田畑の紹介

 丸ヶ崎自然農の会の田畑や道具を紹介します。

ヒヨドリ田 フクロウ田 カルガモ田 シラサギ田

水田の紹介


 面積は約2反です。大まかに4つに分かれていて、それぞれフクロウ田、ヒヨドリ田、カルガモ田、シラサギ田と呼 んでいます。それぞれの水田は約1畝ごとに区画を分けてあります。

ヒヨドリ田 (約6畝)

2004年8月撮影

 田んぼにヌカを撒くと大挙してやって来て宴会をするヒヨドリ(?)た ちにちなみました。(ムクドリではないかという説あり。)
 ここは一番最初に整備した田んぼです。2003年の春に、溝を掘り、畦に土 留めをし、水はけ用の池を作りました。苦労のかいあって、一番眺めの良い田んぼです。この田にある水口が、他の3つの田んぼも含めた取排水口になります。
フクロウ田 (約6畝)

2004年8月撮影

 この田んぼにはふくろうが住み着いて..いる訳じゃなくて、2004 年に田んぼの整備で大活躍をしていただいた「ふくろう会」の皆さんの功績を称え(笑)命名しました。
 2003年の1年間は休耕にし、2004年に勉強会がスタートすると同時に、休耕田からの スタートの勉強も兼ねて、溝掘り、土留めなどの土木作業を行いました。

 休耕にしたお陰で、土地が肥えた様で、今年の収穫はまずまずでした。
 取排水が今ひとつ上手くいかないのが悩みです。

カルガモ田 (約4畝)

2004年6月撮影

 カルガモ達が一番たくさん飛んで来るのが名前の由来です。4畝の田ん ぼに16羽がひしめいていたこともあります。(でも、2004年は全部の田んぼにまんべんなく鴨が出没しました。)
 ヒヨドリ田、コオロギ畑と接してます。道路に面していない唯一の田んぼなので、ゴミを捨てられることがほとんどありま せん。
 真ん中付近に、Hさんが数年前に大量の籾殻を撒いた場所がありますが、まだ籾殻が分解されずスポンジ状の層で残っていて、田植え前の時期にはそこにキノコが 生えてきます(笑)。
 
お世話役が2年続けてしっかりと面倒をみた田んぼなので、収量はまずまずでした。
シラサギ田 (約8畝)

2004年6月撮影

 一続きの区画としては最も大きい田んぼです。毎年9月に入ると傍の フェ ンスにシラサギがとまっているので名付けました。
 ミノムシ畑に隣接していますが、畦の斜面が崩れそうで畑の側からのアクセスがやりにくいので、畦の整備を次のお米作りまでにやろうかと思っています。
 土地はまだ、少し痩せている様で貧栄養の土地を好むオオアカウキクサが繁茂しています。(でも、オオアカウキクサは絶滅危惧種だそうですから、このまま にしておいたほうがよいかも?)