2007年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2007年5月の主なできごと
日付 できごと
4月8日
集合日
苗代作り。
2月25日
共同作業
稲架用の竹取り。

2007年5月の気象

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2006年の記録一覧へ]
[トップへ]

2007年5月3日
連休の畑


3月の集合日に植えたジャガイモが大きくなってきました。

芽かきも何度かやってあげたので、枝もあまり混んでないし、健康に育ってくれている様です。




ニンジンは慌てて蒔いたせいか、芽が混んでしまいました。

間引き、間引き‥




畑の小麦は5月に入って、グググッと背を伸ばしてきました。

この麦畑は昨年11月の種まき時に1回除草しただけです。




ソラマメはだいぶ首が垂れてきました。

ふふふ、収穫間近ですね。




ネギはうっかりしてる間に葱坊主をつけてしまいました。

スッパリ切るか、種取り用にするか‥




ネモフィラって青い花だけじゃないんですね。



土壁塗りは女性3人が助っ人に。

なごみましたわー。




[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年5月4日
草を観賞する


春の雑草で比較的ポピュラーなのがカラスノエンドウですが、スズメノエンドウという雑草もあるんですね。

図鑑で見たときは、「ほー、そんなのがあるんだ。見たことないなあ‥」と思ってたんですが、意外にも自分の田んぼの畦の一部にみっちり生えているのを発見。

図鑑通り、小さな白い花を咲かせてました。



こちらはカラスノエンドウ。

ピンクの花を咲かせます。丈も葉っぱもスズメノエンドウに比べて大柄。

若い芽は食べられるそうですが、私は試したことがありません。

主に畑に、みっちり生えてます。

今年は、この草にアブラムシが大発生。茎の先のほうだけびっしりたかるので、マッチ棒みたいに先の方だけ太く見えてました。



これは雑草じゃなくて、栽培している赤エンドウ。

いっぱい莢をぶらさげてくれてます。
一緒に生えているカラスノエンドウにはアブラムシが凄いのに、こちらには全くつきませんでした。



畑を開墾した最初の年だけ蒔いたヘアリーベッチですが、5年ほどたってもなくなりません。

いや、むしろ増えてる様な‥。

緑肥というより、もはや雑草です。でも、花がきれいだし、まあ、いいか。


田んぼの畦ではカラー(calla、オランダ海芋)が咲いてます。これは雑草ではなく、地主のおばあちゃんが3年ほど前に植えたもの。すっかり根付いて毎年たくさんの花を咲かせます。

これはハハコグサかな?

地味だけど、小さな黄色い花が隠し味的に景色に色をそえます。




竹取りした稲木用の竹を休憩小屋の屋根の下に置きました。これで雨にさらされないので、一安心。


今日の土壁塗りは、一人で黙々と。



[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年5月6日
雨でも壁塗り


連休後半は天気に恵まれたけど、今日は雨。



でも、土壁塗りは続けます。



[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年5月12日
準備OK

明日は5月の集合日。

実習に支障が無いか、実習畑を見て回りました。



ジャガイモは、もう草や虫に負ける心配はなさそうです。




ん、ネギは自分の畑より育ちがいいじゃないか。




ニンジンはこの一週間で急に大きくなって来ました。おかげで、また混み合ってきた感じです。

いかん、いかん。間引き、間引き‥





畑で作業中、遠くで、近くで「ケンケーン!」というキジの鳴き声がしてたのですが、ついにこちらが作業中にもかかわらずタシタシと近づいてきました。

ううむ、カルガモとの共存でも結構気をつかってるのに、今度はキジか‥。

キジは蒔いた豆とか、食べちゃうんじゃないだろうか?




[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年5月13日
草を刈ったり


5月の集合日のテーマは、草の管理。
それに夏野菜の苗の定植やイネの苗床の手入れです。

まずは、学びのスタートとして、皆さんの畑を巡回。
写真の畑は私のとこの畑ですが、早くも草ボーボー(笑)
でも、まだ夏野菜の種を播いていないところなので、これはこれでいいのです。



実習畑に移り、まずは除草の仕方などを説明。

ただヤミクモに刈るのではなく、必要があれば刈るということ、また、その見極め方、刈る時の注意などについて考えてみました。


苗の定植の実習です。
植える苗に気を送っているところです。

いや、違うな。
苗を植える間隔について、苗が大きくなったら「これ位」の大きさだから、それを想定した間隔で植えましょう、みたいなことを説明してるところです。


苗代の除草実習です。

初めてお米作りをされる方には、見分けるのが難しくて大変と感じられる様ですが、2年目以降になると、意外と見分けがつく様になるんですよ。



ちょっと離れたところで、キジが見学中。



カエルも見学‥

と書きかけて気がついたのですが、写真を縮小したら、カエルが土と草が入り混じった地面に溶け込んで、よく判らなくなってしまいました。

見事な保護色!



実習後は、共同作業です。

これは休憩小屋の周囲の草刈ですね。




田んぼの畦道を延伸したり、



畑の周囲に竹垣を作ったり、



休憩小屋の中に作る棚板に磨きをかけたり、と、会の皆さんの協力で、どんどん田畑が整備されていきます。

ありがたいことです。



[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年5月14日
夫婦で徘徊


田んぼのスズメノテッポウの草原をキジが徘徊中。
しかし、よく目立つ色だなあ。



と、思ったらメスもいる!



トウモロコシ畑に移動中。

でも、丸見え。




えんどう豆は、食べきれないうちに実が太ってきました。これはグリーンピースにするか。


[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年5月19日
書斎にて


休憩小屋の中に棚が出現!

