2007年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2007年9月の主なできごと
日付 できごと
4月8日
集合日
苗代作り。
2月25日
共同作業
稲架用の竹取り。

2007年9月の気象

[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[トップへ]

2007年9月1日
秋の種降ろし

おおー!涼しい!
先週の土曜には暑さでバテてぐったりしてたのが嘘のようです。

遅れていた種まきをせっせと。
ダイコン、ニンジン、タマネギ‥。
レタスもこの気温なら直播きでいけるな。コマツナも、カブも、ハクサイだって‥。

作業が終わる頃にはとっぷりと暮れて手元が見えず、道具の片付けも難しい位の時間になってしまいました。

ずいぶん遅くまで作業したなあと時計を見ると、まだ夜7時前。
田植えの頃は、8時近くまで作業してたのに‥‥日が短くなりました。


[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年9月2日
ダッシュ


お向かいの慣行田(農家さんの、普通の田んぼ)では稲刈りが始まりました。
ええっ?まだ、9月に入ったばっかりなのに‥。

やっぱり、アレかな、台風9号が関東直撃という予報なので、台風に倒される前に刈ってしまおうということなんだろうか。

いつにもまして早い気がします。



私達の田んぼはイネが花盛り。稲刈りは、早くても来月。
(自然農なので、慣行農より一月以上遅くなります。)

こんな時期に台風は来て欲しくない‥。(開花期に台風を受けると、実入りが極端に悪くなると言われてます。)



早稲のイネ(黒米)には、スズメがつき始めました。
(喰われた穂がどれだかわかります?)

来週には鳥避け網を張らなくては‥。



[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年9月6日
備える2


台風9号が関東直撃の様子。

田んぼの様子を見に行くと、長棹(茎が長い)のイネが台風の予兆の風にユサユサゆれてました。

ううむ、台風が過ぎたあと、この光景はどんなふうになっているのだろうか‥。

頑張れよ、お米たち!


台風に備え、緊急共同作業です。

前回と同じ様に休憩小屋のガラス窓を保護。

前回の反省から、ヨシズを使いました。風で飛ばされない様、ヒモで小屋の柱に縛りつけました。

しかし、このヨシズが飛ばされないか、かえって不安です(苦笑)。



小さい窓はダンボールで。

しかし、ガラス窓より、土壁が心配。



急な呼びかけに駆けつけて下さって、どうもありがとう!

どうか、田んぼや畑、そして小屋が無事でありますように‥。



[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年9月7日
台風一過

台風9号、関東直撃!
さいたま市では昨日の夜9時すぎから、朝までドドドド、ゴゴゴゴ、バババと強い風と雨。

あああ、田んぼのイネがあ!

と家の中で心配しつつも、どうすることもできないまま台風は過ぎていきました‥。
夕方、田んぼの様子を見に行くと‥

あれだけの風雨にかかわらず、案外、無事。

少し、弓なりになってるけど‥、それだけ、頑張ったんだね!


ダウン寸前でもなんとか踏みとどまっているイネも。

上の画像のイネより早稲品種で登熟が進んでいるぶん、頭が重くて倒れやすかったのかも。

日曜日の集合日に、こういうイネを助け起こす実習をします。

それまで頑張れ!


畑ではトマトの支柱が全部なぎ倒されてました。

まあ、収穫のピークも過ぎてて、もうひと頑張りしてもらうか、冬作に切り替えるか迷ってたので、これで踏ん切りがついた、ということにしておくか。



[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年9月8日
立ち直る

昨日より、イネが立ち直っている!


明日の集合日には網をかけてしまうので、イネのパッチワークを眺められるのは今年は今日が見納め。



[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年9月9日
人海戦術


9月の集合日は、秋播き野菜の種降ろしとお米を鳥の食害から守る鳥避け網張り。

まずは皆さんの畑を周りながら、見たことがない野菜に「これ何ですか?」とか、オクラの葉っぱについている虫に「ああ、これはフタトガリコヤガだよ」と教えてもらったり(それまで、私は「オクラむし」と呼んでましたが(笑))とか、いろいろ情報交換。



さて、野菜の秋播きは、春の種まきと違い、夏の生命盛んな草や虫にどう応ずるのかが大きな課題となります。(大きな雑草に圧倒されない様、そして食欲旺盛な虫に食べつくされない様‥)

