2007年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2007年7月の主なできごと
日付 できごと
4月8日
集合日
苗代作り。
2月25日
共同作業
稲架用の竹取り。

2007年7月の気象

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[トップへ]

2007年7月1日
見切られる

天気予報では晴れ、最高気温30℃以上、ということで覚悟して田んぼに来たのですが‥。

一日どんより、気温も上がらず、まあまあの作業日和。なあんだ。

この週末でほとんどの人が田植えを終えました。去年までは7月に入ってから田植えを始める人もいたのですが、今年は早いぞ。

そういえば、昨日、蝉の声が近くの林から聞こえてきました。え?もう、セミ!? 今年は季節の巡りが早いのかな、なんて思ったんですが、ニンゲンも無意識に反応して田植えが早まったのか‥(笑)




「大丈夫かな?」

「大丈夫だよ、これ位離れてれば。」



「この草の根っ子んとこにいい餌があるんだよね。」

「その草、ニンゲンが一生懸命に植えてるヤツだね。」


おい、そりゃ、イネの苗だよ‥



「ブクブクブクブク‥」

「きょうもニンゲンが来てるなー。」



その距離、約2メートル(笑)



2007年7月1日
なんとか埋もれずに

最近、水田とカモのことしか書いていないことに気づきました。
畑の様子も書いておかねば。


野菜たちも雑草に埋もれず、育ってくれてます。(まあ、それなりに除草してますから‥)

家で育苗したトマト。
5月に定植したときは、人差し指くらいの小さな苗で、果たしてどうなることやら心配でしたが、もう、草に負けないくらいの大きさになってくれました。こうなると、除草も楽なんです。
収穫はまだの様ですね。



確か5月の末に植えたサトイモ。植えた場所に目印をつけ忘れたので、芽を刈りゃしないかとハラハラしながら除草してましたが、ここまでくれば大丈夫。

しかし、画像を見直してみると、除草の時期に来てるな、こりゃ(笑)



インゲンマメは比較的、作るのが楽な野菜じゃないかと思うんです。



でも、あっという間に豆の莢が大きくなるので、畑にはマメに顔を出さないとね。



今日はインゲン、ミニトマト、シシトウ、アカジソなど収穫。




2007年7月4日
水を抜く


そろそろ「中干し」といって、田んぼを乾燥状態にさせるため、用水が止まってしまう時期が迫ってきました。

周囲の農家さんは5月には田植えを済ませているので、稲も充分生長しており、用水が止まっても何の問題もないのですが、自然農の田んぼでは、ようやく田植えを終えたばかり、水が無くなるのはツライ!

理想は間断灌水といって、水を充分に張って、1週間くらいしたら一度水を抜いて、1,2日、空気にさらし、また水を張って‥を繰り返したいところです。
せめて「中干し」が始まるまでは間断灌水をしようと、今日は田んぼの水を抜きました。



2007年7月5日
また入れる


今日は水を入れに田んぼに来ました。
会社帰りの夕方に田んぼの水のお世話‥‥兼業農家になったのか、俺(苦笑)


んー、ここの区画はカモ避けテープがゆるんじゃって、美しくないなあ。
今度の集合日に直してもらわなくては。

こうなると、カモがテープを足を引っ掛けたまま引きずって動き回ると稲も倒されちゃうので、むしろテープを張らなきゃ良かった、みたいなことになりかねないですしね。

あ、ここの区画の人の名誉のために断っておくと、このテープのたるみは張り方がまずかったのではなく、テープを張った後にカモが着水したりした衝撃でゆるんだり、ポールが傾いてテープがたるんだりしたせいなんですね。



2007年7月8日
さなぶり


7月の集合日は、どんよりした空。でも、大きく崩れることも無く、まあ、それほど暑くも無く、と、まずまずの天気。ここんとこ、そんな天気が多い気もしますが。

草の伸びが、一年で一番すごい時期ですので、主に畑と田んぼの草取り作業についての勉強会となりました。



まずは、皆さんの畑を巡回しながら、草の様子、作物の様子を見てまわります。

同じ土地の畑なのに、自然農5年目の畑と、去年から今年に開墾した畑では生えている雑草がまるで違いますね。新しい方の畑はツユクサなど茎がごつい草が多く、種類も少ないのですが、5年目の畑はメヒシバなどやわらかい雑草が多く、草の種類も多いように思います。



とはいうものの、数年を経た畑でも、ちょっと手入れが行き届かないと、たちまちゴツイ雑草に覆われてしまいます。

いくら自然農は草を敵とせず、といっても、草に覆われてしまっては畑ではなく藪ですね‥。

自然農の畑が、農家の人から見て藪にならないための目安などを、自分の経験を交えて説明してみました。


一通り、畑を巡回した後は、円陣を組んでUFOにテレパシーを送ります。

‥いや、そうじゃなくて!

