2007年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2007年6月の主なできごと
日付 できごと
4月8日
集合日
苗代作り。
2月25日
共同作業
稲架用の竹取り。

2007年6月の気象

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[トップへ]

2007年6月2日
春夏交替

6月といえば、もう夏服の季節ですね。
畑の野菜も、春野菜はすっかり終わり。


ソラマメはサヤが黒くなって完熟の体勢に。
その足元に、育苗したトマトを移植してあります。
ソラマメの完熟を待ってると移植が遅くなるので‥。



同じように、枯れかけたエンドウマメの足元ではキュウリが芽を出してます。(本当は苗を移植するつもりだったんだけど、間に合わなかった。)



サヤインゲンはナメクジの襲撃から逃れてくれた様です。


ジャガイモは開花が終わりました。
一部、茎葉が黄色くなって来ました。収穫まであと少しですね〜。





畑の隣の空き地の、ちょっと土を盛ってある山のてっぺんでキジがさかんに鳴いてます。でも、最近、メスの姿を見ないなあ‥。

フラれた?

それとも、もしや、どっかで卵を抱いているのか??


[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年6月3日
(雑草の)海開き


畑はすっかり緑が濃くなりました。

除草の油断をすると、作物たちが雑草の海に溺れてしまう季節に入りましたね。



このキュウリは買った苗を定植したものです。定植後、約一ヶ月くらいかな。定植したての頃はどこからともなくウリハムシがプーンと飛んできて葉っぱを食べてました。

でも、今はもう大丈夫。

支柱を作ってあげたのに、なかなか絡んでくれません(苦笑)。




コーンはこの2週間で急に伸びてきました。

収穫期にはカラス対策しなくちゃ。



[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年6月9日
合図


田んぼの畦の花菖蒲が咲きました。

今年も田植えの時期がやってきましたよ!

今頃、田植え? とお思いでしょうが‥

現代のお米作りは5月初めころの田植えが普通かもしれません。でも、それは温度管理された場所でお米を育苗した上でのはなし。

田んぼの上に作った苗代の中、自然の天候でゆっくり育った私達のお米の苗の植え時は、だいたい梅雨入り頃。

雨の中の田植えって、昔ながらのイメージじゃありませんか?

それに、水の心配の少ない時期の田植えは、用水の発達していない昔であれば、案外、合理的だったと思います。



田植え前の水田はスズメノテッポウがすっかり枯れています。

不耕起の自然農では、そのままこの状態の中に、或いはいったん草を刈り(耕さずに)、苗を植えていきます。
草を刈るか、刈らないかは、植える前の田んぼの草の状態によります。まだ、冬草(初夏に枯れる草)が多く夏草(これから秋にかけて伸びる草)が少ない場合は、草を刈らず、植えていきます。草を刈る手間がはぶけるぶん、楽ですね。

この田んぼは次の夏の雑草がまだ勢力を強くしていないので、今年は草刈りなしで田植えができるかも?



レンゲが生えていた田も、レンゲが枯れてまっ茶色。

こっちも草を倒しながらの田植えができるかな?

でも、一部にキシュウスズメノヒエが頭を出してきていて、迷うなあ。



田んぼの一部に昨年まで居なかった(たぶん)草が群生してます。

なんだろう?






キュウリには支柱を立てて紐を張ってあるのですが、支柱があると畝の真ん中の除草がやりにくいですね。

うっかりすると、肝心のキュウリの根元をすっぱり刈ってしまいそうです(汗)。



自宅で育苗し、5月の中ごろに移植したトマト。

移植したての頃は、か細い苗で今にも消えそうだったんですが、ここへきてみるみるたくましくなってきました。もう、ポツポツと花をつけはじめています。



コーンは穂が出始めましたね。




本日の収穫、キュウリ2本とシシトウ数本。

いただきまーす。


[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年6月10日
豪雨、のちタマゴ


6月の集合日のテーマは田植え!