草の刈り方、残し方、草刈りと種まきの間の置きかたなどを話しながら、ニンジン(条まき)、からし菜(ばら播き)とダイコン(点まき)の種まきを皆さんの前でやってみたのですが‥。
台風一過の残暑の戻りで、ちょっと体を動かしただけでものすごい汗が出てきました(苦笑)。

なんだかもっと説明しなければならないことがあった様な気がしますが、とにかく種を播き終えて昼休みとしました。

あ、そうだ、種取りとか説明するのを忘れてた‥。



午後の水田実習の前に、作業しやすい様に田んぼの水を少し落としたのですが、排水路の先の方の流れが悪く、わたしたちの落とした水がそこから溢れて周りの田んぼに漏れているのを発見。
先日の台風で倒れた稲の穂が水に浸かってはまずいし、田んぼがぬかるんでは機械作業もしづらくなって迷惑になるのでどうしようかと、ご近所の農家さんに相談しに行くと、排水路の草を刈れば流れが良くなるので草を刈ってもいいよ、と言われました(通常は排水路に隣接した田の人が草管理をしますので、私達がここの草を刈ることはありません)。



こういう時、集合日で大勢いるのはありがたい!

早速、草刈りボランティア。
手刈りでも、早い早い。



遠くから見るとこんな感じ。

付近の農家さんは何事!?と思ったかも。



すっかりきれいになりました。

溜まっていた水も、勢い良く流れていき、一安心です。



鳥避け網を張る前に、倒伏しそうな稲を何株か束ねて、縛って、倒れないようにしてあげます。

まあ、この作業は本当に倒れそうな場合に限ってやった方が良いのです。葉っぱごと縛ってしまうので光合成の妨げになるのではという懸念があります。(最後の最後までデンプンを作って欲しいもんね。)

ただ、この長棹の黒米は最後に必ず倒れるので縛ってます。(鳥よけ網を張ってからだと稲しばり作業はとてもやりづらいので、張る前に縛っちゃいます。)



見学の方にも実作業をやってみてもらいます。
イネの葉っぱの縁って、目には見えないけどノコギリの様にギザギザしてて、こういう作業をしてるといつのまにか小さな擦り傷だらけになってしまいます。風呂に入るとしみる、しみる!(笑)作業着は長袖が必須です。
皆さんは大丈夫だったかな。



毎年恒例の鳥避け網張りです。
集合日の網張りは豊富な労働力を駆使しての作業ですが、それでもかなりの時間がかかりますね。約2時間半はかかりました。



網の端をキープしてます。

‥でも、こんなに大勢でキープしなくても?(笑)

遠目には、大勢で並んで手をあげてる怪しい集団ですね。



網を張り終えたら、裾を棒切れなどで固定しておきます。
溝には水が残っていて、ぬかるんでいるのでうっかりすると膝上まで水に浸かってしまいます。長靴なんかでは間に合いません。
しかし、腰まで浸かって作業してるけど大丈夫ですか!

と、思ったら、漁師さんとかが使う、ツナギみたいな長靴でした。



実習田の網張りはこれで完了。あとは、各自の田んぼでご健闘を!

今年はスズメの喰いつき始めが早いので、9月末には網を張り終えないと厳しいかも。



台風で傾いたイネはすっかり復活しました。


[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年9月15日
網それぞれ

ライ麦を刈り損ねた後、夏の間はセイタカアワダチソウのジャングルとなってしまった畑にソバを播くことにしました。

まずは、背丈以上あるセイタカを刈り払います。

しかし、畑の除草の様に使う鋸鎌では、かたい茎がびっちりと生えたジャングルを刈り払うのは役不足。すぐに手首や肩が痛くなってくるし、鎌もガタガタになっちまいます。

大鎌(立ち鎌)を使って刈り払いました。腰を落とさず作業できるので、楽です。刈り払い機を使えばもっと早いかも知れませんが、ここは人力で。


今年は実習畑を自分の畑からちょっと離れた場所(‥と言っても100mもありませんが(笑))にしたのですが、そのためあまり手入れが行き届かず、草に埋もれる野菜が多くなってしまいました。


今日は皆さん各自の鳥避け網を張りに来てました。
さすがに、経験3年以上の人は、手際よくなりますね。
実習田と同じ面積を二人で張ってます。

実習のときは30人近くの人が作業したので、それに比べると15倍の効率の良さってことですかね(笑)


こちらは半畝区画が集まったところ。なので人数が他のところより多いのですが、網を送ったり支柱に結んだりするのには手数が多いほうが楽ですね。


おおー、綺麗に張れましたね。

ナイロンの網なんて、やだなあという気持ちが無いわけではないのですが、きちんと張るとそういう人工物も綺麗に見えて来るもんです。




ゴオッ、と秋風が吹くたびに田んぼ一面の穂がザワザワと動きます。

風に吹かれて揺れている、そうに違いはないのですが、

何だか、稲が意思を持って踊っている、そんなふうに感じられてなりません。


踊りっぷりが気持ち良さそうなので、自分のところは、今日は網を張らずにおきます。


[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年9月16日


今日は気持ちのいい秋晴れ!


