2007年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 aturday">10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
2007年2月の主なできごと
日付 できごと
2月11日
集合日
冬の開墾作業。
2月25日
共同作業
稲架用の竹取り。

2007年2月の気象

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[トップへ]

2007年2月11日
冬の開墾

1月の集合日が終わったと思ったら、あっという間に2月の集合日。

1月が変則で、いつもの月より遅めに設定したせいもあるのですが‥。なんだか休む間がない様な感じです。

さて、今年、新しく田畑に取り組む人、昨年でやめる人、いろいろですが、今年からスタートする人の田畑をどこにするか、お世話役の思案のしどころです。1月の集合日に顔合わせをして、ひとことふたことお話して、で、その次にお会いするまでに場所決め、ということですので、それなりに気を使ってるんですよ(笑)
発表! と、いうわけで、2月の集合日の初っ端は、田畑の区画割りの発表!

小屋の柱に張り出された区画図から、皆さん、自分の名前を探してます。

ひと足早い、合格発表、ていう感じですね。

さて、田んぼの方は、現状の面積でなんとか収まったのですが、畑の方は、現状では面積が不足。
幸いなことに、今では放置されている植木の畑を、地主さんから使っても良いと言われていて、数年前から少しずつ開墾を進めています。

しかし、ここに生えているのはユキヤナギというやつで、地上部を刈っただけだと、すぐに復活してくる強靭な生命力。あと2,3年、枝が出てきたら刈る、を繰り返せば根も朽ちるかも知れませんが、今年、すぐに畑にするのはちょっと‥。

バッコン1 なので‥‥やっちゃいますか!

植木畑に残された大量の切り株を全員の共同作業で抜根です。

確か、1月の勉強会では、根っ子は抜かないのが鉄則、と話した様な気もしますが‥、ま、いいか

バッコン2 実は、昨年から一人の方(男性)が、この畑の開墾を少しずつ進めておられまして、一日に2,3個くらいのペースで抜根作業をされてました。

半年で、0.2畝ぶん位の開墾をされて(モチロン、暇をみての開墾なので)たのですが、今日の共同作業では、倍くらいの面積が見る見るうちに抜根されていきます。さすが、大勢のニンゲンのパワーです。

リレー 抜いた根っ子の塊や刈った枝の量がすごいので、集積場所までリレー渡し(笑)

抜根作業に向かない人はこちらで活躍。

一輪車1 一輪車も投入。

地主さんが焚き火をする場所まで運びます。

できれば、この枝から草木灰とか、とれるといいなと思ってるんですが、どうでしょうね。

* お母さん、そっぴーもちゃんと働いてますよ!

一輪車2 それにしても、やっぱりやっちまった丸ヶ崎自然農の会名物、冬の集団労働‥。思えば、2004年は2トンの土運び、2005年はユキヤナギ林の伐採と遊歩道作り、2006年は凍てついた田んぼの溝堀と、竹垣作り‥。農閑期に余った労働力を、公共工事へ投入とゆー、どこかの国でおなじみの、実にわかりやすいパターンですが(笑)

それにしても集団のパワーには、毎年びっくりです。でも、大勢でやってると、ツライ肉体労働も、案外、楽しくなってきますよね。ね、そうですよね?(汗)

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年2月25日
竹取り翁(おきな)&媼(おうな)&童(わらべ)

稲架(お米を天日干しするときにつかう即席のやぐらみたいなもの)に使う竹を切りに行きました。お隣の蓮田市にあるお寺の境内の中の竹林です。
共同作業に集まって下さった皆さん、どうもありがとうございます。

ダイコン掘り さて、いったん畑に集まってから皆でお寺にむかおうとした所、お隣の農家さんから、「ダイコン、好きなだけ持ってきな!」と声が掛かりました。

次の作付けの準備で畑を耕したいので、畑に残ったダイコンをあげるよ、とのこと。早速、みんなで竹取りの前にダイコン掘り。

丸々と太ったダイコンを一人あたり5,6本ゲット!んー、何かもうひと仕事、終えた気分ですな。

竹取り開始 ダイコン掘りについ夢中になって、お寺についたのは、予定より1時間遅れ。

ちょっと作業時間が厳しいな、と思ってたら、既に切り出して、枝もはらっておいて下さった竹がたくさんありました。おかげで助かりました!

竹ヤブの中で竹を切って運び出すのって、大変なんですよね。枝がついてるのであちこち引っかかるし、枝をはらうのも手間なんですよ。(ナタで枝をスパッとはらうほどのワザは持ってませんし。)この手間が省けたので、ずいぶん作業がはかどりました。

たけやぶ 畑の柵用に、はらった枝も貰うことにしました。

背の低い柵なら、竹の枝でも使えるのではないかと思います。枝だって、捨てちゃうのは勿体無いですし。

童(わらべ)たちも軽い枝なら扱えますので、お手伝い。

たけはこび 脚になる竹は2.3m、竿になる竹は5mの長さで揃えて切って、トラックに積んで運びました。

昨年は、トラックの手配が出来なかったのと、時間が無かったのとで、切り出した日とは別の日に田んぼに運んだんですが、今年は1日で終えることができました。

ぜんざい屋さん 竹を運んで畑に戻ると、休憩小屋ではお汁粉の差し入れが待ってました!

いやあ、暖まりますね。

Wさん、どうもありがとうございます。

15人ぶんのお汁粉は重たく無かったですか?もしかして、お汁粉運びが今日の一番の力仕事だったかも知れませんよ(笑)

ぜんざい小屋おかげさまで、今年は最初の共同作業は無事終了。
4時には終えることが出来ました。

畑や田んぼの作業がある人はお汁粉で一息入れたあと、思い思いに作業されてました。

4時過ぎに農作業が出来るってことは、ずいぶんと日が長くなったんですね。春が近づいてることを実感です。

と、思いきや、日が暮れたらグングン気温が下がり、寒くて寒くてたまらなくなって来たので、逃げるように退散。まだまだ冬でした。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]