実習田での田植えを皮切りに、皆さんの田んぼの田植えもスタートです。

田植え機で、或いは手植えでも大勢でやればあっという間に終わるのかも知れませんが、私達の田植えは不耕起&手植え、しかも他人のヘルプは不可という厳しさ(笑)。初めての人は一畝(一反の1/10)でも二、三日はかかるのではないでしょうか。


でも、梅雨の雨に打たれながら、草と虫と蛙がいっぱいの田んぼに腰を落として黙々とイネの苗を植えていくのが楽しいんです。一日で終わってしまっては勿体無い。

自然農の田植えは耕していないので、地面に草がいっぱい生えていてまるで湿原の様。湿原の中に稲を植える感じですね。


しかし、集合日は朝から大雨!

朝、家から畑に向かう途中、車のフロントガラスが雨しぶきで真っ白になるくらいの豪雨で、田植えどころか近くの川が氾濫するのでは?と一瞬、思ったほど。

とりあえず、集まった皆さんで、雨の合間に畑の見学をしはじめたのですが、大粒の雨がザザザザザと降ってきてしまいました。



皆、あわてて休憩小屋に避難です。

小屋があってよかった〜。


しばし降り止まないので、急遽、座学になりました。

普段、皆さんが悩んでいること、疑問に思ってることなどについて話し合いの時間をとることができました。(いや、自然農の栽培についてですよ!人生相談じゃなく(笑))

集合日には、皆さんとゆっくり言葉を交わす時間がなかなか取れないのですが、たまにはこういう話し合いの時間があってもいいですね。




ありがたいことに午後になって、雨が止みました!

早速、田植えの実習です。今日の午前中に水口を開けて田んぼに水を入れるつもりだったんですが、大雨でそれどころじゃなかったんですが、あまりの豪雨に用水から水を入れなくても田んぼは程よいくらいの水かさになってました。

実習田の田植えは、見学の方や今年はじめて田植えをされる方を中心にやっていただきました。


‥でも、まだ2/3ほど残ってるんだよね。誰かやらない?(笑)


今年はカモ対策のため、植え終わった場所にキラキラテープを張ることにしました。

これで、この上に着陸してこないといいんですが。



植えた苗が見えないですね。でも、大丈夫(たぶん)
1週間もすれば活着してグングン伸びてきますから!





メンバーの一人が大豆を播くために雑草を刈らずに残しておいた畑の一画にキジが卵を!

しかし、せっかくキジの営巣用に麦畑を犠牲にしたのに、なんでそっちにつくらないのかなあ‥。

すぐ脇で人が畑作業してる様な所に‥



天を仰ぐ畑の主(笑)

とりあえず、巣の周辺(といっても巣のある畝だけ)は休耕に。

代わりの場所をお世話しなくちゃ。



[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年6月14日
年々倍増


関東地方も梅雨入りしたみたいですね。

田んぼの畦に植えた花菖蒲もバンバン咲いてます。

これ、5年前に花屋さんで3株だけ買って植えたものなんですが、年々倍増。
ざっと、50株位あるんですが 3 × 16 (2の4乗) = 48 ‥ 
おおっ、計算が合うじゃないか(笑)



[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年6月16日
洪水

集合日の田植えの後、真夏並みの暑い日が続きました。植えたばかりの苗が傷まない様、平日の水曜日に水口を開けておいたのですが‥

金曜の夜に、今年から参加した仲間から「田んぼが洪水状態です!」のメールが入りました。

げげっ!慌てて土曜の早朝に田んぼに駆けつけてみると‥


大洪水、という程ではありませんが、草原が湿原に変わった感じですね。

田植え作業をするには深すぎるけど‥

ああ、でもこの草と水が入り混じった光景を見ると、いよいよ田植えの始まりだな、と心が躍り始めます。(変かな?)




「田んぼが洪水」の一報を受けて心配したのが、苗代の中の苗。

水没して枯れてしまったのでは!?

そんな心配をよそに、水面の上に顔を出して気持ちよさそうに風にそよいでました。

ここのところの高温に加え、水が入ったことで、苗はグングン生長、そろそろ苗代が狭くなってきましたね。



ヤレヤレ、一安心、と思ったら、苗が水没してしまってる苗代も!

草丈は水面より高いのに、何で?



苗を助け起こしつつ、フトみると鴨の羽らしきものが苗についているのを発見!

