お知らせ

2013年の申し込みについて
2013年の学びは1月からスタートします。1月の集合日に参加方法の説明をしますので、参加を希望されます方は1月からご参加ください。詳しくはメールにてお問い合わせください。

[ホームへ戻る]

丸ヶ崎自然農の会の運営について

田畑の会員  丸ヶ崎の田畑で自然農を実践し共に学ぶ仲間です。一人あたり水田1畝(100平米)、畑0.1畝〜が基本です(水田と畑でセット)。お米つくりに関する必要な大道具(脱穀機、唐箕、籾摺り機)は会で揃えたものがあります。
会員申し込みをされる場合は以下の点についてご承知ください。「自然農」なのに決まりごとが多い!と思われる方もおられるかと思いますが、お互いにストレスなく取り組むためと思っておりますのでよろしくお願いします。
  • 年会費(\12,000〜\18,000)をお願いしております。また、新規入会の方には施設費として入会金(\3,000)をお願いしています。
  • お世話役や会の代表者がお礼を頂くことは一切ありません。ボランティアで運営されている会ですので、お客さん感覚での参加(教えてくれて当然、道具は使って当然、土地は好きにして当然..)はご遠慮下さい。また営利団体の参加はご遠慮ください。
  • 区画の責任は個人で持ってください。(原則として、グループでの申し込みはできません。)
  • 貸し農園ではありません。自然農を学ぶ場所としての田畑ですので、取り組みの状況が悪ければ年度の途中でも区画の見直しを行う場合があります。
  • 原則として集合日に参加できない方の申し込みはできません。6割以上の参加を目指すようにお願いします。(止むを得ずの不参加は仕方ありませんが、不参加が多い場合は翌年度の継続を遠慮いただく場合があります。日曜が仕事の人など、都合がつかない場合はあらかじめご相談下さい。)
  • 田植え、除草などの農繁期(6月〜8月)には最低でも隔週で田畑の世話が必須であることを承知ください。
  • 会で購入した共同の道具を使用する場合は、必ずお世話役立会いで使用してください。
  • 原則として、水田と畑の両方を担当してください。
  • E-mailで連絡がつけられない方はご遠慮ください。
  • 会員は1年を区切りとし、1月を更新時期とします。
集合日
  • 毎月第2日曜日(開始時間は季節により変わります。)2006年集合日参照
  • お世話役がその時期の作業の説明をします。
  • 田畑全体の整備などの共同作業があります。
見学・お手伝い
  • 見学は原則として集合日にお願いします。
  • 見学希望の方は「必ず」事前にsaitama_marugasaki_sizennou@nifty.comまでメールでご連絡下さい。
  • 見学の際、農機具、施設の維持費として1,000円頂きます。
ML, 掲示板
  • 田畑の会員連絡用にMLがあります。会員以外でML参加希望の方は実費負担(年\100程度)をお願いします。
お世話役(代表者)
  • 山本 壮一 ・ 東野 暁子

[ホームへ戻る]


 決め事もその理由が分かれば、より納得しやすくなるのではないかと思いますので、くどいかも知れませんが以下に理由を記しました。

道具は勝手に.. 作業小屋に置いてある道具は勝手に使って良い物とは限りません。地主さんのものかも知れないし、会員の誰かが買ってきたものかも知れないし‥。
区画の責任は個人で.. まず、自分一人ででも育てきる力をつけて頂きたいと願っているからです。グループの場合、自分の行いとその結果の関係があいまいですから、学ぶ機会も少なくいと考えました。
取り組みの状況が悪ければ.. 種を蒔かない、全く手入れ(除草など)しない、など栽培する姿勢が無い場合です。市街地に近い田んぼですので、荒れた雰囲気にするとたちまちゴミを捨てられてしまい、会全体のマイナスになってしまいます。
集合日に参加できない方.. 集まっての学びに参加しないのであれば、貸し農園と同じになってしまいます。それぞれの農体験を皆と共有することで、自分一人で得られる経験より多くのものを得られると思います。
必ずお世話役立会いで.. 使い方を知らずに無理に使えば壊してしまうことだってあります。もし、脱穀機が、唐箕が、籾摺り機がシーズンの途中に壊れてしまったら...?
水田と畑の両方を.. お米も野菜も両方できた方が学びが深まると思います。また自分で野菜を作られている方も、お互いに学ぶ場として丸ヶ崎の場で実践していただければ他のメンバーの参考になると思います。
E-mailで連絡.. 会の連絡のほとんどがE-Mailで行われているためです。(電話連絡は時間的負担が大きいので行いません。)
1月を更新時期.. お米作りが会の基本ですので、お米作りの暦に合わせました。