用で申し訳ない。


畑の隅に咲いた、ニラに良く似た花。

ピンクの花のニラ?

..ではなくてエシャロットでした。


ツルムラサキに花がつきました。

うまく種が採れるといいなあ。


[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年10月24日

気弱

ひさしぶりの雨、と思ったら結構、降り続きますね。

強めの風も吹きましたし、立てた稲架が倒れてないか心配になったり...
経験値を上げた割には、気弱だなあ。

でも、私たちの田んぼは今の時期でも雨が降るとすぐに水が溜まってしまうので、雨が降っているときに稲架が倒れると、最悪。

全部、水びたしになってしまいます。乾燥が十分でないと保存にも悪いし、水につかったまま放置しておけば穂発芽して食べれなくなってしまいますし。

←これは2年前、あるメンバーが作った稲架が倒壊した様子

(田んぼの地面は水びたし)


いや、まさか、こんなことにはなってないと思うけど..

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年10月28日

間引く

先々週に播いたタアサイ、コウサイタイの芽がだいぶ混んできたので間引き。

この、「間引き」というのがどうにも苦手で、どの芽を残すか逡巡してしまうんですね。

さらに、不器用な指先は狙った芽とは違う芽を引き抜いてしまうし(笑)
それに、全体に均等に間引いたつもりでも、均等じゃなかったり...
しかも、少し多めに種を播く癖があるので、余計、間引きが面倒。

タネを播くより間引きに時間がかかってます。

いっそのこと、虫たちに間引きを任せた方が楽なんじゃないかと思ったりもしますが、虫どもはニンゲンの都合の通りには働いてくれません。彼らに任せると、ひどいときは全部間引いちゃうしね。

しかたなく、手でちまちま。


[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年10月29日

足元に

夏野菜のオクラですが、もうすぐ11月なのにせっせと花を咲かせて実をつけてます。

今年は畑に行くたびに採れたので、オクラに関しては自給率100%達成(笑)

そういうオクラ君ですが、冬には枯れてしまうので、冬野菜を作付けしておきたいのですが...ガンガンと成り続ける彼らを刈ってしまうのは忍びないですよね。

そこで、不耕起栽培ならではの方法。

夏野菜の株元に、そのまま冬野菜の種を播いていきます。

左はオクラの株元にカブの種を条播きし、2週間ほど経った様子です。

これなら、夏野菜と冬野菜が同時並行で畑に居てくれますので有難い。

ソラマメやエンドウマメを播いた場合、枯れたオクラは刈らずにそのままにしておけば、冬場の寒風避けになるし、春先にはエンドウの支柱代わりになりますね。


同じ調子で、ツルムラサキの足元にエンドウを播いてみました。

ツルムラサキ用に立てた支柱をそのままエンドウ用の支柱に転用しようという魂胆です。

が、ちょっと土を小突くと丈夫な根っ子がビッチリ。シャベルで小突いた位ではビクともしません。

果たして、こんな中に種を播いて芽が出るか不安になってきましたが...まあ、やってみました。

2週間後、果たしてどうなっているか..。


[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]