丸ヶ崎の会では、こうやって集合日に皆さんの田畑の様子を見ながら、手入れのコツ、気づいたこと、疑問、などの意見交換をしています。




畑に生える草が場所によって違うのと同様、田んぼに生える雑草の様子も場所によって違うんです。

水かさが深い田んぼは草の量が少なく、タイヌビエが主ですが、浅いほうは草が多く、キシュウスズメノヒエという、茎が匍匐して伸びて、あちこちから根を生やすという厄介な草が主になります。

その辺の違いや、それぞれの草の刈り方の違いについて説明してみました。



今日は勉強会を午前中だけにして、皆さんの田植えがひと段落をしたということで、無事、田植えが終わったことへの感謝と苗の順調な生育を願って、ささやかな宴を催しました。

農家の皆さんの間では「さなぶり」というのだそうですね。

それぞれ何か持ち寄りながら、休憩小屋に集まって宴会です。‥と、いっても、車で来てる人も多いので、飲める人だけ飲むことにしたので、一部の方には辛かったかも?(笑)



自分の田畑の作業を終えた方々も合流。部屋に入りきれないので縁側で。でも、風が通るので気持ちいいかも。

それにしても、小屋作りを始めて3年目にして、ようやく皆で小屋で宴会が出来るようになったなあ‥。(去年の今頃は、壁に板を張る工事とかやってて宴会どころじゃなかったし。)



最後は差し入れのスイカで締め。残念ながらこのスイカは自分の畑でとれたもんじゃないですが。



まだ、田んぼで作業中の人にもおすそ分け。



2007年7月12日
ひしめく


田んぼがカルガモまみれになってる、との情報。早朝、合計24羽のカルガモが田んぼにいた、とか。

田んぼの脇のコンクリのテラスのところが人気で、狭いところに10羽以上のカモたちが、ギュウギュウになってひしめいていたそうです。
残念ながら、その時の画像はないのですが‥

その日の夕方、田んぼに立ち寄って、そのテラスを見ると、うーむ、確かに宴の後が‥(笑)

※ いきなり、フ×まみれの画像を貼り付けて済みません。

周りの水田が中干しで水がないので、水がタップリのこっちの田んぼに集まって来るのかな。




オレタチがやったあとだが、それが何か?


2007年7月12日
台風が来る前に

台風が来る前に、収穫できるものは収穫しておかねば。


ん、今が採りごろ。
台風でキュウリの棚が倒壊しないだろうか‥。或いは、蔓が煽られて痛まないだろうか‥、いろいろ心配。



大玉トマトも色づいてきましたね。
落っこちないうちに収穫!



ミニトマもポポポポポと出来てきました。
これも落ちたりしないうちに収穫!



2007年7月14日
備える


「大型で非常に強い」台風がヒタヒタと迫ってきているので、急遽、台風対策準備の共同作業を実施しました。

まず、カモ避けのキラキラテープを撤収。テープが風で千切れると、電線にかかったり、稲にからんだり‥といろいろと良くないですし。



テープを外すと、田んぼがすっきりしますね。

ただ、台風はしのげても、台風が過ぎた後はたちまちカモが大挙してやってきそうで、そっちの方が被害が大きそう‥。



農作業小屋の荷物を整理。小さいものは風で吹き飛ばされない様、納屋に撤収です。



ガラス戸は物が飛んできて壊れないよう、ダンボールを貼り付け。



まあ、気休めかも知れませんが‥。



なんだか、廃屋みたいな雰囲気になってしまいました(笑)。



稲木や支柱などの資材も縛って固定。




皆さん、雨の中、ご苦労様でしたー!




2007年7月15日
それる


台風は関東地方に上陸することなく、去っていきました。
心配した風雨の影響も殆どなしで、一安心。
夕方、田んぼに様子を見に行くと、次々に飛び去る雲の上空に青空が。



まだ、台風の余波か、時おりやや強い風が吹き、そのたびに稲がザワザワと揺れてました。

でも、やや深水になっていて、水に守られて激しく動揺することはありません。風で葉から奪われる水分も、たっぷりの水で心配なし。台風時は深水で、というセオリー通りの水管理で正解だったかな。



唯一の被害は、昨日、ガラス窓の保護にと張ったダンボールが、脱落してしまったこと位。

ううむ、防災のための工作が唯一の被害とは‥



2007年7月16日
濃緑色


エダマメの葉っぱの緑が急に濃くなってきました。ちょっと前まで、黄緑にちかい薄い緑だったのですが、濃緑色に。

でも、場所によってはまだ薄緑の葉っぱの株も。

それで気がついたのですが、葉っぱが濃い緑になった株は、皆、花が終わって豆の莢をつけはじめてます。(まだ、ペッタンコだけど。)

マメを大きくさせる時期に入ると、葉っぱの色が変わるのだろうか?