昨日、見送った網張り作業を開始。

ポールを縦3m横5mおきにブスブスとポールを立てて、ポールの天辺に紐を渡してゆきます。

ところが、この作業で田んぼの中を歩き回り、稲株を踏んでしまったりするので、どうもいただけないなあと感じてます。網を張るときにもまた歩き回るし。

特にこの時期は緑糯の開花の時期なので、なるべくそおっとしておきたいのですが。

それでも、鳥の食害と天秤に掛けるとやはり網を張らないわけにはいかないんだよなあ。



先日草を刈り払ったところに蕎麦をまいてみました。




[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年9月17日

三連休の最終日。
網張り作業で畑の種まきが遅れているので、さあ、今日はたくさん播くぞと野菜の種をいっぱい持って家のドアーを開けると、カアカアとカラスの声が騒がしい。
ゴミの収集場所は少し離れたところにあるので、ウチの近くでこんなにカラスが騒ぐのは変だなあと思いつつ、マンションのエントランスを出ようとすると、

ミェーミニューミェーミニューミェーミニュー

という泣き声(鳴き声)が。

ん??

と、よくみるとエントランスの階段にネズミ大の灰色の毛玉が落ちていました。辺りに僅かに血の様な赤い跡もあるし。

うわ、ネズミの死骸?これでカラスが騒いでるのか?

と、一瞬、思ったけれど、こいつがミェーの声の正体なのは明らか。

猫の赤ちゃんか。しかもへその緒がついてるよ‥。

仕方が無いので、家に戻りカミサンに事の次第を告げると、「ガタガタ言わずにサッサッひっつかんで持って来い、なの」と仰るので、もう一度様子を見に行ったのですが、手のひらよりも小さな物体をどう扱えばいいのか自信が無くて、結局、カミサンがダンボール箱を持ってきて身柄を確保。

しかし、さっきは

ミェーミニュー

と、ステレオで鳴き声が聞こえてたということは‥
一匹落ちていた側の反対側のエントランス脇の植え込みの中をよーく見ると、もう、鳴き声もあげなくなったもう一匹が植え込みの中でぐったりしてました。

これで二匹の身柄を確保。もう、いないよなあ‥。

しかし、どうしたものかと思いますが、ともあれ朝とは言え暑い中鳴き続けた彼らになにかあげなくては。カミサンがスポイトに牛乳をいれて口に挿しこみたらしてやると、元気な方は飲んでくれたのですが、弱ったほうはそのまま口からこぼしてしまい、非常に不安。

こんなことをマンションのエントランスでやってたものですから、結構、近所の人が様子を見に来ました。
でも、ウチで預かりましょう、と言ってくださる方は現れず(当たり前か‥)、出かける準備もしていたので、ダンボール箱に仔猫を入れたまま畑に出発。

可愛いのかどうか、微妙な感じですが‥
こんなに小さいと、いつ死んでもおかしくない気もします。大丈夫かなあ。

灰色の方を最初に見つけ、白黒の方は後から見つけました。


こっちのほうは比較的ミルクを飲んでくれました。
でも、仔猫には仔猫用のミルクでないとダメだそうで、明日にはなんとかしないと‥


畑で作業している間、たまたま来ていた畑の仲間に授乳をお願いしました。
Wさん一家の皆さん、どうもありがとう!




[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]
2007年9月20日

保護して三日目。仔猫用ミルクも入手してなんとか危機を脱したかな。
頻繁にミルクをあげたり、ウンチもオシッコも、濡れたティッシュで刺激しないとダメダそうで、ロクに眠れません。

口のまわりにミルクがついてるよ


こんなに小さい頃から個性がはっきりありますね。

こっちの方はミルクを力強く飲むんだけど、すぐに吸い口をはずしてしまうので飲ませ難いったらない。そそっかしいというか‥





[先月の記録へ] [翌月の記録へ] [2007年の記録一覧へ]
[このページのトップへ] [トップへ]