2006年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2006年9月の主なできごと
日付 できごと
9月10日
集合日
秋播きのスタート。防鳥網の展開もしようと思ったのですが暑さで見送り。
9月24日
防鳥網張り
溝にハマリながら実習田で防鳥網を展開。

2006年9月の気象

上旬はまだまだ真夏並みの暑い日々。下旬になってようやくひと段落です。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[トップへ]

2006年9月3日

ハラハラ

猛烈な勢力の台風12号が日本に接近中。

農作業小屋にはまだ刈りとった麦が干したままだし、農具を固定していないので、強風が心配。

そこで、この土日は麦の脱穀やら作業小屋の片付け。念には念を、で小屋のガラス窓にダンボールを貼り付けたり..。

これで台風が来なければ作業は無駄になるけど、平日はなかなか畑に来れないので、仕方ないですねえ。

週単位でしか行動できないと、はるか南の海にいる頃から台風の動きにはハラハラです。ハラハラの期間が長いぶん、何か損してる気もしますが(笑)
もっとも、台風だからといって田んぼや畑で何かできることなんてあまりないのでハラハラするのも無駄といえば無駄ですね。

ところで、土曜日に小屋の片付けをしてたカミサンが毛虫かなにかに刺されたらしく、左腕の内側一面に点々と腫れが出来てしまいました。その日のうちはプツプツと何箇所か赤くなってるだけだったんですが、翌朝には腕全体が貼れ、痛痒くて寝れないとか。おかげで大変に不機嫌です..。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年9月6日

毒毛

今朝届いた宅配の野菜。
いつも農家さんからの通信が同封されています。

その通信に、庭のツバキ、サザンカにチャドクガが異常繁殖して悲鳴をあげています、とありました。徹底的に幼虫を見つけては焼いたそうですが、返り討ちにあって体中が痒くなってしまったとか。

直接、虫に接触していなくても、風に乗った毒毛に触れるだけで症状が出るそうです。

そういえば、農作業小屋の傍にはサザンカの木もあったなあ。


後日、例のサザンカをチェックしたところ..いるわいるわ(汗)

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年9月10日

逃げ惑う

今日は丸ヶ崎自然農の会の9月の集合日。
秋播き野菜の種降ろしやら田んぼの鳥避けやらと、いろいろ予定してたんですが...。

暑い!暑すぎる!

午前中の畑の種まき実習までは何とか出来たんですが、昼過ぎにはグングン気温が上がり、午後の田んぼの実習の時間には危険な雰囲気に。


左の写真は畑の実習の風景です。
種降ろしとしてコマツナ(バラ播き)、カブ(スジ播き)、苗の定植としてブロッコリーなどを行いました。
時間があればダイコン(点播)、タマネギ(苗床)などもやりたかったんですが..。

昼食後、真夏の様な日差しの中、渋々田んぼに出て、長竿(茎の長い)の黒米の倒伏対策に稲を結束していると、汗が止めども無く出てきてあえなく作業中止。皆で休憩小屋に逃げ込みました。


屋根があってよかったねえ。


小屋の脇の丸太置き場も休憩場所に

午後2時を過ぎれば少しは気温が下がるかと思って、皆で休憩してたんですが、むしろどんどん暑くなり、日差しもギラギラ感が増すばかり。やむなく、この日に予定していた鳥避け網張りは延期。家に帰ってから知ったのですが、この日の気温は午後3時頃がピーク、最高気温 33.6℃、だったそうです。

ところで、今月は畑の会員の皆さん以外に、5名ほど見学の方がいらっしゃいました。既に自分で何年か畑を経験されている方、全く栽培経験の無い方と、いろいろおられましたが、不耕起草生の自然農の面白さが少しでも伝えることができたら嬉しいなあと思います。(暑さに逃げまどってる私たちを見て呆れてなければいいんですが..)



田んぼの穂はだいぶ出揃ってきました。
でも、お隣の慣行田はもう稲刈りです。
33度の猛暑の中、稲刈りかあ..