本日は、トマトとナス、それにインゲンを収穫。トマトがボチボチ出来始めてきて、嬉しいなあ。



2007年7月21日
いもむし


イモムシって、なんで芋+虫なのか、最近になるまであまり深く考えたことが無かったんですが、畑でイモを育てるようになって、なるほど納得。

サトイモの葉っぱがなんか食われているなあ、と思ったら、葉の裏側、茎に沿ったあたりをよく注意してみてみると‥

ババーン!

と、大人の人差し指より大きくて太い「イモムシ」を見つけられる確率、高し。

Wikipediaによるとイモムシの語源は、ようするにイモの葉っぱにつくこういう奴らなんだそうですね。



昨年、カメムシにこっぴどくやられたトマト。今年は肥料をやりすぎない様、草にまかれて蒸れない様‥と気を配ってきました。

最近では畑に行くたび、必ず何個か(ミニトマトじゃないよ)は収穫して帰れるペースで成ってきました。

肥料は、移植後、ヌカを少しずつ(一株あたり、1回で一握り程度で、3回程度)あげた程度です。


トマトの近くを除草してると、トマトの匂いがプーンとして来ますよね。あれって、「間違って切るなよな!」と存在を主張しているのでは、って気がしますね。



2007年7月22日
におう

田んぼの雑草は刈ってその場に敷く自然農の田んぼは、有機物、つまり栄養がたっぷりなのですが、そのぶん、水を入れっぱなしにしておくと、嫌気性分解が進んでメタン臭‥ようするにドブ臭さが強くなります。

ですので、間断灌水といって、1週間程度水を張ったら水を落として、田んぼの表面を空気にさらしてガスを飛ばし、また水を入れる、という水管理が望ましいのですが‥

あいにく、今は周囲の田んぼが「中干し」に入っていて、用水の水が少ないため、ポンプで水を汲み上げなくてはなりません。しかも、先日の台風の為(用水があふれない様に、あらかじめ水を落としてしまう対策)か、用水がほとんど来てなくて、ポンプでの汲み上げも無理そう。

まあ、今年は気温が低いせいかガスもあまり出てないし、ポンプ作業はやめにしておくことにしました。

しかし、畦の草を刈っていると、ムワ〜ッとメタン臭が!やっぱり、水を落とさなきゃダメ!?と思ってよく見ると、畦の上に大量のカモのウンチ。ニオイの原因はこれかよ!


「クサイ?」

「別に」




「水中じゃウンチしにくいから、こういう所があると思わずしちゃうんだよね。」




2007年7月29日
パワフル


中干しが終わって、用水に水が戻ってきたので、水の入れ替えの為、田んぼの水をいったん落としました。でも、用水の水が私達の田んぼの取水口に来るまでの量ではなかったため、緊急でポンプ作業です。

今までのポンプではちょっと力不足だったので、もう1台、購入することにし、買いに行ったところ、たまたまポンプが特価・現品限り(なんと、5倍のパワーなのに、今までのポンプ君よりずっと安い!)で売っていたので、素早くゲット(笑)

なかなかパワフルですよ。音も、そんなに大きくないし。うん、いい買い物だ(笑)

これで、今までよりは安心して水管理ができます。
しかし、買出しに行っている間に、ドシャ降りの雨。ポンプを使う前に、ずいぶんと、水が溜まってくれました。
う〜む、それはそれで手間がはぶけてありがたいのですが、ポンプの有り難味が薄れちゃったかな。



「カッテに田んぼの水を落としちゃ困るじゃないか。」



少し、田んぼの空気がさっぱりしたかな。



2007年7月29日
夏サラダ


いよいよキュウリが盛りを迎えてます。

はっ、と気づくと葉っぱに隠れてキュウリがブラブラ。



すぐに大きくなるので、花が咲いてたらもう要注意。



トマトも生ってくるし、夏のサラダの材料に欠きません。



2007年7月31日
冬の準備



もう、梅雨明けだよねー、という感じの青空。



昼間は畑に出るのがためらわれる程の日差し。
なので、小屋のあずまやで苗作り。

ブロッコリー、カリフラワー、白菜‥

もう、冬野菜の準備です。真夏に、冬の準備。



田んぼの畦にはカルガモたちがギュウギュウ。

なんでこんなに群れてるの??