集合日などに皆さんの荷物を置ける様に、と思ってのことですが、荷物置きにはモッタイナイ。

本を並べれば、書斎だ。



釘で打ち付けただけじゃないんです!
ちゃんとホゾを切って、組み合わせて‥

すごいよ、カズさん!





小麦の穂が色づいてきました。

そろそろ鳥避け網を張らなくっちゃ


エンドウをせっせと収穫。でも、まだ半分以上が枝にぶらさがったまま。


[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年5月20日
やられたー!


キジに気をとられている内に、カルガモが田んぼの一画に卵を!

うーむむむむ‥。

レンゲの茂みの中にコロコロコロ、数えたら9個ありました。

しかし、よりによって苗代の近くですよ。苗代の除草に近づくと、親鳥は警戒して逃げてしまいます。あんまり刺激すると営巣放棄してしまうというので、困ってます。

こっちは悪さするつもりなんかない(いや、それどころか無事に孵って欲しい)のにねえ。ニンゲンの田んぼに営巣したんだから、少しはヒト馴れしたらどうだい?と言いたいところですが、それじゃ野鳥らしくないか。



いっぽう、キジの夫婦も相変わらず田んぼをウロウロ。

揃って首を伸ばしたり‥

お散歩、お散歩

そういえば、複数の人が、このキジ夫婦がうちの麦畑に出入りしているのを目撃しています。

野鳥に詳しい会員さんによると、「キジの産卵場所は明るい林の中、河川敷、農耕地などの草むらなので、麦畑は最適かも?」とのこと。

ガーン!

今日は、麦畑に鳥避け網を張ろうと思ってたのに‥。

今年の麦も諦めか?




去年食べたニンニクの芽がとてもおいしかったので、今年も花蕾をつけるまで待ちました。蕾を大きくさせると球が太らないとも言われてますが、蕾も食べたいので、仕方ないや。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年5月22日
ニュータウン


先週末、苗代の除草をした後、カモの親が果たして巣に戻っているのか、心配になって様子を見に行くと、田んぼに夫婦らしいカモがウロウロ。

おいおい、卵をほったらかしかい?

上空のカラスに卵を喰われないかハラハラしつつ、双眼鏡で巣の方をそおっと見ると、草むらの中にじっとうずくまる親カモのシルエット。なんだ、いるじゃん。

ん、ということは、さっきのツガイは??

もう一つ、巣がふえちゃうんだろうか?

丸ヶ崎、カモ・ニュータウン

いや、そんなこと言ってる場合じゃないな。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年5月24日
ぜんめつー


今日、田んぼの仲間からメールで、鴨の卵が全部、カラスにやられたと連絡がありました。

がっかりー

まあ、でも、巣の場所が苗代のすぐ脇と、ニンゲンが近寄らざるを得ないところなので、営巣放棄されるのも時間の問題かなあとも思っていました。
誰かが田んぼに入った後に営巣放棄されたとなると気まずいものですが、カラスが悪役になってくれたおかげで、こちらが悪役にならずに済んだ様な気持ちです。

それにしてもカラスの悪さはすごいですね。お隣の野菜の直売所の農家さんがお店をちょっとはずした隙に袋に入った売り物のトマトを袋ごとつついて潰したり(潰すだけ!)、並べてあった卵を割ったりと悪の限りを尽くしてます。

苗代に近づくスズメを追っ払ってくれればありがたいんですがねえ‥。

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年5月27日
現場検証


カルガモ一家全滅(親は生きてるから全滅じゃないか‥)を現場検証。

確かに、卵はひとつも無し。割れたカラが寂しげです。

しかし、この巣、周囲のレンゲが枯れた為、丸見えですね。

これじゃあ、カラスに襲われてもしょうがないなあ。


たぶん、レンゲが生い茂ってた頃は、草の中に隠れて丁度よかったんでしょうけど、だんだん枯れて来るにつれ巣が露わに!大ピーンチ!って状況だったんでしょう。

こんな所に巣を作っちゃダメだってことを学習してもらえばいいんですが。

でも、懲りずに田んぼをウロウロしているカルガモ夫婦がいます。

まさか、リベンジする気かい?




[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年5月30日
畑の真珠

畑の除草をしていて、土の表面を鎌でサッと払うと、土の中にキラキラ光る真珠の様なものを見つけることがありませんか?

そんな経験をされた方は、もうご存知だと思いますが、真珠の正体はナメクジですね。パッとひっくり返されて丸まったナメクジの、お腹の白さと粘液のキラキラが真珠みたいに見えるんです。

畑の真珠、というと素敵な感じですが、困ったことにこの真珠が今年は大暴れ。仲間の畑では、サトイモを植えた穴、それも一つの穴に50匹のナメクジがひしめいていたとか。(と、いうことは数えたんですね!(笑))
私もマメの芽を舐められて、ずいぶんダメにされてしまいました。何度も播きなおしをしたのですが、マメの双葉が出たのを確認したその次の日には、双葉が無くなって針みたいな芽になっちゃいます。最初は、鳥が双葉だけつまんで持って行くのかな?と思ってたんですが、双葉の間に居座ったナメクジが、意外なスピードで体をくねらせながら双葉(要するにマメの本体)を舐め回しているのを発見して、犯人確定!

ダイズのことを畑の真珠とも言うらしいけれど、真珠を食べる真珠かー。

真珠界の弱肉強食。

いや、ちょっと違うか。

動揺してピンボケしてますが、ダイズの芽を上から見たところ。

双葉の真ん中にナメクジが‥

(5月14日撮影)



[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]