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年9月13日

弱点

集合日の暑さが嘘の様に、急に涼しくなりました。寒いくらいです。

ここのところお天気の悪い日が続いてますが、ここ数年、春や秋のさわやかな季節が短くなってしまった様な気がします。

今年は、厳寒、長雨、猛暑、長雨..といった季節の巡りですね。

茶毒蛾の件で、知り合いの農家さんから注意点、対処方法などの通信を貰いました。

それによると、茶毒蛾たちは水に弱いらしく、とりついた枝をそおっと切り、切った枝をカラのバケツに入れ、ザアッと水を注ぐとたちまち溺れて死んでしまうそうです。雨の日を選んでアマ合羽、手袋などで完全防備し、作業するといいとのこと。

ナルホド。水が弱点か。猛烈な毒を持っていて、いったん増え始めると手が付けられないイメージがあるのですが、彼らを見ていると、集団で移動したり、枝葉の影の目立たないところにいたりと、身を寄せ合う弱い生き物の様な行動なので、本当はいろんな弱点があるのでは、と思わされます。

とはいうものの、枝を切る振動でワサワサと毒針を飛ばされそうで怖いなあ。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年9月16日

時間差

先日、台風12号が行ったと思ったら、もう次の台風か..。

今の時期、私たちの田んぼは、お米を鳥から守るため鳥避け網を張ります。ところが、お米を守るはずの網が台風で飛ばされたり破れたりすると、返って被害を拡大させてしまいます。絡まって稲を倒したり、開花中の晩生の稲穂にからんだり...。

集合日に延期したネット張りを、17日に予定してたんですが、どうも延期した方が良さそうだなあ。嵐が迫ってるってのに、ワザワザ帆を張るこたあ、無いよね。

鳥避け網を張らずに済めばそれに越したことはないのですが、周辺の慣行田とは収穫の時期がひと月以上違うので、張らざるを得ないのです。周囲と同じ時期に稲刈りできれば、鳥たちの食害は分散しますけど、一箇所だけポツンと残されると被害が集中。丸ヶ崎周辺の雀たちの食料を一手に引き受けることになります..。

現代の稲作との、ひと月以上の時間差。水管理にせよ、鳥避け対策にせよ、なかなか難しい課題です。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年9月19日

開花

幸い、台風13号は関東をそれてくれましたが、気温がグッと上がって夏が戻ってきた感じですね。

この週末はベランダで育てたブロッコリー、白菜の苗の定植、タマネギ、ニンニクの植え付け、タマネギの苗床作りと、せっせと畑作業でした。来週はカブ、サンチュ、ホウレンソウ、タアサイ...おっと、播きすぎるとエンドウ豆、ソラ豆(播種期10月末)の場所が無くなっちゃうな...。

一方で、夏野菜はそろそろ終わりのものも出てきました。

トマトは先日のカメムシ騒動いらいすっかり衰え、三尺ササゲも実のつき方がにぶって来ました。夏野菜が完全に枯れるのを待ってから、秋冬の作物をスタートすると遅れてしまうので、思い切って刈り払うことにしましたが、なんとなく後ろめたいので、種を採取できるものは採種して、勘弁してもらいましょう。

ブロッコリーの苗を植えていて、ふと、先ほど植えたばかりの苗を見ると、近くの草むらからバッタがビヨーンと飛んできて、苗の葉っぱに着地。そのまま苗にガシッとしがみつき食事の態勢。

おいおい、人が見てる前でそれはないだろうと、鎌をバッタの近くで振って脅しても逃げる気無し(苦笑)。

果たして来週までに苗の葉っぱが残っているか心配です。

田んぼの方では、一番晩生の緑米の出穂が始まりました。それと、赤米の神丹穂が花盛り。赤米は稲穂が美しいので、収量が少なくてもやめられません。


白く見えるのはホコリじゃなくてオシベですよ!

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年9月20日

翻弄される

今日はさわやかな、いい天気でしたね。でも、平日なので会社で仕事。こんなにいい天気なのに田畑へ行けないなんて、ああもったいない!

週末までこの天気が続いてくれると嬉しいのですが、むむ..、台風14号がジワリと接近中。週末に東海〜関東を伺う様子。

先週、台風13号のために田んぼの網張りを延期したのに、また延期しなきゃならんのかな。そうでなくとも、畑の種まきもまだいっぱい残ってるのに..。まったく、天候に翻弄される農民の気分です。

鳥避け網を張るタイミングは、周囲の田んぼの稲刈りが終わってから2週間、というのを目安にしてます。それまでは、鳥たちは稲刈り後の田んぼの落穂の方を食べているからです。たぶん、地面に落ちているお米の方が食べやすいのでしょうね。そして、それが食べ尽くされると、いよいよ標的はこちらの田んぼに!