この苗代は、網を外した後、周囲を紐で囲っていなかったので、鴨が入り込んで苗を倒してしまったのでは、と推理。

来年は、苗代のスズメ避けの網撤去後の、カモ避けの紐張りを実習の手順に加えなくちゃ。



今年は田植え前の草刈りを省略できるかな、と思ってたんですが、水を入れてみると意外と夏草の雑草の伸びが早く、草を刈ることにしました。

冬草雑草で夏草雑草を抑え、草刈りをせずに田植えをするには、生えている冬草雑草、田植えする時期、水を入れるタイミング、などいろいろ条件が難しいですね。

田植え前の草刈りは、結構時間がかかるので、刈らずに植えられれば本当に楽なんですけどね。



さて、今日から四日間、土日月火と田植え休暇をとりましたよ!

この休暇中に自分の田んぼの田植えを終わらせるつもりなんですが、サテ、どうなるか‥。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年6月17日
ボウ・ブーム


昨日は、ほとんど田んぼの草刈りで終わってしまったので、今日が田植え本番。

しかし、連日、嫌味のように暑い‥。せっかく田植え休暇を取ったのに、能率が上がらないなあ。

2畝の田植えに4日間と、かなり余裕を持たせたつもりなんですが、昼間の炎天下は作業する気になれず、早くも予定に遅れが(汗)



今年は株間25cmで行こうかと思ったんですが、やっぱり昨年と同じ20cmにしました。(昨年と同じ目印棒を使ったので‥)条間40cm、株間20cmの1本植えです。

先週の集合日に1条ずつ、まっすぐ植えるための目印として棒を使って実習を行ったのですが、そのためか、目印用の棒を用意して来た人が続出。

ヒモを使って目印にすると、一列植え終わるたびに、ヒモの両端の杭を進めなくてはいけないので、田んぼの端と端を行き来しなくてはならずメンドくさいんですよ。その点、棒なら持ち上げて動かせますので楽なんです。






こちらは古い釣竿に20cm間隔の目印のガムテープを貼ったもの。

釣竿なので、使い終わったらばらして収納。
手軽に携帯。

いつでも、どこでも田植えが出来てとても便利!
(‥便利、なのか?)


東京から電車で田んぼに通ってる女性の方も棒を持参。

2mの棒2本、電車に揺られながら持ってきたんですね(笑)



[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年6月18日
へばった


田植え休み三日め。しかし、前日までの二日間が暑くてへばってしまい、朝起きれず、昼過ぎから田んぼ出勤。

今日も暑い‥。



植えたばかりの稲の植えにカルガモが着水しない様、キラキラテープを張り巡らしてあります。

そうしなければいけない、ということではなく、皆さんのポリシーにまかせていますが、暑い中、苦労して植えた苗を倒されてはたまらんと、テープを張る人が多いですね。



でも、脇から田んぼに入り込んでノシノシと歩き回ってる‥。



新品の作付け縄を用意してきた仲間がいたので、見せてもらいました。

えっ?自分で作った!?

材料費は1000円もかかってないって言うけど‥

スゴイよ、かずさん!



田んぼの中の苗取り箱も、よく見ると自作!


田植え前の草刈りをしていると、その後ろをチョコマカついて来る鳥がいます。

草刈りで驚いて飛び出してきた虫を狙っているのでしょう。

トラクターで耕していると、トラクターの後ろにいっぱいついて来るので「トラクター鳥」と呼んでる農家さんもいます。

でも、本名はハクセキレイだよね?



[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年6月19日
花が咲き終えるまでに


今年は土日に休暇をつなげて4日間連続の田植え。自分は2畝の田んぼなので、1日半畝の計算。

余裕で終わる筈が‥

連日、30℃前後の真夏空。暑いと能率が落ちるし、炎天下の昼間は休む様にしてるので思ったほど進まず、苗床あとの田植えが残ってしまいました。

苗を掘り出したあとの苗床は、よく耕されてトロトロになった田んぼみたいで、とても作業しづらいんですね。まあ、そこは次の週末にやればいいや。

そういえば、田んぼの畦の花菖蒲の花が盛りを過ぎてきました。
この花菖蒲の花が咲いたら田植えの合図。そして、花が終わる頃までに田植えを終わらせる、というのが丸ヶ崎の会の農事暦、ということにしておきましょう。



しかし、田植えが終わっても、まだ油断は禁物。

植えた苗がうまく活着(根付く)しなかったりして、カモに踏み倒されたり(苦笑)して、枯れてしまうことがあります。(欠株)

そのままにしておくと、収量の低下はモチロンですが、雑草が生えたり、除草の作業がしにくかったり(あるはずのところに稲がいないとリズムが狂うんですね)するので、予備の苗を植えてあげます。

左の写真では苗が倒れてます。どれだかわかります?



