2007年3月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2007年3月の主なできごと
日付 できごと
3月11日
集合日
冬の開墾作業。
3月18日
共同作業
稲架用の竹取り。
3月25日
共同作業
竹垣の修理。

2007年3月の気象

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[トップへ]

2007年3月11日
降ったり吹いたり


3月集合日は雨、晴れ、猛烈な風とめまぐるしく変わる天気に翻弄されました。


屋根の下 前日に降り始めた雨は、集合日の朝にも止みませんでしたが「集合日は雨天決行」です。

とは言うものの、種まきや溝掘りなど土をいじる作業は雨の中では出来ません。

休憩小屋の屋根の下で、丸ヶ崎自然農の会で使っている道具の説明をしました。それから鍬や鎌など、個人で揃える農具についてはどんなものがいいのかも解説。

畑の説明 1時間ほどして雨が止んできたので、畑に移動。
春の野菜のスタートとして、2月の集合日にウネ立てした畑に、ジャガイモの植え付け、ニンジン、ネギの種まきをしました。
雨が降ると土が湿って、種まきがしづらいのですが、そこはお世話役の裏方仕事、前日の夜、実習予定の場所にブルーシートを畑に置いて来たんですよ。
その甲斐あって、泥の中に種まきせずに済みました。

しかし、強い風が吹き始め、蒔いた種が吹き飛ばされそうに。

溝掘り1 昼食をはさんで、午後からは毎年恒例の田んぼの溝掘りです。

各自の田んぼの周囲の溝掘りは各自でやりますが、実習田は練習を兼ねて皆で掘ります。

溝掘り2 まっすぐ掘らないと、水の流れが悪いのと、景観上よくない(笑)のとで、かなり気を使って掘り進めます。


たった1畝の実習田の共同溝掘りですが、初めての人には新鮮な重労働だったようです。
でも、自分の田んぼは一人で溝掘りするんですが‥大丈夫ですよね?
夕方になるにつれ、吹く風はますます強く、そして冷たくなってきたので、適当なところで解散です。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年3月17日
満開


畑の周囲のユキヤナギは桜よりひと足先に満開。


畑の花もどんどん咲いてます。

ここ数年、ずっと気になっていた田んぼ脇の側溝のひび割れを、今年から参加された方が修理してくれました。田んぼや畑が年々いい感じになってきて、嬉しいです。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年3月18日
さらに竹をもらう

先日の竹取りで稲木用の竹を確保しましたが、今日は畑の周囲に竹垣を作ろうということで、竹垣用の竹を取りに、再び近くのお寺さんに伺いました。

竹取り(1) なんと、またまた前日に別の人が竹を取りに来たとかで、今日も切り出し済みの竹が積んでありました。この中から適当なものを見繕って、持って行っていいとのこと。ありがたや〜

竹取り(2) 竹取り夫婦ですね。

食ってくれ 畑では、正月にヒヨに丸裸にされたブロッコリーが花芽を大きくしてくれています。あんなにヒドイ目にあったのに‥偉いぞ!

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年3月21日
畝を立てる

土むき出し
2月の集合日に人海戦術で開墾した畑。
でも、抜根しただけだったので、畝立てをやりました。

ヌカ撒き中 90cm〜120cm位おきにスコップ幅の溝を掘り、掘り上げた土を畝に上げ、畝のデコボコを鍬などで整地したあと、ヌカを軽くふりまいて、仕上げに敷き藁を被せます。

ここに種をまくのは、もう少ししてからですね。
終わりました こちらは、すでに畝立て済みのところです。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年3月24日
ライオンの顔

柵作り
今日は、水田の周りに巡らしてある竹垣が古くなってきたので、共同で補修作業をしました。
泉?
ついでに、水口の一つも、ゴミが管に詰まらない様、補修された様ですが、なんだか立派そうになりました。
水の出口にブロンズのライオンの顔とか、つけたくなりますね(笑)。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年3月25日
オンセン

オンセン
昨日作った水口、雨が降って水が溜まったら温泉が湧いた様な雰囲気に?

でも、やっぱりただの泥水。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]