落穂の食い尽くしにだいたい2週間と、読んでるんです。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年9月23日

どんじり

手持ちの水稲品種の最晩生、緑糯(みどりもち)が花盛り。
この花がピークを過ぎる来週末頃、いよいよ我らが水田も水を落とします。

周りの田んぼはすっかり稲刈り終了。モミガラの山を焼く煙とにおいがあちこちから漂ってきます。

この緑糯の稲刈りは11月末。まだ先は長いな。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年9月24日

てっぺん

ひと月遅れの稲作をしていると、今の時期に水が入っている田んぼは私たちの田んぼだけ..。

その水を目当てに飛んでくるトンボたち。お彼岸の少し前くらいから、頭上はトンボでにぎわってます。


てっぺんが大好き!


枯れた花菖蒲のてっぺんにも


野菜の支柱のてっぺんにも

棒のてっぺん以外にはニンゲンがお好きなようで、田んぼや畑で作業してると麦わら帽やら腕やらにとまってきます。ニンゲンも棒みたいに見えてるのですかね。気がつかないうちに頭のてっぺんにとまられてるのかな。

たくさんトンボが飛んでくるのは嬉しい気もしますが、こっちの田んぼもあと1週間もすれば落水して水が無くなっちゃうんだけど..。ここで卵を産んで大丈夫なんだろうか。

そういえば、隣りの農家さんが言うには、畑のマルチシートの上にも飛んできて、お尻をテンテン、卵を産みつけようとするそうです。シートの反射が水面みたいに見えるんですね。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年9月24日

網を張る

猛暑と台風で延び延びになっていた鳥避け網張り。台風14号の影響がなさそうなので、やっと実施することにしました。

田んぼの水位が今の時期にしては高かったのが不思議です。例年ですと、落水前とは言え、用水が止まっているので蒸発したり、地下に漏れ出て行ったりで、徐々に減って、この時期には溝に水が残っている程度なのですが..。変ですねえ。


おかげで皆さん、ズブ濡れになりながらの作業。あちこちで、ザブッ!とかバシャーン!とか、いい音してましたもんね(笑)。長靴の中に浸水する人も続出。私も、ゴム足袋の中が歩くたびにガボガボ言ってましたよ、トホホ..。

まず、網を広げる準備として、網を支える支柱を立て、紐を巡らしていきます。


家庭菜園用とは違って、水田用の防鳥網の大きさはハンパではありません。田んぼ3区画をまとめて張るのに150坪用の網(18m x 27m)を使いました。
これだけ大きいと、うかつに広げてねじれてると修正が大変なので、いきなり田んぼの上で広げず、道端など広いところでねじれてないかを確認。


張り巡らした紐の上に網をかけていきます。
田んぼの中に立てた支柱などに引っかかったりして、うまく均等に広がらないため、田んぼの中に入って、網を少しずつ引っ張るなどして修正していきます。


均等に張れたら、周囲の裾(すそ)のところを枯れ枝などを使って地面にとめておきます。
そうしないと、脇から鳥が入ってきてしまうので、今までの苦労が水の泡!!

以上、サラッと書くとそうでもないのですが、実際に作業した時間は午前11時からお昼をはさんで午後5時くらいまで。

3箇所ほど網を張ったので、そのぶん時間がかかったこともありますが、疲れたー!

網張り作業で、田んぼの中を歩き回って稲を倒したり、ひどい時は稲穂を踏みつけたりと、なんだか鳥に喰われる以上のダメージをニンゲンが与えた様にも思えます(笑)。

が、しかし、12月初旬(脱穀時期)まで無防備ですと、ほとんど鳥に喰われてしまうので、網を張らざるを得ないなあと思ってます..。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]

2006年9月30日

待ち切れない

黒米が熟してきました。早ければ10月初旬には刈れそうです。

が、それを待ち切れない奴が!

田んぼに見回りに行くと、人の気配を感じてパパパパパパパパパッと一斉に飛び立つ雀たち。
まだ網を張ってない人の区画だなと、飛び立った後の稲の穂を見ると...

うーん、やられた..

穂軸だけになってる穂がチラホラ。もう、この区画は網を張らないと厳しいですね。

一方で、先週張った鳥避け網は今のところスズメの侵入を完全に防いでいる様です。

26,27日とやや強い雨と風があったので少し心配でしたが、網はちゃんとかかってました。

ところで、網の中にチラホラとトンボがいたのは何でかな?

網張りの最中に捕りこまれてしまったのか、あるいは網を張った後から田んぼで羽化したのか..?

どっちにせよ、30mm目だと羽がつっかえて外に出られない。必死に網から出ようと羽ばたく羽がボロボロになっているのが可哀そうなんだけど..。


緑米の開花期も終わったので、田んぼの水は今日、落としました。

自分のところの網張りも、ようやく実施。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]