[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年6月23日
ロボ

田植え休暇後の週末。

やり残した田植えを終わらせようとハリキッテたんですが‥

素晴らしい青空と、ガンガン降り注ぐ日差し

きょ、今日も暑い‥。



連日の強烈な日差しに、新兵器を投入!

人型の田植えロボ!




じゃなくて、日光を反射する素材でできたポンチョ(?)と、帽子につける日よけの布です。

銀ピカの寒冷紗みたいなものなので、日光は反射するけど風は通すので涼しく作業できる、というものです。

でも、隣で田植えしてた人に言わせると、まぶしくて暑苦しい、とか(笑)






午後は苗代の後の田植え。

(曇ってきたので、ロボ・ポンチョは脱ぎました(笑))

苗をたくさん持ち出すので、苗代のところはどうしても地面が凹んでしまい、そこだけ苗が深く植わってしまうことになります。

溝掘りで掘り上げた土を苗代の近くに盛っておいて、これを凹んだ苗代に入れて平らに均してます。



ここを植え終われば、田植えは終わり!



[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年6月23日
たらふく

田植えの済んだ田んぼにはカモ避けのキラキラテープをめぐらしてあるのですが、傍らの水路からカンケイなく入ってくるヤツら‥。



「ここから田んぼに入れるよ。」




「草がすっかりなくなったねー。」

「でも、見晴らしがいいから歩きやすいや。」





「ここ、おいしそうなニオイがする。」




「どれどれ」

「ングング」




「ングングング‥」





「ああ、喰った喰った」





「最近、ニンゲンがここでずっと這いつくばってるね」

「ここはおいしい虫がいっぱいるからね。でも、餌のとりかたは下手だね。もっと、顔を地面に突っ込まなくちゃ。」




いや、田植えしてんですけど‥。


[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年6月24日
駆け込み

今日は朝からどんより曇り、気温もあがらず、時々雨がパラつくという、田植えには最高の(冗談じゃなく、本当に!)天気。6月中に田植えを終わらせたい人は最後のチャンスとばかり駆け込み田植え。

田んぼの雑草の勢いが強くてちょっとやり切れないかも?と心配してた年配の女性の方がおられたのですが、息子、娘とそのフィアンセ‥一族郎党引き連れてやってきました。





一族横並びでワシワシ除草開始。

ビシビシ指示を飛ばす母。

うーん、母は強し‥(笑)



もう一人、なかなか時間がとれず、今日一日で草刈り&田植えを済まさなくっては、という女性の方がいて、早朝から必死に作業されていたのですが‥

休憩中なのか、携帯を取り出し、電話中‥



急遽、旦那さんが駆けつけて来ました(笑)。




こちらのご夫婦も、一日で草刈り&田植えを済まそうということで、ものすごい勢いで作業中。

2年目なので、作業も手馴れてきたのか、一日で約1畝を完了です。




今年初参加の方が、気の毒なことに、怪我をされて田植えが出来なくなってしまいました。


そこで、会の中の有志で、その方のぶんの田植えをしてあげることになり、今日がその作業日です。怪我をされた方も雨の中、傘をさして作業を見守ってます。



しかし、大人4人で作業すると田んぼが狭く見えますね!(笑)

約半畝、1時間半で、除草&田植え完了です!



じっくり、田植えをされている方も。

田植え期間中、何度も(東京から)田んぼに通って田植えされてました。丁寧に植えられた田はとても綺麗でしたよ。


ところで、苗取りをするのに椅子を使うと楽ですよね。

丸ヶ崎の会で密かなブーム




今日はニンゲンが多いなあ‥



[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]